FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

男のひといき 「ハナと暮らして」

 朝日新聞10月13日 18面

男のひといき 「ハナと暮らして」

16年前に妻を病気で亡くした。その翌年、寂しさから脱却するには犬を飼うのが一番だという友人の勧めで、生後2ヶ月の柴犬を譲ってもらった。その仔犬を日本犬にふさわしいハナと名づけた。

現在、82歳の年金生活者の私、派遣社員の46歳の独身の次男、ハナの「3人」で暮らしている。犬は「1匹」ではないかという人もいようが、我が家ではハナはペット扱いではなく、家族として人間扱いなのだ。だから3人。

ハナは、ケージという居城をかまえた居間と、隣接する和室の私の部屋を自由に往来している。私はハナの姿を目の端におきながら、テレビで大相撲やプロ野球を観戦したり、小説を読んだりの日々だ。

息子は残業続きで帰宅が遅い。疲れているから機嫌が悪く、つまらぬことで口げんかになることもある。そうした場合の仲直りのきっかけは、いつもハナの存在なのだ。

息子の出勤時にハナは玄関で見送るし、帰りは玄関のドアの音で迎えに出る。そんなハナを見て、いつとはなしに「おかえり」などと言葉をかわしている。

そんな夜、ハナはさりげなく私の布団の横にいるのだ。

(愛知県 Mさん 無職82歳)




台風19号は首都圏や関東に記録的大雨をもたらしたが、当地では、風はかなり強かったが、雨は1滴も降らず、昨日、今日と、各2時間ほど、野菜に水やり(エンジンポンプ)をした。雨を待望する日々である。


石田徹也さんの動画


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ