FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヤギが与えた心理効果

0904170084.jpg 0904170109.jpg 0904170093.jpg

 ヤギの世話が少し楽しくなった。

 50年前の田舎では、ほとんどの家に牛やニワトリ、ヤギのような動物がいた。しかし今、このような動物を見かけることは少ない。

 抜け毛問題もあるが、だんだんとヤギの可愛さにはまりつつある。ニワトリには感じたことのない感情である。

 いかに貧しくても、50年前には自給自足的な生活ができたことは、最小限の食は賄えたと思う。

 それに比べて、現代の世の中はなんと厳しいのだろう。組織から一度ドロップアウトすると、生活の糧を得る場所をほとんど失ってしまう。

 そして現代は年金や健康保険等の「高負担社会」であり、ライフラインも高額な固定費になっている。

 配偶者に定期収入がなかったら、我が家の生活はどうなっているだろうかとしばしば思う。

 自分の農業収入では食べていけない。かといって、56才という年令で他に何ができるだろう。ほんの少しの収入にしかならなくても、現実はすでに農業にしがみついて続けていくしかない。

 そんな境遇に飛び込んできたヤギ。ヤギは農業に楽しさを持ち込んでくれた。
 ヤギがたたずむ風景
 ヤギが作る風景
 ヤギの見える風景

 手を休めればヤギが見える
 あぜ岸を歩けばヤギが見える
 田んぼのどこにいてもヤギが見える

 ヤギが与えた経済効果はマイナスかも知れないが、
 ヤギが与えた心理効果ははかりしれない。

 どちらかと言えば無味乾燥だった農業に、バックミュージックが流れ出した感じ。
 
   
 0904170042.jpg 0904170060.jpg

 昨日購入したナンキンを麦の谷間に植えた。麦は、
(1)風除けや寒さ避けになる
(2)ウリバエを防ぐ
(3)アブラムシを防ぐ
 等が言われている。
 
  
 
0904170028.jpg

 ニンジンが発芽した。

 
 0904170024.jpg

 ナスビとピーマンを定植した。

 
 
0904170011.jpg 0904170005.jpg 

 タンポポが満開。4月15日~4月25日頃までの10日間ほどが見ごろ。

0904170050.jpg

 竹薮のねきの半日陰には、こんな花がたくさん咲いている。

0904170108.jpg  

 カリンの花も咲いた。


 
0904170002.jpg 0904170053.jpg

 新タマネギとエンドウをたるほど食べれるのは農家の喜び。

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ