FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

下り坂の農業って、いいね

20111227_008.jpg 20111227_032 (1) 

何をぜいたくと思うかは、人それぞれだが、「食のぜいたく」は農家の最たるものだと思う。

これは買えないぜいたくである。
 
料理自体ははなはだ質素でも、それに大きな自己満足を感じているなら、これほど大きな喜びはない。

食べ方は生き方であり、この原点から離されるほど高齢になるとボケやすい。

高齢になってボケるのは、田舎より都会在住の方がかなり多いのではなかろうか。

田舎の人のボケが少ないと思えるのは、土(家庭菜園)と日常生活と食生活が連なっていて「分断」されていないことが要因と思う。


「自分はいまの状況に満足している」と感謝して生きると、どんな状況にあっても幸福感に満たされる」と老子は説いた。荘子と合わせ、「老荘思想」と呼ばれる。「上り坂の儒家(孔子)、下り坂の老荘」と言われるように、特にシニア世代にお勧めなのが老荘思想という。上り坂は必死で、下り坂は景色を味わいながら、ゆっくり歩いている感じです。(朝日新聞12月25日、人生の下り坂に老荘思想)

農業は、30代、40代、50代より、60代からが大いに楽しめる職業と思う。

満足して感謝しても、「安住」してはいけないと思う。


20111227_049.jpg 20111227_044.jpg  

昨晩も今晩も「ヤーコンとサラダミズナとアイスプラントのサラダ」を食べた。

真冬のサラダが「身体を冷やす」わけではない。ダイコンの千切りやキャベツを細切りしてユズドレッシングで食べることが多いし、いずれも「旬」の野菜である。

ヤーコンはいろんな食べ方があるが、千切りしてサラダにするとおいしい。この点は、納品書を書くときにワンパックの顧客に説明する必要があると思った。キクイモと並行して送るなら、キクイモは煮物や炒めものや味噌汁に使ってもらい、ヤーコンは生食サラダに使ってもらう。
 
売れ残ったアイスプラントを出荷仲間にもらったが、画像の容器で100円で売っている。春作もできるので、ぜひワンパックに入れたい。イタリア料理店には確実に売れる。

ミズナは大、中、小取りといつでも収獲でき、シャキシャキしてサラダにもなるという料理法の広さで最近とみに人気を博している野菜である。いつ頃からミズナに「しゃきしゃき感」が加わるように品種改良されたのかよく覚えていない。秋冬野菜は大型野菜が多く、ワンパックに入りきらなかったのでミズナはあまり作らなかったが、サラダにも使えるとなるとメリットは大きい。10月以降に蒔いて定植が遅くなっても成長スピードが速い。11月10日頃に定植したのがもう出荷できている。



石灰マルチ

先日、農業資材店のコメリに寄ったら、生分解性マルチも石灰マルチも置いてなく、取り寄せも難しいようだったが、直売所仲間が石灰マルチが通常の黒マルチの2倍もしない価格で売っていると教えてくれた。近い店なので買いに行こうと思う。

常々、土に戻るマルチがポリマルチの価格の2.5倍以内なら、すべて切り替えたいと思っていた。手や器具で穴開けをして破れが容易に広がらなければ十分使える。分解してしまうまでに2年ほどかかるらしいが、見た目は少々悪くても、いずれ土に戻るなら問題はない。石灰が原料だから土のPH調整もできるのではなかろうか。田んぼには石灰(苦土石灰)などはほとんど入れてこなかったが、石灰マルチは二重に役立つかもしれない。


電柵の外に定植した桑の木が何回かイノシシに掘り返されている。合計で50本以上植えているが、来春うまく育ってくれても、桑の葉が自給できるカイコ数は300頭ほどだろう。カイコは5齢になると、音をたてながら、まるで雪崩のように桑の葉を食べまくる。 
 


大規模原発=大規模農業

原発は大規模発電。水力や風力やメタンガスは小規模多数発電。

大規模だから自然災害に強いということはなく、リスク管理からいえばマイナスが多い。大規模の方が効率的に見え、より経済的に見えるだけ。

農業での大規模志向も原発と同じで、誤った方向性であり、20世紀的発想である。環境側面から考えても、農業は家庭菜園型農業で維持していくしかないと思っている。
 
農業は癒しであり、楽しめるものであり、健康であり、風景であり、自給自足であり、輪廻転生を感じることができる数少ない職業である。経済的側面だけで評価しがちであるが、それは農業の2割ほどを占める概念でしかない。

 2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ