FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

カレー


20120214_005 (1)

大豆(いつも2カップ)は一晩、水にかしておいた。それを圧力鍋に入れ、炊き始めるが、まだ圧力はかけない。


20120214_011 (1)
 20120214_014 (1) 20120214_015 (1)  

今日の具材は、ニンジン、ゴボウ、干しキクイモ、コンニャク、練り製品で、これらをフライパンで炒めてから上の圧力鍋に入れ、いつものダシを入れ、蓋をきちんとしてオモリを設置し圧力をかける。


20120214_046 (1)

オモリが回り始めるまでは強火で、回り始めたら弱火にして15分ほど煮て火を止め、その後30分ほど置く(余熱で煮る)と出来上がり。我が家の常備品になっている。 

ゴボウはもらったものだが、大豆の煮豆と炊き込みご飯に欠かせない。農業を始めてから1~2回しか作ったことはないが、今年は30~40センチの短いゴボーを1袋蒔いてみたい。 

  
20120214_018 (1) 20120214_020 (1)  

次は「おいしくたべよう百野菜」の本のメニューから「ニンジンおかか」を作った。

まずニンジンを1センチの輪切りにして、上にイリコをふった。この時、無水鍋は最初に鍋を熱しなければならないことを思い出し、全てをボールに取り出した。

無水鍋が熱くなってから再度、ボールのニンジンを入れ、薄めた麺つゆに砂糖を少し入れ、ニンジンにまわしかけてよく混ぜた。蓋をして弱火で15分煮て、10分ほど蒸らすと出来上がり。
    

   
20120214_023 (1)

水分は調味液の麺つゆ少々だけだったが、おいしく炊けた。前回はバターで洋風にしたが、今回はイリコで和風にした。どちらもメニューに載っていた。


 
20120214_027 (1) 20120214_031 (1) 20120214_054 (1) 

昼は直売所仲間にもらったターサイを少しタジン鍋で蒸した。洗ったターサイを底に敷き、ほんの少し呼び水(差し水)をして、今日はコンニャク少々とサケを置いた。

煮えると蓋のすき間から湯気が出てくるので、炊きあがりは状況でわかる。葉野菜を下敷きにして、その上に各種具材を置くだけで、後は10~20分待つだけ。味付けは胡椒をふっただけで、ポン酢につけて食べた。タジン鍋には魚介類が合う。

ターサイは葉がロゼット状に広がる美しい葉野菜だが、厳寒期に長く圃場にあるため茎が少ししわくなるが、タジン鍋で蒸すと茎も柔らかくなる。
     
  

   
 20120214_041 (1)  

今日は「圧力鍋」、「タジン鍋」、「無水鍋」、「普通の鍋」の4種類が揃い踏みだったが、タジン鍋はとても愛嬌があり、料理グッズとしてのセンスの高さを感じる。「水を使わない一人鍋」といった使い方で、野菜がいくらでも食べれる。

タジン鍋に出会ってから昼食で、「4袋入りカレー」、「5袋入りラーメン」、「4個入りコロッケ」と決別できている。
   
   
 
20120214_061 (1) 20120214_062 (1) 

その後、カレーを作った。カレーは今までに何回も作ったことがあるが、いつも我流で作るので、農業と同じで全然進歩していない。だから今回は「カレーの作り方」と検索して、レシピを参照しながら作った。

ニンジン、ジャガイモ、タマネギという具材は変わらないが、今日はそれをバターで炒め、ニンニクとチュウブの生姜も少し加えた。


20120214_064 (1) 20120214_066 (1) 

今回は特別にカレー用の肉も買って冷凍していたが、その半分を使った。小麦粉をまぶし、焼き色がつくまで炒めた。


 
20120214_070 (1) 20120214_074 (1)  

その他に今回は、コンソメ2個と月桂樹3枚(電柵のゲートを開けに行った時に取って帰った)を入れ、リンゴも半分すりおろして入れ30分ほど弱火で煮込んだ。 

その後、市販のルーを入れ、ウスターソース少々と牛乳もコップ半分ほど入れて、また20分ほど煮込んで出来上がり。

    
20120214_078 (1)  

気のせいではなくおいしかった。かといって特別に何の香りもしないが、複雑な味になったと思う。どれもレシピ(ポークカレー)に書いていた通りにした。


2030年 農業の旅→
ranking

    
      

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ