FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

しあわせの青い鳥

このページのトップへ

長島愛生園  甲斐八郎さん(5)



文字書けずなりし手首をはげまして歌一首書くに汗を流しぬ




ながき永き療養に親しき友いくたり逝きしがこの冬もっとも多き




水俣病にたおれし人のいうを聞け「父と不知火の海を返せ」




看護助手足らぬしくみが不自由者同士の争いとなる国の医療ぞ




竹筒にくりたるベトナム支援カンパに硬貨をおとす僅かなれども




こころ弱りいのち貧しきありしとき『党生活者』の多喜二によりぬ




うかららの皆死に絶えし現身に父の十三回忌近づくころか




足病みて久しくあればこの園を海のめぐれること忘れいし




枯草にてんてんと青草混りいて冬日しづかにたそがれむとす




甲斐八郎(香取勉・不二木穣・川畑又一・甲斐又一)さんの略歴
1918年12月16日大阪市生まれ。父は大工。小学6年の春大阪大学皮膚科で診断。高等科2年卒業。翌年の徴兵検査を避けて1937年11月1日長島愛生園入園。まもなく短歌・創作に取り組む。1945年3月8日父母と面会。3月10日の大阪の空襲で弟妹たちは爆死。1947年7月不自由者棟に移る。戦後、園内民主化運動、予防法闘争、自治会活動に参加。1967年日本共産党45周年記念文芸の短歌佳作。新日本歌人協会会員。1977年日本共産党永年党員証。1987年4月7日逝去。『青磁』(昭和26年)『小島に生きる』(昭和27年)『陸の中の島』(1956年)『青芝』(昭和32年)『風光』(昭和43年)『海光』(昭和55年)『サンルームの風』(1979年)『その日━━らい予防法闘争記録集』(1988年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  甲斐八郎さん(4)




いささかの事なりながら看護婦の胸のボタン掛けくるる親切に会う




付添い等吾が身囲みて拭い居るみどり児の如く屍のごとく




陳情にゆきし代表が座り込みに入れりと真夜の報告きびし




手当なく失いし足の指幾本ひとつひとつに歎き残りて




痛痛しきまで卑屈になり看護婦にもの頼む性よはや憎みつつ




出来てきし義足をはくと身をかがむかかる動作に生きゆく吾か




新しく入りし看護学院生徒今年もなべて奄美より来し




四畳半の個室もらいて居る今宵このわびしさはいづこより来る




兵役を忌避するごとくライ園に逃れきたりぬ三十五年前




巨大なる棺桶といわれし島の園に芋うえ野草食べ生きしのぎ来し



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  甲斐八郎さん(3)



過ぎゆきの記憶の中によみがえる炎のなかに逝きし弟妹ら




百余日知らされざりし父の死をつぶさに姉が書きて来にけり




移り来し家に目ざめて聞く夜の潮は遠くにまた近くなる





厠まで長き廊下をゆきかえりこの家の生活にも馴れてゆくべし




ささやかな我が実践として売れり朝日茂歌集「人間裁判」七部




足弱き吾が行く範囲定まりて患者会議室図書室不自由者集会場




麻痺のため顔の表情うごかぬを恐れられ怒ってもの言うという




生産的といえる一日か療園に原稿を書き陳情書を書く




いくばくの内職にならんひと冬を育てし鈴虫を療友は売るという




ののしられても侮られても原則はふみはずすまいと言葉をつくす



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

豚肉炒め


IMG_7826.jpg
 

今日は外出していたので、家人が作った。豚肉を炒めて生姜醤油で味付け。紫ミズナの煮物。



ダイコンとニンジンの酢の物

IMG_7828_20181213190425abd.jpg

ダイコンとニンジンをスライサーで切り、酢、砂糖、みりん、カツオブシで味付け。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

QUEEN

このページのトップへ

長島愛生園  甲斐八郎さん(2)



病得てはじめて読みし宣言にわが残年は定まりにけり




枕頭台に日課のひとつはげまして少しづつ学ぶ共産主義読本




不自由舎の朝餉終えればすがるがに吾はよりゆく机のまえに




いとけなく癩病みしかばひとときの安らぎもなくいます母父




うつつなく居るわが前を紙屑が生き物か何かの如く吹かれていきぬ




十年あまりわが使い来し辞書なれど破れたるラ行とワ行と継張りてあり




集団の意志に副うべく身は持して時折おそうこの孤立感




頑なに己れ独りを守り来しと思える夜半にまなこ冴えつつ




さまざまに利用されぬる過程をば彼の友にみてたえがたかりき




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  甲斐八郎さん(1)



一ところ汗の出づるをみどり児の肌に触るる如くよろこぶ




侵されていとけなく癩を守り来しその折ふしのかなしき記憶




病もつ子らうち群れて
盂蘭盆うらぼんの夜を踊るらし寂しきその音




ことごとく痺れわたりし現身の夏をおそるる汗出でずなりて




宵宵に寝台の下に撒きくるる消毒液にむせて眠りぬ




患者らは手錠をはめてでも連れて来よといふ園長を憎しみやまず




つながれて獄に死にたる病友が院長絞首刑と壁に残しぬ




みずからを守りてひとり生き来しと思えるときに魯迅をよみぬ



(悼 壱岐耕
戦争を中にはさみて交わりき相共に歌をよみてはげみき




ためらいて吾が入りゆかざりし領域を今宵思いて動悸して居り




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  福岡 武さん(5)



犬猫の墓など建てて療園に果てなむわれら一代ぼとけ



悼 千葉修
臨終まで離さざりしか枕頭の短歌メモ帳の推敲のあと




人の親となることもなく療園に老いてひひなの白酒を酌む




童のまま齢経しごとき老いざまをいまは嘆かじ古稀を迎へし




いたはられ支えられきてけふのあり石に坐れば石あたたかし




福岡武(武夫)さんの略歴
大正6年7月10日三重県生まれ。昭和23年7月15日長島愛生園に入園。「アララギ」から昭和43年10月「形成」に入会。木俣修に師事。昭和54年岡山県文学選奨受賞。『あらくさ』(昭和30年)『陸の中の島』(1956年)『あかつち』(昭和31年)『風光』(昭和43年)『海光』(昭和55年)『石あたたかし』(昭和62年)『ハンセン療養所歌人全集(昭和63年)『夢にはあらず』(平成9年)。



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

ハクサイの煮物


IMG_7808.jpg IMG_7818_20181212191559765.jpg IMG_7821_20181212191601a8a.jpg
IMG_7824_20181212191604b86.jpg

ハクサイをざく切りして無水鍋に入れ、練り製品1枚とシイタケをスライスして入れ、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、生姜1片をすりおろし、酢を小さじ1入れ、煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で蓋を開け、混ぜて出来上がり。



ヤーコンのカレー粉炒め

IMG_7810_2018121219163100f.jpg

熱したフライパンに油を入れ、短冊切りしたヤーコンを入れて1分ほど炒め、魚ソーセージを入れ、2分ほど炒めて火を消し、醤油とカレー粉で味付けして出来上がり。



小魚のポン酢浸し

IMG_7812_201812121916320b6.jpg IMG_7815_20181212191558a20.jpg 

沸騰したら火を止め、小魚を1分湯通しして冷水にとり、お椀に入れ、手作りポン酢を注いで出来上がり。



ダイコンおろし

IMG_7822_2018121219160221e.jpg    
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

在野のアナリスト

このページのトップへ

長島愛生園  福岡 武さん(4)



かつがつに一眼保ち盲友らの世話する側にいまわれのあり




祖父の背に負はれて見しとハレー彗星を君は語れり病みて盲ひて





天体の一瞬ならむ七十六年人のいのちの短く長し






わが耳に聞けば哀しき虫が音の或ひは歓喜のこゑかも知れぬ




さきの世のこととも思ふはろけさにちち母はあり山河はあり




バリカンを零るる白髪ほろほろと散るさびしさを知るべくなりぬ




柚子の香に蘇るふる里わが生れし古家古井戸若き日の母





海鳴りはたらちねのこゑか噴き出づる汗も涙もしほ辛くして




米寿まで生きし父なれ長く生きてわれゆゑ長く苦しみたらむ



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  福岡 武さん(3)



囚はれてゐる思ひにぞ島のうちいづくにゐても波音ひびく




わが本籍其処にありとふ証しして町名変更の通知届きぬ





泊り客などある筈なけれど一組の布団を妻の蔵ひおきあり




神経痛やや治まりし足曳きてむらさき淡き朝顔に寄る






注射うち薬つづけて三十年菌ほろびしとき髪白きわれ




鈴虫らひげすずやかに振り合へりわれは現身の痲痺を嘆かふ






羽づくろひしつつしんがりをゆく家鴨わが拙さを見る思ひせり




療養のすぎゆき長き歳月になほ鮮けし父に会ひし日




古き病友らの遺せし書冊ひしめきて吐息嗚咽のこゑぞきこゆる




とり囲む石のほとけの慟哭を聴きいまさむか木枯しの夜は




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  福岡 武さん(2)



肩叩かれふり向くしばし声とならず二十七年振りの弟立てり




慌しく会ひて別れを惜しむ間も銀杏もみぢの散りやまぬなり




わが病らいヽヽの兆しと知りしより弟妹たちを寄せつけざりし







死の床に父は言ひしか弟にらい園にわれの生きてゐること




何といふ脆きこころぞ一言のいたはりにわが溺れてゐたる





戦死せり友あり若く死にしあり療園にいまわれは生きをり







一言一句に癒やされてゆくわが渇き真砂に水の滲み入るがごと




長き手紙そらんずるまで読み返し血脈の血の脈うちはじむ




年頃の娘もあるゆゑと婉曲にわが返信は断りてあり





ひとつひとつ小さく諦め生きて来てわれにいのちの一眼保つ






2030年 農業の旅→ranking
このページのトップへ

ホウレンソウのソテー



IMG_7788_2018121118530343f.jpg

熱したフライパンにバターを入れ、昨日の残りのホウレンソウのおひたしを入れて炒め、溶き卵1個を入れ、卵が固まってきたら火を止め、醤油少々と塩・胡椒で味付けして出来上がり。




バターナッツかぼちゃの素焼


IMG_7790.jpg IMG_7793_20181211185306366.jpg  

薄切りして魚焼きグリルで、裏表7分ほどずつ焼いて皿にとり、醤油をかけて出来上がり。



バターナッツかぼちゃのスープ

IMG_7796_20181211185238f85.jpg IMG_7799_2018121118523983c.jpg IMG_7802.jpg
IMG_7804.jpg IMG_7807_20181211185243217.jpg

最後のバターナッツは再度スープにした。

薄切りしたバターナッツをタジン鍋に入れ、大さじ3の水を入れ、煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で蓋を開けてつぶす。鍋に半カップの水を入れ、煮立ったら弱火にしてコンソメ1個を入れ、溶かす。つぶしたバターナッツと牛乳を入れ、煮立ったら出来上がり。


バターナッツかぼちゃは今年、イノシシで全滅だったが、もらった2個のバターナッツで、料理は来年の布石となった。作った料理は、
(1)スープ
(2)薄切りして素焼し、醤油をかける
(3)かぼちゃご飯
(4)大さじ1のオリーブ油で、かぼちゃとカブとパプリカを蒸し煮して、酢味噌で味付け
(5)バターナッツかぼちゃのロースト風(熱したタジン鍋にバターを引き、乱切りしたバターナッツを入れ、少し砂糖をふり、煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり)
   
  


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

世相を斬る あいば達也

このページのトップへ

長島愛生園  福岡 武さん(1)



蜜柑黒く焦げゆくときに山深き吾がふるさとの炉辺の香ぞする




諸木木の萌ゆる匂ひよ鳴き澄める小鳥の声よ故郷の偲ばゆ




小さく軽き骨函を抱き六月の白き光の中に吾れ立つ




亡き友に吾が悔多しせがまれて歌誌読むを煩しと思ひしことも




プロミンにて癒ゆる限界も知りてをり知りゐて吾は日日射ちつづく




千万のなかの一粒いのち得て南蛮きせる土に芽を上ぐ




臨終にも
まみゆる子にしあらざれば父はわが名を呼ばず逝きけむ




十一月二日何なしゐしやちちのみの父の死さへわれは知らずして




隔てゐしはわが癩のゆゑたましひとなりたる父よさやりなく来よ




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  壱岐 耕さん(5)



プロミン治療以後の稀なる再発と医師らきてとるわが血を肉腫を




残し来し子を嘆きいふ友見れば病みて子のなきもわが倖か




年年の成る実にわれらうるほへどこの果樹園を拓きし君いまは亡し




熟すれば自ら落つるポポーの実木下こしたにけさは草敷きておく




二十年先の実る日に遇はずとも夢をたのしみてペカンの木植う




わが恋ふるシャルルマルラン幾株もここに植うれば待たるる花の日



壱岐耕(耕人)さんの略歴
明治45年愛知県生まれ。昭和7年明石の楽生病院閉鎖で明石海人らと長島愛生園入園。はじめ健康に恵まれ海人の世話や購買部の責任者など幅広く活動。また、花作りに力をそそぎ園内の花壇の美化につとめた。昭和14年2月から「水甕」に作品発表。昭和29年「水甕」同人。その後「アララギ」に移る。昭和32年2月6日急逝。享年44。『楓陰集』(昭和12年)『青磁』(昭和26年)『小島に生きる』(昭和27年)『あらくさ』(昭和30年)『陸の中の島』(1956年)『あかつち』( 昭和31年)『黒薔薇』(昭和32年)『三つの門』(昭和45年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  壱岐 耕さん(4)



断れし指ふたたび生えるはずもなく全治といふも悲しき病ひ




傷いえしプロミン治療の例として裸のからだ人に見らるる




世の中に隔てられたる癩院になほ囲ひして監禁室あり




一心に柿の貝殻虫こそげゐき病む身のけがれすすぐ思ひに




唇に今日火傷して気のつけば何時かここにも麻痺及びゐる




病むわれの茶も嫌はずに飲みゆきし人夫らはまた穴堀りはじむ




二時間もたたぬに尿の赤く染まる今度の注射は効くかと思ふ




遅れゐしグラジオラスを植ゑ終り心足りまた臥床にかへる




社会復帰もできる妻ゆゑ病み崩えし吾に連れ添ふを時にあはれに思ふ




毛糸編む手をばとどめて何おもふ祈るがに眼を閉じてゐる妻



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

里芋の煮物



IMG_7776_201812101902133ef.jpg IMG_7778_20181210190215466.jpg

乱切りしたサトイモとシイタケを鍋に入れ、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、水とダシの素を入れ、煮立ったら弱火にして20分煮て出来上がり。



カブの甘酢漬け

IMG_7781_201812101902166b2.jpg IMG_7782_201812101902173f5.jpg IMG_7787_201812101902195b6.jpg

カブ500gは薄切りして塩をふってもみ、1時間以上置く。

鍋に1カップ余りの水を入れ、煮立ったら火を消して削り節を入れ15分ほど置く。茶こしで出し殻を濾し、50gの砂糖と120CCの酢を入れて溶かし、生姜1片をすりおろす。

カブはさっと水で洗い流し、水気をしぼりながら瓶に入れ、冷めた甘酢を注いで出来上がり。翌朝には食べれる。



ダイコンおろし


IMG_7772_20181210190240968.jpg





ホウレンソウのおひたし

IMG_7768_2018121019023741f.jpg IMG_7770_20181210190239169.jpg 
     


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

RITERA

このページのトップへ

長島愛生園  壱岐 耕さん(3)



妻にさへ時に媚びつつものを言ふかかる卑屈も弱くなりてより




癩院にかくれいとなむ二人ゆゑ互にうとしそのうかららに




耳のうしろに麻痺せぬところ少しあり汗つたふ時かすかに感ず




心してつねにありつつ知らぬ間の火傷はかなし痺れたる手に




パラソルを欲しがりて手紙よこしたる義妹は癩園に病む吾等とも知らず





人生とはああこの一語よ崩れゆく肉体もちて何と解くべき






かつて誰とも争ひしことなきわが性を少し物足りなく妻は思ふらし




不自由になりて出歩くことも稀となり年二足もらふ下駄が余れり







インクの栓口もて開けるわがさまを見つめてをりし妻が目にあふ




半濁音にわれは苦しみものをいふ今朝の寒さに唇硬ばりて



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  壱岐 耕さん(2)



病みふして着る事もなき仕事着の壁にかかるを見つつ淋しも




真夜なれど村人たちに会はずやと罪人のごと忍びかへりぬ




花咲ける八ツ手を見れば心痛し年迫る日を母は逝きにき




わが病悲しむ父より戦争は更に二人の弟奪ひき




嫁ぎゆきすでに二人の母となるわれの記憶に幼き妹




呼吸管にからまる痰はにくみつつ君が臨終の言きかむとす




咽喉切開ければあと三年の生命とふことば身にしみのどは守るも




傷病まぬ人らは羨し夕されば心おきなく湯にゆきにけり




宵宵に体拭きくれし妻が病みてよりわれのあせもはにはかに増えぬ




鼻の上の傷のかさぶた眼に見えてただにうるさし煙草すふ間も



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  壱岐 耕さん(1)



終列車の時をはかりてたらちねは迎へたまひぬ道のなかばまで




たまきはる命のきはも会いがてぬ
かたゐの兄を汝は持ちにし




臥りゐる慰めに聞けとわが友は鶯の籠かしてくれにけり




このままに二十日を病めば盲ふてふ眼の痛みはや七日つづきぬ




このごろのわが癖となりて起きぬけに紫陽花に向ひ視力をためす





入園の人あるらしもこの夜更けぽんぽん船の近づく音す





表替へしたる畳のすがしさを幾度も言ひて喜ぶ妻は







療院のならひ悲しも夫逝けば住みなれしいへも移されにけり







つぎつぎに起れる家の不幸みなわれのやまひに因するごとし




今年こそ休詠むことなく励まむと思ひしことも病めばむなしき




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

バターナッツかぼちゃを使った2品


IMG_7757_20181209183224cf5.jpg IMG_7761_20181209183226e23.jpg IMG_7763_20181209183227e06.jpg
IMG_7765_2018120918322983c.jpg

3合の白米を洗って炊飯器に入れ、水と酒50CCと塩をひとつまみ入れて3合の目盛りに合わせ、乱切りしたバターナッツを入れ、炊けたら混ぜて出来上がり。


バターナッツの酢味噌


IMG_7747_201812091832561cc.jpg
 IMG_7753_20181209183223044.jpg 

熱したタジン鍋に大さじ1の油を入れ、短冊切りしたバターナッツ、カブとパプリカを入れ、煮立ったら極弱火にして20分煮て蓋を開け、酢味噌(味噌を酢で溶く)を入れ、混ぜて出来上がり。「バターナッツかぼちゃとカブのオイル味噌漬」を参考にしたが、漬物でなく煮物にした。



リメイクしてグラタン

IMG_7740_20181209183251733.jpg IMG_7742_20181209183253945.jpg IMG_7745_20181209183254aa2.jpg

食パンを半分に切って焼き、グラタン皿に入れ、昨日の残りのホワイトシチューを温めて入れ、とろけるチーズ1枚を半分に切って置き、220度で予熱したオーブンで10分焼いて出来上がり。
   


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

週刊金曜日

このページのトップへ

長島愛生園  田井吟二楼さん(4)




亡き母が髣髴として浮びくるいま年老いし姉に対へば




うち寄りて悲しむといへど姉妹らはその夫たちに吾を告ぐるなし




父も兄も吾に関りなく逝きぬ罪ふかき身は病みつつ永らふ




憚りなく真裸になれる部屋が欲しかかる希ひも一生つづかむ




当然のことながら月刊誌に新しき国費の印が捺されて届く




吾子もかくなりゐむか本を借りてゆく高校生が女匂はす




気懶くて往きも帰りも坂に憩ふ体内の菌の騒ぐこのごろ




背合せにゐてもの言はず針もてる男ふたりの雨の午後なり




病めるゆゑ清しき生活にゐる吾と思ふ時ありかへりみすれば



田井吟二楼(吟二郎・静観)さんの略歴
明治42年3月香川県生まれ。昭和23年10月20日長島愛生園入園。昭和24年より作歌を始め、「多摩」「龍」「形成」を経て昭和30年中部短歌会入会。「短歌」同人。『青磁』(昭和26年)『小島に生きる』(昭和27年)『あらくさ』(昭和30年)『あかつち』(昭和31年)『陸の中の島』(1956年)『一病息災』(昭和35年)『風光』(昭和43年)『海光』(昭和55年)




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  田井吟二楼さん(3)




麻痺深く指曲れるわが左掌暑き真昼は無性に重たし




病まざれば交はることもなかりけむ癒えて去りゆく君もそのひとり




めぐりより離れてひとり坐るなり耳聾ひ吾は保身のごとく




葉書2枚吾より借りてゆきしよりもの言はずなりしこのをみな哀れ




僧となるを厭ひて寺を捨てしかば一生無学にて父は畢りき




子の吾にかけし希ひは何ならむ病みて離りて臨終を知らず




キッスシーンながきを観つつ意識して麻痺せる顔の唇噛めり




降る雨にそら豆の葉が黄に映ゆるまさしくそこに春は来てゐし



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  田井吟二楼さん(2)




耳疎き吾に最後の職ならむ図書館の椅子に今日より坐る




燕麦の花丘畑に見つつ志摩思ふ病みて去りしより五年目の今日




恣なる空想に吾を居らしめてあらがふものなし夕映の丘





一病を息災として生きよとぞうれしき言葉わが聞くものか






耳疎き吾に聴かさむ初音とぞ屠蘇含むとき鶯啼けり




病む父を忘れよといひ忘るなと言ひて醒めたり子に会える夢




歌作る病友ともらはすでに耳疎き吾と知りゐて労りくるる




灯をつけしたまゆら壁より浮き立ち来吾妻に似たるカレンダーの画像




あけがたの夢よりさめて離れ住む三人子ひそかに吾が呼んでみる




こぼさじとひと箸ごとに口唇押へ咀嚼する吾を妻さへ知らず




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

ホワイトシチュー


IMG_7723.jpg IMG_7739_201812081858110d5.jpg

熱した鍋に油を入れ、ニンニク1片の薄切り、15秒湯通しした豚肉100g、タマネギの順に炒め、残りの野菜(ジャガイモ、ニンジン、カブ)を入れて炒め、全体に油がまわったら火を止めて、薄力粉大さじ3を入れてよく混ぜ、1カップの水とコンソメ2個を入れて3分ほど煮てグリンピースを入れ、牛乳を2カップほど入れ、煮立ったら極弱火にして、途中で何回か混ぜながら20分ほど煮て、胡椒で味付けして出来上がり。

シチューの素はもういらない!これでOK」を参考にした。



ホウレンソウのおひたし

IMG_7726_20181208185837980.jpg IMG_7729_201812081858060cd.jpg 



ダイコンおろし

IMG_7731_2018120818580725b.jpg




目玉焼き

IMG_7733_201812081858080ad.jpg IMG_7735.jpg   


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ