FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

追悼 中村哲医師



昨日のトップニュースだった中村哲医師の死は大きな衝撃だった。

誰もが知っている思われる、名前

若いときからの、その生き様

まだ73歳で、ぼくと7歳しか違わない



今日の新聞記事で、福岡市のNGO「ペシャワール会」のメンバーとしてアフガニスタンで活動中の伊藤和也さん(当時31歳)が武装集団に殺害されたのは、2008年だったことをあらためて思い起こした。


「俺はこの先生のところに行く」。正之さん(父)と順子さん(母)が、和也さんから中村さんの著書を手渡されたのは03年12月だった。アフガンへの航空券も手配しており、「息子にそこまでの意志があるなら、素晴らしい人なのだろう」と思った。旅立った和也さんは、中村さんとともにアフガン東部の山あいの村で用水路建設など農業支援に携わった。



IMG_0875_20191206213716936.jpg  
08年8月、車で移動中だった和也さんが武装集団に連れ去られ、翌日に遺体で見つかった。遺体が納められたひつぎを引き取ったのは中村さんだった。遺体には生々しい銃創があり、カブールで記者会見した中村さんは「伊藤君のご両親には本当に申し訳ない」と泣きながら謝罪の言葉を繰り返した。
(12月6日毎日新聞26面)



この記事を読んで感じた・・・



中村哲医師はあの日から亡くなるまで10年余り、「伊藤和也」さんのことを一日も忘れることができなかったのではないか。そして自分も同じように殉じるかも知れないと・・・


命のともしびの寸前、伊藤和也さんのことが走馬燈のようによぎったのでは・・・中村哲医師はそういう人だったと思う。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ