FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ミツバチがまた逃去


20120801_006.jpg
 

昼寝が長すぎて、今日は夕飯の用意ができなかった。家人が作った夕飯は、ツルムラサキの湯通し、イワシ、ハンバーグ(もらいもの)、冷や奴、ゆで卵。

ツルムラサキの湯通しは辛子醬油で食べた。この他、冷蔵庫で冷やしているポリポリキュウリを食べた。


昨日のブログに書いたミツバチに逃去されてしまった。今日のは身体にこたえた。巣箱のオーナーにも本当に申し訳なかった。しかし、どうすることもできない。

しいてあげれば、当地の蜜源がこの時期、枯渇しているのかも知れない。それと、日曜日(7月29日)に巣箱のすぐそばの墓掃除があり、30分間ほどであるが20機以上の草刈り機の騒音(大音響)がミツバチの許容範囲を超えたのかもしれない。
 
しかし、もう一群は墓掃除の前の土曜日(7月28日)に逃去しているので、一概に騒音が原因とも言えない。

野生の日本ミツバチを分蜂期にゲットするのも大変だが、居住し続けてもらうことも同じくらい大変であることを痛感させられた。またミツバチの空白期間が始まった。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ