あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  中山秋夫さん



友逝けりむぎわら帽子置き去りに




病む島に正月が来るおもしろさ




訃の部屋の片づけられている寒さ




すぐ返す笑みをつくれず麻痺の顔




球根を植えて春への糸電話




ときを止め有線友の訃を告げる




死に顔のやさしい鮭を選って買う




療友ともの死を数えてやがて数えられる




前略も後略もなく五月鬱




かくれんぼう終った偽名もやす
荼毘だび










2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

邑久光明園  中山秋夫さん



俺に似たうろたえぐせの蝿がおる




冬の蝿ここより行き場無いものを




有線が豚逃げてると春の園




或る噂二転三転春終る




全景に火葬場のある島の園




見えぬ眼へつつじの花を食べてやる




風景の貯金小出しにして憩う




いま在るを良しとし生きる冬いちご




沈む日へ祈るしかない生をもつ




対岸を社会と呼んで病み
ぼう



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

サンマの煮物




IMG_0036_2016103118375395a.jpg IMG_0062.jpg 

塩サンマがなかったので、生サンマを買った。

鍋に醤油、砂糖、酒、みりんと150CCほどの水を入れ、煮立ったら半分に切ったサンマを入れ、生姜をすりおろし、弱火で20分煮て出来上がり。



ダイコンとニンジンの蒸し煮

IMG_0038_20161031183754f83.jpg IMG_0043.jpg IMG_0046_20161031183719857.jpg

熱したタジン鍋にバターを入れ、ダイコンとニンジンの輪切りを入れ、シイタケのスライスを入れ、ニンニク醤油のニンニク2片を薄切りして入れ、煮立ったら極弱火にして20分、火を消して余熱5分で蓋を開け、大さじ2のポン酢を入れ、強火で1分混ぜて出来上がり。



シュンギクの卵とじ

IMG_0040_20161031183756bb1.jpg IMG_0069 - コピー IMG_0070 - コピー

鍋にメンツユと同量の水を入れ、みりんと砂糖を入れ、煮立ったらざく切りしたシュンギクを入れ、30秒ほどして溶き卵2個を入れ、弱火で4分ほど煮て出来上がり。



レタス

IMG_0034_20161031183751f8d.jpg IMG_0053_20161031183724a88.jpg


作りドレッシングは、大さじ2の醤油、大さじ1の酢、大さじ1のみりんに、ゴマ油を少し入れ、生姜をすりおろした。






エダマメ

IMG_0049.jpg IMG_0051.jpg





コンニャクのちぎり煮


IMG_0056_20161031183726f99.jpg IMG_0058_201610311836434a0.jpg   

コンニャクは手で適当にちぎり、塩をふってもみ、5分ほど置いて水で洗い流し、よく水切りし、熱したフライパンに入れ、弱火で5分炒め、ニンニク醤油で味付けし、七味をふって出来上がり。         


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

邑久光明園  中山秋夫さん



冬の海承知で糸を切った凧




行く春へ手を振るだけの車椅子




りんごむく記憶の果ての俺の指




忘却に支えられての闘病譜




麻痺の手に計れぬ重さ小鳥の死




風鈴がほどよく鳴って闇ゆたか




見えぬ振り出来ぬ盲は聞かぬ振り




垂直に支えるめまい
独楽こまの無我




独楽の自我傾くことで身を支え




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

邑久光明園  中山秋夫さん



何となく被告のように医師へ向く




断種への想い種無しぶどう手に




断種へのさかまく想い海荒れる





もういいかい骨になってもまあだだよ




放哉の咳聞く距離に小豆島






断種への自分ごろしの一行詩





断種への過去うずかせる葱ぼうず




2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

柿とカブのサラダ



IMG_0031_2016103019031145d.jpg IMG_0027_201610301903095ed.jpg 

今日は出かけていて、帰りが遅くなり、家人が作った。

左は柿とカブのサラダ。市販のドレッシングで。

右は、カブの葉、カブ、練り製品、豚肉、卵の煮物。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

邑久光明園  中山秋夫さん


中山秋夫さんは10月17日に紹介させて頂きましたが、続きを紹介いたします。





介助風呂恥部をなくするまでに病む




これまでを狂わず生きている狂い




空っぽの一升瓶のように居る




癒えてなお許してくれぬ予防法




長い夜断種へ想いさかのぼる




生きているしるし尿器へ朝の音




哀しみを捨てに来たかと海笑う




しぐれ雲しばし山頭火とあゆむ




ようやくに痛み無くした荼毘の煙





中山秋夫さんの略歴
静岡県西郷村の農家に生れる。父は旅回りの石工。秋夫5歳の時、父親がハンセン病を発症。6歳の時父は草津の患者部落に。家族は離散、秋夫は名古屋の今池小学校、さらに叔父を頼って釧路へ転校。小学校を出て4、5年目で身体の一部に知覚がないのを知る。昭和10年大阪大学病院でハンセン病患者であることが判明。同年父宇平が楽泉園で死亡。その後病気を隠しながら溶接工として働くが昭和14年19歳で邑久光明園に入所。20年秋、結婚。翌年断種手術を受けるが、同年、急性肺炎で妻が逝去。25年再婚。38年完全失明したため自己表現の道を詩から川柳へ。53年1月妻他界。その後の10年間の作品を集成し個人句集『親子独楽』(平成元年)。他に句集『一代樹の四季』(平成10年)。


第一句集『親子独楽』のあきらめにも似た境地から第二句集『一代樹の四季』は理不尽への怒りに転じているのがわかる。『一代樹の四季』冒頭の自序には題名の由来について次の記述がある。
 「一代樹。これは私たちがこの療養所で、自分一代限りで終っていく、との意である。
 長い療養生活の中で入所者同士の結婚もあった。だが療養者が子を産むことは許されなかった。結婚の条件として、否応なく優生手術がなされ、子供を産めなくされた夫婦。らい予防法は患者を保護するものではなかった。一貫して行われたのは患者を施設に入れることによる隔離撲滅。国民からの排除。一代樹とは、そうしたものの代名詞として使ったのである。90年という長い歴史の中で、その一代樹が入れ代わり、死に絶え、そして今、残された一握りの高齢者の群れとなった」

 中山秋夫は岡山原告団長として2001年(平成13年)5月の熊本地裁判決の勝利から和解、補償法成立に至る経緯を見とどけ、2007年(平成19年)12月、この世を去った。
(ハンセン病文学全集9 俳句・川柳)から抜粋。


2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん


口紅のやや濃ゆ過ぎしと思ひつつときの間浮かぶ君の眼差し




でんでん虫が角長く出し憚るなき姿態を晒す八ツ手葉の上




四畳半に机を二つ並べ居り互ひに甘き夢を持ちつつ




陽盛りを車曳き居て噴く汗に吾が肉体の清きを信ずる




吾が留守の今宵を独り寝る
にシーツま白き蒲団のべおく

(塔和子さんの方が有名ですが、夫の赤沢正美さんも特に記憶にとどまっている歌人です)




美容師にカットされたる我の髪やや艶めきて床に散らばる




侵されて畸形に見ゆる鼻の先我の化粧は何の為にする




癩病みて島に来ているだけのこと縹渺として初夏の空澄む



以上で塔和子さんのご紹介を終わります。ハンセン病文学全集に載っている3分の2ほどを紹介させて頂きました。残りは、自分には理解できなかった箇所があり、割愛しました。塔和子さんの短歌はあまり掲載されておらず、大部分は詩です。

塔和子さんの詩は現代的と思いますが、技巧的な側面も目立つような気がします。代表的な詩はどれですかと聞かれると、すぐにこれだと言える詩が思い浮かばない。

自分にとっては、多くの癩詩人のうちの一人です。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

炊き込みご飯



IMG_9961_2016102918170072a.jpg
 IMG_9964.jpg IMG_9967.jpg 
IMG_9976_2016102918163891e.jpg IMG_9978_201610291816400f2.jpg IMG_9988_201610291816110c7.jpg

義母が来るというので、ちょっと気合を入れて炊き込みご飯とアラ汁を作ったが、体調不良とかで来なかった。

無水鍋に洗った3合の白米を入れ、2カップと150CCの水を入れて20分ほど置き、醤油と酒を各50CC入れ、ダシの素を少し入れて混ぜる。

サトイモ、キクイモ、ニンジン、シイタケを適当な大きさに切って入れ(混ぜない)、よく煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱30分で蓋を開け、小口切りしたネギをふり、混ぜて出来上がり。

無水鍋(吉岡鍋)は「万能鍋」である。無水鍋で作る炊き込みご飯がおいしい。





鯛のアラ汁

IMG_9980_20161029181607b11.jpg IMG_9983_20161029181608f48.jpg IMG_9984.jpg

鯛アラは解凍して15秒湯通しする。鍋にニンジンとダイコンの千切りを入れ、ダシの素を入れ、煮立ったら弱火にして鯛アラを入れ10分煮て、味噌を入れ、小口切りしたネギを入れ3~4分煮て出来上がり。



生姜焼き

IMG_9972.jpg IMG_9974_20161029181637926.jpg IMG_9990.jpg 

生姜焼き用の肉は解凍し、ざく切りして15秒湯通しする。

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ピーマンとタマネギのスライスの順に炒め、最後に豚肉を入れて2分ほど炒め、火を消して醤油、オイスターソース、生姜のすりおろしを入れ、強火で1分炒めて出来上がり。



レタス

IMG_9969_2016102918163423d.jpg   
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん





手のひらをひらくとなんにもない

無いことは無限に所有する可能性をもつことだ

幸も

不幸もこの手がつかむ

いつも

無にしていよう

無にしている手の中へは宇宙の翼

もっとも大きな喜びが乗る

私は無から生まれた

だから無はふるさと

いつもはじまるところ

朝の光よ瞬間瞬間の生の切り口よ天に吊るした希いよ

私が

手のひらをいつまでも無にしているのは

あなた達のため

ああそして

私の手のひらは生きるよろこびでひとときふるえ

すべてを無にして

また差し出すのだ








記憶


呼びおこそうとすれば

いつでも新しく浮かび上がってくる記憶よ

鼻や目や手が覚えている

古い一枚の画を

再び描き出すのにはなんの苦労もいらない

人に記憶という

こんなすばらしいものを与え給うたものよ

私はその神聖な鏡を

日毎夜毎磨いてくもりないものにする

だからいつでも

目の前に起こっていることのように

鮮明に私の記憶は描き出される

そして

春の日溜まりに

思い出を飼いならしてうずくまっている老人のように

うっとりと

それを眺めて暮らす日の多いこの日頃を

ふっと

考える







触手


あの夜もしあなたが一錠の避妊薬を飲んでいたら

私は産まれなかった

この明るみにいるものは

あなたの受胎ののっぴきならない結果

母よ

あなたの夜の満干は

私の生のよろこび私の生の不安

受胎の前の混沌につるされて

ゆれる不安とよろこびは

巻付く高さをさがす朝顔のふるえる触手そっくり

あの夜もし

あなたの夫が不在だったら

私は産まれなかった

父の精液の中を浮遊して流れたであろう私が

いまここにいる

肉体として形になったばかりに

あなたを母と呼び父を父と呼ぶ

いじらしい関係ははじまって

皿に盛られた赤いトマトを美味しいと思い

服を着るとき似合うか似合わないかなど

気をもみ

ペンを持って考えにふける私

このすべてのありなれた日常が私で

手足や顔をさすってまぎれもない存在の実体に

改めて会う

そしていまは

遠いふるさと土にかえったあなた達に

まきつくすべのない片方の触手を伸ばすのです







夏の夕暮れ


私は

何回言ったことだろう

お母さん私はあなたを誰よりも好きよ

お父さんあなたを誰よりも尊敬しているわと

それは何回言ってもたりなかった

でも夫よ

大人になった私が

あなたを誰よりも好きというのは大へんなことだった

それは

あなた以外のすべての男性を外に置くことだったから

あなたを選んだとき

いくらかの人の安心といくらかの人の失望がつきささった

でもひとりを選んだよろこびが

どんなにたくさんの痛みにも堪えられるものだということを

知る日があった

いま

夏の夕暮れの庭に向かって

こんなにもおだやかに

互いに

互いの中に存在している私達

もう誰よりもあなたが好きなどと

むずがゆく

不遜な言葉は

いらなくなって



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん


釣り糸

電光のように魚が食いつく

このときこそ糸の私はぴいんと張り

ひたすら魚の意のおもむくところを追究する

広い海の中で出会ったたった一匹の魚と

釣り糸の偶発的な出会い

どんなに多くの魚がいようとも

糸の先につながる魚と

魚につながる糸とただ一点にしぼられ

いま在ることを互いに知らしめられる

魚が深く入れば糸も深く入り

逃げようとすれば

するすると老獪に糸ものび

もはや逃れることも逃すことも出来ない

関係になってしまったひとつの課題

やがて互いに疲れきり追い切って

海の面にひき上げられ

糸と魚の共存ははずされる










闇の神聖の中できわだつ声

凄絶に遂げる生を謳歌するのか

無我夢中の世界にいて

産みおとした新しい生命の傍に

かたくなるのか

無慈悲な自然

あるいは優しい自然は

そうして生命を絶やすことをせず

死に絶えるものから生きかわるものをひき出す

おまえ達は

一年という周期に立ち会わされた

自然の食欲であり排泄である

悲哀か賛歌か

虫が鳴いている

人は鳴いているとしか表現できぬが

いのちの声がきこえてくる









言葉の核


美しいものを美しいと

暗いものを暗いというだけ

このたんじゅんなことを表すために

どれだけ労して言葉を選ぶことか

どうしてどんなふうにどんなにといつもくる問い

それはあらんかぎりの言葉を集めても

説明できないのに

いつでも不用意に全くかんたんに

明るいと美しいと暗いと言うのだ

そして私はそれらの言葉のそばでうずくまり

もやもやとした周辺を彷徨しどもり

あるいは肉付けを少ししたりする

けれどもやはりどう言えば

やんごとない人の裸を見るように

まばゆい言葉の核をつかむことができるのか

手にあまる宿題を課せられた生徒のように

すくわれがたいものを見る











詩集 手紙 雑誌 ハサミ ペン 辞典

ざっと見渡しただけでも

書きこみきれないほどのものを

このせまい机の上だけにでも置いていて

わたしはいまそれらと共に灯の下に在る

けれどもこの夜更け

灯を消したら

私の存在すら他からは見えない

闇は

この多くのものを

一度にその大きな倉の中におさめる

ああ自然が作る闇の倉にくらべたら

人はどんな大きな倉を作ってもかなわない

私達は灯をつけなければ

その闇の倉に貯蔵され

互いに互いを目でたしかめ合うことも出来ないで

ころがされ

闇が扉をひらいた朝はじめてすべては

生まれたときのように新鮮に

現れるのだ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

初物 ダイコン・カブ



IMG_9911_201610281842110ef.jpg IMG_9913.jpg IMG_9932.jpg 
IMG_9923.jpg IMG_9936_201610281841284b6.jpg IMG_9960.jpg

初物のカブ(約500g)は酢漬けにした。カブは半月切りして塩をふってもみ、1時間ほど置き、しんなりして、水が出てきたら、固くしぼりながら瓶に入れる。

1カップの水を鍋に入れ、沸騰したら火を止め、カツオブシを入れ20分ほど置き、即席の出し汁を作った。

鍋に酢150CC、出し汁1カップ、醤油小さじ1、みりん小さじ1、蜂蜜を入れて点火し、溶けたら冷ます。瓶に注ぎ、ユズ果汁を入れて出来上がり。一昼夜経過したら食べれる。




タジン鍋(大根ステーキ)

IMG_9920_20161028184152734.jpg IMG_9925.jpg IMG_9926_201610281841245d4.jpg
IMG_9942.jpg

初物のダイコンはダイコンステーキにした。熱したタジン鍋にバターを入れ、1センチほどに切ったダイコンとニンジンを入れ、スライスしたシイタケを入れ、煮立ったら極弱火にして25分、火を消して余熱5分で蓋を開け、大さじ3のポン酢を入れ、強火で水分を飛ばすように2分ほど混ぜて出来上がり。

「うまうま☆大根ステーキ(バタポン味)」を参考にした。




豆腐の煮物

IMG_9930_20161028184125a52.jpg IMG_9939.jpg IMG_9954.jpg

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、薄切りしたニンジンとキクイモを入れ、スライスしたシイタケを入れ、カブの酢漬けで使った出し殻のカツオブシを入れ、半カップの水を入れ、煮立ったら極弱火にして豆腐を入れ、25分煮て出来上がり。



エダマメ
   
IMG_9915_201610281841496c2.jpg  IMG_9918_20161028184150b5f.jpg




生姜の甘酢漬け3パターン
   
IMG_9944.jpg IMG_9958.jpg  

ショウガの甘酢漬け」が左のコップ。

この季節ならでは、簡単だよ!生姜の甘酢漬」が中央の瓶。

生姜の甘酢漬け」が右の瓶。


この3パターンのうち、おいしかったのを次回にまた作る。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん



金魚


与えられた金魚鉢の中で

与えられた餌をもらって

生きるための知恵も労働も

運命を切りひらくために必要なものは

すべて放棄した

牙も毒も持たずにいられるこのさびしさ


器の中のなまぬるい水につかってから

あまりにながいので

幸せがなになのか

自由がなになのか

健康がなになのか

もう麻痺してしまってわからない


 ふと

口ばしを鉢にぶつけて

生きていたと

鮮烈に五体をはしるものを知る

 金魚はときおり

 開けられた窓の向こうの空を見ながら

かすかな声が自分を呼ぶのを

きいたような気がして

ひくひくと

身をふるわせる









あなたは盛りの美にまよい

あれか

これかと

もたされた選ぶ自由の重たさと

選ぶことの恐ろしさにたじろぎながら

一本を選ぶ

私を選んでくれたあなたよ

あなたは私にどんな美を見つけて選んだのか

その美が

いつまで保たれると思って見たか

選ぶあなたは最も美しい私を選び

私は美の中に

終りのみにくさを抱き合わせて売りつける

私を抱きかかえているあなたよ

あなたの腕の中で

一瞬

一瞬

おとろえている私を

どのようにして

とどめることができるのか

かがやく花は

しのび寄ってくる暗い眠りを

おしころして

かすかにふるえている







食事


白いものがゆぶゆぶしている袋の先には

管がついていた

「それなにするもの」と私が聞くと

「食事」と看護婦は無表情に答えた

そして

病室をのぞくと

その管を

鼻に突込んでいた

 口から食べることのできない人

 それはぶかっこうだ

 病人が動くと

 胃袋のようなその袋も

 かすかに動いた

 それはなぜかユーモラスだ

白いものがすこしずつへってゆく

命のひきのばされる光のように


冬の残照が

かすかにほてって

この

厳粛で神聖な食事は

静かに

はこばれている









この味のない私の生に

ただひとつ

味付けするものがある

それは欲望だ

欲で体がふくらむとき

私は生き生きする

深い井戸から汲み上げる欲なら

どんな欲でもいい

 食欲 物欲 性欲 

 知識欲 創作欲 名誉欲

欲よ

私はお前をこんなに好きだ

お前がないところには

実がない味がない私がいない

お前でいっぱいになった脳髄で

存在の深奥から

光る言葉をかくとくしたら

これほどの満足はないだろう

私の欲よ

 私をいろどれ

 どんな暗いところにいても

 ただひとつ

 もえる炎はお前

欲で活気のみなぎる頭

欲で華麗な心を身の内にもって

その先に

コップ一杯ほどの

希望を見つめて歩いていられるなら

私は

どこまで歩いて行ってもいい




2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん




人が死んだら

なぜと問うのに

生きていることを

なぜ生きているのかと問わないのだろう

人が泣いたら

なぜと問うのに

笑ったら

なぜ笑ったことを問わないのだろう

生よりも不幸な死はあるか

死よりも不幸な生はあるか

泣くよりもつらい

笑いはないか

そんな笑いよりも楽な涙はないか

人が問うのは

平均的なことがらを越え得ない

人が見過ごすのは

見なれた風景にあてはまるとき

裏返しになった一枚の画は

いつまでも

裏返しになったまま

誰も気付かずに通り過ぎる

そして

人はいつも

傍らに

気付かずに通り過ぎた

何枚かの画をもっていて

埋葬をすませた後などに

ふっと

気付いて

取り出して見たりする







生鮮食料品


剽軽な蛙から蛇

獰猛な鰐

執念のとかげまで

首を切られ

贓物を抜かれ

くるりと皮をはがれた姿のまま

なおその肉をくねらせながら

生鮮食料品として竿につり下げられている

熱帯の街の露店


時が停止したように

皮をはがれつづける爬虫類の

原始の世界への異様な昂奮の中で

あの沼の思い出のつまった目も

密林の焼けつく陽も

彼等の中の遠い王国

それは

首のない爬虫類にはもうない

吊り下げられた

何本かの

白い肉の間から

買物籠を下げた

女のブラウスが

あざやかな原色を

ちらつかせているだけだ








今はまだ

もうすこし年がいったら

この未完の物体が仕上がるのかも知れない

あるいは

夕焼の中の芦原のようになるのかもしれない

仕上がってほっとしたいとも思うし

ひっそりと枯れていたいとも希う

またしばらくは

静かにほほ笑んでいるような

薔薇色の夕焼雲のように在りたい

ああ

それから

安らかに眠りたい


もう少し年がいったら

そして今はまだ

なまぐさいものが好きだ

欲望や希望にゆれる波でおぼれそうな海

自らを引き裂きひきさき糧とする日常

愛や裏切りや

自負や喪失を重く沈めて

発酵している

この狂気のような現実が

なぜともなく好きなのだ







見なかったものは


蕾をもった不安だ

いまに盛りへと急ぐから

花が咲いた不安だ

いまに散るから

その人を知った不安だ

いまに慕わしさから逃れられなくなるから

出合った不安だ

いまに別れが来るから

形が出来上がった不安だ

ビーナスの像も

安ものの花瓶もこわれるから

生命も出合いも形も

もともと無かったのだから

無の深さが口をあいてのみこむ

私が見

私が慈んだものは

私ひとりで見なければいけない

私ひとりで堪えなければいけない

無にかえるときの不安を

桜並木の春の道

でも

私の見なかった多くの花々については

私は咲いたことも知らず

散ったことも知らず

それらの花は

不安もしあわせも

私の手に

持たせてはくれなかった


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

タジン鍋



IMG_9899_20161027183953582.jpg IMG_9901.jpg IMG_9909_20161027183959cba.jpg

時間がない時はタジン鍋が助かる。

タジン鍋の下敷きにレタスを置き、ナス、ピーマンを適当に切って置き、ニンジンの薄切りとシイタケのスライスを置き、15秒湯通ししたサケを置き、ニンニク醤油のニンニク3個を薄切りして置き、胡椒で味付けし、煮立ったら弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。ポン酢で。



春菊の卵とじ

IMG_9886_20161027184018561.jpg IMG_9903_20161027183956d0b.jpg IMG_9904.jpg

先日作っておいしかったので、また作った。

鍋にメンツユと同量の水を入れ、みりんと砂糖を入れ、煮立ったらざく切りしたシュンギクを入れ、溶き卵2個を入れ、弱火で3~4分煮て出来上がり。ご飯にかけて食べる。
農家のレシピ 玉子丼」を参考にした。



ハーブティ

IMG_9890.jpg IMG_9893.jpg IMG_9897.jpg

左からセイジ、アップルミント、タイムで、沸騰したら火を止めて入れ、3分蒸らし、取り出して出来上がり。

ジョウゴでペットボトル小3本に移し、冷蔵庫で保存する。水筒代わりに田んぼへ持参する。

 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん


柿のたね


この楕円形の小さな一粒の柿の種の内側は

芽吹くときを見つめて這いのぼっている

終わった果実から渡されたバトンを

芽吹く二枚の葉に渡すまで

自らの姿を内深く秘めて

命の根元からきこえる

いぶきのような力強い声をききながら

未来へ向かう意志を強くして

土を恋う

つづく一筋の命の証人

芽吹く命のための

一粒のこの種は

さいげんもなくつづけている

リレーの途中を

熱い命に息づきながら

  土に芽生えることができるか

  焼却炉に消えるか

  人の手に運命をにぎられて

  いま食べ散らされた

  テーブルの上で光っている







幸福


私は汚れているから美しいものを恋う

かわいているからぬれた優しさを恋う

私が汚れているかぎり

美しいものを見ていられる

かわいているかぎり

ぬれた優しさを感じていられる

だから美しくなりたくない

ぬれた優しさになりたくない

そのそばにいるだけでいいのだ

目を細くし

よだれをたらし

それらを見ている

となり合っていて

手のとどかぬ

その距離こそ

崇高な輝きだ

美よ優しさよそれら

私の恋人たちよ

私はあつく恋うものであることによって

誰よりも幸福なのだ







脱皮


裸木のように

すかっと

無垢な姿を大地の上に投げ出して見たい


蜘蛛の巣に落ちた虫の

荒荒しい抵抗が

粘質の巣の糸にますます深くめり込んでゆく

あの暗いあがきを

ふてぶてと眺めている運命の

毒蜘蛛の巣の

不気味な柔軟性を蹴飛ばしたい


その清冽な跳躍の姿勢を

裸木のように大地の上に

放り出したい








ある怠惰

忘れた 忘れる 忘れよう

忘れられる 忘れられる 忘れられた


通り過ぎた風のように

肌に残る感触は

消え去りはしないのに

みんな

すまして忘れたという

それでいいのかしら

でも忘れたという言葉があるのだから

利用する方が便利だ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん



嘔吐



台所では

はらわたを出された魚が跳るのを笑ったという

食卓では

まだ動くその肉を笑ったという

ナチの収容所では

足を切った人間が

切られた人間を笑ったという

切った足に竹を突き刺し歩かせて

ころんだら笑ったという

ある療養所では

義眼を入れ

かつらをかむり

義足をはいて

やっと人の形にもどる

欠落の悲哀を笑ったという

笑われた悲哀を

世間はまた笑ったという

笑うことに

苦痛も感ぜず

嘔吐ももよおさず

焚火をしながら

ごく

自然に笑ったという








水溜り


目が覚めると

水たまりができていた

その水たまりを

振り返りもしないで

ひょいひょい渡って行く人があった


私は

不器用でとても渡れない

いつも水たまりで足をとられ

ぬかるみは

私をひきずり込もうとして

不気味な音をたてた


それでも

盲いた人は

水たまりのあることにさえ気付かず

全く無頓着に歩いていた


思い思いの

         

心の深さをうつして

不思議で

危険な水たまりがあった









名前


私の名よ

私というかなしい固有名詞よ

私は

私の名によって立証され

どこまで行っても

私は私の名前によって

私であることが通用する


四畳半の部屋の中で

しばしば呼ばれ

しばしば返事をする

親しく小さな名前よ


故郷の村境の小道から

亡命した私の名前

ああしかし今も

私の名は

閉ざされた小さな世界の中で呼吸している

私の影のように

やっかいで愛しい名前よ


私がいると名前も有り

私が立ち去ると名前も消える

はかなくやさしい名前よ


忘れられたり現われたり

私が所有する唯ひとつの私自身

それがなければ私ではない

馬鹿くさく滑稽で

激しい存在の立証


小さな部屋の中で

しばしば呼ばれ

しばしば返事をする

小さく親しい名前よ






 
秋の鳥

青白い炎のような

うすい氷のような


風はハッカ


海はラメの布


空は青い敷物

天使の羽

一輪のひまわり


そして

天地の間を切裂く一羽の鳥

このすてきな秋を

天へもとどけず

地へも落ち得ず

ああ

あれは

どんな過酷な神の

被造物なのだろう



2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

炊き込みご飯



IMG_9861.jpg IMG_9880_20161026183829c4f.jpg IMG_9881.jpg

3合の白米を洗って無水鍋に入れ、2カップと150CCの水を入れ、酒と醤油を各50CC入れ、ダシの素を少し入れ、シイタケ、ニンジン、サトイモ、キクイモを適当な大きさに切って入れ、煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱30分で蓋を開け、ネギの小口切りを入れ、混ぜて出来上がり。水加減もよかった。

きのこの炊き込みご飯」を参考にした。



エダマメ

IMG_9862.jpg IMG_9867_20161026183904e54.jpg  




サンマ

IMG_9873.jpg IMG_9876.jpg 




レタス

IMG_9868.jpg  

手作りドレッシングで。


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん


遠くからの声


母から母へ

  母から母へ

はるかにはるかに流れて来た私が

人の繁みの中へ

ほうり出されている

繁みの中の個として

もうどこへもつながっていないのに

どこか遠い遠いところから声がする

私は今日

次の世代へ渡すべくあらされている母性


あなたよ

あなたの父性も

その父のその父の

はるかなはるかな始祖から

あなたへ流れて来た血を受けとめてあるのか

私たちらい夫婦は子を産まず

遠くからの声を

うさぎのように耳を立てて

聞いているだけ

流れをせきとめて立つことの

重たさが

透明にしみる一瞬を










あそこは暗かった

あそこで食べたのは

木の根の汁だけ

あそこは長かった

もう明るみに出る日はないかと思った

なんと明るいのだここは

思い切り声を出して暮らせる日が来ると

あの長い年月

考えられもしなかった

大勢の仲間と

好きなだけ声が出せる

声が出せることがこんなにすばらしいことだとは

知らなかった

あそこでは

言いたいことがあっても

じいっとがまんしていた

声を出しても

回りからふさがれたものだ

ああ

太陽をいっぱい受けて

愛し合って

産んで

祈って

ここは緑と光の楽園

あの暗かった季節に

こんなすばらしい日が訪れるなんて

いかなる摂理によるものだろう

三日の命だってかまやしない

いまは

生きている感動にふるえる目を

かっと見ひらいていよう










風紋


いつも

幸運が

顔を少し近づけた頃に

風が消したので

風紋があるだけ

風紋たちはささやいた

  小学校しかゆけなかったね

  自分の作品に

  親からもらった名前も記せないね

  病気はなおっていても

  病名が悪いから

  なおったと言って祝ってもらえないね

風紋のささやきに焦られて

私は立つ


偏見と差別の風

ひっそりと沈黙した砂たち

生産のない砂漠

風紋ができる条件が

いつの場合も

そろっていて








五月


花々が野山を飾り

海がやわらかい色に変貌し

風が羽毛のように頬をさすってゆく

この明るい世界は

這い出すとかげ 飛び交う蝶 肥えた猫

農耕にいそしむ男

針を運ぶ妊婦

洗濯物を未来に向って干す女

人は

彼方からくるものに

眉間を輝かせ

生きている喜びにはち切れそうに見えるが

  花は極限を

  とかげは生きるために他の生きものをねらい

  そのとかげは猫にねらわれ

  妊婦は難産の

  男は疲労の果てのうすい毒を

みんないちように

あらがいがたい

自らの負う黒いかげを宿していて

見つめていると

明るさの底がじんわりと透けてくる




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん



食べる


子供の頃は待ってくれた

かまどのそばで

針箱のそばで

いろりのそばで

父や母や兄弟が


するめを噛むと

ちょっとしょっぱく ちょっと甘く

その家の匂いがする

そこは

海辺の村だ

いまは誰も待っていてはくれない

父死に母死に

兄弟は巣立って行った

からっぽの家では

終日うす暗い闇が立ちこめ

物音もしないだろう


私はなおも噛む

海辺の村とちょっぴり甘い記憶の残るあの家を

するめはぴちょぴちょ口の中で

音立てながらすこしずつちぎれる

私の記憶もちぎれてはひとつ鮮明に浮き上がり消え

また

別の場所が浮き上がり

ひっそりとした秋の部屋で

ひとり

ぱりっとするめを裂き口に入れる

かくれて餌を食べる猫のように

こっそり

私はこころよい記憶を食べている







口紅


口紅は

金の金具に納っている気取りやさん

手に取ると南天の実のように愛らしく

私の胸底をくすぐる

その華やかな紅と油質の固体をもったおまえは私のすべてを知っている

だからおまえといるとき

こんなに安心していられるのだ


うずうずと胸底にたぎる熱情も

刃物のように青澄んだ理性も

脂肪のように粘り着く執念も


おまえはみんな知っている

とりわけ鏡に対う私のうぬぼれを

許してくれるのはありがたい

だからこうしていると

私は夕べの空のような安心感を呼び戻すことが出来るのだ


乾いた私の病痕をうずめて

唇に艶めくおまえの

その華やかな紅の明るさ

やっぱり許していてくれる

たったひとつの嘆きを

不逞な美への執念を







舞台


夢をくれた方は目覚めもくれた

甘さをくれた方は苦しさもくれた

愛をくれた方は憎悪もくれた

美しさをくれた方は醜さもくれた

生をくれた方は死もくれた

その方はみんなくれた

片方だけにしなかったから

人間はみんな知り

みんな味わい

みんな成すことができた

でも理性という根締で

ちょっぴりしめておいたのはさすがでした

あなたの思いの中で

自由と拘束の間を綱渡りする人間は

怪物にもなれず

天使にもなれず

ふらふらと危うげに

幕の下りるまで

舞台にいます








ある姿勢


風は愛撫を

鳥は言葉をはこんでくれた

人はただ眺めて通った

いつもながめ方はちがっていた

親しみだったり

愛だったり

情けだったり

憎しみだったり

軽蔑だったり

いろいろな人が

いろいろな目でながめて行った

私はいつでも黙って立っている樹だった

立ったまま

眺める人をながめている樹だった

人は樹の前では

いつも眺められていることを忘れていた

樹になっていると

何でもよく見えた

樹の前だと人はありのままの姿を見せたから


雨が降れば雨に降られ

風が吹けば風に吹かれるまま

私は黙って立っている樹だった

そして

誰も

私が樹になっていることを

さして気にもとめなかった



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

豆腐の煮物



IMG_9836.jpg 
IMG_9854_20161025185038f7b.jpg IMG_9856.jpg

鍋にニンジンの薄切りとシイタケのスライスを入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、煮立ってきたら八つ切りした豆腐を入れ、極弱火で20分煮て出来上がり。



シュンギクのおひたし

IMG_9838_20161025185100a6c.jpg IMG_9840_20161025185101a32.jpg IMG_9842_201610251851037c1.jpg
IMG_9858.jpg  

シュンギクはざく切り(太い茎は縦に薄切り)して30~60秒茹でて冷水にとり、水気をしぼる。ミョウガの甘酢漬け1個を粗みじん切りして入れ、ポン酢で味付けして出来上がり。「春菊のおひたし」を参考にした。

 



生姜焼き

IMG_9844_201610251851047a3.jpg IMG_9846_2016102518510656c.jpg IMG_9848_20161025185035ffb.jpg
IMG_9849.jpg  

生姜焼き用の肉を衝動的に買った。時間がない時にいいだろうと思って。

3分の1を使い、15秒湯通し、少し切った。増量にタマネギ半個を使った。

熱したフライパンに油を入れ、タマネギのスライスを炒め、豚肉を入れて1分半ほど炒め、醤油を入れ、生姜をたっぷりすりおろして入れ、1分炒めて出来上がり。

   
  


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん



食欲



それは

何本の植物の

何匹の獣の

何尾の魚の命

胃袋は死体埋葬所である

しかし

この厳粛な葬儀は

私の生を支える

生命の始発点で

美しく料理された野菜や肉に箸をつけるとき

私は

ただおいしいと思っているだけ

食欲という愛しくも楽しい欲に幻惑されて

いけにえの痛みに思いを至らすこともない

これは

何物が私に与えた麻薬だろう

そして

生きている限り

私は毎日

自分の生への祝福のうちに

葬儀をすます

血のしたたる肉と

光をはじく野菜を

口の端につけながら








生きて


浮かんでいた波がしょうしょうとひくと

くらげはぺしゃんこになって

渚にとりこのされた

ひとりになって

自分をあまやかしてくれた優しい波のことや

もはや

その波がなくては生きてゆけなくなっている

自分のことを考える

砂にまみれてぶかっこうなこの時間

波が満ちて再び

自分を包んでくれたらなにもかも忘れて

やっぱりあのように

ふわふわとおよいでいたいと思う

それ以外にどんな生もないのだ

すきとおった自分の中の海を熱くあつく

見つめながらくらげはどうしようもなく

ひとりであった








いちじく


なまりのように重い暑さを扇風機がかき廻している

厚ぼったく茂った木々の間で

蝉がじんじん鳴いている

ひまわりはこくびをかしげたままいくぶんしおれている

夏は日々うれて

私は思い出の夏をその夏の上に重ねる

小川のそばのいちじくを手にいっぱい

もぎとって食べた夏

海でしぶきを上げながら泳いだ夏

少女の日の健康な夏は光り

そしていまそのさまざまな

思い出の夏を見ている

畳の上に

どさりと体をよこたえたまま



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん


青い炎のように


あの声は

去年の虫の子供だよ

そして

ずっとずっと太古からつづいているものの流れだよ

私達がいまこうしているのと同じに

幼虫



そして 

あんな美しい声の主になる

いま虫は

虫である証しに鳴いて産んで

ただひたすらに虫であろうとするだけ

何代も何代も虫であった

何代も何代も虫である虫が

何も言わずにすごした時間をになって

いま青い炎のように鳴いている







さわらないで


私は

はじける前の木の実

咲く前の蕾

孵化する前の卵

さわらないで下さい

どこへさわっても  

なにかが始まってしまうのです

はじまる前のぼうちょう感の中で

いつまでも

夢を見ていたい

始まってしまったら 

あとは

とめどもなく

上昇し華やぎ溢れ

終わるだけ

その命の果てを思うとき

うっすらと涙さえにじむのです








水仙


ゆらりと咲いた水仙

切るとじくから花へ

真直ぐにゆきわたっていた水が

切られたところで勢いあまって

したたる

水は花になったり

野菜になったり

果実になったり

さまざまな姿をもって

現れる

しかしこの奥深い水の変身

こまやかな芸の

神秘に思いをめぐらせて

見るものがあろうか

切った水仙を

花瓶の水に移すと

水仙は

その成り立ちの水を

音を立てるように吸い上げ

清楚な香りを波ように

ゆっくりと広がらせて

活けた私をたじろがせる








不出考


枯れている芝生

珊瑚樹がしんから赤い実をつけて

ぼけの花がぽっかり咲いている

陽がうらうらと照り

小鳥がときおり鳴く

すべてが

一枚の画の中におさまった色彩のように

互いに互いをひき立て合った朝

私も

この中の一景として加えられ

出来上がった画の中を

いま出て行こうとしている

しかし

本当は朝昼夕べ

自然の画く豊かな色彩の中にいつでもはめ込まれていて

どこへも

出て行くことは出来ないのだ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

初物 シュンギク



IMG_9825.jpg IMG_9830.jpg IMG_9831.jpg

初物のシュンギクは卵とじにした。

シュンギクはざく切りする。鍋にメンツユと同量の水を入れ、みりんと砂糖を入れ、煮立ったらざく切りしたシュンギクを入れ、続けて溶き卵2個を入れ、3分ほど煮て出来上がり。「農家のレシピ 玉子丼」を参考にした。



サトイモとイカの煮物

IMG_9787.jpg IMG_9789.jpg IMG_9785.jpg
IMG_9790.jpg IMG_9797.jpg 

サトイモは生臭いものとよく合うらしい。

イカが安いと思って買ったら、頭としっぽだけで、胴は入ってなかった。

イカは15秒湯通しする。鍋に乱切りしたサトイモを入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんとスライスしたシイタケを入れ、カツオブシを少し入れ、ひたひたに水を入れ、煮たったら弱火にして13分ほど煮て、イカを入れ4分ほど煮て出来上がり。



ピーマン炒め

IMG_9793.jpg IMG_9795.jpg

豚肉100gは15秒湯通しする。熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、豚肉、ピーマンの細切りの順に炒め、ニンニク醤油とオイスターソースで味付けして出来上がり。



ハーブティ

IMG_9800.jpg IMG_9804_20161024184107ebd.jpg IMG_9809.jpg

左からセイジ、タイム、アップルミントで、沸騰したら火を止めて入れ、3分蒸らし、取り出して出来上がり。今日はステビアがなく、普通のハーブティ。



エダマメ

IMG_9802_201610241841063c7.jpg IMG_9805.jpg  

沸騰したら小さじ1の塩とエダマメを入れ、4~5分茹で、湯切りして出来上がり。



キュウリの塩もみ

IMG_9812.jpg




レタス

IMG_9814.jpg  




手作りドレッシング

IMG_9822_20161024184001d49.jpg

酢大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ1、ゴマ油少々を入れ、生姜1片をすりおろした。



手作りポン酢


IMG_9817_20161024184030a32.jpg IMG_9819.jpg

醤油70CC+酢50CC+みりん30CC+レモン果汁50CC=1カップ(200CC)のポン酢の出来上がり。「753ポン酢」を参考にしている。
  


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

大島青松園  塔和子さん



塔和子さんは、10月15日に「妖精 師 胸の泉に 崖の上」を紹介しましたが、引き続き紹介させて頂きます。

塔和子さんは「癩詩人」として極めて著名だが、塔さんの特徴は、「癩病」という病気のことをほとんど詩に反映させず、癩病以外の事を詩にしている。



人の林で


花に蜜がなければ蜂も寄ってこない

海に魚がいなければ釣り糸をたれはしない

地下に水がなければ掘りはしない

花も海も地面も

あるがままにあって

ゆったりとしている

関心がないものは見つめることさえしないが

その魅力を知る者は

どこからともなく寄って来て

貪婪に摂取する

ああ人の林で

意識することなく

蜜をもつ花になりたい

豊かに魚を住まわせている海になりたい

質のいい地下水を

たっぷりふくんでいる地面になりたい

作意もなく誇張もなく

見せかけもなく

花が花であることにおいて

海が海であることにおいて

地面が地面であることにおいて

おのずからもつ

魅力を

身のうちにもちたいのだ
 






それは

生き作りの鯛

ぴいんと

いせいよく尾鰭を上げて

祝いのテーブルの上で

悠然と在りながら

その身は

切られ

切られて

ぴくぴくと痛んでいる

人々は笑いさざめきながら

美しい手で

ひと切れ ひと切れ

それを口にはこんでいる

やがて

宴が終わるころ

すっかり身をそがれた鯛は

すべての痛みから

解放されて

ぎらりと光る目玉と

清々しい白い骨だけになり

人々の関心の外で

ほんとうに鯛であることの孤独を

生きはじめる






行く

人も獣も

鳥も魚も

みんな行く

私も行かなきゃあと

ぼんやり思いながら立っている

どこへ

餌をさがしに

とどくとも思えない夢にとどくために

みんな必死に走っているのだ

まっさきに捕って腹を満たすために

目を輝かせて走っているのだ

私も行かなきゃあ

走っているもののすごい力に押されて

ゆらゆらしながらそう思う

なにか

ちょっと

それたところで

しらじらと立って



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

栗生楽泉園  武内慎之助さん



植毛せし眉にオリーブ油塗りもらいわが正月のたしなみとする




亡き父の齢となりて元旦に形見の羽織着てこもりおり




棕梠の花いまだ蕾と言いながら迎えてくれたり
桜戸丈司






落葉松の芽吹く小枝を持ち帰りわが唇にふれしむる妻は




いちはやく
加藤三郎かけつけて慰めくれしああ友よありがたし




ベッドの上に一月の風吹いて来るついに思うわれ生命の極みに立つ





武内慎之助さんの略歴
1908年3月1日京都府に生まれる。1938年栗生楽泉園に入所。1950年失明、1953年より詩作を始める。詩集『裸樹』(1958 私家版)。短歌もあり、『慎之助歌集』のほか、栗生楽泉園の合同歌集『盲導鈴』、『山霧』、『冬の花』などに残っている。1973年4月5日死去。



武内慎之助(慎之介)さんの略歴
明治41年3月1日京都府生まれ。バルナバ医院を経て昭和13年7月栗生楽泉園入園。昭和25年失明。「高原」短歌会所属。詩集『裸木』(昭和33年)昭和48年4月5日没。『高原歌集』(昭和12年)『陸の中の島』(1956年)『盲導鈴』(昭和32年)『山霧』(昭和41年)『冬の花』(昭和53年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)『慎之助歌集』が出版されたと記録にあるが不詳。


上は詩に書かれていた略歴で西暦表示であり、下は短歌に書かれていた略歴で和暦表示になっていた。和暦表示に馴れているせいか、西暦表示だと和暦に換算しないと、自分の場合、よくわからないことがある。

武内慎之助さんは詩、川柳、短歌を残されている。「岩の家」という詩が特に記憶に残っているが、川柳も短歌もすばらしい。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

シイタケの甘辛煮




IMG_9769_2016102318455032d.jpg IMG_9779.jpg 

ナメクジのはったシイタケがあり、シラスと一緒に煮た。

シイタケはスライス、シラスは15秒湯通しして鍋に入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、大さじ2の水を入れ、煮立ったら弱火にして12分ほど煮て、水気がなくなったら出来上がり。「お弁当にぴったり♪椎茸の甘辛煮」を参考にした。





サツマイモの煮物

IMG_9767_2016102318454963a.jpg IMG_9773_20161023184518835.jpg IMG_9776.jpg
IMG_9781.jpg   

無水鍋に大さじ3の水を入れ、乱切りしたサツマイモを入れ、大さじ2の醤油と蜂蜜を入れ、ユズ半分の果汁(先週の水曜日に初収穫した)を入れて混ぜ、よく煮立ったら極弱火にして25分、火を消して余熱5分で出来上がり。「簡単♬甘いさつま芋の煮物♡」を参考にした。



レタス
   
IMG_9771.jpg

市販のドレッシングで食べかけたが、おいしくなかったので、ウスターソースで。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

栗生楽泉園  武内慎之助さん



長からぬ齢と知れどいま一と目会はむと思ふ故里の母に




曇るるまで惜しみたりけり明日は去らむ我が故里の夕焼




息つまり倒れし妻を抱へつつ非常ブザーを鳴らしつづくる




呼吸せむと無理に顔をかきむしる妻をなぐさむる術もなかりき




耳遠く目の見えぬ吾を襲いきて蚊はほしいままに血を吸いてゆく




癩われに関わりもなく弟の葬儀終りて百日過ぎし




引越の小さき荷物一つにも名札つけるなり人に頼る身は




2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

栗生楽泉園  武内慎之助さん



我つひに両手の感覚失へば唇にまさぐり靴はかむとす




唇にて盛飯をさぐりくらふとき犬に似たると人ら云ふなかれ




盲ひわれ耳の鼓膜の破れゐて冷たき空気脳に沁み入る




この吾は耳しひ目しひ茶を飲むに触覚にたよりつつ顔を近づく




盲ひ二人の部屋の軒下に掛けてもらふ郵便受箱をさすりて居りぬ




骨堂にぬかづく時にわが友は朴の葉を膝に敷きてくれたり




貧しき刻みキャベツの漬物にて我と妻との銀婚の今日




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

鯛のアラ汁




IMG_9746_20161022183055a4b.jpg IMG_9748_201610221830576ab.jpg IMG_9750_20161022183058f1c.jpg
IMG_9752_20161022183100a9e.jpg IMG_9764_20161022183035137.jpg 

鯛アラは15秒湯通しする。

鍋に水を入れ、沸騰したら鯛アラを入れ、ショウガ1片をすりおろし、酒を50CC入れ、再度煮立ったら弱火にして10分煮て、豆腐を入れ、味噌を入れ、3分ほどしてネギを入れ2分ほど煮て出来上がり。





即席 ナスの辛子漬け

IMG_9728.jpg IMG_9754.jpg IMG_9756_20161022183029cd1.jpg

ナスは縦半分に切って5ミリほどに切り、辛めの塩水に浸す。

1時間ほどしてナスがしんなりしたら、水気をしぼり、大さじ1の砂糖をふりかける。

練りからし小さじ半分を大さじ1のみりんで溶き、酒と醤油各大さじ1を合わせてナスに混ぜると出来上がり。「即席 ナスの辛子漬け」を参考にした。

ナスが収穫末期で少し固い。最盛期ならおいしかったと思う。





ナスの味噌煮

IMG_9730.jpg IMG_9732.jpg IMG_9762_20161022183033976.jpg

熱した鍋に大さじ1のゴマ油を入れ、乱切りしたナスを炒め、その後シイタケのスライスを入れ、全体に油がまわったら、ひたひたに水を入れ、調味料を少し入れ、煮立ったら弱火にして10分煮て、味噌をみりんで溶いて入れ、3分煮て出来上がり。



レタス炒め

IMG_9738.jpg IMG_9740.jpg IMG_9742.jpg
IMG_9744_201610221831304d4.jpg IMG_9758_2016102218303142f.jpg 

炒めてもおいしいレタス品種の外葉を炒めた。熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ベーコン1枚の細切り、手でちぎったレタスの順に炒め、卵1個を溶き入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。

レタスから水分が多く出た。次回はさっと湯通しして水気をしぼってから等、工夫の余地あり。

  





オクラの薄切り

IMG_9734.jpg IMG_9736.jpg IMG_9760_20161022183032829.jpg

1分茹でて冷水にとり、薄切りして、カツオブシと醤油で。


エダマメ


IMG_9724_20161022183221df2.jpg
 IMG_9726.jpg 
    


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム