FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

松丘保養園  浅瀬石研さん(1)



公平に分配せむと役もちの友ら林檎を選るに苦しむ




立ちぎわに落せし箸を探り得ず物を云はずに食卓を離るる




この業に励み来し吾のいくとせぞ持てるかんなの今は重しも




長雨にゆるみし地表を探りゆく杖に反応なき道にとまどふ




萎えし手の頼りなければ渡さるるキャンデーを口に受けて仰にねる




心構え既に身につき盲ひしわれ位置をさだめて義肢を脱ぎ置く




情熱のかれし吾と汝排水溝の蓋の歪みを踏みてよろめく




失ひし視力かへらむか宇宙の旅を成功せしめし知恵みな欲しし




石鹸を拾ひ得ずして君と吾麻痺せし指の曲りを比ぶ




遥かなる体験を吾につのらせて鋸を引く音はかそけし

 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

松丘保養園  青山歌子さん(3)



萎え果てし右手に結びしフォークも今は飯食むに重荷となりし




朝露にまみれよろよろと花あさるわれを惨めに人等見るべし




初の陽のとどく厨にさみしかり包丁持てずなりて久しき




おもひきり抱かれてみたき欲情をベッドにさらし目覚めはかなし




泡のたつ乳風呂にひたり身を濯ぐ浄らなる肌還へる術なく




温かき夫の肌に馴れなれてあやふく生くる術も識りたる




四十路越えて病み呆けたる私の鏡の中の蒼白き貌



青山歌子さんの略歴
大正7年北海道生まれ。松丘保養園。新谿生雄夫人。両手足共を強い麻痺に侵されながら、生け花など趣味を楽しみ、夫婦共々作歌に励み、次々に瑞々しい作品を発表する。「自画像」所属。昭和39年、46歳にて没。『白樺』第一集(昭和32年)『白樺』第二集(昭和38年)『白樺』第三集(昭和47年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)

 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

松丘保養園  青山歌子さん(2)

 

さまざまに誹謗され居て石地蔵呆けし顔あり微笑む顔があり




春猫の恋する夜半を覚めをりて青春を持たぬ背を触れ合ふ




兄の死の短かき報せに術のなく壺の桜に水注ぎをり




補装具にペンをたばさみ連ねたる歌の字体よ風すさぶ草




混沌の感情のままに庭に出づ白きしゃくやくに救はれがたし




夫も吾も火傷たへざる冬果てて丘のはだれに赤き落日




指のなき掌もて口もて縫ひ終へし足袋は哀しも何にたとへん




盆栽に鋏を入れつつ意のままになるはこれのみと夫の云ふ声




愚かしき者のみが宗教を持つのだと罵るを背に教会にゆく




トタンの義肢を廊下に響かせ行くときしいぶかしみ視る面会の童よ




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

松丘保養園  青山歌子さん(1)



癩を病む今の私に要のなき無痛分娩の記事よみ居りし




つつましく友の縫ひゐる傍らに座すいぎたなき義足のわれよ




飯粒を引きて畳を這ふ蟻をつぶさむとせしが止して見て居る




四畳半の隅に脱ぎてし吾が義肢の光不気味にこころに迫る




夫に倚る友等政治論を戦かはす傍に関はりなく花活けて居る




針もてずなりて久しも針箱を整理し終へて虚しく座し居る




感情のたかぶる朝よ色彩の暗き花のみ採り来しを識る




双の掌に大き火傷をせし夫が友らに道化つつ務めに出づる




固きパンさりげなく食ぶる夫のそばに位置の貧しき妻がうごめく




猫柳めぶく四畳半に飼はれゐるけもののごとき吾の元日

 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

松丘保養園  新谿生雄さん(4)



自由なきかつての癩者の限界をのり越え北條
がなしし文学




何時の世も芥の族とされて来し癩者の清き叫びをぞきけ




息せきてすべる雪路を歩む吾に背負はれて妻が讃める凍て月




つひにつひに母の臨終にも会へざりき初秋の空蒼き遠きふるさと



新谿生雄さんの略歴
大正4年秋田県生まれ。昭和11年松丘保養園入園。戦後の園内自治会改革の指導者。また蒔苗芙蓉氏の跡を継ぎ、白樺短歌会の会長として短歌の隆盛に貢献する。昭和16年白樺短歌会入会。「自画像」所属。昭和49年59歳にて逝去。青山歌子の夫。『陸の中の島』(1956年)『白樺』第一集(昭和32年)『白樺』第二集(昭和38年)『白樺』第四集(昭和58年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ