FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

国民は、そのレベルにふさわしい首相しか持てない


兵庫県宝塚市の正規職員採用試験に、この国の深い闇を感じた。

全国から1816人が応募して合格者は4人・・・。



フランスでは黄色いベスト運動が、香港でも学生が立ちあがっているが、日本は物静かである。



英語の大学入試改革が問題になっているが、どこの大学へ入ってもいっしょ。入ってから勉強する学生など少数だから。

それよりも出る時に「卒業試験」として全国の大学の共通試験として課した方がよい。

卒業する時の共通試験があったら、どこの大学へ入っても、あまり変わらないし、大学で何をしたかが問われる。




3台風の農水被害、3630億円

この秋に東日本を襲った台風15号や19号、21号の接近に伴う大雨による農林水産関係の被害額が、18日までの農林水産省の集計で約3630億円となり、昨年の西日本豪雨(3409億円)を超えた。都道府県から同省への報告は依然積み上がっており、さらに膨らむ見通しだ。農水省によると、自然災害に伴う農林水産関係の被害は記録が残る1964年以降では、2011年の東日本大震災(2兆3840億円)が最多。

自然災害は第一次産業が最も大きな影響を受ける。

農業者は、ぼくもそうだが「塀の中の懲りない面々」ではいけない。いい加減に懲りないと!

台風を計算に入れて、作付品目や作付量、作付の日時、作付の仕方を考える。




「桜を見る会」はネットでは騒がれているが、新聞では、それほどでもない。

「桜を見る会」も乗り越えて政権が続くようなら・・・愕然としてしまう。



「澤藤統一郎の憲法日記」にも書かれていたが、

「国民は、そのレベルにふさわしい政治しか持てない」とも「政治は国民を映す鏡」ともいう。「国民は、そのレベルにふさわしい首相しか持てない」とも「首相の品性は国民を映す鏡」と言い直してもよいだろう。安倍政治の継続は、結局国民の「この程度のレベル」を映し出しているものと言うしかない。残念だが、そのとおりで仕方がない。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ