FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

週刊誌の韓国記事に、この国の劣化を見る

(朝日新聞広告記事)
 
週刊文春・・・文在寅と玉ネギ法相 虚飾の履歴書

週刊新潮・・・「韓国」に利用される「小泉進次郎」
        汚染水カードを贈って文在寅と連携
        プレー
        風評被害の広め方もクールでセク
        シー
        韓国は毎日原発汚染水を海洋投棄し
        ている!



毎日新聞にも同じ広告が載っていたが、それ以外に毎日には、

Hanada・・・玉ねぎ男 曺国の正体
       文在寅の末路は「亡命」か「暗殺」か
       嘘に嘘を重ねる嘘まみれの大統領

WiLL・・・「韓国人は嘘つき」
       韓国は昔も今も古代脳
       国際会議で韓国がみせた醜状のすべて



よりにもよって、こんな文言が書けるわと思えるほど愚劣な言葉が並んでいる。HanadaやWiLLは右翼系の雑誌だが、このような雑誌でも成り立つのは相応の読者がいるのだろう。著者は一流大学の教授だったりする。


ちょっと前、週刊ポストの記事が批判されたが、どこの出版社も似たり寄ったりである。週刊誌の著者はいわゆる高学歴の人たちだが、こういう歴史認識は生活のあらゆる場面で顔を出し、付き合っている友人や仲間もそういう人が多いのかなあと思う。


人は歴史認識や生活様式やものの考え方が大きく違う人とは、長くは付き合えないと思う。



朝日新聞も毎日新聞も、韓国法相に関して「ほとんど毎日」のように記事にしている。自国の閣僚に関して、これほどしつこく報道しているのを見たことがない。


毎日新聞は朝日新聞よりもっとしつこい。何か「・・・誘導」のように感じるが、新聞読者はそうそう騙されない。


新聞だけ読んでいたら「知らず知らずのうちに騙されてしまう(誘導されてしまう)」が、20ほどの政治ブログの記事をチェックしていると、今何が問題になっており(問われており)、それぞれのブロガーと新聞記事のどこがが違っているか・・・自然と頭に残る。新聞記事は広告主や時の権力に忖度せざるをえない。


新聞記事とブログ記事を並行して読む(見る)ようになって初めて、一つの政治問題に関して自分としての判断ができるようになった。


収入には全く結びつかず、新聞2紙と20ほどのブログ記事に目を通すのは時間も取られるが、政治に対する興味を失ったら、自分の場合、生きている意義も見失ってしまう。



時々は安易になりやすい夕飯作りも「ブログに載せる」には最低限きちんと作る必要があり、ブログが側面支援の役割になっている。


つぶやき(身辺)も、話題はあちこちにころがってはおらず、新聞2紙を自分なりにていねいに読んで「今日のテーマにする題」のインスピレーションをもらう。


20ほどの政治ブログは、「新聞との見解の相違」を把握するために役立つ。


ブログを書くには、日々の生活もきちんとせざるをえなくなるが、でも現実は、飛び込むような感じで(なだれ込むような感じで)やっている。
       


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ