FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

キクイモと出し殻の煮物

 
20131001_002.jpg 20131001_005.jpg 20131001_009.jpg

コーヒーの瓶一杯の水を鍋に入れ、イリコ、干しシイタケ、昆布を一晩浸しておく。中火で点火し、沸騰したら昆布を取りだし、削り節を入れ、弱火で5分ほど煮出して、出し殻を全部取り出し、再沸騰させて泡(アク)等を取り除き、冷めたらコーヒーの瓶に入れて冷蔵庫で保存する。



シカクマメのウインナー炒め

20131001_016.jpg 20131001_022.jpg

シカクマメは包丁を入れた時に固ければ細切りし、そうでなければざく切りする。

ニンニク1片のみじん切りを炒め、ウインナー2個の小口切りを炒め、シカクマメを入れ、火が通ったらニンニク醬油大さじ2と胡椒で味付けして出来上がり。



焼きナスビ
 

20131001_014.jpg 20131001_025.jpg

ナスビはやっぱり焼きナスビ。大さじ3のサラダ油を入れ、蓋をして裏表を焼き、皿にとり、醬油をまわしかけて出来上がり。

料理に応じて、無水鍋の外蓋をフライパン代わりに使っている。



キクイモと出し殻の煮物


20131001_020.jpg 20131001_026.jpg 20131001_029.jpg  
20131001_055.jpg 

先日の「里芋の炊き込みご飯」に使ったキクイモの残りは、少し古くなったのでニワトリ行きにしようと思ったが、「出し殻」ができたので、それを使って煮物にした。

キクイモ(風味がゴボウに煮ている)は適当に切ってゴマ油で炒め、醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、出し殻(昆布は捨てた)をざく切りして入れ、ひたひたに出し汁を入れ、沸騰したら弱火にして10分ほど煮て出来上がり。

キクイモの利用法はゴボウのレシピを参考にする。



干しキュウリのパリパリ漬け

20131001_032.jpg 20131001_039.jpg

1日干したキュウリは適当な大きさに切って瓶に入れ、酢100cc、醬油100cc、出し汁100cc(合計で300cc)を注ぎ、生姜(チューブ入り)とニンニク1片のすりおろしを入れて混ぜる。昼に作れば夜にはもう食べれる。

出し汁を入れた方が味がまろやかになるし、経済的である。噛むとパリパリ音がするのでパリパリ漬け。

4回目の地這いキュウリは最終ステージに入り、10月中頃には今季のフィナーレとなる。



オクラの湯通し


20131001_018.jpg 20131001_043.jpg 20131001_056.jpg  

定番です。カツオブシをふり醤油をかけて食べる。 



今日の干し野菜
   
20131001_051.jpg 

昼に切った干し野菜はナスビ、オクラ、ピーマン、タマネギ。

半日~1日干したらポリ袋に入れ冷蔵庫で保存する。3日以内に使った方がいいと思う。



育苗

20131001_046.jpg 

門先で育苗中。10月に定植する野菜も多い。ホウレンソウ(288穴の連結ポットを稲の苗箱に置く)、発泡スチロールの連結ポットには、サラダミズナ、ロケット(ルッコラ)、三陸つぼみ菜(ナバナ)。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ