FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大晦日の夜

 
20111231_091.jpg

大晦日の夜、どんな夜を過ごされていますか。

我が家の年越しそば。毎年こういう感じで、ソバに市販の天ぷら、ブリの照り焼き、ダイコンなます、ハム、ホウレンソウのソテー。

おせちとかは食べず、明日朝はお餅を3つ入れたお雑煮を食べる。


ここ2日ほど腰痛で、あまり腰が曲がらず、野良着の着替えに時間がかかる。これといった原因は思いつかないが、体調のバランスが崩れたから腰痛が生じた。田んぼで動き回るのもよくないし、長時間机に座っているのもよくない。どちらかに傾きすぎると腰にこたえる。


20111231_064.jpg 20111231_057.jpg 

来春はこの場所に、左右の支柱からシカクマメとニガウリを各5本ほどと、間の2列にはトマトを植える予定である。余裕をもって来春の準備ができた。

直売所出荷も3年目に入り、どれくらいの出荷量なら完売できて、どういう野菜なら他の出荷者と競合を避けれるかということも少しずつわかってきた。今の直売所ではシカクマメとニガウリは5本も植えれば十分であるし、ワンパックにも毎回入れることができるだろう。

電柵の開閉とヤギの世話にも慣れて、2012年は少しは余裕ができると思う。春夏作の定植本数や収穫時間、仕分時間も細かくシミュレーションできるようになった。

「あまり頑張らない」生き方をしようと思う。過去3年間の疲労がたまっている。 


今日、「今夏の畝間潅水」の集金に来られた。10アールが千円なので、4アールだから400円だった。申し訳ないような少ない金額である。稲作は10アールが3千円であり、1ヘクタール(100アール)だと3万円もかかる。

逆方向へ流れる水路をせきとめて、竹やぶ沿いの水路に水が流れるようにして、その水路から田んぼに水を引き込むことができるなら、井戸水をポンプアップして散水することに比べ、エンジンポンプのガソリン代も散水労力も大幅に短縮でき、しかも効果は飛躍的に上がる。

引水する作物は4アール(エンサイ1列、ツルムラサキ2列、オクラ2列、ナスビとピーマン0.8列、スイートバジル0.7列、青シソとモロヘイヤ1列、その他0.5列)。これに加えて来夏は、ダイズ(エダマメ)2アールとサトイモ1~2アールを増やす予定なので、合計7~8アールが畝間潅水の対象作物となる。

2030年 農業の旅→
ranking


  
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ