FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

あきらめなければ、近いうちに次が見つかる


岡山県へ移住して農業をしたい人


岡山県の人で、農業後継者を探している人


岡山県に空き家があり、賃貸してもいい人



この三者を何とかうまくつなげれないか・・・



昨日は空き家の件でまた久米南町へ行ったが、すぐに住めるような状況ではなかった。



農業希望者が空き家の賃貸物件を探す時に、賃貸料3万円というのは「ぎりぎりの数字」のように思う。


仮に3万円とすると、年間の支払いは36万円になり、農業収入からの支出は簡単ではない。他に社会保険料等の支払いもあるから。


3万円以下の物件は少ないようだが、あきらめずに探し続けた方がいい。



農業後継者を探している人も、さほど多くないのかも知れない。農業仲間に「農業後継者を希望しないのか」と何人かに尋ねても、あまり乗り気でない。

ぼくより技術力も高いし、売上もかなり多いにもかかわらず。

本人が農業ができなくなったら、そのまま放置してしまうつもりだろうか。



ぼくはたいした技術もないのに、「30年の農業経験を無駄にしたくない」という気持ちだけで、農業後継者募集を62才の頃から始めた。もう4年ほどになる。



メールのやりとりや、1回の来訪で、相手の熱意が伝わって来る。


今回はじめて、本気で農業をしようと思っている2人の方と出会った。



しかし、いい空き家を提示できなかった。それでもその人は本気で行政や他の農業者にもあたっておられたので、30年余り前に都会から久米南町へ移住してきた農業仲間に声かけし、地区の区長さんにも相談にのってもらい、昨日その空き家を見に行った。


その地区は近年、何人もの都会からの移住者がおられるが、要は「タイミング」がポイントのようだった。


でも、あきらめなければ、必ず近いうちに次が見つかる。


空き家も、その地域の新たな農業者に出会うことも、農業をしようと「あきらめなければ」不思議と出会えるものである。


どこの地域に移住し、どういう農業者に出会っても、当人にとって結果的によかったか、よくなかったか・・・それはわからない。


結局、ご縁があった場所と人が「現実」というものかも知れない。





もう1人の方が来られることになり、車で10分弱の場所から田んぼに通ってもらう。


その借家はぼくではなく、来られる人がネットで探した物件である。


田んぼに行く道沿いに30アールほどの田んぼが借りれたので、そこでスタートして頂く。


ゆくゆくは当方の40アールほどの田んぼもしてもらおうと思う。





2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ