FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

有名大学合格数が週刊誌をにぎわす3月


有名大学合格ランキングが週刊誌をにぎわす3月。私立高校にとっては、有名大学への合格率を上げないと経営面で死活問題にもなるだろう。


(1)親や祖父母の経済力の差が、学力に最も影響するだろう。

(2)それまでに培われた子どもの「性格」が2番目に大きなウエートを占めると思う。


高校時代は「最大の反抗期」でもあり、勉強から敢えて遠ざかる生徒も多い


さほど疑問を持たずに、入試を目標にして3年間を過ごす生徒


勉強に疑問を持ち、勉強が手につかなくなってしまう生徒


勉強以外のことに興味や関心ができ、それにエネルギーを費やす生徒


部活に生きがいを見だして、勉強が二の次になる生徒


わざと不良になりたがる生徒(それまでの自分の殻をかなぐり捨てたい気持ち)


自分と違ったタイプの友人とつきあいたい衝動


勉強の意味がわからなくなる生徒


いろんなタイプの生徒が十把一絡げになって、受験という壁に挑まされる


勉強や体制にあまり疑問を感じない「単純な?」生徒が有名大学、有名企業、官僚へと進み、あまり疑問を持たずに勤め上げる


ただ、2019年度の大学進学率は54%ほどだから、2人に1人が進学している状況であり、半数の子どもは、多くは経済的理由から進学をあきらめている。


親に経済力があって進学できても、本人が「大学入試までの人」で、大学では目的を失ってしまい、無目的に過ごしてしまうパターンも多いだろう。


入試で「燃え尽き症候群」になる人は、かなりの人数になると思う。


今はあまり言われていないようだが、大学4年間は「就職へのモラトリアム期間」とみなされて、職業猶予期間のような扱いになっている側面もある。


「有名大学合格校」が週刊誌に載る3月は、すでに50年以上続いている「この国の進展の無さ」の表れであり、個人の能力や人格までも、「大学名」だけで評価されるような時代錯誤が、この国を未だに覆っている。


今の政治や霞が関の「ていたらく」は、学歴一点のみ評価の大きな欠陥の露出である。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  66

このページのトップへ

在野のアナリスト

このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(7)



この小さき島に籠らひ病みをれど青く展けし海をもつ窓




徳重ことしげと名を改むる三度目の君が余生はしづかにあれよ




こもり居の窓も明るむ如月の海へ押し出す若布とる舟




友を焼く重油の煙ながれくる春の疾風に低く乱れて




妻の辺にねそべりて本を読みもらふかかる安けき刻の過ぐるな




ぎりぎりの訴へをする署名書に拇印を捺さむ指ひとつなく




園長と卓を囲みて茶をすする背後に疼く六十年の過去




茫茫と坐る盲の眼にしみて太古につづく海の落日




悲しみをもちよるごとき三園の盲人会議の議題は多し




やうやくに双葉ひらきし朝顔のすでに自らの影まとひゐる




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

菜飯


IMG_2201_2020032518475174c.jpg IMG_2203_20200325184750d65.jpg IMG_2209_20200325184747817.jpg

熱したフライパンに油を入れ、15秒湯通しした小魚、ナバナのおひたし、溶き卵1個の順に炒め、ニンニク醤油で味付けして火を消し、最後にご飯を入れ、ほぐしながら点火し、具材とご飯がなじんだら出来上がり。



もらったブロッコリー

 
IMG_2194_202003251847448c6.jpg IMG_2197_2020032518475445d.jpg

茹でてマヨネーズで。



シュンギクの卵とじ

IMG_2198_20200325184753c61.jpgIMG_2205_20200325184748ecf.jpg IMG_2211_202003251847459df.jpg

醤油、砂糖、酒、みりんを鍋に入れ、水と出汁の素を入れ、煮立ったらざく切りしたシュンギクを入れ、溶き卵1個を入れ、極弱火で5分煮て出来上がり。




2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

新聞の投稿について


 朝日新聞の「声」には「無断転載を禁止します」の表示があるが、毎日新聞にはない。


ぼくが思うに「投稿」は多くの人に読んでほしいから、自分の意見を新聞に投稿すると思うので、「無断転載禁止」はおかしいような気がする。


そのことに関して朝日新聞に電話したら「著作権」があるからと言われたが、転載を問題なしとする人も半数以上おられると思うので、一律に無断転載禁止ではなく、個別対応してほしい。


つまり、転載可か否かを。


「声」に掲載されるのは6人ほどだから、個別対応は簡単にできると思うが、その点が「不親切」と思う。


時々「ブログで紹介したい投稿」があっても、無断転載禁止が壁になる。


そういうことを繰り返しているうちに、「声」欄をあまり読まなくなった。




それともう1点「趣旨は変えずに直すことがあります」という表示がある。


投稿する人は10人中9人まで、「一字一句変えて欲しくない」のではなかろうか。


「趣旨は変えずに直すことがあります」の表示は毎日新聞にもある。


投稿する人にとって「一字一句」は「いのち」!


人の作文を、たとえ一字でも、無断で変える権利が「朝日新聞」や「毎日新聞」にあっていいのか。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  65

このページのトップへ

植草一秀の『知られざる真実』

このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(6)



道のべの野菊の花にくちづけて誰にも逢はずふるさとを去る




いつまでと限りのあらぬ病にて又冬に入る海鳴りの音




傍らに箸とりくるる妻ありて盲ら多き中のわが幸




吹きあらびゐたりし風の今朝凪ぎて君迎へむと待つ浜ぬくし




指のなきもろ手に受くるふるさとの色美しき嫁入りあられ




天井を鼠の走る音しても過保護の猫の膝に眠れり




これよりは妻の生れし阿波の国若葉すがしき峠をくだる




これよりは路極りて山迫る青葉に透るもろ鳥の声




いのちありて今年も聞けりひそかなる昼に筍の皮をぬぐ音




さみだれに打たせて傘をつらね来る女子大生の笑まひ明るく




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

リメイクしてカレー

  
IMG_2175_20200324183809a81.jpg IMG_2181_20200324183805018.jpg IMG_2193_202003241838047e1.jpg

昨日の、イノシシ肉の残りはルーを2個入れてカレーにした。



ナバナのおひたし


IMG_2177_20200324183808069.jpgIMG_2179_2020032418380623b.jpg  



味噌汁
 
IMG_2183_202003241838057ff.jpg




ニンジンおろしとダイコンおろし

IMG_2189.jpg
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

全国初 スマホOK入試

 
毎日新聞 3月23日 10面

東京女子学園中学校 全国初 スマホOK入試


その名も「スマホ持込みOK入試」は複数ある選抜方式のうちの一つで、全定員の4分の1をこの方式で募集した。


試験会場は図書室。スマホを持っていない受験生も受けられるようにタブレット型端末を用意したほか、図書室の本を使うことも認めた。もちろん、外部の人とのやりとりは禁止だ。


試験は60分間で三つの大問が出された。例えばこんな問題だ。


「タピオカドリングは東京で1日何杯売れていると思いますか」


「2月3日は節分です。今年の節分に日本中でまかれる豆は何粒でしょうか」


スマホを使って調べた統計などの情報を基に回答用紙に記述させた。



このほか、問題用紙に載っているQRコードをスマホで読み取り、画面に表示された写真の撮影場所の地名を、導き出した経緯とともにウェブ上で答えさせる問題もあった。


受験生からは「試験なのに楽しかった」「頭を使った」との感想が聞かれたという。


東京女子学園は、一貫校の高校を含め2017年度からタブレット型端末を全校生徒に貸与するなどICT(情報通信技術)を活用した教育に力を入れている。


スマホOK入試はその一環で、知識量だけではなく、世にあふれる情報を見極め、活用して自分なりの解を創り出す力を見るのが狙いだ。来年度は高校入試にも導入予定という。


作問を手がけた立原寿亮広報部長は「AI(人口知能)が急速に進化を続け、暗記だけでは通用しない社会になった。
入試もブレークスルー(打開)が必要だ。今後を見据え、突出した個性を認めていきたい」と力を込める。


3問とも、ぼくは回答できそうにない。




朝日新聞 3月22日 折々のことば 鷲田清一


感動で一つになるって、心底嫌な言葉だなあ。そこから外れた人のことは勘定に入って無さそうだし
(大友良英)


「そもそも一つにならなくてもそれぞれが生きていける世界のほうが、いいと思うんだけどなあ」と、音楽家は続ける。


感動は、みなと同じ感情の渦に巻き込まれ、唱和することではなく、各人の内にふとざわめきが立ち起こり、それが何か判らないまま、深い眠りから醒めるような動きとなること。
大友のツイッター(2月18日)から。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  64

このページのトップへ

阿修羅

このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(5)



失なへば又手の生えるクモヒトデ思ひ見てをり指のなき手を




口をもて蜜柑の皮をちぎり剥ぐ風邪に臥せいる夜の乾きに




変哲のなきがに坐る庭石も春の兆に苔あをみくる




いのちあるものの悲しさせかせかと蜘蛛はさかさになりて巣を張る

(何十年も農業をし、幾度となく蜘蛛の巣を見ていながら、蜘蛛は大地に逆さになって獲物を待っていることを、ハンセン病文学を読むまで知らなかった。何たる自然音痴)




健やけき人の世界は夢ありき五月の空の矢車の音




読みくるる比島戦史に胸ふたぐ草食みてわが弟も逝きしか




弟を奪ひ家をも亡ぼししこの国がなほ再軍備する




八月の暑き盛りを病み臥して安らふときのなく逝きし母




菜園となりゐる吾の生家跡病む身はばかりて遠くより見る




拾ひきて石おくのみの父母の墓石の形をわが手にさぐる




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

山うど(山菜)の酢味噌和え


IMG_2155_20200323192831058.jpg
 IMG_2159.jpg IMG_2161_20200323192828290.jpg

山菜の山ウドはざく切りして1分茹でて冷水にとり、水気をしぼる。

ボールに酢、味噌、砂糖、みりん、酒を入れて混ぜ、山ウドを入れ、和えて出来上がり。



圧力鍋でイノシシ肉


IMG_2144_20200323192845048.jpg IMG_2147_20200323192837a81.jpgIMG_2163.jpg
IMG_2166_20200323192827209.jpg

圧力鍋に乱切りしたダイコン、ニンジン、キクイモ、ゴボウを入れ、15秒湯通ししたイノシシ肉を入れ、ネギ、タマネギ、シイタケを入れ、ショウガ1片をすりおろし、ニンニク1片の薄切りを入れ、醤油、砂糖、酒、みりんで味付し、水を4カップほど入れ、強火で、おもりが勢いよく回りだしたら極弱火にして25分煮て火を消し、圧が抜けるまでそのまま放置して出来上がり。




目玉焼き

IMG_2150_20200323192836ec6.jpgIMG_2152_20200323192834efe.jpgIMG_2154_20200323192832fca.jpg   

ナバナのおひたしを添えた。


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

長島で活動の協力隊員募集


朝日新聞 3月22日 23面


瀬戸内市は新年度、ハンセン病の回復者が暮らす国立療養所2園がある長島を活動拠点とする「地域おこし協力隊員」を募集する。

一般会計当初予算に約200万円を計上し、今秋の採用を予定している。

市によると活動は主に二つ。長島愛生園と邑久光明園の入所者自治会や島の対岸にある虫明地区を含めた地元住民との交流を深めること。

もう一つは、ハンセン病問題の正しい理解を広めるため、長島へ人を呼び込むイベントを企画することだ。

長島の世界遺産登録を目指す運動では、市や回復者、住民、NPO法人との連絡調整を務める。

委嘱期間は最長3年間で、瀬戸内市に住むことが条件。

地域おこし協力隊は街おこしに取り組むケースが多い。人権啓発室の担当者は「珍しいかもしれないが、長島に限定して活動し、ハンセン病問題の理解を広めたいという人に来て欲しい」と話す。

募集条件は4月以降に公表される。





ぼくは世界遺産登録とか人権啓発とかに、あまり関心がなく、単純に、詩や短歌や随筆という文学に興味がある。


還暦を過ぎるまで、長島にこんなに心を動かされる文学があるとは知らなかった。


病者の文学・・・

すでに過去の話・・・

もう終わったこと・・・

と感じている人も多いだろうが、

自分に訴えかけてくるものがあるから繰り返し楽しめている。



何かを前面に出して訴えていかないと、人権とか、差別とか、長島の風景とかでは、1回は人を呼べても、リピーターにはならないだろう。


沖縄県の「ひめゆり資料館」や広島県の「原爆資料館」では入場者が半減していると新聞に出ていた。


哀しみや被害を前面に出しても、人は何回も足を運んでくれない。


長島には2つの療園があり、すばらしい文学が残されているから、それをアピールしていくのはどうだろうか。



世界遺産登録にどれくらいの金額をつぎこんでいくのか知らないが、瀬戸内市立図書館や長島愛生園の歴史館に「図書(詩や短歌や随筆を主体に)」を充実させることが、未来の人たちに最も共感を呼ぶだろう。


その図書を選別するチームを作ってほしい。


その場合、分厚い本ではなく、薄い本であること、


単純に文学を楽しめるもの。


長島の2つの療園には、おびただしい数の詩、短歌、随筆がある。


長島を活動拠点とする「地域おこし協力隊員」には、これらの文学の水先案内人になりたい人に来て欲しい。

 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  63

このページのトップへ

No Nukes 原発ゼロ

このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(4)



はるばると訪ね下さる師を友を迎へむ明日の海よしづもれ




鍬の柄を血ぬりて父と拓きたる山の畑のその後を知らず




白樺の苗木携へ盲なる君がはるばる草津より来ぬ




生きて逢ふ日の又ありや白樺は君しのばせて丘に芽を吹く




待ちくるる人も生れし家もなき郷の道ゆく旅人のごと




ふと口をつきて出でたり吾とわが忘れていたる郷の方言




ダルマには眉に二つの眼もありて春の畳を起き上りくる




妻の摘み入るるトマトを受けて持つ籠の重みに大きさを知る




病みてくる者らの絶へしこの園の後のことなど思ふ閑日




ついにわが唇にも麻痺の及びしか丸と濁の発音ならず





2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

サトイモの煮物

 
IMG_2099_20200322192330787.jpg IMG_2102_202003221921596f2.jpg IMG_2137_20200322192159e9a.jpg

乱切りしたサトイモとシイタケを鍋に入れ、醤油、砂糖、酒、みりんを入れ、水と出汁の素を入れ、煮立ったら極弱火にして20分煮て出来上がり。



ナバナのおひたし


IMG_2101_20200322192332c69.jpg



ニンジンおろしとダイコンおろし


IMG_2135_202003221921592bb.jpg



目玉焼き

IMG_2131_202003221921596b6.jpgIMG_2133_202003221921591bc.jpg

ナバナのおひたしの一部を添えた。醤油で味付け。


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

多くの自由時間があっても、ぼくは消化できない


朝食後は、田んぼへ行く必要がある・・・という状況は、とにかくありがたい。


ニワトリが待っている。朝の太陽が浴びれる。田んぼを見まわす。ミツバチを見に行く。


サクランボの花は終わりに近づいたが、一昨日、山桜が開花した。


田んぼ、里山、誰もいない風景、これらを独り占めしている。


お金に換算できない「この豊かさ」。


命がある限り、食べ物を作るために、田んぼへ行って農作業をする。


身体が動かせれるなら、この日常は死ぬ日まで続くし、死ぬ日まで続けたい。


夕飯をつくる時間、新聞を読む時間、3回の食事の時間、その他は農作業の時間、夜はブログの時間。


これらの時間を引くと、残りの自由時間はそんなに多くない。


仮にもっと多くの自由な時間を与えられても、ぼくは消化しきれない。


保守的になっているわけでも、安定や安穏を持ちたいわけでもない。上記は死ぬまで続く固定時間で変動時間ではない。


一つのことのための時間だけではなく、いろんなことをする時間が、田舎在住だから与えられている。


田んぼ、里山、ため池、竹林、雑木林のもろもろが、生きる力となっている。


これは金銭で換算できない。



タワーマンションで見る風景とは異なる。


一歩一歩歩く都会の道、たくさんの人はいても一人。


風景は雑然、そして混沌。


それでも現役世代なら難なく通過する。若さで。




老いては

里山の土の上で死にたい

田んぼで死んどったらしい・・・と。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  62

このページのトップへ

阿修羅

このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(3)

 

鬼どものなづき来そうな声あげて老が豆まく暗める庭に




音信も今は絶えたるうかららを思ふ闇よりバラ匂ひくる
(注)うかららとは血縁の人々の総称





妻と今二人となれるしづけさをきほひて刻む机上の時計




わが妻となりたる君が瓜きざむ音をしづかに今朝はききをり




此の雪のあしたも遠き泉より君の汲みくれし塩気なき水




頒ちくれし一つなれども嬉しくて手に弄ぶ
故郷くにの蜜柑を




扇風機の風背にぬくし対立の論点ふかく掘りさげゆくに




不自由者に皺寄せらるるその議案押しきられゐて席に黙せる




三十四年守り来し自治の灯よ危きときも消さず過ぎたり




とっぷりと暮れたる窓のカーテンを引けば静かなり二人の世界




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

ニンジンとダイコンのバターポン酢


IMG_2087.jpg
 IMG_2097_20200321185419a43.jpg

熱したフライパンにバターを入れ、8ミリほどに輪切りしたニンジンとダイコンを入れ、シイタケを入れ、煮立ったら極弱火にして25分蒸して蓋を開け、裏返して手作りポン酢(醤油大さじ1と半、酢とレモン果汁を各大さじ1、みりん大さじ半分)をまわしかけ、3分ほど煮つめて出来上がり。



ハクサイとツナ缶の煮物


IMG_2083_20200321185418d99.jpg IMG_2085_2020032118542590c.jpgIMG_2095_2020032118542152f.jpg

醤油、砂糖、酒、みりんを鍋に入れ、少し水を入れ、煮立ったらシイタケを入れ、弱火で5分ほど煮て、ざく切りしたハクサイを入れ、よく油を切ったツナ缶をほぐしながら入れ、ハクサイがしんなりしたら混ぜ、弱火にして10分ほど煮て出来上がり。



ベーコンとナバナ炒め


IMG_2091_202003211854225cb.jpg

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の薄切り、ベーコン3枚の細切り、昨日のナバナのおひたしの順に炒め、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

メディア 時評


毎日新聞 3月19日 8面 メディア時評 新城和博さん(編集者) 一部抜粋



この1ヵ月、新型コロナウイルスの対応に振り回されるうちに、安倍晋三首相の「桜を見る会」を巡るいわゆる「汚れた桜」疑惑や、


いつのまにか法解釈が口頭決済により変更確認されたとする検事長の定年延長など、極めて重要な問題の追及が、またしてもあやふやなまま終わってしまう嫌な予感がしてならない。


近年、日本の大手ジャーナリズムは公的権力の乱用に対する「怒り」が足りない気がする。


安倍首相がほぼ独断で決めたという、小中高校の一斉休校要請後に行われた首相会見での大手マスコミ記者らの態度を見る限り、マスメディアへの不信感は増すばかりである。


毎日新聞でいえば「熱血!与良会談」や「松尾貴司のちょっと違和感」などの署名コラムでは真っすぐ発せられている政府への怒りが、紙面全体ではなぜだか薄められている印象がある。


署名コラム、専門家の意見を並べても、怒りの有り様のアリバイ作りをしているとさえ感じてしまう。なぜだろうか。
(以下略)






新聞に書いてある記事は、素直に受け入れてしまう習性がある。

学生はもちろん、社会人でもそうだろう。



長く地方紙を購読していたが、ある時から全国紙をとるようになった。

慣れ親しんだ新聞を替えることは、家族の反対も大きい。

惰性に流されやすいが、新聞を替えると気分も変わる。



新聞には「相殺記事」が多い。


それは中立・公正の立場からか・・・


そういう立場からの報道は「読後感が残らず」、「記憶にもあまり残らず」、「いったいこの新聞は何がいいたいのか」と思ってしまう。


つまりどの新聞にも「社としての主張がない」のだ。


この点は欧米の新聞と徹底的に異なる点だと思う。



日本の新聞は中立・公正というよりも、主張がない、何がいいたいのかわからない、相殺記事(両論併記)にして、一方の主張を否定してみせる。


今では、異なる意見の2人ではなく、3人にして、余計に焦点がぼけてしまった感がある。


インターネットのなかった時代は、新聞の権力は絶大だったと思うが、インターネットで「個人が発する政治記事」に開眼させられた。


晴天とら日和」というブログに出会ったことが大きかった。ここに出てくる多くのブログーの記事に共感した。


なぜこのブログを知ったかというと、「きっこのブログ」という有名ブログのちょっと下の位置にあったので、自然と目がいった。


それでも、最初のうちはあまり好きではなかった。いつのまにか好きになっていた。それはこのブログに、読みたいブロガーの記事が多かったから。


新聞記事の裏を読むうえで、大いに役立っている。


朝日も毎日も、社としての主張を伏せた「相殺記事」を続けるなら、読者はいつか離れていく。


相殺記事を「中立・公正」とは言わない。


少しは欧米の新聞の態度に学んだらどうだ!



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  61

このページのトップへ

毛ば部とる子

このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(2)



歩みゆく盲の靴の鈴音がじゃれる仔猫に似て遠のくも




起きあがる達磨ころころ転がして晴れぬ心を遊ばせてをり




逃げ惑ふ蟹の如きか失ひし道をしきりにわが探り行く




ジャンケンで決めむとしたるたまゆらにふと気づきたる指の無き手を




足病みて二十一畳の部屋のうちを尺取虫の如くいざれる




ふかみゆく秋の小島のしづけさよ籠に飼はれて鳴ける鶯




声あげて君は畳に泣き伏しぬ盲ひ果てたる我を見るなり




蓑虫の如く毛布にくるまれる躯に夜の冷えが沁みくる




皮を剥ぐことも出来ざる手になりて配給の梨籠にころがる




美しく夢をはぐくめ親のもと離れて病める子等の手花火




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

リメイクしてカレー


IMG_2076_2020032018543937a.jpg
 IMG_2081_2020032018543667e.jpg

昨日の肉じゃがの残りは、ルーを1個と水を1カップほど入れてカレーにした。



キャベツと魚ソーセージ炒め


IMG_2063_20200320185435ed1.jpg

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の薄切り、魚ソーセージ、キャベツの順に炒め、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。



ナバナのおひたし


IMG_2065_20200320185447766.jpg IMG_2066_202003201854454bb.jpg



IMG_2069_20200320185444fb3.jpg IMG_2071.jpg

茎の太い部分は縦に半分に切り、別に茹でて冷水にとり、水気をしぼる。



味噌汁

IMG_2073_20200320185441aaf.jpg IMG_2077_202003201854380a6.jpg

具材はいつもと一緒で、薬味はシュンギク。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ