FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ニワトリとの向き合い方を変えてくれる予感



鳥インフルエンザが兵庫県淡路市の養鶏場でも発生し、国内では香川県、福岡県に続いて今季10例目となった。


もし、政府からの補償がなく、全額が自己負担(会社負担)になれば、「飼い方のリスク」が大きすぎるので、生産者は激減するだろう。


逆に政府補償が手厚いなら、本来なら「淘汰されるべき飼い方の方法」が淘汰されずにそのまま継続されてしまう。


少羽数では鳥インフルエンザのリスクはかなり低いようである。

理由は、

(1)自由に動ける空間

(2)少ない羽数なら青菜が与えれる

このような飼い方は、何万羽をウインドレス鶏舎で飼う方法に対して、耐ウイルス性が強いと思う。そして空気の流通もいい。


ニワトリを10~20羽飼うことは、野菜残渣(出荷できなかった野菜を含む)を平らげてくれるので「もったいない感」が少ない。


卵を目的とせず、残渣処理の生き物と捉えるなら、もっと粗放な飼い方ができる。

まだ18羽(導入時は23羽)いるし、1日に1~2個産んでくれれば、それで十分だし、

稲作農家からコゴメをもらえるし、

コイン精米機へ、時々米ぬかを集めに行き、

エダマメ、ナンキンくず、サツマイモくず、ジャガイモくずなど、比較的長期にわたって保存できるものもある。

ナス、ピーマン、オクラ等、生りすぎても困らないし、出荷ができなくても、後ろに鶏が控えていると思うと、多少の植え付けロス、生産ロス、出荷ロスなどに、惜しいという気持ちが生じない。


4年に1度、3~4人で「60羽ほど注文」していたが、西濃運輸のことと、ヒナ1羽の価格の高騰を告げると、みんな止めると言う。中にはふ卵器を使ってヒナを孵すと言う人もいる。


それがきっかけで、4年ごとの淘汰は止めて、飼い続けようと気持ちが初めて生じた。


現在の18羽(オス1、メス17)が、果たしていつまで生き続けるだろうか。

4年後、何羽が生き残っているだろうか。

4年後、卵は一日に何個産んでくれるだろうか。

今後は未知との遭遇になる。

ニワトリ歴の最後に到達した飼い方になるかもしれない。

現実には今のニワトリ18羽は、ニワトリに多い「尻つつき」は全く見たことがないし(嘴のデービークはしていない)、秋の羽替えが終わって、羽はぴかぴか、ふさふさで、つやがある。そして産卵率は5割に戻った。

今後は徐々に購入飼料は止める方向にもっていきたい。



ヒヨコが簡単に手に入らないという出来事が、ニワトリとの向き合い方を変えてくれそうな予感・・・


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のクイーン(再7)  43

このページのトップへ

ちきゅう座

このページのトップへ

菊池恵楓園  杉野かほるさん(2)

 

侵されし吾の眼玉を内蔵を卓上に起きて挽歌を歌わん




糞小便たるるも容易ならざる日重ねて癒えてゆく足の傷




真夏の首都<医療の充実>叫びつつ盲目が行く足萎が行く




病みの身がかく叫ばねばみずからの生命守れぬ<日本の医療>




ときに激しき言葉も投げ合い育てゆくライの夫婦の小さな<家庭>





母病むと聞けど帰れぬライの身の胸ぎりぎりと痛ませて<冬>




母の死が吾を許せり生れ家の敷居をまたぐことを許せり



杉野かほるさんの略歴
1931年熊本県阿蘇郡に生まれる。1942年発病、菊池恵楓園入園。1954年結核併発。その頃から作歌を始める。「檜の影」「未来」「新日本歌人」所属。『陸の中の島』(1956年)『海雪』(昭和35年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

サワラのアラの蒸し煮


 2020-11-27 003 2020-11-27 016  

無水鍋の下敷きにざく切りしたネギを入れ、15秒湯通ししたサワラのアラを置き、生姜1片をすりおろし、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、煮立ったら極弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。



目玉焼き

  
2020-11-27 013 2020-11-27 018 2020-11-27 020





レタス    

 
2020-11-27 011  



ブロッコリー

 
2020-11-27 005 2020-11-27 007 2020-11-27 009



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今回は逆に尹氏が辞任に追い込まれるだろう



朝日新聞 11月26日 5面


2020-11-26 005
  2020-11-26 003 

韓国、法相VS検事総長 過熱


韓国で、政権与党の有力者を容赦なく捜査してきた検察トップの尹錫悦検事総長が窮地に追い込まれている。


文在寅政権の秋美愛法相が24日の記者会見で「深刻で重大な不正を多数確認した」として尹氏の懲戒を請求し、職務の執行停止を命じたと発表。


尹氏は反発しており、法廷闘争に発展する可能性もある。




韓国で法相が現職の検事総長に職務の執行停止を命じたのは初めて。


秋氏は会見で、娘の奨学金に絡む収賄罪などで昨年末に在宅起訴された曺国前法相などの裁判をめぐり、尹氏の主導で最高検が担当裁判官の政治的思想などを不正に調査したと指摘した。


秋氏は、尹氏の政治的中立性が損なわれたとも主張。


政権与党に抵抗するイメージが定着した尹氏が、次期大統領候補を尋ねる世論調査で与党の有力候補に並んで上位に名を連ねるようになったことを挙げた。


秋氏は、尹氏とメディアとの不適切な関係も指摘し、「検事総長としての職務を遂行することは許されない」と断じた。


秋氏の会見後、尹氏は声明を出し、「検察の政治的中立を守るため、恥じることなく任務を全うしてきた」と反論。「違法で不当な処分には最後まで法的に対応する」と述べた。職務遂行停止の取り消しを求め、行政訴訟を起こすと見られる。


保守系最大野党の報道官も「法を守らなければならない法相が、超法規的な最悪の手に出た」と批判した。



文大統領をはじめ、韓国の進歩(革新)勢力は検察について、過去の軍事独裁政権や保守政権下で市民の弾圧に加担した機関との見方を強く持っている。


文氏に検察の権限を弱める改革への意を強くさせたのは、文氏が大統領秘書室長などとして支えた故・廬武鉉元大統領の自殺だ。当時は保守の李明博政権下で、検察が廬氏の家族の金銭授受疑惑を捜査していた。


文氏は、「権力から独立した検察」が持論で、保守派の朴槿恵前大統領をめぐる贈収賄事件への捜査を率いた尹氏に着目。内部からの改革を期待して、昨年7月に検事総長に登用した。


ところが、尹氏は文氏の側近で検察改革を託された曺氏を捜査し、辞任に追い込んだ。


曺氏は法相として、政治家や官僚らを対象とする捜査権を検察から新設する独立機関に移す立法措置を主導。このため、政権与党内には曺氏の立件を検察改革潰しと捉える向きが強い。


辞任した曺氏の後任として今年1月に法相に就いた秋氏も尹氏と対立。曺氏に絡む事件の捜査で陣頭指揮を執ってきた検察幹部の大規模な配置換えを断行した。


一方、検察は秋氏を捜査対象にした。兵役中だった息子の休暇などをめぐって特別扱いを軍に働きかけた疑惑が浮上したからだ。


9月下旬に不起訴処分となった秋氏は、尹氏が政権与党関係者への捜査に熱心なのは検察改革を妨害するためだと批判。辞任に追い込む動きを強めていた。




曺氏の件に関しては、朝日新聞がくどいほど、途中経過を記事にしており、朝日の「文在寅政権蔑視記事」と思っていた。


今日の記事は客観的だった。


2匹目のドジョウはいなかった。今回も法相を狙ったのは、尹氏の「検察改革の妨害」と受け止められても仕方がないのではないか。


とにかく韓国の現在は、民主主義的勢力が強くなっている。今後は「尹氏に関すること」が、赤裸々になるような気がする。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再7)  42

このページのトップへ

新・定年オジサンのつぶやき

このページのトップへ

菊池恵楓園  杉野かほるさん(1)



我が臥す様を各各写し行く何にするのかアメリカ夫人らよ




戦争故にライになりしと話す声隣の部屋は皆元兵にして




安保反対のビラ貼ることも許されぬ施設の中の貧しき組織




こんな生き方でよいのだらうか一日の終りのときの仰臥は淋し




こんな夜母と並びて炭俵編みの夜業にすごせしことありき




身につけて誇らしきもの老母の送りくれたる半纏ひとつ




吾にして絶ゆる家系をある日かえりみき常に貧しき百姓にてあり




癒えてわれ汗流したし汚れたし鍬握りたし肥桶かつぎたし




ハンセン病結核じんぞう紅彩炎脳を犯されざるは奇蹟か




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

魚ソーセージ炒め


2020-11-26 024 

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、魚ソーセージ、茹でたブロッコリー、水気をしぼったレタスの順に炒め、ケチャップとマヨネーズで味付けして出来上がり。



ダイコン、ニンジン、シイタケのバターポン酢


2020-11-26 013 2020-11-26 020 

熱したフライパンにバターを入れ、8ミリほどに輪切りしたダイコンとニンジンを置き、シイタケを置き、3分ほどで煮立ったら極弱火にして10分ほど蒸して裏返し、さらに10分蒸して蓋を開け、手作りポン酢で味付けして出来上がり。

手作りポン酢は醤油大さじ1、酢大さじ1、レモン果汁大さじ1、みりん大さじ半分。



味噌汁

 
2020-11-26 011 2020-11-26 017 

ニンジンとダイコンの千切りを鍋に入れ、乱切りしたサツマイモとシイタケを入れ、水、ダシの素、削り節を入れ、煮立ったら弱火にして15分煮て、味噌を入れ、ネギをふって出来上がり。



ニンジンおろしとダイコンおろし
 
2020-11-26 015    


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

シンガー・ソングライター 小室等さん


毎日新聞 11月25日 特集ワイド 一部抜粋




 2020-11-25 002   

「あの日のことをよく覚えています。僕の27歳の誕生日の2日後でした。あれを機に、彼の本を読むのをパタッとやめました」


東京・市ヶ谷の自衛隊駐屯地で割腹自殺した三島由紀夫のことだ。その前年、東大全共闘との公開討論会に出席した際の三島の発言に、小室さんは、「ある種のかっこよさ」を感じたという。


東大に乗り込んだ三島は、会場を埋め尽くした1000人以上を前にこう述べた。「諸君が天皇を天皇だと、ひとこと言ってくれれば、俺は喜んで諸君と手をつなぐ」


右翼的と見られていた三島が全共闘と堂々と議論し、共闘の可能性にまで言及した討論会の様子は、一冊の本にまとめられた。記録映像も今年、ドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」として公開されたばかりである。



・・・ある日、小室さんが事務室をのぞくと、三島がいた。「ボディービルで鍛えた体をヨーロピアンなスーツで包んでいて。趣味がいいとは思えませんが、これも何かの表現なんだろうなあと感じました」


小室さんは三島のエッセーから読み始め、文化論や芸術論にも接近した。自決から50年たった今、こう振り返る。「人々が後からついてくると思っていたとすれば、あまりにも現実が見えていなかったことになる。
かといって『愚かしい』と言下に否定する考え方にも寄り添えず、黙って本を閉じました。あの荒唐無稽な行為を受け止めきれず、フリーズさせたまま今日に至っています」




世界中が新型コロナウイルスの感染爆発という「今世紀最大の不条理」に直面する今、別役実さん(劇作家)ならどんなドラマを書くだろうか。「コロナを題材にしないはずがない」。


実現しなかった最後の別役作品を想像してみると、「それは例えば、次のようなストーリーではないか」と小室さんが語り出した。


ある時、別の星から地球に潜入したスパイが飛行船でウイルスをばらまき、世界中に疫病が広がる。「ノアの箱舟」のように地球から脱出する宇宙船が準備される。最後の乗客としてくだんのスパイが乗り込もうとするが、その手前で「ハイ、ここまで」と定員に達してしまう。飛び立つ宇宙船。地球に取り残され、宇宙船に手を振るスパイ━━。


助かる人と見捨てられる人に選別され、ウイルスを持ち込んだスパイまでもが犠牲になる結末がいかにも別役作品のようだが、これがリアルに感じさせられてしまうコロナ禍の日本はどうなのだろう。




人々は今、政府に『自粛』を求められたり、『消費』に駆り立てられたりしているのでは。


個人の意思というより同調圧力に押されて自粛を強要されたかと思えば、一転して「お得感」に惑わされて旅行へ外食へと右往左往させられている。


一方で、アーティストが政権に批判的な表現をすれば「反日だ」「芸能人が政治的な発言をすべきでない」と攻撃される。小室さんはこんな時代に納得がいかないのだ。


「森友学園・加計学園問題、桜を見る会の疑惑で何一つ、きちんと説明せず、フェードアウトしようとする前首相を許してしまっていいのかどうか。メディアも含め、スルーさせてしまっているのはなぜなのか、考えていきたい」。


コロナ禍で派遣切りに遭う人や生活困窮者が大勢いる中で、政治がやるべきことをやっているのか、注視するつもりだ。





今日は三島由紀夫没後50年だったらしく、毎日新聞オピニオン「論点」でも3人の方が論じていたが、題目を一瞥しただけで読む気がしなかった。

小室さんの思いに共感した。

ぼくは17歳だったので、あの事件のことはよく覚えている。衝撃的だったが、大きな違和感を感じた。

ぼくは天皇制には反対の立場である。太平洋戦争で天皇が「神」に祭り上げられ、時の権力者によって「天皇制」が利用された。

国家に従わされ、あれだけの「犠牲者」が出たにもかかわらず、「天皇制が否定されず戦後も続いた」ということに、「犠牲者が報われていない」と感じる。

日本の「赤化」を防ぎたいアメリカの意思だったのか。

天皇制が続く限り、またいつか、時の権力者によって「”天皇の名のもとに”命をささげること」を強要される日が来るかもしれない。

国民を一つにまとめるためのシンボルとして。
 
  


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のクイーン(再7)  41

このページのトップへ

在野のアナリスト

このページのトップへ

菊池恵楓園  北村愛子さん



「学校は好き」とアナウンサーに答へる新入児童へ通学拒否など知らせたくない




通学を拒ばまれゐるのも知らぬらしランドセル背おひゆく新入生四人




はるばると七年振りに来るといふ父を夫とつつましく待つ




らいを病む吾がゐることも打明けて婚約したりといふ妹は




夫の先妻が夫おもふ手紙たへがたし青き陸稲畑に向ひゐつ




叫びたき思ひに堪へて雲に向ふかくして病む身守り生き来ぬ




七年振りに逢ひ見し父は言葉なく痲痺せし吾が手労りて泣く




わが夫に先妻よりけふ手紙来れば病み臥す床に心乱るる




癩病むと知られ乗船こばまれし青島の埠頭記憶より去らず




痲痺したる手にてはタオルも絞り得ず雫たるるまま窓辺に干しぬ




産むことは許されぬ園と知りながらクリスチャンの君堕胎をこばむ




日溜りに集れば戦争をなつかしむ声となり夫はひそかに立ちゆく




ニユーギニヤに生き残りし連隊百八名その中の一人ぞ癩病む夫は



北村愛子さんの略歴
10歳で母と死別。父の出征の間、叔母の元でデパートに勤めながら生活。健康診断で病気が判明。復員した父の元で療養するうち病状悪化、昭和19年菊池恵楓園に入園。昭和28年結婚。29年結核発病。作歌を始める。『陸の中の島』(1956年)『海雪』(昭和35年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)

2030年 農業の旅→ranking 
このページのトップへ

バターナッツナンキンのポタージュ


2020-11-25 011 2020-11-25 013 2020-11-25 015
2020-11-25 017

薄切りしたバターナッツナンキンを無水鍋に入れ、大さじ2の水を入れ、3分ほどで煮立ったら極弱火にして20分、火を消して余熱5分で蓋を開けつぶす。

牛乳を入れて点火し、塩・胡椒で味付けし、煮立ってきたら出来上がり。



目玉焼き

2020-11-25 019  2020-11-25 022    

熱したフライパンに油を入れ、水気をしぼったレタスを炒め、極弱火にしてホウレンソウのおひたしを入れ、卵2個を落とし、蓋をして4分、余熱5分で蓋を開け、醤油で味付けして出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再7)  40

このページのトップへ

まるこ姫の独り言

このページのトップへ

菊池恵楓園  荒木末子さん



強制収容されし日降りし上熊本の古りし駅あり車に過ぎつ




指萎えし左手握力ゼロの検査淡淡とカードに書き記されぬ




壁一重に仕切られて住めば燐家の寝息きこゆるこの夜侘しも




肉親に捨てられし癩病む少年らとこともなげに書かれてあれば悲しも




外出許可得し身ひそかに草深き阿蘇の山越え湯の宿に来つ




青胡椒青き香にたつ刻みつつ癩病まねば如何に生きゐむ思ふ




銀杏並木の黄にかがよへる町のなか人みな美しき手の指もてり




かにかくにも隠しやうなき病める顔さらして晩秋の町のなかゆく




四十年過ぎて尚心しづかに語り得ず強制収容されし日のこと




癩患者の血縁断つ法は阻止すると国会に夫を導きし君逝く




病む指にふれがたきまで白く咲く寒菊の花光吸ひをり




蔦の葉の深深と覆ふ塀の下無断外出罪令状を吾によむ巡視長



荒木末子さんの略歴
大正13年生まれ。昭和13年菊池恵楓園入園。「檜の影」「アララギ」所属。『陸の中の島』(1956年)『海雪』(昭和35年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)

2030年 農業の旅→ranking 
このページのトップへ

菜飯


 2020-11-24 014  2020-11-24 016 2020-11-24 018 

カブの葉の根元の方は細かく切り、葉先の方は」小さ目にざく切りする。

先に根元の方から1分茹でて、葉先の方も入れて1分茹でて冷水にとり、水気をしぼる。

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、茹でたカブの葉、15秒湯通しして冷水にとった小魚の順に炒め、醤油で味付けして火を消し、ご飯を入れ、ほぐしながら点火し、具材となじんだら出来上がり。



レタス

2020-11-24 002 

市販のドレッシングで。



ブロッコリー

2020-11-24 004 2020-11-24 006 2020-11-24 008

薄切りした茎の太い部分から先に入れて30秒茹で、その後、房の部分を入れて1分茹で、湯切りして出来上がり。



ダイコンおろしとニンジンおろし

    
2020-11-24 019



ホウレンソウのおひたし

2020-11-24 010 2020-11-24 012 



塩サバ


2020-11-24 022
 


2030年 農業の旅→ranking










このページのトップへ

入る人と出る人と

 

柳美里さん、全米図書賞おめでとうございます。3日遅れですが。


あらためて「52歳」というその若さに感服します。



毎日新聞 11月20日 27面

小説家デビューから今年で26年。柳さんは「これからも居場所のない人のために書く」としたうえで、「ここ南相馬で書店を営みながら、見る、聞く、味わう、すべての五感で知ったことを書いていきたい。

書きたい小説がたくさんある。命の期限に間に合うか、全て書き切れるだろうか、と考えている」と語った。


柳さんは東日本大震災翌年の2012年から、同市の臨時災害ラジオ局の番組でパーソナリティを務め、震災や原発事故で悩み苦しむ人々の話に耳を傾けてきた。

18年の閉局までその数は600人に上った。

15年に同市小高区に移住後、書店をオープンし、地元の人々との交流を深めてきた。




朝日新聞 11月20日 28面

2011年4月21日、原発から半径20キロ圏内が「警戒区域」に指定される前日に初めてこの地を訪れて・・・

来年は震災10年の節目だけれども、その方たちの体験や声が地層となって自分の中にある。その地層から生まれたのが『JR上野駅公園口』(14年刊行)だった。


毎日新聞 11月20日 27面

受賞作は南相馬市出身の男の半生を描いた。1964年開催の東京五輪の前年に東京へ出稼ぎに出た男は、やがて家族を失い、最後には上野公園でホームレスになる。経済成長の陰に埋もれた小さな声に耳を傾けた作品だ。




柳美里さんは、原発被害の場所に進んで入った。しかし、家族や子供の放射能被害を免れるため、やむにやまれず故郷を捨てる決断をした人も多かった。



原発事故後、命を守るために、故郷を捨てる決断をした人たち・・・


柳美里さんのように、逆に入っていった人・・・


入っていった柳美里さんに、やむにやまれず故郷を捨てざる(出ていかざる)をえなかった人たちの気持ちを書いてもらいたい。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のクイーン(再7)  39

このページのトップへ

新・定年オジサンのつぶやき

このページのトップへ

菊池恵楓園  古賀法山さん



法を捨て家をも捨てし吾身はも此の療院の廊下行き来す




台湾に父は行くぞとだまされて別れし父を吾子は待つらむ




昼深み軒に吊せし鳥籠の鳥
さえずらず桜散り居り




病みの身も汝が学校を終るまで命惜しみて生きむと願ふ




これの世に又見ぬ友が姿かも柩のふたの釘打ちなづむ




何がなし君の生命の迫りたる予感を覚ゆ暑きこの頃



古賀法山さんの略歴
生年不詳。昭和2年菊池恵楓園入園。「檜の影」「古城」「水甕」所属。昭和11年没。『檜の影』第二集(昭和4年)『檜の蔭の聖父』(昭和10年)『菴羅樹』(昭和26年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)



2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

魚ソーセージとシュンギク炒め


2020-11-23 015
 

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、魚ソーセージ、ざく切りして水気をしぼったシュンギク、ホウレンソウのおひたしの順に炒め、ウスターソースとケチャップで味付けして出来上がり。



味噌汁

 
2020-11-23 010  2020-11-23 012 

乱切りしたサツマイモ、千切りしたニンジンとダイコンを鍋に入れ、シイタケを入れ、水と出汁の素と削り節を入れ、煮立ったら極弱火にして15分煮て味噌を入れ、ネギをふって出来上がり。



目玉焼き

 
2020-11-23 004   2020-11-23 006 2020-11-23 008 

熱したフライパンに油を入れ、水気をしぼったレタスを炒め、ホウレンソウのおひたしを置き、卵2個を落とし、極弱火で4分、火を消して余熱5分で蓋を開け、醤油で味付けして出来上がり。




ニンジンおろしとダイコンおろし


 
2020-11-23 002  



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

既成事実への屈服



朝日新聞 11月22日 1面 

天声人語


個人的には・・・。わざわざそう断ってから発言する人がやけに多いように感じる。気のせいだろうか。


「私はこう思う」と単に言えばいいのに、なぜかこの表現がよく使われる。


それなら今までの話は何だったのか。まさか何かの組織を代表していたわけでもあるまい。


疑問に思って同僚に尋ねると、本来の意味とは違って「相手の気に障るかもしれないけれどこれだけは言っておこう」といったときに使うという。


組織論が専門の同志社大学教授の太田肇さん(65)は日本の企業などでの同調圧力の強さを指摘する。周囲と異なる意見を言うには圧力にたえる「逃げ道」が必要で、それが「個人的には」といった表現になっているのではないかと。


「日本の組織には私より公を優先する暗黙の前提がありますから」。


ただ、前置きの後に本音を語れるような場合はまだましなのかもしれない。「最悪なのは本音が語られず、建前だけの組織です」と太田さん。


「私の個人的意見は反対でありました」。日本が戦争に向かった経緯について、A級戦犯が東京裁判で語った言葉を政治学者の丸山真男が書き残している。


自らの考えを「私情」と排し、ひたすら周囲に従うのをモラルとするような指導者の言動を丸山は「既成事実への屈服」と喝破した。


豊かで平和な社会は異論によって形成される。


正直言ってあまり好きではない言葉だけど、そう前置きするだけで言いたいことが言えるのならば、もっと使われてもいいと思う。個人的には。





あなたは「どう思うか」と、考えさせるような記事だった。

例えば、集会や何かの会議などで発言をする時、これを言ってもいいのかどうか、ちょっと緊張する。

でもこれは一種の「慣れ」で、いつも一言は発言するようにしておれば、「だんだん慣れる」と思う。

いつも発言を自制していると、次の機会にも自制するようになってしまう。




変えるには「幼稚園、小学校からの教育」だと思う。発言することを善しとして、大いに発言を促すような持って行き方をする先生が必要だ。

そうでないと、日本の子供は小学校低学年の頃から、強い流れの方についたり、どちらにつくのが得か考えたり、友達を見てどちらにつくか決めたりする。

多分これは、親の生き方や考え方や育て方がそうなっているのだろう。

欧米では、「発言しない子どもは自分の考えを持っていない」「発言する思考ができていない」などと評価するのに対して、日本の評価は真逆で「思慮深い」とか「相手の立場を考える」とかそんな肯定的評価をする先生の方が多いのではないか。

このことは、その後の人生において、自分の生き方や社会での戦い方につながってくると思うから、授業ではぜひ「欧米型の指導」をして頂きたいと思う。

子どもの性格ではなく、要は発言の経験数という「慣れ」の問題と思うから。

そうしないと、「空気を読んで忖度したり」、「強い流れを見てそれに追随したり」、「特定の人物に追随したり」など、本来の自分の考えを伏せて、流れに身をまかすという生き方をする人が多くなり、それは、本人にとっても社会にとっても有害である。

現在の日本の民主主義や進歩性を阻んでいるのは、日本人が子供の頃から身につけた「強い流れに乗るという生き方」だ。





韓国は日本人の性格とはかなり違うように思う。それは100万人のローソクデモを何回も繰り出したり、政権対テレビなどマスコミとの闘争などに見られる。テレビや新聞等のマスコミの「独立性」が高いとは、ニューヨークタイムスが、政情不安の香港から極東アジアの拠点を東京ではなくソウルに決めた時の発言である。


そんな朝鮮半島が、35年の長きにわたって日本の統治(植民地化)をよくも許したと思う。

日本は韓国の統治において部族間の対立をうまく利用したのだと思う。つまり敵と味方に分けた統治方法をとった・・・?





丸山真男の言う「既成事実への屈服」とは、言い換えれば「強い流れの方につく」、「空気を読む」、「どちらについた方が得か」、「人の目顔をみる」、「発言が少数派になるのを恐れる」・・・と言った独立心のなさだろう。

孤立したり村八分的になるのを避けたいという意識もあるだろう。

しかし、長年の日本人のこういう体質は、日本の民主主義を心底、阻害する。


特定の地位についた者が、こんな日本人の特性をうまく活用し、自分のめざす方向に流れをつくるため、与えられた権限を利用して強いリーダーシップのような方法をとったり、部下を利用して裏で反対者を威圧しながら、自分のめざす流れを作りあげ、それが「既成事実」のような風潮をつくりあげる。

だから、常に声に出して、自分の見解を述べることが大切だ。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再7)  38

このページのトップへ

新・定年オジサンのつぶやき

このページのトップへ

菊池恵楓園  藤井 清さん



亡骸に縋りて訴へ給ふ母責めらるるごと吾は聞きをり




極りしかなしみに手もおののきて臨終の妻に水を与へぬ




亡き妻の遺品つぎつぎ金に替へて三年忌まではつとめ来にけり




亡き妻とむつべる夢を三夜見きかなしく楽ししかもはかなし




日中をしづかに籠りゐる友の従軍徽章もてあそび居り




ワゼクトミー受けて一年を過ぎしいま再び吾は娶らむとする




雨降りて弱き吾等のおのもおのも三十六畳にこもり暮しぬ




病古りし吾にいまなほ残るもの眼と歯は宝の如くに思ふ




引き伸ばしをすると云ひつつわが妻は亡夫の写真はじめて見せぬ




飯食めばばらばらと口よりこぼすなり隣の友よ許して呉れよ



藤井清さんの略歴
大正元年生まれ。下関の和傘職人。昭和9年老母と弟を残し九州療養所に入所。日ならず作歌を始め、「檜の影」、昭和13年「アララギ」に入会し土屋文明に師事。「檜の影短歌会」幹事も務めた。人柄、誠実・清純と評された。昭和31年11月逝去。享年44。『菴羅樹』(昭和26年)『陸の中の島』(1956年)『海雪』(昭和35年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)

2030年 農業の旅→ranking 
このページのトップへ

サケとネギの蒸し煮

 
2020-11-22 006 2020-11-22 008 

無水鍋の下敷きにざく切りしたネギを入れ、15秒湯通ししたサケを置き、味噌をみりんで溶いてサケにかけ、醤油と砂糖も少量入れ、酒を入れ、3分ほどで煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。



サトイモの煮物


 
2020-11-22 002 2020-11-22 004

乱切りしたサトイモを鍋に入れ、シイタケを入れ、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、水を入れ、削り節を入れ、煮立ったら極弱火にして25分煮て出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

鳥インフルエンザ

 

隣の香川県で「鳥インフルエンザ」が猛威をふるっている。

ニワトリがかわいそう・・・

殺処分がすべて終われば、合計で約131万羽になる。



我が家の18羽に、これといった変化は見られない。


新型コロナも、岡山県では毎日10~20人ほどが感染している。他府県に比べて、こちらも多い。


日本で鳥インフルエンザが初めて発生した山口県(2004年)から、もう16年が過ぎたが、まだワクチンは開発されていない。


新型コロナウイルスのワクチンも、鳥インフルエンザワクチンのように、開発されるのは、まだまだ先になるのではないか。



人間は三密を避けるように言われているが、ニワトリの飼い方は相変わらず「密集」で、全く改善されていない。


ウインドレス鶏舎で、防除が徹底されていて、鳥インフルエンザ病原菌の入り込む余地は全くないように思えても、感染してしまう。


徹底した経済効率を追求した飼い方だが、この飼い方では「鳥インフルエンザ」の終息はないように思える。




10~20羽ほどの少羽数を飼うのは、経済的観点からは論外だろう。

そして、こういう飼い方に戻るということも非現実的である。

そういうことをしていたら、卵の価格が跳ね上がり、大多数の人が口に入れることができなくなる。

そんな観点から見れば、ぼくのは異次元の飼い方であり、いわゆる世間とは隔絶している。

しかし、こんな飼い方も決して無くはならない。

未来永劫、一つの先駆的飼い方であり、古来ずっと続いてきたのは、この飼い方である。

10~20羽を飼い、肉と卵を自給し、田んぼから出る野菜残渣や米くずを食べてもらい、米ぬかを与え、少しは購入飼料も与える。

主体は、草や菜っ葉等の「青菜」であり、春のお彼岸頃には「草卵」と言われるように、草だけでも卵を少しは産むという例えもある。

つまりニワトリは循環(リサイクル)の要の位置に存在していた。

一昔前、ニワトリは家族の一員だった。最後にはつぶされて(解体されて)肉になり、その家のおかずになったが、それまでは家族の一員だった。



「コメリ」で飼料も定期的に買っているが、その他に、もみすり後の米くずを農家から頂き、時々は無人精米機を見回って米ぬかを集めて餌にし、ナンキンくずやイモくずをもらったり、自分でも餌用にエダマメを作っている。

ダイコンの葉、カブの葉、ニンジンの葉、ハクサイやキャベツの外葉、奇形の野菜、虫食いの多い野菜は、ニワトリがいるからこそ、すべて平らげてくれる。

風景としても、ニワトリは田んぼの絵になる。雄鶏の鳴き声も牧歌的である。

10~20羽養鶏は、家畜福祉の観点からも理にかなっている。

4坪半の鶏舎の中という制約はあるが、その中で自由に歩き回れるし、夜は天井近くの止まり木に整然と止まって寝る。

水は毎朝、容器の水を捨て、新たに10リットルほどを入れ替える。

自由に歩き回れる空間、青菜をたらふく、10~20羽ほどの少羽数、4年飼って入れ替えという「自分なりの家畜福祉」を実践してきたつもり。

ウインドレス鶏舎で数万~数十万羽を飼う飼育方は、鳥インフルエンザに対しては、全く適さない飼い方である。

体を横に動かすことも出来ない一つのゲージの狭さは、欧州からも「家畜福祉」の観点から改善を指摘されている。

ゲージ飼いは、ウイルスに対する「抵抗力」の観点からは大いに問題がある。



朝日新聞 11月21日 35面

香川県は20日、三豊市内の2カ所の養鶏場の鶏について、鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。

国内の養鶏場での鳥インフルエンザの発生は今季6、7例目。過去7例すべてが香川県内で発生している。

県は6例目の養鶏場とその関連農場の計約35万5千羽、7例目の約49万5千羽の殺処分を進める。

県は1~5例目の計約46万羽の殺処分を完了。6、7例目も終われば、処分数は計約131万羽に上る。

これは県内の養鶏場で飼育する約760万羽(2019年2月時点)の6分の1に及ぶことになる。

県によると19日午前、三豊市内の2カ所の養鶏場から「鶏の死亡羽数が増えた」と相次いで県西部家畜保健衛生所に報告があった。

県の簡易検査の結果、いずれも陽性反応が出た。その後、遺伝子検査で陽性が確定した。

県は20日早朝、自衛隊に災害派遣を要請。6例目の養鶏場の鶏に加え、同じグループ会社が運営し、従業員の行き来があった隣接する4養鶏場の鶏計約35万五千羽の殺処分を始めた。

7例目の殺処分は人員不足のため、今後行う。農林水産省によると、約49万5千羽は1養鶏場あたりの殺処分数としては過去最多。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ