FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ゴーヤを使った2品


IMG_4164_20190921175744e74.jpg IMG_4173_20190921175750f81.jpg

ゴーヤはスライスしてボールに入れ、塩をふってもみ、5分ほど置き、1分茹でて冷水にとり、水気をしぼる。この下処理でゴーヤの苦みはほとんど消える。

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、魚ソーセージ、ゴーヤの順に炒め、溶き卵を1個入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。



ゴーヤとツナ缶のサラダ

IMG_4166_2019092117574535c.jpg IMG_4168_20190921175747b1b.jpg IMG_4171.jpg

タマネギはスライスして3分ほど水にさらし、水切りして水気をよくしぼりながらボールに入れ、上で使った残りのゴーヤを入れて混ぜる。ツナ缶の油をよく切り、ほぐしながらボールに入れて混ぜる。マヨネーズ、酢、レモン果汁、醤油、みりんで味付し、混ぜて出来上がり。



ニンニク醤油作りと、冷凍保存と

IMG_4174_2019092117575114d.jpg IMG_4177_20190921175753165.jpg

ニンニクは10月10日頃に植えるが、その頃になると、中心部から青い芽が伸び始める。だからその頃までに、ニンニク醤油を2瓶作り、一部は冷凍にする。

ニンニク4球は鱗片に分解し、皮をむいて洗い、瓶に入れる。醤油を入れて出来上がり。1~2日常温に置き、その後は冷蔵庫で保存する。

冷凍保存する場合は、鱗片に分解し、皮をむかずに冷凍し、使う時に皮をむき、冷凍のまま刻んだり、すりおろしたりして使う。冷凍すれば1年ほど保存できる。



2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ