FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  萩原 澄さん(10)



いつまでも我のこころに薫るべし今日の別れを咲く桃の花




信じ得る具体を欲りてわれの手に受くる葡萄の房の重たさ




若き娘が手にのせくれしチョコレート重ねすぎたる齢くすぐる




まどろみのわが夢の中鮮やけくまなこの見えて父と木を伐る




眼に代りのこれるわれの聴覚にたつ物音の形ともなふ




甦るいのちに沁みて朝をきく大瑠璃のこゑ燕らの声




ライ者らのやがて亡びむ一島の夜をば占めてすだく虫が音




島畠はいま播種のときそこここに耕して人のうららけき声




かくてわが過ぐる一生もうべなはむ盲導鈴のひびく範囲に




力を込め指なき指にて印を押すこれの署名に人救はれよ






2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ