FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

風景が荒れると心もすさぶ

親が建てた家があることは、親の財産を少しずつ食いつぶしながら生きているということか。

すぐに耕作できる田んぼや農具があったということは、これも親の残した財産の食いつぶしか。

集落の人間関係も、親の残した財産か。

考えてみると、田舎には有形無形の財産がそこそこ、ころがっている。

ただ、田畑や山林はすでに財産ではない。負債というほどでもない。隣近所の田んぼが草ぼうぼうなら、自分の所の田んぼが草ぼうぼうでも何ら迷惑はかからない。単に風景が台無しなだけ。
 
農業をするなら、少しは風景もカネにしたい。少なくとも自分は「そういうふうに心がけて」、田んぼ周辺を見回している。



あかぎれ

手足は外気温に敏感に反応する。気温が下がると「あかぎれ」が生じる年齢になった。この季節になると、風呂上りに祖母がメンタム(メンソレータム)をつけていた光景を思い出す。見るからに痛そうな手だった。室内の仕事だったら年齢が上がっても「あかぎれ」とは無縁と思う。



サツマイモ

サツマイモを作ると、他の作物に比べてイノシシに狙われやすい。「匂い」でやってくるのだろう。「自家用のふかし芋」と「ワンパック用」と「焼き芋(焼き芋にすると、おいしくない芋でもおいしくなる)用」に、250株ほどはどうしても必要である。ニワトリとヤギがいるのでツルの利用価値も高い。


電柵の囲い方を変えると・・・

「あんたがはよう死んだら食べれんなるので、ニンジンとダイコンとスイカとキーウイの作り方だけは教えてもろうとかんとおえんなあ」と家人が言うので、キーウイは食べれても、他はイノシシが出るから食べれんじゃろうと話した。無防備ではもう何も口に入らない。

就農準備期間中にすでにイノシシが出没する状況であったら、農業への転身はかなり躊躇しただろう。20年後だったから、心身ともに防御できる体制ができあがっていた。定年帰農で今頃から農業を始めるなら、害獣の出没状況から考えて、大儀になる(防御してまで作るのがばかばかしくなる)かも知れない。その仕事(職業)に参入できるかどうかは「外部の状況というタイミング」も大きい。 
 
今後は、家庭菜園を始めるにも「害獣防御力」という、得意、不得意問題が浮上してハードルが高くなる。


自給用の家庭菜園だけになっても、今まで通り電柵は必要であり、朝、夕の電柵の開閉が従来通り続くなら、少しだけ多く作ってワンパック宅配用の野菜は作り続けようと思うし、ニワトリとヤギを飼い続けても、朝、夕の拘束に大差はないので飼い続ける。つまり、直売所出荷は近い将来止めるようになっても、週に4個ほどのワンパック宅配(自給野菜の延長で簡単に送れる数)、観光農園、ニワトリ、ヤギの飼育は、身体が動かなくなるまでするだろう。「半農半X」ではなく「3農7X」くらいの時間配分で。
 
道の左側の借地を返還して、当方の所有地のみに作付を縮小すれば電柵の囲い方が違ってきて、朝、夕の開閉の手間は省けるかもしれないが、そうすると乗用トラクタでの耕運は不便となり、管理機(ミニトラクタ)しか使えない。そうする選択もあるが、借地である道の左側の23アールを返還すると、稲作はされていないので、周囲の風景が台無しになってしまう。

風景が荒れると心もすさぶ。田んぼへ行く楽しみも減ってしまう。

2030年 農業の旅→ranking
 





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ