FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

書かずにはおられない


こんなにとんとん拍子で進むとは、思いもしなかった。

最初の電話は10月に入ってからだったのに。

なのに、遅くとも来月頭頃までに移り住むと言われる。

そんなにフットワークが軽いのか・・・

まだ見ぬあなたは・・・


数日前に購入したという中古自動車で関東から・・・

まだ25歳のあなたが、婚約者といっしょに・・・


信じられない。

私の後を引き継いでくれる「農業後継者」として。


電話があった時、まず市へ電話して、農業補助金について聞いてみて下さいと話した。

確か、1ヵ月15万円、1年間に180万、7年もらえるはずだからと・・・

その晩に電話があり、補助金はもらえないと話された。

現在の補助金は、産地でも農業後継者がおらず、その産地を維持するために、外部から農業後継者を募集し、産地の農業を維持していくための補助金になっているらしい。

現実には、補助金をもらって就農してもなかなか続かず、途中でやめると補助金の返納を迫られるという。

これでは学校教育の奨学金と同じで、奨学金破産も考えられる。仮に3年間もらって止めると540万円もの負債を抱えることになる。


補助金は無理だとすぐに悟ったらしいが、25歳の彼はそれであきらめることはなかったようだ。

しかし、次にも大きなハードルの「住み家」という難問があった。瀬戸内市の空き家住宅情報を調べ、市の担当に電話してみることを勧めた。

その晩すぐに、1ヵ月家賃が4万円の物件を見つけ、ここはどうかと聞かれたので、我が家からは10分ほどだが、明日その物件を見て来るからと電話を切った。

賃貸物件の具体的状況を話しているうちに、ちょっと難しいと判断したらしく、今度は行政ではなく、民間の不動産屋で探してみますという返事だった。

翌日の晩にまた電話があり、1ヵ月3万円余りの物件を「これに決めました」と電話してこられた。

このスピード感は何だ・・・

ぼくの25歳と言えば、大阪で失業中で、夢遊病者のような日々だったが・・・


最初の電話から1ヵ月も経ない内に移住して来られるという・・・



ブログ内の農業後継者募集の記事を見て、これまでに20人ほどの問い合わせがあり、そのうちの10人ほどは実際に見学に来られたが、それ以上の進展はなかった。

しかし今回は立て続けに問い合わせがあり、もう一人の方は9月上旬に来られて田んぼ見学をして帰られた。ただ、その後の進展が少し止っていた。「住む家の問題」もあった。


ブログで農業後継者募集を始めた4年前、集落内で1軒の家を借りていた。家賃も安かったので、後継者が決まったら住んでもらおうと思い、農業仲間に見てもらったら、「まるで木賃宿」と言われ、後継者も1年内に決まらず、結局1年間だけでお返しすることにした。

1ヵ月の家賃はいかに安くても、年間にすればかなり高くなり、後継者が決まらないのに、家賃だけを払い続けることはできなかった。




今回の出会いが、お互いにいい出会いであったかどうかは、数年が過ぎ去って見ないとわからない。

当方の田んぼの近くに3反ほどを借り、当方の田んぼも1反余りを使ってもらい、独立採算制でして頂く。ぼくの技術力は乏しいが、初歩的なことは伝えれる。

借地はもちろん無料であるが、3つの機械だけは買ってもらおうと思う。そして3年以内に「当地での農業の継続は難しい」と当人が思われたら、8掛けで買い取りをさせて頂く予定である。
以下の3つの農具は2人で共有するのはかなり不便だから。
草刈機・・・約5万円
エンジンポンプ・・・約5万円
管理機(ミニトラクタ)・・・10~15万円

他の農具は鍬や鎌や収穫ハサミ等でいずれも金額的には大きくない。乗用トラクタは一緒に使おうと思う。


農業は頭で想像したりイメージすることと、実際に田んぼで身体を動かすことの間には、かなりのギャップがあると思う。

フットワークが軽く見えても、人生をかけて転身して来られるだろう。でもあなたは若い。仮に意に沿わなくても、次のステップにこの経験は必ず生きる。

私は66歳。末尾に6がつく年回りだから、自分にとっても大きな転機の年になると予感している。それが将来、あなたとの出会いがそれだったと言えるようにしたい。
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ