あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

芋飯



IMG_7993_20160831194905323.jpg IMG_8006_20160831194833137.jpg IMG_8008.jpg
IMG_8030_20160831194744fea.jpg

3合の白米を洗い、3合の水加減にし、50CCの水を捨て50CCの酒を入れ、塩をひとつまみ入れて混ぜ、小さ目に乱切りしたムラサキ芋を入れ(混ぜない)、電源を入れ、炊けたら混ぜて出来上がり。



炒り卵

IMG_7995_20160831194906c02.jpg IMG_7998_201608311949088c8.jpg IMG_8000_2016083119490943a.jpg
IMG_8019_20160831194810752.jpg

卵3個をボールに割り、醤油と砂糖で味付けし、熱したフライパンに油をひいて流し入れ、ニラの小口切りを入れ、蓋をして弱火で表面が乾いたら巻いてと思ったが、うまく巻けなかったので炒り卵にした。



キュウリの塩もみ
   
IMG_7991_2016083119490305a.jpg  

冷蔵庫で冷やし、即席の漬物として食べている。



キュウリの酢の物

IMG_7989_20160831194934c91.jpg IMG_8010.jpg IMG_8012.jpg 
IMG_8015_20160831194807769.jpg IMG_8022.jpg

いつものカニ風味カマボコとミョウガではなく、今回は15秒湯通ししたチリメンと青シソの粗みじん切りを入れた。



ゴーヤチャンプル

IMG_8002.jpg IMG_8004.jpg IMG_8017_2016083119480828f.jpg 

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ゴーヤ(小口切りして塩をふってもみ15分ほど置いて水で洗い流し、水気をしぼったもの)、昨日の残りのオクラの薄切りの順に炒め、溶き卵1個を入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。



塩サバ  
   
IMG_8025.jpg IMG_8026_2016083119474203d.jpg IMG_8029.jpg


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

タジン鍋



IMG_7972.jpg IMG_7977.jpg IMG_7979_20160830194120001.jpg
IMG_7982.jpg

タジン鍋の下敷きにタマネギのスライスとツルムラサキのざく切りを置き、ナスビ、ピーマン、オクラを置き、15秒湯通しした鯛アラを置き、胡椒で味付けし、よく煮立ったら極弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。ポン酢で。



ポン酢作り

IMG_7985.jpg

醤油70CC+酢50CC+みりん30CC+レモン果汁50CC=200CC(1カップ)のポン酢の出来上がり。



焼きナスビ


IMG_7961.jpg
 IMG_7966.jpg IMG_7967_20160830194148a66.jpg 

定番です。



オクラの薄切り

IMG_7957.jpg IMG_7959_20160830194231244.jpg IMG_7964.jpg

定番です。



キュウリの塩もみ
   
IMG_7970_20160830194150338.jpg   


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

サツマイモの緑酢あえ



IMG_7915.jpg 
IMG_7926.jpg 

無水鍋に大さじ3の水を入れ、小さ目に乱切りしたサツマイモと蜂蜜を入れ、よく煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱5分で蓋を開け混ぜる。


IMG_7924_20160829190046340.jpg IMG_7929_20160829190049d9c.jpg 

キュウリ2本をすりおろし、出た水分は捨て、ボールに入れる。酢大さじ4と醤油大さじ2を入れて混ぜる。蒸したサツマイモを入れて混ぜると出来上がり。

サツマイモの緑酢あえ」と「緑酢」を参考にした。緑酢に蜂蜜を入れずにサツマイモの方に入れた。



ナスビの味噌煮

IMG_7918_20160829190043073.jpg IMG_7946_20160829190022ac7.jpg IMG_7954_20160829190023fa5.jpg  

熱した鍋に大さじ1のゴマ油を入れ、乱切りしたナスビを炒め、ひたひたに水を入れ、ダシの素を入れ、煮立ったら弱火にして5分煮て、味噌をみりんで溶いて入れ、煮立たせないように蓋を開け3分煮て出来上がり。

簡単でおいしい。



ゴーヤとツナ缶の苦くないサラダ
   
IMG_7934_201608291900181e0.jpg IMG_7940_201608291900190fa.jpg IMG_7942_20160829190020170.jpg

ゴーヤは小口切りして塩をふり10分ほど置き、30秒茹でて冷水にとり、水気をしぼりながらボールに入れる。タマネギはスライスして3分ほど水に放ち、水気をしぼりながらボールに入れる。ツナ缶の油をよく切って、ほぐしながら入れ、マヨネーズ、大さじ1のポン酢、大さじ1のレモン果汁で味付けして出来上がり。

ゴーヤとツナの苦くないサラダ」を参考にしている。これも大好きな一品である。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ナンキンの味噌汁



IMG_7879.jpg
 IMG_7875.jpg IMG_7881_201608281846467a4.jpg  
IMG_7888_20160828184650adf.jpg IMG_7910.jpg

鍋に小さ目に乱切りしたナンキンを入れ、水とダシの素を入れ、煮立ったら弱火にして5分煮て、その他の野菜(オクラ、ピーマン、ナスビ)を入れ10分煮て、味噌を入れ煮立たせないように3分煮て出来上がり。

冷蔵庫で冷やして食べた。





ゴーヤチャンプル

IMG_7876.jpg IMG_7890_20160828184652aa1.jpg IMG_7892_20160828184619246.jpg

ゴーヤは小口切りして塩をふり15分ほど置く。さっと水洗いして水気をしぼる。

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ベーコン1枚の細切り、ゴーヤの順に炒め、溶き卵1個を入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。



オクラの薄切り

IMG_7883_2016082818464725a.jpg IMG_7885_20160828184649b2a.jpg IMG_7912_20160828184625527.jpg 

1分茹でて冷水にとり、薄切りしてカツオブシをふり醤油で。



スズメバチトラップのやりなおし
   
IMG_7904_2016082818462270d.jpg IMG_7895.jpg

スズメバチが10匹しか捕獲できず、設置する場所と内容物を変えた。

スズメバチがしばしば襲う最も弱い群には2つ設置した。

内容物は、酢50CC+酒50CC+砂糖水100CC+グレープジュース150CC=350CC。

あと3週間ほどで秋のお彼岸が来る。お彼岸まで持ちこたえれば越冬してくれるだろう。お盆を過ぎると11月上旬頃までスズメバチが襲来するので、スズメバチトラップを設置して後方支援をする。

左の群は朝方は籠城しており、巣門に1匹のスズメバチが止まっていたので、昨日百均で買った「蝿叩き」でさっそく仕留めた。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

野菜炒め



IMG_7858.jpg 
IMG_7870_20160827190529e02.jpg

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ベーコン1枚の細切り、タマネギのスライスの順に炒め、他の野菜(ナスビ、ピーマン、オクラ)を入れて炒め、ニンニク醤油とオイスターソース各大さじ1で味付けして出来上がり。



サンマ

IMG_7846.jpg IMG_7864.jpg 

今年のではないが、おいしい。




ピーマンの佃煮風

IMG_7847.jpg IMG_7853.jpg IMG_7855_20160827190557c06.jpg 
IMG_7863_201608271905275dc.jpg

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったらピーマンの細切りと15秒湯通ししたチリメンを入れ、弱火で4~5分煮て、汁気が少なくなったら強火で水分を飛ばすように混ぜながら1分煮て出来上がり。



キュウリの塩もみ
    
IMG_7867_201608271905285b8.jpg 




ゴーヤの酢の物

IMG_7861.jpg IMG_7871.jpg

ゴーヤは小口切りして塩をふってもみ、15分ほど置く。さっと水で洗い流し、水気をしぼりながらボールに入れる。大さじ1の酢を入れ、すりごまをふって出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ゴーヤチャンプル


外は雨、いい雨が降っている。

だからクーラーを消して、雨音を聞いている。

残暑を振り払う雨?になってほしい。


今日、シュンギクとレタス3種類の種を蒔きなおした。先日蒔いたのが発芽しなかったから。

秋ジャガイモの仮植えもした。9月10日頃に定植予定。

17日に蒔いたニンジンも3~4割しか発芽しなかったので、24日に蒔きなおした。

天気予報では今後3日間は雨模様である。

夏野菜は今夜の雨で一息ついているだろう。



ゴーヤチャンプル

IMG_7823_201608261902091b9.jpg IMG_7827_2016082619021296a.jpg IMG_7829_201608261902133c1.jpg

ゴーヤは小口切りして塩をふってもみ、10分ほどおいて水洗いし、水気をしぼる。

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ゴーヤの順に炒め、溶き卵1個を入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。



オクラの薄切り

IMG_7814_201608261902451d8.jpg IMG_7816_20160826190247523.jpg IMG_7842_201608261901482bf.jpg

オクラは1分茹でて冷水にとり、薄切りして、カツオブシをふり醤油で。



ナンキンの煮物


IMG_7810_2016082619032220e.jpg
 IMG_7819_20160826190248e72.jpg IMG_7834_2016082619014220b.jpg

無水鍋に乱切りしたナンキンを入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、大さじ2の水を入れ、よく煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱5分で出来上がり。




焼きナスビ

IMG_7821_201608261902507c6.jpg IMG_7825.jpg IMG_7831.jpg

熱したフライパンに大さじ1の油を入れ、縦に2~4等分したナスビを置き、弱火で蓋をして裏表4分ずつ焼いて皿にとり、醤油をまわしかけて出来上がり。



キュウリの酢の物

IMG_7812_20160826190244c3d.jpg IMG_7836_201608261901436d4.jpg IMG_7839_2016082619014598e.jpg  
IMG_7840.jpg  

キュウリはスライサーで薄切りして塩をふってもみ15分ほどおく。水で洗い流し、水気をしぼりながらボールに入れる。カニ風味カマボコ2個を水で解凍し、ほぐしながらボールに入れる。ミョウガの粗みじん切りを入れる。

お椀に酢大さじ2、醤油大さじ1、レモン果汁大さじ1、蜂蜜を入れて溶かし、ボールに入れ、混ぜて出来上がり。
 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ポテトサラダ


夕飯作りは昼の時間帯に作っている。10時半~午後2時の時間帯で「90分」はかかる。

大急ぎでしても90分はかかる。90分も費やして、

非生産的と思うか、

お気軽と思うか、

もっと大切なことに時間を費やせと思うか、

人それぞれだろうが、自分なりの料理を覚えることによって、老後を生きるパワーが蓄積されていると感じる。


1日90分の料理は誰にでもできない最大のぜいたくと思っている。

料理の原材料を買うという経済的、時間的制約

90分の時間を費やすという時間の捻出

料理に意義を見出せるかという価値観


自分の場合は、

野菜を買わなくていいから続いている。

それでも毎日のように夕飯作りを始めたのは59才になってからだった。

それまでは料理をする余裕などなかった。



ポテトサラダ

IMG_7764_201608251929231b4.jpg IMG_7779.jpg IMG_7784.jpg

無水鍋に大さじ3の水を入れ、5ミリほどに輪切りにしたジャガイモを入れ、よく煮たったら極弱火にして30分、火を消して余熱5分で蓋を開け、塩を少しふってつぶす。その後、ボールに移し、昨日のゆで卵1個をつぶしながら入れる。


IMG_7781.jpg IMG_7786.jpg 

タマネギ小1個はスライスして3分ほど水にさらし、ザルにあげ水気をしぼりながらボールに入れる。

キュウリはスライサーで薄切りし、塩をふってもみ、15分ほど置いて水で洗い流し、水気をしぼりながらボールに入れる。

IMG_7788.jpg IMG_7789_201608251928333d0.jpg

マヨネーズ、大さじ1の酢、大さじ1のレモン果汁、胡椒、少量の砂糖で味付けして出来上がり。



秋ナスの味噌煮  

IMG_7773_201608251928554e3.jpg IMG_7775_20160825192857b5b.jpg IMG_7796.jpg

熱した鍋に大さじ1のゴマ油を入れ、乱切りしたナスビを炒め、ひたひたに水を入れ、ダシの素を入れ、煮立ったら弱火にして5分ほど煮て、味噌をみりんで溶いて入れ、煮立たせないように蓋を開け3分ほど煮て出来上がり。



芋飯

IMG_7767.jpg IMG_7770_201608251928548f0.jpg IMG_7799_20160825192806981.jpg   
IMG_7803_20160825192808c33.jpg IMG_7807_201608251928094a9.jpg  

3合の白米を洗い、3合の水加減にし、50CC減らして50CCの酒を入れ、塩を一つまみ入れて混ぜ、小さ目に乱切りしたムラサキ芋を置き(混ぜない)、電源を入れ、炊けたら混ぜて出来上がり。



キュウリの塩もみ

 IMG_7794_20160825192804922.jpg


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

夏野菜煮込み(ラタトゥユ)



IMG_7736_20160824192741bea.jpg IMG_7737.jpg IMG_7740.jpg
IMG_7743.jpg IMG_7746.jpg IMG_7759.jpg

熱した鍋に大さじ1の油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、15秒湯通しした豚肉100g、タマネギのスライスの順に炒め、他の野菜(ナスビ、ピーマン、オクラ)を入れて炒め、全体に油がまわったら調理用トマトと白ワインを入れ、煮立ってきたら弱火にしてコンソメ1個を入れ、5分ほど煮てカレー粉小さじ1余りを入れ、煮込む水分がたらなかったので白ワインを追加し、さらに10分煮て出来上がり。




焼きナスビ

IMG_7725.jpg IMG_7729_20160824192811d2b.jpg IMG_7748_201608241927129e6.jpg




オクラの薄切り


IMG_7727_201608241928108c9.jpg IMG_7731.jpg IMG_7761.jpg    

薄切りといっても4ミリほど。




ゆで卵

IMG_7734.jpg IMG_7749.jpg         


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

サツマイモのおやつ



IMG_7718.jpg IMG_7712.jpg

今朝、見回りをしたら、大スズメバチが来ていたので、ペットボトルで作ったスズメバチトラップを置いた。


IMG_7709.jpg

内容物は、酒1カップ、酢半カップ、砂糖半カップを鍋に入れ、点火して溶かし、冷めたらジョウゴでペットボトルに入れる。他にブドウ1粒を4分割し3粒ずつ入れてみた。

10日間で平均30匹のスズメバチが捕まえれる。2つで60匹。



IMG_7714_20160823191738d43.jpg

これは強群なので、大スズメバチに対抗できる(スズメバチが避ける)。弱小群の2つにペットボトルトラップを吊り下げたが、弱小群は時には籠城し、時には威嚇行為もする。



 
 サツマイモのおやつ

IMG_7687.jpg IMG_7691_20160823191800803.jpg IMG_7699_2016082319180495a.jpg
IMG_7703.jpg

熱した無水鍋にバターを入れ、乱切りしたサツマイモ(普通種とムラサキ芋)を入れ、醤油大さじ1、レモン果汁大さじ1、水大さじ2、蜂蜜を入れて混ぜ、よく煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱5分で出来上がり。



ピーマンの佃煮風

IMG_7670_20160823191855b75.jpg IMG_7674.jpg IMG_7679_20160823191827ca7.jpg
IMG_7697_20160823191803fbd.jpg

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら細切りしたピーマン(バナナピーマン)を入れ、15秒湯通ししたチリメンを入れ、弱火で4分ほど煮て、蓋を開け強火で水分を飛ばすように混ぜながら1分煮て出来上がり。



ゴーヤチャンプル

IMG_7683_2016082319182878f.jpg IMG_7685.jpg IMG_7695_20160823191801f97.jpg 

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ゴーヤ(塩もみをして10分ほど置き、水洗いして水気をしぼる)の順に炒め、溶き卵を入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。   
   


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

塩サバ


IMG_7666.jpg

高温が続いているが、ミツバチに大きな変化はない。

梅雨明け後~9月中旬頃までの2ヶ月間は、巣はのびず、現状維持が精一杯と思う。ぼくの出来ることは、飛行コースに蜘蛛の巣が張っていれば取り除くことと、毎日の見回りによって微妙な変化に注意すること。

変化があっても、どうすることも出来ず、いつも念力で応援するだけ。



塩サバ

IMG_7641_2016082219044844c.jpg IMG_7646_201608221904513dd.jpg IMG_7648.jpg




ゴーヤとツナ缶の苦くないサラダ

IMG_7629_20160822190546701.jpg IMG_7631.jpg IMG_7633_20160822190549470.jpg
IMG_7635_20160822190516136.jpg  

ゴーヤは小口切りして塩をふり、10分ほど置き、30秒茹でて冷水にとり、水気をしぼりながらボールに入れる。

タマネギはスライスして3分ほど水にさらし、ザルにあげ水気をしぼりながらボールに入れる。

ツナ缶の油をよく切って、ほぐしながらボールに入れる。

マヨネーズ、大さじ1のポン酢、大さじ1のレモン果汁で味付けして出来上がり。




オクラの薄切り


IMG_7636_201608221905185cc.jpg IMG_7639_20160822190519f24.jpg  

カツオブシをふり醤油で。



キュウリの塩もみ
 
IMG_7644_2016082219044938a.jpg 





サツマイモの冷製味噌汁
 
IMG_7652_201608221904549f6.jpg IMG_7655.jpg IMG_7659_20160822190421842.jpg
IMG_7661.jpg    

鍋に小さ目に乱切りしたサツマイモを入れ、水と市販の調味料を少し入れ、最初から弱火で15分煮て(煮立つまで強火にするとサツマイモが煮崩れする)、煮立って来たらオクラ、ナスビ、ピーマンを入れ、続けて弱火で10分煮て、味噌を入れ、煮立たせないように蓋を開けて3分ほど煮て出来上がり。冷めてきたら冷蔵庫に入れ冷す。


オリンピックが終わってやれやれである。というのもテレビに夢中になり、風呂上りにしていた背筋運動をさぼりがちになった。数日さぼるとすぐ身体に変調をきたす。自分にはもう5種類の背筋運動が欠かせない。

この先生の指導により「招き猫体操」も一つ加えた。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ナンキンの煮物



IMG_7597_201608211918058cd.jpg IMG_7598_20160821191806373.jpg IMG_7621_2016082119174133d.jpg
IMG_7625.jpg

ナンキンは大きいので3回ほどに分けて食べる。残りは中のズを取って洗い、ジップロックに入れて冷蔵庫で保存するが、12日以内ほどで食べきった方がよい。6日後に2回め、12日後に3回め。

いくらでもあるからといって、粗末にはしない。





焼きナスビ

IMG_7590_20160821191833083.jpg IMG_7592.jpg IMG_7602_20160821191808357.jpg

ナスビは縦に2~4等分する。熱したフライパンに大さじ1の油を入れ、弱火で裏表5分ほどずつ焼いて皿にとり、醤油をまわしかけて出来上がり。




ソーメン

IMG_7606_201608211918092e0.jpg IMG_7608.jpg IMG_7618_20160821191739edd.jpg

薬味は青シソとミョウガの粗みじん切り。つゆは「濃縮2倍」と書いているのが多いが、たいてい等倍で、すぐになくなるような売り方をしている。



キュウリの酢の物


IMG_7595.jpg
 IMG_7611.jpg IMG_7614.jpg 

意外と手間がかかる一品と思う。それでも、ナンキンが煮えるまでには出来る。

キュウリ3~4本はスライサーで薄切りし、塩をふってもみ15分ほど置く。水で洗い流し(多すぎる塩分を落す)、水気をしぼりながらボールに入れる。ミョウガの粗みじん切りを入れ、カニ風味かまぼこ2個を水で解凍し、ほぐしながらボールに入れる。お椀に酢大さじ2、醤油大さじ1、レモン果汁大さじ1、蜂蜜を入れて溶かし、ボールに入れ、混ぜて出来上がり。
   
  
    


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

タジン鍋



IMG_7578_201608201944368b5.jpg IMG_7580_201608201944377f4.jpg IMG_7582_2016082019443820d.jpg
IMG_7588_20160820194441dd4.jpg

昨日、タジン鍋を思い浮かべながら「がらエビ」を買った。

半分使うか迷って全部使った。残りを冷凍するとまずい気がした。

タジン鍋にざく切りしたツルムラサキを置き、オクラ、ピーマン、ナスビを適当に切って置き、15秒湯通ししたがらエビを置き、よく煮立ったら極弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。ポン酢で。

食べてみて、がらエビの生きがあまりよくなかった。野菜は、がらエビの出汁が出ておいしかった。





目玉焼き

IMG_7584_20160820194440e01.jpg  
  


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

キュウリの酢の物


IMG_7532_20160819194023243.jpg

14日に蒔いたキャベツとブロッコリーの発芽が悪かったので、追加で蒔いた。



IMG_7534_201608191940256c4.jpg

ニンジンとインゲンは17日に蒔いた。ニンジンは23日に発芽予定なので、失敗なら25日までに蒔きなおす。



ソーメン

IMG_7536_20160819194026ddd.jpg IMG_7539.jpg IMG_7541.jpg

薬味はミョウガと青シソの粗みじん切り。



焼きナスビ

IMG_7548_201608191939564a6.jpg IMG_7550_201608191939253cc.jpg IMG_7561.jpg

油は大さじ1しか入れない。縦に2~4等分して焼く。



キュウリの塩もみ

IMG_7543.jpg



キュウリの酢の物

IMG_7545.jpg IMG_7557_20160819193929858.jpg IMG_7560.jpg

キュウリはスライサーで薄切りして、塩をふってもみ、15~30分おいて水で洗い流し(多すぎる塩分を落す)、水気をしぼりながらボールに入れる。カニ風味かまぼこ2本を水で解凍し、ほぐしながらボールに入れる。ミョウガは粗みじん切りして入れる。お椀に酢大さじ2、醤油大さじ1、レモン果汁大さじ1、蜂蜜を入れて溶かし、ボールに入れ、混ぜて出来上がり。




タマネギとグリンピースの煮物
   
IMG_7552_201608191939268ac.jpg IMG_7554_2016081919392894d.jpg IMG_7570_20160819193856a37.jpg  
IMG_7572_201608191938580fb.jpg 

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったらタマネギのスライスと調理用トマトを入れて混ぜ、再度煮立ったら弱火にして5~7分煮て、水分が足らなかったので白ワインを入れ、グリンピースを入れ5分ほど煮て出来上がり。

グリンピースの冷凍は今回でなくなった。調理用トマトも生りが少なくなった。



レタスの芽だし

 IMG_7566_20160819193855785.jpg 

レタスは高温では発芽が悪いので、袋の裏に書いているように、一昼夜水に浸し、キッチンペーパーで水切りし、ポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に1~2日置き、芽が出かかってから蒔く。シュンギクは2時間ほど水に浸し、レタスと同じように冷蔵庫に入れた。

10月中下旬の野菜の端境期に、インゲン、レタス、シュンギク(サラダシュンギク)は重宝する。その頃収穫するには20日までに蒔きたい。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ピーマンの佃煮風



IMG_7505_20160818192831af8.jpg IMG_7509_201608181928333b3.jpg IMG_7519_20160818192438a90.jpg 
IMG_7523.jpg
鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら細切りしたピーマンを入れ、15秒湯通ししたチリメンを入れ、弱火で5分煮て、汁気が少なくなったら、水分を飛ばすように強火で1分煮て出来上がり。



焼きピーマン

 IMG_7508.jpg IMG_7513_20160818192435c7a.jpg IMG_7515_20160818192436402.jpg 

バナナピーマンを半分に切り、魚焼きグリルで裏表4分ほどずつ焼いて皿にとり、カツオブシをふり醤油で。



ゴーヤチャンプル

IMG_7526.jpg IMG_7529.jpg    

ゴーヤは小口切りし、塩をふって15分ほど置き、水で洗い流す。

熱したフライパンに油を入れ、水気をしぼったゴーヤを入れ、弱火で蓋をして3分ほど炒め、カツオブシをふり、ニンニク醤油のニンニクを粗みじん切りして入れ、溶き卵1個を入れ、ニンニク醤油で味付けし、1分炒めて出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

サツマイモの緑酢和え



IMG_7468_201608171928242af.jpg IMG_7472_20160817192826ab9.jpg IMG_7474_2016081719282757a.jpg
IMG_7491_20160817192728388.jpg 

今日は普通のサツマイモを使った。まず、サツマイモを蒸す。熱した無水鍋に大さじ3の水を入れ、小さ目に乱切りしたサツマイモを入れ、よく煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱5分で蒸し上り。


IMG_7488.jpg IMG_7493_20160817192730080.jpg IMG_7497.jpg
IMG_7504_20160817192734957.jpg 

ボールにキュウリ2本をすりおろし、出た水分を捨てる。酢大さじ4、醤油大さじ2、砂糖大さじ1を入れて混ぜる。蒸したサツマイモを入れ、混ぜて出来上がり。

去年、キュウリが終る頃に初めて知ったレシピだった。サツマイモが掘れるようになり、キュウリが終る10月中下旬頃までの2ヶ月間、サツマイモとキュウリが出合う。
アンバランスな組み合わせに見えるが、おいしい。「サツマイモの緑酢和え」と「緑酢」を参考にした。




焼きナスビ

IMG_7458_20160817192853356.jpg IMG_7460_20160817192855967.jpg IMG_7462_201608171928566fa.jpg
IMG_7480.jpg

枝を少し切り戻し、葉は全部落としたナスビが25日でまた生り始めた。これを秋ナスという。ちょっと休ませるだけで、ビッカビカの秋ナスがとれる。新しいナスビの葉が出始める7日間ほどの間に、まぶれついていた害虫はいなくなる。

熱したフライパン(無水鍋の外蓋)に大さじ1の油を入れ、縦に3~4等分したナスビを置き、裏表4分ほどずつ焼いて皿にとり、醤油をまわしかけて出来上がり。




オクラの薄切り


IMG_7463_20160817192858c07.jpg
 IMG_7465_20160817192821c27.jpg 

定番です。



ゴーヤの酢の物
    
IMG_7467_2016081719282388c.jpg IMG_7478.jpg IMG_7484_20160817192757208.jpg

小口切りしたゴーヤは塩をふって15分ほど置き、水で洗い流し(多すぎる塩分を落す)、水気をしぼりながらボールに入れる。大さじ1の酢を入れ、すりゴマ(市販品)をふり、混ぜて出来上がり。

この場合、30秒茹でない方がよい。酢で苦みが緩和されるようだ。



目玉焼き
 
IMG_7483_20160817192755323.jpg  




キュウリの塩もみ
   
IMG_7501_20160817192732445.jpg  
 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

初物 サツマイモ


IMG_7435_201608161854125aa.jpg IMG_7440_20160816185414517.jpg IMG_7447.jpg
IMG_7450_201608161853433f3.jpg IMG_7456_20160816185346e68.jpg

サツマイモを掘ると、秋が来たような気がする。

例年今ごろ「ためし掘り」をする。雨が降らず、ポンプアップした井戸水散水も、他の野菜が優先でサツマイモにはまわせない。

それでも梅雨の雨が多かったせいか、意外と大きいのが入っていた。

初物はやっぱり「芋飯」にした。3合の白米を洗って3合の目盛りに水を合せ、50CC減らして酒を50CC入れ、塩をひとつまみ入れて混ぜ、乱切りしたムラサキ芋を入れ(混ぜない)、炊飯器をセットする。炊けたら混ぜて出来上がり。「サツマイモご飯」を参考にした。

ムラサキ芋を使うと赤飯のような色になる。ほのかな甘みもあった。






ピーマンとタマネギ炒め

IMG_7426.jpg IMG_7444_2016081618534181f.jpg

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ベーコン3枚の細切り、タマネギのスライス、ピーマンの細切りの順に炒め、ニンニク醤油とオイスターソースで味付けして出来上がり。




ニンニクライス

IMG_7428_201608161854085dc.jpg IMG_7431_201608161854094a4.jpg IMG_7433_20160816185411b89.jpg

上で使った1連の残り2枚のベーコンはニンニクライスに使った。

油を入れ、ベーコンの細切り、タマネギとピーマンの粗みじん切りの順に炒め、ニンニク醤油のニンニク3個を粗みじん切りして入れ、ニンニク醤油で味付けして火を消し、ご飯を入れ、ほぐしながら点火し、具材とご飯がなじんだら出来上がり。





ナンキンの冷製味噌汁

IMG_7416_2016081618545595b.jpg IMG_7418_20160816185457b43.jpg IMG_7424_20160816185458ac6.jpg
IMG_7452_20160816185345006.jpg

鍋に小さ目に乱切りしたナンキンを入れ、水を少し入れ、ダシの素を入れ、煮立ったら弱火にして5分ほど煮て、オクラ(ねばりが出るので小さく切らず、ヘタを切るだけ)、ピーマン、タマネギを入れ10分ほど煮てナンキンが柔らかくなったら、味噌を入れ、煮立たせないように蓋を開けて3分ほど煮て出来上がり。

1時間ほどしたら冷蔵庫に入れ、冷して食べる。





ソーメン

IMG_7410_2016081618552631e.jpg IMG_7414_201608161854549c8.jpg 

薬味はミョウガと青シソの粗みじん切り。氷4個を入れメンツユで。  
   
 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ゴーヤとツナ缶のサラダ



IMG_7395.jpg IMG_7399_20160815184549cf7.jpg IMG_7407.jpg

ゴーヤは中のズをとり、小口切りしてボールに入れ、塩をふってもみ5分ほど置く。30秒茹でて冷水にとり、水気をしぼりながらボールに入れる。タマネギ1個はスライスして3分ほど水にさらしてザルにあげ、水気をしぼりながらボールに入れる。ツナ缶はよく油を切ってほぐしながらボールに入れる。

マヨネーズ、大さじ1のポン酢、大さじ1のレモン果汁で味付けして出来上がり。「ゴーヤとツナの苦くないサラダ」を参考にしている。



ナンキンの煮物


IMG_7394_201608151846136b6.jpg 
IMG_7402.jpg IMG_7405_201608151845521c7.jpg

無水鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら(蜂蜜が溶けたら)乱切りしたナンキンを入れて混ぜ、再度よく煮立ったら調理用トマトを入れ、極弱火にして30分、火を消して余熱5分で出来上がり。




目玉焼き

IMG_7389.jpg  
   
 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ベーシックインカムと山奥ニート


今日は2ヶ月に1度のベーシックインカム(年金)の振込日。10万円ちょっとの振込がある。

本来ならぼくの年齢では65才にならないともらえないが、3割カットで60才からもらい始めた。年金事務所の人が、78才で逆転するが、それまでに死んだら早くもらいはじめた方が得というので、もらうことにした。

正規の65才からなら年額で90万ほどになるが、60才からもらうことにしたので年額で61万ほど。

国民年金だけだったらもっと少ないが、厚生年金の期間も10年ほどあり、他に企業年金も少しもらえるので、合計年額は70万ほどになる。


この金額を少ないと思いますか、それとも多いと思いますか。


もちろん多いにこしたことはないが、ぼくはこの金額に十分満足している。何もしていなくて、寝ていても振り込まれるから。


現役世代にもこんな金額が振り込まれる制度があればいいのに。


ベーシックインカム」は絵空事なことではなく、税制を少し変えれば成り立つ。


ゆりかごから墓場まで、全ての人に平等に70~80万ほどのベーシックインカムがあれば、底なし沼のような資本主義世界のなかで、命だけは保障される。


逆にベーシックインカムがないなら、資本主義経済がこのまま続くとは思わない。


ある人のブログで「山奥ニート」を知った。この人たちに70~80万ほどのベーシックインカムがあれば、資本主義の次にくる経済システムを切り開くだろう。「山奥ニート」と検索して見てください。いろいろ出てきます。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

夏野菜煮込み(ラタトゥユ)



IMG_7364_20160814192226c36.jpg

今日、秋冬作のスタートをした。例年、お盆の8月14日に、秋冬作の第一弾、キャベツとブロッコリーの種を蒔く。

8月18日までにニンジンとインゲンの種を蒔き、8月23日前後にレタスを蒔き、8月25日頃、秋ジャガイモを仮伏せし、8月28日にハクサイを蒔く。

ニンジンとインゲンのために一雨、夕立が欲しい。夕立ちがなかったら水やりして蒔き、蒔いた後もたっぷり水やりをする。




夏野菜煮込み(ラタトゥユ)

IMG_7369_2016081419222996d.jpg IMG_7370.jpg IMG_7379.jpg
IMG_7385.jpg

熱した鍋に大さじ1の油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、15秒湯通しした豚肉、タマネギのスライスの順に炒め、ピーマンとオクラを入れて炒め、全体に油がまわったら白ワインと調理用トマトを入れ、強火で、再度煮立ったら弱火にしてコンソメ1個を入れ、5分ほど煮てカレー粉小さじ1を入れ、10分煮て出来上がり。

途中、水が足らなくなったら白ワインを追加する。



ピーマンの佃煮風

IMG_7367.jpg IMG_7378_20160814192201052.jpg

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら(蜂蜜が溶けたら)、細切りしたピーマンを入れ、強火で再度煮立ったら弱火にして15秒湯通ししたチリメンを入れ5分煮て汁気が少なくなったら出来上がり。




オクラの薄切り


IMG_7373_20160814192232b2d.jpg
 IMG_7376.jpg IMG_7382.jpg

オクラは1分茹でて冷水にとり、薄切りしてカツオブシをふり醤油で。    
  
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ゴーヤチャンプル



IMG_7355_20160813201233223.jpg IMG_7358_201608132012349ff.jpg IMG_7360_20160813201235dcf.jpg

ゴーヤは中のズをとり小口切りして塩をふり、5~10分置く。30秒茹でて冷水にとり水気をしぼる(この作業で苦みはほとんど消える)。

熱したフライパンに油を入れ、ゴーヤを入れて炒め、カツオブシをふり、溶き卵1個を入れ、ニンニク醤油で味付けして出来上がり。


電柵の下からイノシシの子に入られ、ゴーヤの畦を荒らされて困る。ここ10日ほど昼間から2頭がうろついている。

荒らされたら元通りに戻す作業をしている。

雨が降らないので、夕方4時~5時の1時間ほどの水やりも欠かせない。

出荷がなくても、オクラとキュウリは毎日収穫する。1日おきでは大きくなりすぎる。

だから、お盆といっても農業者に休みはない。




キュウリの酢の物

IMG_7343_20160813201301074.jpg IMG_7345_20160813201303c9e.jpg IMG_7346.jpg

キュウリはスライサーで薄切りし、塩をふってもみ、15分ほど置く。水で洗い流し(多すぎる塩分を落す)、水気をしぼりながらボールに入れる。

カニ風味カマボコ2本を水で解凍し、ほぐしながらボール入れる。ミョウガの粗みじん切りを入れる。

お椀に酢大さじ2、醤油大さじ1、レモン果汁大さじ1、蜂蜜を入れて溶き、ボールに注ぎ、混ぜて出来上がり。



キュウリの塩もみ  
 
IMG_7349_201608132012306fc.jpg

常温で30分ほど置き、その後冷蔵庫で冷やす。

特に朝食に欠かせない。




焼きピーマン

IMG_7341_2016081320130060b.jpg IMG_7352.jpg 

魚焼きグリルで裏表5分ずつ焼いて、カツオブシをふり、醤油で。
  


2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

野菜と卵の煮物



IMG_7303_20160812184538a34.jpg IMG_7305_20160812184539234.jpg IMG_7315.jpg 
IMG_7333.jpg

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら(蜂蜜が溶けたら)、オクラ、ピーマン、調理用トマトを入れ、再度煮立ったら弱火にして野菜から水分がゆっくり出るように7~10分煮て、卵を入れ5分煮て出来上がり。

調理用トマトを水代わりに使った。

煮えた時、水分がほとんど残らないように煮る。



ジャガイモの煮物

IMG_7308.jpg IMG_7312_20160812184456c3c.jpg IMG_7323.jpg 
IMG_7324_20160812184427fb0.jpg

熱した無水鍋にバターを入れ、乱切りしたジャガイモを炒め、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けして混ぜ、調理用トマトを置き、とろけるチーズ2枚を置き、胡椒を少しふり、極弱火で30分、火を消して余熱5分で出来上がり。



オクラの薄切り

IMG_7316_20160812184459a19.jpg IMG_7319.jpg IMG_7339_201608121844335c0.jpg   

1分茹でて冷水にとり、薄切りして、カツオブシと醤油で。



ソーメン    

IMG_7330_20160812184430c6c.jpg IMG_7328_201608121844283df.jpg 

薬味はミョウガと青シソの粗みじん切り。

お椀に薬味を入れ、メンツユを入れ、氷4個を入れ、ソーメンを入れる。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

タジン鍋



IMG_7284.jpg 
IMG_7295_20160811184949f87.jpg IMG_7297_20160811184950ab2.jpg

タジン鍋の下敷きにツルムラサキを入れ、オクラとピーマン(赤いのはピーマンの取り遅れ)を入れ、焼き豚を置き、ニンニク醤油のニンニク2個を薄切りして置き、胡椒で味付けし、よく煮立ったら弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。

すぐ皿にとり、冷蔵庫で冷やして食べた。ポン酢で。


上に置くのは15秒湯通しした豚肉でもいいし、

15秒湯通ししたサケや鯛アラのような魚でもいいし、

あまり使わないが、15秒湯通しした「鶏肉」もいいだろうし、

ベーコン一連でもいいし、

お中元でもらったハムなら何でも使えるし、

いつか、がらエビか貝でして見ようと思う。

ポイントは新鮮な野菜を使うこと。



タマネギとグリンピースの煮物

IMG_7277_20160811185012249.jpg IMG_7281_20160811185013fb7.jpg IMG_7291.jpg
IMG_7301_20160811184952066.jpg  

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら(蜂蜜が溶けたら)、スライスしたタマネギと四つ切りした調理用トマト(トマトは水代わり)を入れ、再度煮立ったら弱火にして5~7分煮て、グリンピースを入れ5分煮て出来上がり。

煮物は冷めていく時に味がしみておいしくなる。1時間ほどして冷蔵庫に入れ、冷して食べた。大量に冷凍しておいたグリンピースだが、あと1回使ったらなくなる。
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ミツバチの今


ミツバチにとって、これから秋の彼岸までの40日間が、群を維持できるかどうか最大の試練になる。無事に彼岸を迎えれたら、越冬にさほど困難はなく、春の分蜂期を迎えてくれるだろう。

最大の試練とは、
(1)残暑との戦い。
(2)お盆を過ぎる頃から天敵のオオスズメバチが飛来してくる。
(3)9月10日前後にある稲作の農薬散布(ウンカ予防)。




IMG_7255_20160810185414395.jpg


これは最強の群。西日が少しあたるので、すだれをかけている。春の分蜂後に採蜜を2回した。その後、7月上旬頃、蜂数が増えていたので、一つ継ぎ箱をして5段(5箱)にした。

巣箱の中が暑いのか、早朝から夕方まで、画像のように外に出ている。




IMG_7252.jpg 

これも強群で春に2回採蜜をした後、蜂数が増えていたので、一つ継ぎ箱をして5段(5箱)にした。

5段にする時は、一人では無理(重くて持ち上がらない)なので、誰かに手伝ってもらう。

採蜜の時も、できれば誰かに手伝ってもらう方がリスクが少ない。というのは、4段重ねの一番上を採蜜してから、最下段の開閉扉の上に継ぎ箱をするより、先に継ぎ箱をして5段にしてから採蜜した方が、蜜蜂が静かにしている。



 

IMG_7259_20160810185334a8c.jpg

この群はまだ3段(3箱)のまま。小さい群だが、秋の彼岸まで40日間を持ちこたえれば、秋になってから急激に増える予感がする。



IMG_7269_2016081018533640e.jpg  

この群は巣屑をいっぱい落としている。だから1週間に1回は底板の掃除が欠かせない。夏に巣屑を落すことはいい状況ではないが、出入りは比較的活発で、花粉の持ち込みもあり、蜂児を時々持ち出している現場に遭遇するので、女王蜂も健在と思う。



IMG_7261.jpg

この群は春の分蜂後に1箱採蜜し、1つ継ぎ箱をしたので4段(4箱)のまま。


この春、7群全てが越冬したが、このうち2群は蜂児持ち出しが1ヶ月以上続き、結局、春の分蜂は1度もすることなく、1つは4月に、もう1つは5月に消滅した。

「保険」の意味で春の分蜂の時2群増やして9群にしておいたが、2群は消滅し、1群は春の突風で箱が倒れていなくなり、もう1群は採蜜の失敗で逃去した。だから現在5群になっているが、来春の分蜂期にはまた7群に戻せるだろう。


とにかく、これから40日間の天王山の戦いをバックアップするため、「蜘蛛の巣」による一日平均50~100匹以上と言われる犠牲を少しでも減らすため、毎日の見回りが欠かせない。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ナンキンの煮物


IMG_7229_20160810185502c77.jpg IMG_7240_201608101854424a9.jpg IMG_7245_20160810185410640.jpg

無水鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら乱切りしたナンキンを入れて混ぜ、調理用トマトを四つ切りして置き、再度よく煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱5分で出来上がり。



ピーマンの佃煮風

IMG_7231_20160810185437cd3.jpg IMG_7235_2016081018543956c.jpg IMG_7237_201608101854403c1.jpg
IMG_7250_201608101854112b1.jpg

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、煮立ったら細切りしたピーマンを入れ、3分ほど煮てピーマンがしなっとしたら弱火にして15秒湯通ししたチリメンを入れ、2~3分煮て、汁気が少なくなったら、最後に汁気を飛ばすように強火で1分煮て出来上がり。



キュウリの酢の物

IMG_7242_201608101854431bc.jpg IMG_7244_20160810185408521.jpg IMG_7275_2016081018533907f.jpg  

キュウリはスライサーで切り、塩をふってもみ、15分ほど置いてキュウリがしなっとしたら水で洗い流し、水気をしぼりながらボールに入れる。カニ風味カマボコ2個を水で解凍し、ほぐしながらボールに入れ、ミョウガの粗みじん切りも入れる。

お椀に酢大さじ2、醤油大さじ1、レモン果汁小さじ1、蜂蜜を入れて溶き、ボールに入れ、混ぜて出来上がり。




目玉焼き
   
IMG_7271.jpg 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

農業にもいろんな選択肢


コメントをありがとうございます。

どうぞ、あせらないで(急がずに)次の職業を選択してください。40才くらいまでなら、ゼロから第2の人生が十分可能です。実際、農業に転身するのは30代後半の世代が最も多いです。

その人たちに、たった3~4年の間に、技術力や収入で差をつけられていくのを目の当りにしてきた。ぼくの場合は技術力がまるでアップしなかった。


ひと口に農業といっても、いろんな選択肢がある。

ブドウ、イチジク、モモ等の果樹農家

トマトやイチゴ等のハウス農家

産地形成されている地域の農家

有機農業の農家


売り方も農協出荷、各地の直売所出荷、ワンパック宅配等の直接販売、小売店や料理店への出荷がある。


自分の場合、超不器用だったので、棚のいる果樹や、ハウス(骨組みは無料で手に入ったが、ビニールを張ったりすることに苦手意識があった)での施設園芸は出来ると思えなかった。

数種類を大量に作ることも気が引けた。

結局できそうに思えたのは、少しずつ多種類作って、中間業者を通さず、直接自分で売るという方法しかなかった。

少しずつ多種類作るのはおもしろく、大量に作ることがないからリスクも少ない。ハウスがないから農閑期もできる。


直接売るには、軽四で「引き売り」しかなく、近くの団地を売ってまわりながら、定期的にワンセット(8種類で1500円)で購入してくれる顧客を捜した。


たとえ都市在住でもあきらめずに、いつも頭の片隅に「農業という選択肢」を置いといてください。

きっかけをつかもうと思ったら積極的になるしかありません。お近くなら一度遊びにおいでください。たいていの農業者は多くの同業者を知っており、あなたの望む「農業形態」や「人」を紹介してくれる可能性もあります。

メールのやりとりでもいいですし、夜間なら電話での対応も可能です(携帯は持っておらず固定電話しかありません)。

各県で「新規就農フェアー」もしばしばやっており、岡山県では9月25日にもあります。私も「ほどほどの有機農業」として、参加させて頂く予定です。具体的な内容がつかめ、私の方の提出書類ができたら、9月上旬頃までに報告させて頂きます。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ゴーヤを使った2品


IMG_7202.jpg IMG_7205_201608092032237f7.jpg IMG_7207.jpg   
IMG_7209_20160809203226131.jpg IMG_7224.jpg

毎日でも食べたいゴーヤだが、イノシシに畝を荒らされてから、生りが悪い。

ゴーヤ小3本は中のズをとり、小口切りしてボールに入れ、塩をふって3分ほど置く。30秒ほど茹でて冷水にとり、水気をしぼりながらボールに入れる。

タマネギ1個はスライスして3分ほど水にさらし、ザルに上げ、水気をしぼりながらボールに入れる。

ツナ缶の油をよく切ってボールに入れる。

マヨネーズ、大さじ1のポン酢とレモン果汁で味付けして出来上がり。



ゴーヤチャンプル

IMG_7211_2016080920322818e.jpg IMG_7213_20160809203434c42.jpg IMG_7218_20160809203437f49.jpg  

豚肉100gは火を止めて15秒湯通しする。ピーマンは細切りする。

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、豚肉、ピーマンの順に炒め、ピーマンがしんなりしたら、上で使った残りのゴーヤを入れて30秒~1分炒め、火を止め、ニンニク醤油とオイスターソースで味付けし、点火して30秒~1分炒めて出来上がり。



サンマ

IMG_7222_201608092034389ee.jpg

前回4匹買っていた残りの2匹を焼いた。



キュウリの塩もみ

IMG_7216_201608092034350b5.jpg   
   


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

ジャガイモの煮物



IMG_7151_20160808193254dae.jpg IMG_7162.jpg IMG_7164_20160808193226f49.jpg
IMG_7177.jpg

無水鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、乱切りしたジャガイモを入れ、煮立ったら混ぜ、タマネギのスライスと調理用トマトを置き、焼き豚を置き、再度煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱5分で蓋を開け、混ぜて出来上がり。



ソーメン

IMG_7158.jpg IMG_7156_2016080819325722a.jpg IMG_7160_201608081932230e8.jpg  

ソーメン4束を茹でた。薬味はミョウガと青シソの粗みじん切りで、氷4個とメンツユを入れる。



オクラのピクルス

IMG_7167.jpg IMG_7170.jpg IMG_7174_201608081931555ca.jpg 

調味液は、鍋に酢を1カップ、白ワイン半カップ、砂糖大さじ4、ニンニク醤油のニンニク2個を薄切りして入れ、トウガラシ1個を刻んで入れ、点火して溶かす。

オクラは1分茹でて冷水にとり、ヘタを切り、瓶に入れ、冷めた調味液を注ぎ、ニンニク醤油小さじ1を入れて出来上がり。「簡単!夏野菜のピクルス」と「ゴーヤと野菜のピクルス」を参考にした。

3時間ほど常温に置き、その後、冷蔵庫に入れた。




ピーマンと卵の煮物
   
IMG_7178_20160808193157925.jpg IMG_7182.jpg 

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、適当に切ったピーマンを入れ、煮立ったら弱火にして3~4分煮て、卵2個を入れ、3~4分煮て出来上がり。
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

農業スカウト


インターネットで農業後継者募集の公募を始めて、今日で1ヶ月になるが、問い合わせはまだ一人もない。

待っているだけでは、誰も来てくれないように思った。

この冬の農閑期には農業スカウトに、7年間暮らした大阪へ行こうと思う。今年1月にも行ったが、その時は「後継者問題」はさほど切実ではなく、思い出の場所を歩いただけだった。

スペシャリスト型の葡萄農家や、施設園芸、産地形成されている野菜地区等のように、農協や行政とつながりがあって、一定の収入を上げている農家なら、45歳未満で就農する者に対し、都道府県を通じて、青年就農給付金(準備型、及び経営開始型)がもらえる場合もある。

電話で問い合わせたら、農業後継者クラブ等で研修を受けさせてもらう等の条件がそろえば、もらえる可能性もあるらしい。それには、自分の最盛期の売上実績や借りている土地の利用権設定等、自分の方の書類も整えて、岡山農業普及センターの事務局に出向く必要があるようだ。

はずかしいような売上実績だが、「あんたは稼げなかっとしても、来られる人にセンスがあって、稼げるかも知れんし、それはわからんじゃろう」という、農業仲間からの勇気づけられる言葉もあった。

ぼくはたまたま家が農家(子供の頃)だったので、追いつめられたとき農業(農業では食べていけないという意識がずっとあった)がイメージできたが、都市生活者なら農業など、想像もできない職業だろう。

野菜を細々と作り続け、高齢でできなくなったら放置して、次の世代に丸投げは、多くの農業者の行く道だが、「たとえ未熟な農業技術」といえども、27年間やっているのだから、次の人に教えれるものも少なからずある。

引き継げなかったら、してきたことの価値も半減する。


とにかく、積極的に自分の方から動かないと、新しい出会いはない。

22年前、ワンパック宅配の顧客を求めて「大阪営業」に行ったが、今度は後継者を求めて、ビッグイシューの販売先を中心に「大阪スカウト」に行く。

新卒でいわゆる「いい会社」に入れなかった大多数の人にとって、サラリーマン人生に希望や未来はない。農業にもないかも知れないが・・・。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

鯛アラでタジン鍋


80才になっても、がんがん作れる、そんな料理を作りたい。

野菜料理は時間がかかる。少なくとも1時間、長い時は2時間。

調理のスピードを上げるようにした方がうまくいく。

スピードを上げると、いつのまにか集中できている。

大儀な時は、とにかく何か一品だけ作ろうと思う。そうしたら二品めに手が動き出す。

最初から決めているのは二品ほどで、作っているうちに、三品め、四品めが頭に浮かんで来る。

常時12~15種類の野菜があるから、手が動かなくなったら、12~15種類の野菜を頭の中で反芻する。

結構、体力勝負のような面がある。1時間以上の立ち仕事だから。

大家族だった時代、6人もの夕飯を作っていた母の苦労が今になってわかる。3~4人でも重労働と思う。2人分なら極簡単。1人分だったら意欲がわかないかも。

農家だから作れる。野菜がなかったら作る気がしない・・・。




IMG_7121_20160807191134a0f.jpg IMG_7123.jpg IMG_7125.jpg   
IMG_7130.jpg IMG_7133_2016080719114045e.jpg

鯛アラは半分使い、残りは冷凍にした。洗って血のりをとり、15秒湯通しする。

タジン鍋(無水鍋)にタマネギのスライスとツルムラサキのざく切りを入れ、鯛アラを置き、四つ切りした調理用トマトを置き、オクラとピーマンを置き、胡椒で味付けし、よく煮立ったら弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。

昼に作ったので、すぐ皿にとり、少しさめてから冷蔵庫に入れた。ポン酢で食べる。



ナンキンの冷製味噌汁

IMG_7110_20160807191201cd8.jpg IMG_7112_20160807191203ccd.jpg IMG_7116_20160807191206c2a.jpg
IMG_7119_2016080719120716c.jpg
 IMG_7145.jpg 

鍋に乱切りしたナンキンと水を入れ、市販の調味料と大さじ1のメンツユを入れ、煮立ったら弱火にして5分煮て、オクラとピーマンを入れ、調理用トマトを入れ10分ほど煮てナンキンが柔らかくなったら味噌を入れ、蓋を開け、煮立たせないように2~3分煮て出来上がり。少し冷めてから冷蔵庫へ入れた。



キュウリの酢の物    
   
IMG_7114.jpg IMG_7136_201608071911082e1.jpg IMG_7147.jpg

キュウリ4本はスライサーで薄切りし、塩をふってもみ15分ほど置く。水で洗い流し(多すぎる塩分を落す)、水気をしぼりながらボールに入れる。お椀に酢大さじ2、醤油大さじ1、レモン果汁少々、蜂蜜を入れて溶き、ボールに入れる。カニ風味カマボコ2個を水で解凍してほぐしながら入れ、ミョウガ2個の粗みじん切りを入れ、混ぜて出来上がり。冷蔵庫で冷やす。
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ピーマンの佃煮風



IMG_7077.jpg IMG_7078_20160806194247428.jpg IMG_7081.jpg
IMG_7083_201608061942094ed.jpg IMG_7098_201608061941454f6.jpg

ピーマンは細切りする。チリメンは15秒湯通しする。

鍋に醤油、蜂蜜、酒、みりんを入れ、ピーマンを入れ強火で煮て、ピーマンが少ししんなりしたら弱火にしてチリメンを入れ、蓋をして5分ほど煮て、汁気が少なくなったら蓋を開け強火で汁気を飛ばすように1~2分煮て出来上がり。



焼きピーマン
  
IMG_7073_20160806194243dd2.jpg IMG_7075.jpg IMG_7100_20160806194146bfc.jpg 

バナナピーマンのヘタを切り(この時、へたをかじって辛くないかひとつずつ確認する)、半分に切って中の種をとる。

魚焼きグリルにのせ、裏表5分ずつ焼いて皿にとり、カツオブシをふり醤油で。



オクラの薄切り

IMG_7085_201608061942118fa.jpg IMG_7087.jpg

定番です。



オクラのバターポン酢炒め

IMG_7089_2016080619421432e.jpg IMG_7090.jpg IMG_7096.jpg 

熱したフライパンにバターを入れ、ヘタを切ったオクラを入れ、弱火で蓋をして4分ほど炒め、オクラが柔らかくなったら大さじ2のポン酢を入れ、強火で1分炒めて出来上がり。



塩サバ

IMG_7093.jpg IMG_7103_20160806194148af1.jpg  
   


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム