あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

沖縄愛楽園  大味栄さん



朝早く阿旦林に土を掘る音すまた堕胎児を埋めるならん




日曜は糞尿処理の日ならんか水肥担ぎの列なして行く




北風の寒き広場に新任の園長の抱負聞かんと並ぶ




風呂釜で消し炭つくる妻の姿見えぬわが目に淋しくうつる




蟹をとる友らの声の騒がしく見えぬ目に仕草が映る




米国の盲人協会の寄付による盲導スピーカー道道に鳴る




新しくござを取り換える備後は我の古里のもの




取り換えし畳の部屋の心地良く備後の香りに郷愁誘う




プロミンの注射時間の鐘鳴れば道行く人の足音早く




選挙に代筆もならず盲ひ我一票生かさんと幾度も書き習ふ




死後までも癩者は癩と我が村は焼き豆を棺に入れる風習あると言ふ




慰問団にまざりて来るおば達が我を確かめ唯泣き崩る




二時までは茶を飲みあひし僚友三時には不発弾はぜて爆死体となる




巻き煙草三つに切りてキセルに喫ふ援護金のみの我の経済




一人あて十セントづつ出し合ひて我が短歌会の一周年を祝ふ



大味栄さんの略歴
大正4年沖縄県山原の大工の子に生まれる。高等科1年のとき父が急死、1年後には母も死亡。15歳で両親を失うも兄の支えで高等科卒業。伯父の持ち船である山原ー那覇間の運搬船で2年ほど働き、兄たちとともに大工になる。昭和18年2月12日軍医の診断で沖縄愛楽園入園。療養所の建築の第一陣を受け持つ。昭和25年ごろには視力が極度に減退、自暴自棄に陥ったが療友や松田ナミ医師の励ましでキリスト教に入信。昭和30年頃「杖の会」「短歌会」「琉歌会」を結成。昭和46年妻を失い作歌を中断。昭和50年頃から再び作歌を始める。「樹木」「アララギ」所属。『陸の中の島』(1956年)『蘇鉄の実』(1965年)『地の上』(1980年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

菊池恵楓園  市里武雄さん



病室に燕入り来ぬ老人はよきことあると喜べるかも




かすかなる望みを捨てず今日も亦痛む注射の痕さすり居り




健けき頃の夢みて目覚めたる夜更けさみしも友の咳する




薬紙に字など書きつつ看護居の侘しき心紛らしにけり




何となく寂しき夜かなペンとりて紙いっぱいに字を書き乱す




眼の前に動かす指のかすかにも見えたる日こそ嬉しかりけり




拡大鏡たのみて書けば一枚の葉書を書きて疲れけるかも




いとはるる吾の病のことごとに関はるうから思へばさびし




声をあげ吾は泣かねど神経の痛める足は置きどころなし




夢を見ることが楽しと言ひたりし盲目の言葉我はうべなふ




枕辺にかねては来ざる人も来ぬただならぬらし我の病は




寝ながらに虫の音を聞く楽しさもわれは盲ひてより知りにける




折折に盲目の我らより合へど忽ちにして話題は尽きぬ


市里武雄(武朗)さんの略歴
明治43年山口県の農家に生まれる。大正6年小学校に入学、間もなく発病。途中休学しながら14歳で卒業。大正13年回春病院入院。17歳でキリスト教に入信。「熊本歌話会」「アララギ」入会。昭和13年咽喉狭さくで呼吸困難となり絶命、享年29。『ゆうかり』(昭和5年)『市里武雄歌集』『三つの門』(昭和45年)


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

すき焼き



IMG_3103.jpg
 IMG_3105.jpg IMG_3109.jpg
IMG_3113.jpg

シイタケを何に使おうか考えていたらすき焼きになった。フライパンにだし汁を入れ、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、煮立ったらシイタケを入れ弱火で5分ほど煮て、具材のネギ、ワケギ、タマネギ、ナバナ、豆腐を入れ、15秒湯通しした牛肉100グラムを入れ、中火で蓋をして5分ほど煮て混ぜ、水分がなかったので出し汁を追加して4分ほど煮て、火を消して余熱4分ほどで出来上がり。



ヤーコンの甘酢漬け

IMG_3094.jpg IMG_3097.jpg IMG_3100.jpg

先に甘酢(だし汁180CC+酢120CC+砂糖50gを溶かし、生姜1片をすりおろす)を作る。

ヤーコンの皮をむいて1センチほどの厚さに切り、熱湯で1分半ほど茹でて冷水にとり、瓶に入れ、冷めた甘酢を注ぐと出来上がり。



蜂仲間が早くも分蜂をゲット


まだ3月なのに、蜂仲間が早くも第一分蜂をゲットした。うちから30分ほどで、当地より少し気温の低い地域にある。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

栗生楽泉園  古川時夫さん



カニューレをはめいるわれは喋らんと友等の声の静まり待ちぬ




唇のよく合わさらぬ口の中に冬のつむじ風の砂が吹きこむ




ゴールデンウイークはいまいまし気管治療を今日もなされず




順調に治療すすみてカニューレが十五年ぶりに取れるかも知れぬ




二十八度の手術うけたるわが咽喉も癒ゆることなく年暮れんとす




塞ぐよと声をかけくれて先生はわれの気管を縫いはじめたり




わが咽喉に十七年間使用せしカニューレのかず百を越すらん




盲人将棋われもようやく覚えきてこの頃駒の重ね打ちせず




部屋隅に友の亡骸安置して通夜はじまるをわれら待ちおり




祭壇の十字架に名を記すとき友の本名はじめて知りぬ




雪混る風に真向い探りつつ盲導鈴ひびく坂を登りぬ




桜桃の熟しておらんふるさとの会津に似たる風の匂い来




配分する品に番号の札をつく盲人一九三名に届きたる服




幾年も充員運動続けおるにわれらのたのむ医師は去りゆく




八百の入園者がいるわが園に七つの宗教と六つの教堂




盲いわれ七つの花の鉢守りて高原の冬ようやく越しぬ




蕗の薹は咽喉に効くよとともどもに咽喉痛みし友は摘みきてくれぬ


古川時夫さんの過去記事


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

星塚敬愛園  長門房子さん



盲ひたる我に代りて看護助手の花供へくるる父母の写真に




日ごと日ごと六畳の部屋を廻り歩き病みて細れる足をきたふる




幼児にはかせる如く看護婦のなえし我が足に靴はかせくるる




逢ひに来し姉の顔の見えざれば懐しき声を耳澄まし聞く




二十四年ぶり面会にきし姉の声テープにとりしをくり返し聞く




拡大鏡で姉の便りを読みくるる共に病む叔父盲の吾に




業と言ひ腰の痛みに耐へてゐる隣の姥に涙湧きくる




幼なかりし姉とわれとを置きて逝きし母の心をおもふ年老いて




いつの間に傷のできしか両の手より血の流れゐて着物汚しぬ


長門房子さんの略歴
大正12年生まれ。昭和14年星塚敬愛園入園。所属なし。『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん



さみだれに打たせて傘をつらね来る女子大生の笑まひ明るく




いのちありて今年も聞けりひそかなる昼に筍の皮をぬぐ音
(当方の孟宗竹の筍は今年もイノシシに掘り返され、口に入るのはせいぜい2~3本か、もしくは皆無か)




まなうらに浮びてさびし亡びたるわが家の跡の赤きほほづき




この小さき島に籠らひ病みをれど青く展けし海をもつ窓




徳重と名を改むる三度目の君が余生はしづかにあれよ




こもり居の窓も明るむ如月の海へ押し出す若布とる船




友を焼く重油の煙ながれくる春の疾風に低く乱れて




の辺にねそべりて本を読みもらふかかる安けき刻の過ぐるな




ぎりぎりの訴へをする著名書に拇印を捺さむ指ひとつなく




園長と卓を囲みて茶をすする背後に疼く六十年の過去




茫茫と坐る盲の眼にしみて太古につづく海の落日


萩原 澄さんの過去記事


萩原 澄さんの記事は過去に5回更新しています。どれもすばらしい。妻の林みち子さんの記事も3回更新しています。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ジャガイモとベーコンの蒸し煮



IMG_3039.jpg
 IMG_3045.jpg 

巣箱の周囲を囲んでいた寒さ避けの段ボールを取り除き、春の装いにした。これは昨年、採蜜をしなかった5段重ねの巣箱で、4月10日前後に第一分蜂があるだろう。



IMG_3043.jpg 

サクランボの開花はたった5日ほどで終わり、今度はそのそばにあるスモモが八分咲きになっているが、まだ蜜蜂は来ていない。


  
IMG_3059.jpg IMG_3060.jpg

これは去年の9月20日に最上段の一箱を採蜜した、山の4段重ねの巣箱であり、これもダンボールを取り除き、春の装いにした。右の画像のように近くに待ち受け箱を5つ設置して、分蜂群の入居を待っている。



IMG_3067.jpg IMG_3070.jpg

分蜂群を呼び寄せるキンリョウヘンはやっと花芽が伸びてきた(画像が鮮明でないが)。分蜂の入居探しの「探索蜂」が動き始めるであろう4月5日頃の開花は難しいが、4月10日頃には開花が始まるだろう。

蜂仲間の農業ハウスに置かせてもらっている4鉢(2月21日に移動)は4月5日頃には開花するだろう。





ジャガイモとベーコンの蒸し煮

IMG_3072.jpg IMG_3077.jpg IMG_3078.jpg
IMG_3081.jpg

熱した無水鍋(2分ほど強火で空炊き)に大さじ1のオリーブ油を入れ、小さ目に乱切りしたジャガイモを入れ、ベーコン1連を切って入れ、風味付けに月桂樹とローズマリーを置き、極弱火で30分、火を消して余熱5分で蓋を開け、ハーブは捨て、大さじ1のオイスターソースと醤油で味付けし、イタリアンパセリのみじん切りと粉チーズをふって混ぜると出来上がり。

イタリアンパセリは4月中旬頃に播くと6月末頃から翌年4月上旬頃まで収穫が続き、まもなく「塔立ち」して終る。立ち枯れ病(青枯れ病)が多く、30株定植して、現在も残っているのは10株。



芋飯

IMG_3075.jpg IMG_3084.jpg IMG_3086.jpg

3合の米を洗って、50CCの酒と塩を一つまみ入れ、3合の水加減でセットすると炊き上がる。

通常は6合炊くが、芋飯はその半分の3合にしないと、うまく炊けない。炊き込みご飯は炊飯器より無水鍋を使った方がおいしい。



ゆで卵

  
IMG_3091.jpg IMG_3093.jpg  



今日は種まきびよりだった。小松菜、春大根、ニンジンの種を播いた。小松菜は2週間後にもう1回蒔く。

4月18日頃、電熱温床で、エンサイ、ツルムラサキ、モロヘイヤ、スイートバジル、オクラを蒔く。

購入する苗は、ナスビ、ピーマン、トマト、キュウリ(第1回目)、ナンキン類(病気が多いので今年から育苗を止め、多品種を植える)、ゴーヤ、スイカ。 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

長島愛生園  中原 純さん



涙腺がゆるみて涙ふくゆゑに病みて一つの癖となりたり




十年をあらそひ生きし如くにて古き患者と今は呼ばれぬ




十年を生き凌ぎきて残党に似たる思ひに机にをりぬ




古き患者と人に呼ばれる一人にてへらへらと笑むこの寂しさや




5CCの液体が静脈に吸はれゆくこんなに率直にプロミンを信じ




病む吾ら陰惨のみを歌にする常にかくまでは思ひたくなし




隔離より治癩の段階に入りたれば淡あはとして保てり今日も




長く住めば小さき諍ひも吾らにあり顔までうづめ寝る友を見る




年とれば寂しくなると言ふ母の古き手紙を引出しに持つ




君もまた不自由舎を希望し移るとき口ごもり吾に涙見せしよ


中原 純さんの略歴
大正8年生まれ。昭和14年9月27日長島愛生園入園。「水甕」所属。『青磁』(昭和26年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

奄美和光園  島 立神さん



ひと月分のキザミとバットを購へばいくばくも残らぬ作業賞与金




失明のきざしにおびえつ耐えゆかん癩病み古りし己が余生を




建築費二十万円の四畳半がわれら夫婦の生涯の部屋




わが薬購うために村村を子豚を売りし亡父ぞしのばる




ハンカチで鼻を覆てる参観人そんなに癩は伝染らないですよ




手の自由奪われし妻のボタンはめ髪を梳くのも馴れしこの頃




手の悪き友は吾が手をうらやみ吾は君の目がうらやまし




いつの間に斯くもみにくく曲りしか指紋も失せし指となりたり


島 立神さんの略歴
大正5年生まれ。昭和11年星塚敬愛園入園。23年奄美和光園転園。所属なし。『陸の中の島』(1956年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  静森鵑子郎さん



三日月のとがる夜空や仰ぎみて身を置く方の終にあらぬを




からうじて曲れる指に持つ針のをみなぞ哀しつつましく縫ふ




学帽の古りしかむり明日よりは院の作業に従う子等か




淋しさに堪へ難き日は手文庫の古き写真を出してもの言ふ




われひとり見るには惜しき鉢の花一と日は友の枕辺に置く




薪を挽く鋸がしばしば陽に光り六月の海よ平らなりけり




手花火を焚く少女らの手もとより盆の宵やみほぐるるらしも




癩われに死ねといどみし父もまた
一生ひとよ寂しき人にありけむ


静森鵑子郎さんの略歴
『白砂集』(昭和15年)に出詠。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

鯛のアラ煮


IMG_3006.jpg IMG_3012.jpg IMG_3018.jpg
IMG_3020.jpg IMG_3023.jpg IMG_3034.jpg

熱した無水鍋に、醤油、砂糖、酒、みりんを入れ、生姜1片をすりおろし、出し汁を大さじ3入れ、よく煮立ったら、乱切りしたニンジン、サトイモ、キクイモ、シイタケを入れ、15秒湯通しした鯛アラを置き、極弱火で30分、火を消して余熱5分で蓋を開け、アラを崩さないように混ぜて出来上がり。

野菜の上に置いたアラは、醤油等にふれておらず、単に蒸しただけの状態だがおいしい。下の根菜は鯛アラのダシが出ている。蒸し料理は冷めてもおいしい。「鯛のアラ炊き」「ぶりのアラ煮」を参考にした。



ナバナのおひたし

IMG_3003.jpg IMG_3008.jpg  

茎の太い所と葉は時間差をつけて茹で、冷水にとり、水気をよくしぼる。



ワケギの酢味噌
  
IMG_3025.jpg IMG_3027.jpg IMG_3030.jpg      
IMG_3032.jpg

ワケギはざく切り(根元の太い所は縦に半割)して1分半ほどゆでて冷水にとり、水気をしぼりながらボールに入れる。小魚は15秒湯通ししてボールに入れる。酢味噌(酢、味噌、砂糖)を入れ、みじん切りしたシシウド(山ウド)をふって混ぜると出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

東北新生園  佐藤つや子さん



両の手をのべて手さぐる我が態を母には一生見せたくはなし




網棚の荷物となりし父の骨母へ土産のリンゴとならぶ




冬近ききざししるけく降る雨に無花果の葉の音たてて散る




逝きにける三人の友と共に寝し蚊張を今年も探りつつ吊る




幾度か射ちそこねつつ今日も又癒ゆるあてなきプロミンを射つ




癩を病む父にはついに告げざりき登校の道にてさげすまれしは




小石にも躓き易き嘆きさえ率直に笑める盲となりぬ




暗きまで茂る松林通りぬけ白塗りの患者留置場を見き




流れ出る汗に失せゆく引き眉のわがみじめなるさまを夢みし




わが体の一部を見られ居る如く杖のいたみを調べてもらう




長らえて居たしと切に願わねど今日死にてよしと思う日もなし


佐藤つや子さんの略歴
大正12年岩手県生まれ。昭和15年東北新生園入園。「戸伊摩短歌会」所属。『陸の中の島』(1956年)『うもれ木』(昭和34年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

菊池恵楓園  北村愛子さん



「学校は好き」とアナウンサーに答へる新入児童へ通学拒否など知らせたくない




通学を拒ばまれゐるのも知らぬらしランドセル背おひゆく新入生四人




はるばると七年振りに来るといふ父を夫とつつましく待つ




らいを病む吾がゐることも打明けて婚約したりといふ妹は




夫の先妻が夫おもふ手紙たへがたし青き陸稲畑に向ひゐつ




叫びたき思ひに堪へて雲に向ふかくして病む身守り生き来ぬ




七年振りに逢ひ見し父は言葉なく痲痺せし吾が手労りて泣く




わが夫に先妻よりけふ手紙来れば病み臥す床に心乱るる




癩病むと知られ乗船こばまれし青島の埠頭記憶より去らず




痲痺したる手にてはタオルも絞り得ず雫たるるまま窓辺に干しぬ




産むことは許されぬ園と知りながらクリスチャンの君堕胎をこばむ




日溜りに集れば戦争をなつかしむ声となり夫はひそかに立ちゆく




ニユギニヤに生き残りし連隊百八名その中の一人ぞ癩病む夫は


北村愛子さんの略歴
10歳で母と死別。父の出征の間、叔母の元でデパートに勤めながら生活。健康診断で病気が判明。復員した父の元で療養するうち病状悪化、昭和19年菊池恵楓園に入園。昭和28年結婚。29年結核発病。作歌を始める。『陸の中の島』(1956年)『海雪』(昭和35年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

大島青松園  小見山和夫さん



病みくゆる一世虚しく思ほへば吾を産みませし母を悲しむ




ふくる夜は浴室に映す我が裸形さぶしと見つつ男なりけり




不自由室に行くべくなりて思ほへばひそけかるなり芽ぶく球根




うらわかく死にけるゆゑに哀れがるおほよその人を我はにくめる




らい患者を強制収容すべしと叫ぶ光田健輔に文化勲章あり





病む吾等覗かれてをり人間のもっとも嫌な眼の色と思ふ




うつそみの人なる我に心眼を開けとぞ言ふむごき言葉なり




小包のなかより出でし鈴ひとつ畳に転げ清き音たつ




我が義足春泥を蹴りて歩みつつ力はひとり内より発す




人間の科学宇宙へ宇宙へと伸び地の一隅に癩やみはあり


小見山和夫さんの過去記事



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ダイコンとシイタケの蒸し煮



 IMG_2985.jpg IMG_2990.jpg IMG_2996.jpg 
 IMG_3002.jpg 

熱した無水鍋に大さじ1のオリーブ油を入れ、ダイコンの輪切りと、シイタケのスライス、フキノトウを入れ、極弱火で30分、火を消して余熱5分で蓋を開け、大さじ3のポン酢をまわしかけ、裏返して強火で1分ほどからめて出来上がり。

フキノトウは焦げたのではなく、熱を加えたので黒ずんだ。旬の風味がおいしい。ダイコンの季節は間もなく終わる。



タマネギとベーコンの炒め物

IMG_2988.jpg IMG_2999.jpg

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク1片の薄切り、ベーコン1連の細切り、タマネギのスライスの順に炒め、大さじ1のオイスターソースと醤油で味付けして出来上がり。皿にとってシシウドのみじん切りをふった。




ポン酢作り

IMG_2993.jpg 

醤油70CC+酢50CC+みりん30CC+出し汁25CC+レモン果汁25CC=200CC(1カップ)のポン酢の出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

沖縄愛楽園  小島住男さん



遅れじと急ぎ行く我の杖落しまさぐり拾ふ日溜りの中




盲目の女新患訪ひ行けば嬉し気に語る盲ひ我らに




探り来てやうやく口もて解きたれど包紙の薬は畳にこぼしぬ




汗ばみし額に口づけ熱を見る療友ともの仕草に瞼うるみぬ




鉛筆を手に結びつけ媼懸命に習ひをり投票日迫りて




盲導鈴の音のとだへて迷ひしが木犀の香に位置を示さる




癩故に職を追はれて無免許で人力車夫せし頃を偲びつ




人力車夫で稼ぎし金を受け取りて涙せる母の姿浮びく




古里を追はれし如く来し園にキリストの教へを受けて安らぐ


小島住男(住夫)さんの略歴
明治41年沖縄県首里市生まれ。大阪で働いていた23歳のとき母に首里に呼び戻され結婚。結婚後1ヶ月足らずで兆候が現れ離婚。治療費のため家屋敷を失い那覇のいとこを頼る。無免許の人力車夫をやっていたが、昭和12、3年沖縄愛楽園入園。薪割りをしていたとき右の目に破片が飛んでそれが元で次第に視力を失う。昭和15年失明。戦後、井藤道子の指導で短歌を始める。「樹木」所属。『蘇鉄の実』(1965年)『三つの門』(昭和45年)『地の上』(1980年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

神山復生病院  坂田泡光さん



大演習近づきぬれば癩院は厳しき監視のなかにあるべし




咽喉を穿ち救はれしいのち呼吸管より嗄れし笑みをかそかに洩らす




日に三枚越えぬ消費を限度とし塵紙が癩者に支給されたり




痺れたる唇をもてやうやくに息をころして薬包紙解く




幾度も匙落としては食む飯の十匙が程に汗は流れぬ




窓際を手探りしつつゆくわれに冬日の匂ひがあたたかくする




数十歩の湯槽の距離をゐざりゆく盲ひわが今の喜びにして




かなしくも離ればなれに義眼二つしづもりて居り洗面器の中




手萎えわが幸とせむ歯を使ひ録音ボタン押せるだけでも


坂田泡光さんの略歴
大正6年生まれ。昭和8年神山復生病院入院。「短歌人会」所属。『陸の中の島』(1956年)『未明の鳥』(昭和33年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

栗生楽泉園  笹川佐之さん



六角なすおだまきの蕾食ひてみれば裸で春にふるる味合い




癩園に捨て行かれたる女童が無常なる父の行為かばふ




医師の忠言拒みて重症の我等六人悪法阻止のハンストに入る




ハンストの是非は後で考へます今我にできるのはこれしかないのだ




座り込みする天幕の中に姉がうつ点筆の紙きる音がするどし




衰へし足かばひつつ草の香の沁みたる高野盲ひ我が行く




苦しみてつづけゐる点字の舌読を共産主義者の故と言はれぬ




生きるから時に醜くこびを言ふ冬の西日に霜柱溶ける




疑念なく物見る言葉聞きゐつつ手のりんどうをちぎりて捨てぬ




言いきれて物疑わぬこの友の年に我はまなこ盲ひぬ




危険の札さげられ遠く来し嫗の癩園につきてくつろぐあはれ




力もて隔離されいし日を思ひ武力で保つ平和はうそだ




原爆の被害者の辿る道思ふ癩末期のわが顔に似るときき




匂ひなき切昆布の煮付食みいつつ飼はれて果てん生命思ひぬ




コスモスの葉を分けひそみゐる蕾舌にふれつつ悲しくなりぬ




自らの知覚に学びうる幸の残されてゐし癩盲の舌に




心打つもののみ舌に我が読まむ痲痺及ぶ日のさけがたければ




舌読にほてりし舌を犬の如垂らして夜気にふれしめており




痲痺の手の点筆の角度を舌先に確めながら歌稿書きゆく




癩の盲両腕に支へ歩みゐし荒垣先生と聞けばこだはる


笹川佐之さんの過去記事

浅井あい金夏日らと点字舌読を最初に実行し、その後、舌読は全国の療園に広がったと言われるあなただったのに、昭和33年で突然人生を終えられた。
もっともっと、あなたの短歌を読ませてもらいたかった。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

最近の物価高はなんだ



IMG_2966.jpg IMG_2973.jpg IMG_2972.jpg
IMG_2976.jpg IMG_2977.jpg

熱した無水鍋に大さじ1のオリーブ油を入れ、乱切りしたサトイモとシイタケを入れ、極弱火で30分、火を消して余熱5分で蓋を開け、生姜醤油にヤーコンの甘酢を少し加えたタレをかけ、強火で1分からめて出来上がり。



ワケギの酢味噌

IMG_2967.jpg IMG_2970.jpg IMG_2980.jpg  
IMG_2981.jpg 

ワケギをざく切りして1分半ほど茹でて冷水にとり、水気をしぼりながらボールに入れる、15秒湯通しした小魚を加え、シシウドのみじん切りを入れ、酢味噌(酢、味噌、砂糖)で和えると出来上がり。



最近の物価上昇は一体どうなっているんだ!

最近、物価がどんどん上がっている。タキイ種苗の通信販売のタネ代が3割ほど値上がりし、今まで430円だったインゲンがこの春から540円に値上がりといった具合である。スーパーの価格も軒並み上り、農業資材を買っているコメリでも今まで228円だった軍手が30円上がって258円になっている。

こんなに急激に物価高になったのは、あまり記憶にない。しわ寄せは真っ先に底辺に来る。4月の統一地方選でこの思いを反映させる必要がある。ろくでもない政権と常々思っている。

   


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

大島青松園  斎木 創さん



痛きまで人に愛され愛すといふ覚えなきまま病重りゐつ




年に一度癩院の外ゆく船の旅みなぎる照りの何ぞ
うつしき




健やかな人ら住みゐる街のさま船よせて吾らひそかに見つむ




乳呑児に生き別れ来しこと云ひ出で女まさしく酔ひみだれをり




空気銃まどの近くにうちし音ひるのまぼろしをつき崩したり




看護婦の手くぼひそかにみつめゐて稚き羞恥ふとよぎりたり




ひっそりと脈とられゐて看護婦の手窪なんとなく艶めく日あり




呵責なく引ずられゆきしここにして今はみ歌の碑が建ちてゐる





小部屋への希望容れられずに火葬場と解剖棟が建ち
わるなり




病みすじと幼児いたぶられ早死にし弟妹化けこよ逢魔が時ぞ




防着辞しマスクもされず患者区に殿下参られみんな驚く




宮殿下ジョーク巧みに病むわれら大笑いさせきつい昨夏なりしに




手を握り胸さわらしめ頬ずりて馳せ帰りたり小悪魔めく




生き動くわれ映りおり盲い以後まみえ会えるは夢鏡のみ



斎木創さんの略歴
大正3年岡山県生まれ。昭和3年発病により旧制中学校3年で中退。昭和9年大島青松園入園。入園以来諸誌で歌を学び、「心の花」の他に地方誌に作品を発表。昭和13年「新万葉集」に一首掲載。昭和26年「花宴」入会、32年「第一回花宴賞」受賞。第二回角川短歌賞候補。昭和59年失明。昭和61年「歌林の会」入会。平成7年没。「龍」同人。『稜線』(昭和27年)『澪』(昭和29年)『陸の中の島』(1956年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)歌集『海のこだま』(平成1年)遺稿集『斎木創歌集・角川書店』(平成9年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

東北新生園  小泉たき さん



病み果てて吾に粧ふすべもなし手箱にパフの淡く匂へど




生きながら朽ちゆく吾身侘しめり貝殻に似し爪はさみつつ




サルビアの紅きも潔し病みつぎて狭き視野にも今は馴れつつ




病む吾の子を持たぬまま萎えてゆく両の乳房の淡きぬくもり




崩れんとする悲しみを支え来し夕べ音なく草に降る雨




花既に萎えしひまわり立ち呆けて安らう如し地に落つる影




この道を幾たび目にかわれも行かむ友の柩を送る山道




かくまでの根気をすべてに欲しと思ふ萎えたる指に針運ぶ時




子もなくて甥に書き替ふるわが土地ぞ押したる印の朱が目に沁む




かかはりの今は何もなき故里に千切れし雲がまた一つゆく


小泉たき(桜糀うめ)さんの略歴
大正7年生まれ。昭和16年東北新生園入園。所属なし。平成17年10月23日没。『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)『陸の中の島』(1956年)『うもれ木』(昭和34年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

多摩全生園  伊藤 繁さん



ま昼まの室静かなりこもろひて庭木に来鳴くひよの声きく




夕まけて小雨降り来し庭のすみ咲きて久しき萩のこぼるる




妹の送り呉れたる金をもて吾は取るなり国民文学




人恋ひてたたずみ居ればこの垣の夕顔しるく香に立ちにけり




うつそみは眼をわづらひて打見はる書の面にゆらげり活字




手術室に置かれし一つ置時計音してきざむ手術の刻を




眼科焼灼手術
開かれし眼に迫りくる赤き火をまたたきあへず吾見てゐたり




蚕飼して名に知られたる故里の冬の信濃に妹帰りけり




黒髪の匂ひを恋ふる魂あはれ深夜の床にひとり目覚し




3月25日長島愛生園に兄の黒川行く
兄上と親しむことも今宵限りと我の思ひはきはまりにけり




うら萌えの新草ぬらし降る雨の音のしたしき春となりたり




かなかなの声涼やかにかなかなと風吹き入りぬ窓の外より




絶詠
ちちのみのなしし所業憎みたれ血分けし父ぞ恋しかりける




絶詠
灯の下に落ちたる虫の時過ぎて床に翅すりそこら這ひ廻る




身に一つ纏ふものなく生れし日にかへる思ひの吾にありけり



伊東繁(伊藤繁)さんの略歴
全生病院。昭和3年から作歌を始める。「国民文学」社友。「黒川眸」を兄と慕う。昭和6年8月23歳で夭折。『東雲のまぶた』(昭和5年)『歌集しげる』(昭和6年)は歌友(鈴木数吉)がその夭折をいたんで孔版印刷で作ったもの。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

煮豆をカレーに

 

IMG_2941.jpg IMG_2942.jpg

昨日のナバナのおひたしの残りと魚ソーセージを乱切りして炒め、半分はカレーに使い、残り半分はニンニク醤油で味付けした。



大豆の煮豆→カレー

IMG_2947.jpg IMG_2958.jpg IMG_2961.jpg

昨日のダイズの煮豆に、ルーを1個と上の炒め物を入れ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮て出来上がり。

大豆の煮豆はしばしば作るのに、初めて、カレーにリメイクが思い浮かんだ。食べる前からおいしいだろうと思った。煮豆はカレーと相性がいい。ポークビーンズのようだった。

けんちん汁も同様、肉類が入ってなくても、おいしいカレーになる。



出し汁作り

    
IMG_2950.jpg IMG_2953.jpg IMG_2957.jpg

5時間ほど水に浸した干しシイタケ、煮干し、昆布を中火にかけ、煮立ったら弱火にして削り節を入れ5分ほど煮出し、出し殻をすべて取り出し、再沸騰させてアクをとると出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

東北新生園  今野新子さん



新しき下駄の鼻緒の目じるしに結びし小布手探りてみる




記憶せる文章なれば指先に潰れし点字もなめらかに読む




面会よと告げられたれば身づくろう手ももどかしく帯を結びぬ




吾の背を洗いくれたる補導婦の掌は荒れいたり農婦のごとく




手のひらに固きたこあり二十余年杖握りたるそのしるしにて




寝苦しき夜半に詠みしをメモすべく点字を打てば音のするどし




ようやくに打ち終わりたる点字文読み返す指に誤字をさぐりぬ




見えし時のしぐさのままに包丁を磨きつつおれば心足えり




隠れ病む吾にてあればアンケートにためらいながら本名を書く




息つまる思いにて聞く言語障害の少年の読む文集録音




見えし時もとめし羽織ひろげつつ柄の記憶のうすれしを思う




生甲斐は何かと問われしばらくを黙しておりぬ長病むわれは



今野新子さんの略歴
大正5年生まれ。昭和15年東北新生園入園。「戸伊摩短歌会」所属。『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

多摩全生園  桜戸丈司さん



足るを知るこころをねがふひと鉢のまつばぼたんに水注ぎつつ




いづくにか夜半の二時打つ鳩時計口添えて指の繃帯巻き直す




園長の懲戒検束権に苦しみし昔を涙し語るを聞きぬ




一生ひとよ
の隔離も民族浄化のため耐へて死に行きし生命いく千




父に抱かれ庭に遊びし淡淡し一つの記憶
一生ひとよ恋はむかも




オルガンに向ふは十年ぶりにして萎えたる指をさびしみにけり




人間復帰の命を惜しみ生くる園に知らぬ間に国警監房の工事始まる




座敷豚と罵られつつ人権も認められず過ぎ来し四十年




ありありと眼開きてピアノ弾きし夢さめてうつつの思ひ儚く




ピアニストになり得ざりしもみ摂理とし知覚にぶき指にヨブ記を読む




木の芽匂ふ春の嵐の吹きしきて埃はまぶた閉ぢぬ目に入る




少年のある夜母と仰ぎし一つ星永遠なる光母を恋はしむ




窓閉ざし指読する部屋に匂ひつつザボンの皮の煮ゆるたのしも




苦しむためのいのちなりともおろそかならず夕光に返り咲きし沈丁花匂ふ


桜戸(桜井)丈司さんの略歴
1908年3月新潟生まれ。15歳で発病。草津の聖バルナバ病院に入院。コンウォール・リーの感化でキリスト教に入信。1923年4月20日受洗。霊名ダビデ。1932年11月一夜にして失明。点字を習い短歌を学ぶ。1936年「アララギ」入会。土屋文明に師事。1941年聖バルナバ病院解散、多摩全生園に移る。昭和61年没。『高原歌集』(昭和12年)『陸の中の島』(1956年)『輪唱』(昭和34年)『棕櫚の花咲く窓』(昭和40年)『三つの門』(昭和45年)『開かれた門』(昭和53年)『青葉の森』(昭和60年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

栗生楽泉園  笹川佐之さん



渡り職の炭やきの子吾も癩園に住みて歌など作りはじめぬ




生きる悩み病む苦しみのことは言はず君はわい談しヒステリックに笑ふ




点字の本希望者は事務所までと言ふ放送に痲痺の手をさすりみる




何による欲心なるかいらいらと凍てたる道の凹凸を来ぬ




夜のしじまに音立てて下水流れをり思ひしずめむと来し道の辺に




桜の枝痲痺の手にたわめ蕾と花を口に含みぬ盲の我は




針仕事していし姉が唐突に面会に来ぬ父をなじるがに言ふ




六月五日朝降る雨の中を友等に歌会の場所伝へ廻る




朝な朝な咲く朝顔の数姉に聞きつつ記憶している




探り杖痲痺の指伸ばし握らせて春の吹雪に出で行かむとす




谷合ひの村に降りゆき取り来しと蕗のとう四つ五郎君がくれぬ




味噌汁の味変る程蕗のとう浮かしし飲みて足らふ思ひか




点の数調べつつ一字を舌に読み言葉となれば声に出して読む




世にうとき盲の我の日日を想ひ雑誌「平和」読む会に入りぬ



笹川佐之さんの過去記事



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

ダイズの煮豆



IMG_2906.jpg
 IMG_2908.jpg 
IMG_2910.jpg IMG_2928.jpg IMG_2937.jpg 

青大豆は一晩、水に浸しておき、ニンジンとヤーコンは小さく角切りし、シイタケも小さく切る。

圧力鍋に戻し水ごと大豆を入れ、戻し水を少し減らし、ニンジン、ヤーコン、シイタケを入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、ゴマ油を数滴入れ、最後に出し汁を入れながら目分量で水加減を調整し、強火でおもりが回り始めたら極弱火にして20分、火を消してそのまま放置して出来上がり。3日間で食べ終える。





炊き込みご飯

IMG_2912.jpg IMG_2914.jpg IMG_2916.jpg
IMG_2918.jpg   

3合の米を洗って無水鍋に入れ、2カップの水、1カップのだし汁、酒と醤油を各50CC、残りの水を半カップ(合計水分量は4カップ)入れて混ぜる。

具材は、サトイモ、ニンジン、キクイモ、シイタケ、山芋の子(むかご)を適当な大きさに切って入れ(具材は混ぜない)、7分ほどで煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱(蒸らし)30分で蓋を開け、さっくり混ぜて炊飯器に移して保温する。

キノコの炊き込みご飯」を参考にしている。



ナバナのおひたし

IMG_2922.jpg IMG_2930.jpg   

定番です。



ネギ卵

IMG_2923.jpg IMG_2926.jpg IMG_2934.jpg

ボールに卵3個を溶き、砂糖と醤油で味付けし、熱したフライパンに少し油を入れて流し入れ、小口切りしたネギをふり、蓋をして極弱火で4分ほど焼き、表面が乾いたら巻くと崩れない。火を消して余熱2~3分で出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

栗生楽泉園  沢田五郎さん



桜の枝にあるかなきかの冬芽なりそっと噛んで見る奥深き生命




女中にて姉が得し金せびりたり父は貧しくわれら幼く




腕を組み戦列に伴う君らなくば孤独のらい者にてあるいは果てんか




手を曳いてくれ顔に噴く汗は拭いてくれ明日を開く友らの暖かきこと




ペンを咥えて字を書く君と知らざりきその字さげすみしこともありけり(「新堂ひろし歌集」を読む)




心楽しく縊られよという説の裏打ちに使われてありハンセン氏病の位置




父が付けし名を変え隠れ病みいたる兄はその名を戸籍名にする




かけがえなき生命さし出し償なわねば消えざる罪か草川たかし




罪なきに罪ある如く在るらいを文に嘆きし囚徒なりけり




明日処刑告げられて詠みし君が歌読みすすむ時時間停止す




(高橋あきと結婚)
幾年ぶり猛り来し男の心かもその荒荒しさを愛しむわれは




待ちわびし春とも遅すぎた相聞とも淡淡と痲痺の手重ねあう




病癒えて兄は印刷屋開きおり兄嫁は庭に菜をきざみおり




地の果てにか細く住めり時過ぎてらい者の列は公衆の前を


沢田五郎さんの過去記事



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

長島愛生園  芝山輝夫さん



ひまわりの黄に輝ける此の真昼汗出でぬ身の火照りに苦しむ




遺骸なきがらの運ばれゆきしベッドにはまだ新し義足残れる




死にゆきし人の金もて供物買ふ侘しき慣いの相談を受く




ひさびさに届きし義姉の便りには破談となりし姪のことのみ




義肢に擦れ傷みしズボンたたみをり一日終れば終る哀しみ




カーテンを開きて人の動く窓二月の光あたたかく差す




倖せなる未来よあれよ椅子車あやつる少女の胸ふくらめる




療園に終る一生は詮なけれ呼ばれてみたき父といふこゑ




癩園に二代勤むる職員をわれは知りをり長く病みきて




療園といへど生活に差のありて支持党異なる看板が立つ




長病みて崩えたるわれに被爆かと問はれうなづく奈良の旅路に


芝山輝夫さんの過去記事


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

多摩全生園  山岡 響さん



暁のまどろみに見し寸劇の夢に黙して亡き友居りし




十年の個室の暮し看取りくるる世代は移り声若やげり




わが庭に赤きアメリカ芙蓉咲きめしひ寮舎は昼の安静




今朝咲ける芙蓉に指頭触れてをり傷をもたざる薄き花弁




火の匂ひのどに静かに広がれりこの焼き茄子は友の手づくり




わが歌集手にまさぐりて一人居りさびさびと紙の匂ひ立ちくる




東京タワーの店に求めし皮の財布音のよき鈴選びて結ぶ




口述のペンの動きを耳に追ふ筆跡美しき人と聞きにし




元旦に生きの証のうたを詠む生かされてこし一人の生の




一人居の部屋にいのちの息を吐きうた詠む我と匂ひつつじあり




匂ひ濃き大きな黄薔薇にふれてをり瞼にどっと花あふれこよ




手を振りて盲目の闇払ひたし昼寝覚め際の暗きに戻れば




清めたる義眼瞼に冷たけれ盲ひて会ひしこの季節感




文章の構想胸に綴りつつ点字に打てぬ悔しみを積む




山百合の莟すぼまる先割れて花となりゆく匂ひを吐けり




両の手に納まる小さき骨のつぼ死にとは斯くも軽きものかな


山岡 響さんの過去記事


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム