FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

千曲川旅情の歌


10月14日 毎日新聞 (余禄)


「戌の満水」とは戌年の1742(寛保2)年、千曲川流域を襲った台風による大洪水をいう。流域で約2800人の死者を出した水害で、最悪の被害を出した佐久地方では慰霊の墓参の風習が今に残るという。

松代城の石垣まで水没したこの洪水では、千曲川の立ヶ花(現・長野県中野市)で水位が36尺(約10.9メートル)になった。今日では9.6メートルで氾濫危険水位となる立ヶ花観測所の水位だが、きのう未明には何と12.46メートルになったという。

1983年の台風の際の11.13メートルを大きく超える観測史上最高水位である。決壊したのは、この立ヶ花の約6キロ上流の長野市穂保の堤防だった。・・・



10月18日 毎日新聞 31面

台風19号で千曲川の堤防が決壊した長野市穂保を含む長沼地区一帯は江戸時代から繰り返し水害に襲われ、住民は過去の被害を代々語り継いできた。広範囲の浸水被害で地区内の家々が土砂にのまれたが、多くの住民は避難するなどして命を守った。

「みんなの無事を確認したよ」「先生と勉強したことが全部本当だったんだって実感した」
堤防が決壊した13日以降、長野市の市立小学校教諭の竹内優美さんのスマートフォンにはかつての教え子たちから無料通信アプリ「LINE(ライン)」でメッセージが次々と届いた。「みんな無事でよかった」。ほっと胸をなで下ろした。

竹内さんは3年半前まで長沼地区の長沼小学校で勤務していた。この地区は昔から水害に見舞われてきた。千曲川で史上最悪とされる「戌の満水」(1742年)では、長沼地区で168人が亡くなり、約300戸の家屋が流失した。善光寺地震(1847年)では、田んぼが水没して米がとれなくなった。

2014年度は6年生(21人)の担任だった。子どもたちに水害の歴史を知ってもらおうと劇をすることにした。台本を作るため、子どもたちは地区のお年寄りらに水害と闘って来た長沼の歴史を聞いた。竹内さんは歌を作詞作曲した。タイトルは「桜づつみ」。その頃、千曲川左岸の堤防を補強し、そこに桜を植える工事が進んでいた。

劇は現代を生きる彼らが過去の災害時にタイムスリップする物語。地域の住民を招いて上演した。劇の最後に「桜づつみ」を全員で歌った。


おじいさんに聞いたんだ
遠い日の話
何もかもが流された
悲しい時代のことを
自然の猛威に人は
なす術もなく 
でも立ち上がり
一歩ずつ歩んできた



長沼地区では代々こうした防災教育が受け継がれてきた。佐藤和良さん(70)は、小学生の時に社会科の見学で千曲川の土手沿いの古民家の壁に残る水害の痕跡を見学した。先生から「水害を受けた記憶を覚えておくように」と教えられたという。12日午後6時に避難勧告が出てすぐに妻と近くの小学校に避難した。

今回の決壊による浸水域は約9.5ヘクタールに及び、堤防の桜も一部がなぎ倒された。住宅の浸水被害は長沼地区を含む3地区で1874世帯(17日時点)。死者は2人だった。教え子の多くは避難生活を続ける。

当時の劇の台本の最後は「私たちの大切なふるさと、長沼が、これからもずーっと平和でありますように」との願いを込めて終わる。再び水害が繰り返されてしまったが、竹内さんは教え子からのこんなメッセージに一筋の光を見る。<まだ信じられないです。でも、この経験を生かして、私たちがちゃんと長沼を守っていきます>

「長沼は何度も立ち上がって乗り越えてきた。今回もきっと乗り越えていく」。竹内さんはそう願っている。



いつも応援している佐久長聖高校の駅伝。今年も元気に暮れの高校駅伝に出て来てほしい。


資料292 島崎藤村「千曲川旅情の歌」 

 

               

 

    千曲川旅情の歌      島 崎  藤 村


   一
小諸なる古城のほとり 
雲白く遊子
(いうし)悲しむ
緑なす繁蔞
(はこべ)は萌えず
若草も藉くによしなし
しろがねの衾
(ふすま)の岡邊
日に溶けて淡雪流る

あたゝかき光はあれど
野に滿つる香
(かをり)も知らず
淺くのみ春は霞みて
麥の色わづかに靑し
旅人の群はいくつか
畠中の道を急ぎぬ

暮れ行けば淺間も見えず
歌哀し佐久の草笛
千曲川いざよふ波の
岸近き宿にのぼりつ
濁り酒濁れる飲みて
草枕しばし慰む 

   二
昨日またかくてありけり
今日もまたかくてありなむ
この命なにを齷齪
(あくせく)
明日をのみ思ひわづらふ

いくたびか榮枯の夢の
消え殘る谷に下りて
河波のいざよふ見れば
砂まじり水巻き歸る

嗚呼古城なにをか語り
岸の波なにをか答ふ
(いに)し世を靜かに思へ
百年
(もゝとせ)もきのふのごとし

千曲川柳霞みて
春淺く水流れたり
たゞひとり岩をめぐりて
この岸に愁
(うれひ)を繋(つな)



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ