FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

死ぬことは 誰かの心の中で生き続けること

  IMG_7480_201811291905287bd.jpg

「樹木希林さん 友と交わしたことば」が、朝日新聞の35面に大きく載っていた。


「うらを見せおもてを見せてちるもみぢ」


「散る桜 残る桜も 散る桜」



「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」



「病が不幸だけなんて。もったいない。がんは特に残り時間が読めるからありがたいわよ」



「いひおほせて何かある」

「言い尽くせない中にこそ価値がある」



「共演者と合わなくて。あー疲れた」

「役立つ人だけがいいのではない。困らせる人は己を磨く上で必要だ」


「そういえば提婆達多は、私にとっての裕也ね」



感動したので、以下、記事全部を書き写しました。


 「死ぬときぐらい好きにさせてよ」「生きるのも日常、死んでいくのも日常」━。独特の死生観で多くの共感を呼び、9月に75歳で亡くなった俳優樹木希林さんには、本名の「内田啓子」で私信を交わしてきた37年来の友人がいた。ふたりのやり取りからは、晩年の希林さんがたどり着いた境地の一端が浮かび上がる。

「うらを見せおもてを見せてちるもみぢ」

 江戸時代後期の僧、良寛の辞世の句だ。希林さんと長年の友人で、何必館・京都現代美術館長の梶川芳友さん(77)はしばしばこの句について語り合ったという。
 希林さんはこう語った。「裏から始まるところがすごい。年や経験を重ねても、人間は表裏を持ち続けているという本質を見抜いた人の句ね。こうありたい」

 ふたりは別の良寛の句「散る桜 残る桜も 散る桜」も好んだ。だれにも等しく訪れる死に、人は一喜一憂するが、終わりが決まらないのに、そこに至る生き方が定まるわけがない。「そう考えると、心強いわね。でも、死ぬことは誰かの心の中で生き続けることなんじゃないかしら」

 ふたりは、1981年に希林さんが「何必館」を訪れたのを機に出会った。定説を「何ぞ 必ずしも」と疑う自由な精神を持ちたいとの願いから名付け、希林さんはこの精神に共鳴し、梶川さんと人生を語るようになったという。
 「死への恐れ、定説から自由でいることの難しさも感じる。だからここに通い続ける。ほっとするの」


仏画に向き合い「孤独」を語った

 何必館には、近代日本画家村上華岳(1888~1939)の「太子樹下禅那」がある。51歳で早世した華岳がぜんそくの発作の中で描いた遺作で、若き日の釈迦が座禅修行する姿が描かれている。絵には「官能性」「遊び心」と同時に「死への不安や葛藤」の相反する要素が同居している。希林さんは京都に来るたびにこの仏画に向き合い、「孤独」について語り合った。
「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」
 梶川さんが仏教の教えを語ると、希林さんは「絆も信じ過ぎるとお互い苦しくなる。孤の意識が人を育てる」


病患い気づいた「生と死」は一体

 ふたりは60歳を迎える頃に大病を患った。希林さんは61歳で乳がんになり、梶川さんも60歳のときに心筋梗塞で1ヵ月間入院した。病を経て、ふたりは別々のものだと思ってきた「生」と「死」が一体のものだと気づいた。希林さんはこう言った。
 「病が不幸だけなんて。もったいない。がんは特に残り時間が読めるからありがたいわよ」
 梶川さんは病状について聞かなかった。希林さんも話さなかった。芭蕉の「いひおほせて何かある」。「言い尽くせない中にこそ価値がある」。ふたりの会話にも貫かれた。
 希林さんはがんを機に、「所有しない生き方」を選び、名刺一枚受け取らなかった。それなのに、2年ほど前、梶川さんは希林さんから「太子樹下禅那」の小さいサイズの複製画を求められた。
 9月16日。訃報を受け、梶川さんは東京の自宅に駆けつけた。希林さんの枕元には、あの仏画がかけられていた。
 梶川さんは「どんなに覚悟を固めていても死はどこか恐ろしい。その時に、希林さんはすべてを心得た慈愛に見守られながら旅立ちたかったのかもしれない」と語った。


己を困らせる人 私にとっての・・・

 夫の内田裕也さんに触れた言葉もあった
 「共演者と合わなくて。あー疲れた」
 晩年は丸くなったという希林さんだが、物事や人に対して厳しい人でもあり、電話でこうこぼすこともあった。そんな時、梶川さんは釈迦の弟子の一人、提婆達多の話をした。釈迦にたてつき、困らせる、みんなが彼を遠ざけた。だが釈迦は「役立つ人だけがいいのではない。困らせる人は己を磨く上で必要だ」と説いた。すると、希林さんは「くっくっ」と笑いながら言ったという。
 「そういえば提婆達多は、私にとっての裕也ね」


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

すごい言葉に出会った



生きるとは
位置を見つけることだ
あるいは
位置を踏み出すことだ
そして
位置をつくりだすことだ

位置は一生分だ
長い呻吟の果てに
たどりついた位置だ
その位置を
さらにずらすことは
生涯を賭すことだ
それでもなおその賭けに
釣り合う
未来はあるか
それに踏み切る
余力はあるか
まだ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

夕飯作り 小話


少なくも1時間は料理にかかる。


1時間以内でおさまることは少ないように思う。


野菜を切ったり、刻んだりする時間は結構かかるし、煮える時間も20分はかかる。


のんびり作っているわけではなく、2品ほどを並行して作っている。


どこの手際が悪くて、こんなに時間がかかるのか考えてみても、現実にかかってしまうのだから仕方がない。


1時間15分を越えだすと「身体がしんどくなる」ので止め、続きは夕方にすることもある。


料理は「立ち仕事」だし、途中、生き抜きしないで続けると、意外とえらい。体力がいると感じる。


煮物は冷めていく時に、味がしみておいしくなるし、昼の11時半~1時頃の時間帯が最も気分が乗る(集中できる)ので、たいていこの時間帯にしている。


同じような料理が続いても、まずいと思わない。自分が食べたいものを作るのだから。


「野菜はともだち」という本は今でも時々参考にするし、クックパッドもたとえば「ヤーコンの料理法」とか「ゴーヤの料理法」など、野菜単品の検索をかけて調べることはあるが、ある程度、クックパッドのレシピのコピーもたまったので、今はそのコピーを見る。


農業と同じく、料理も「上達していかないタイプ」だと、つくづく思う。要するにセンスが悪い。


でも、日々食べるものだから、そんなことをとやかく言っておれない。


とにかく、作らなければ食べるものはない。


野菜は常時15種類ほどあるのだから、時間がかかっても作れば、スーパーで総菜を買ったり、コンビニで買うより安くつく。


作ることが面倒と思ったり、メニューに困ったりはしない。同じことの繰り返し料理になっても、その一品だけでなく、たいてい2~4品は作るので、同じものばっかりという気にはならない。


料理に定年はなく、死ぬ直前まで作る。


昼に作ったものを、夕飯、よく朝、よく昼と3回食べている。食パンは間食では食べるが、朝、昼、晩の食事は全てご飯。


今の時期の朝は、豆腐(これは購入)、ダイコンおろし、カブの甘酢漬け、あればホウレンソウのおひたし、味噌汁(2日分を作る)、前日に作った残り物。


昼は前日に作った残り物。


野菜は軒下に置いてあるものを見ながら、あるいは今ある野菜を頭に浮かべながら作り始めることも有るが、たいていは前日の晩か、その日の昼(作る直前)までに、何を作るかメモしておく。


レシピにはあまり困らない。マンネリを全然、怖れたりしないから。

自分で作った野菜はおいしいし、毎日食べても飽きたりしない。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

バランスボール


バランスボールを使って、背中を伸ばしている。

他の使い方はよく知らず、ぼくは背中をバランスボールにのせて、頭を畳につけるようにしている。こうすると「逆立ち」しているような感じで気持ちがいい。

時間があれば昼の時間帯にもしているが、たいていは風呂から上がって寝る前に、背中をバランスボールにのせ、頭を畳につけるポーズを5分ほど(10分かも知れない)とりながら、その日にあったことや、気になっている事を頭に思い浮かべながら、ぼうっとした時間を過ごす(瞑想状態に近い)。

血が頭のほうに下がっていくような感じで、気持ちがいい。

その後、細々と、多分3年ほど続けている背筋運動を10分ほどしてから寝床に入る。

どんな背筋運動かと言うと、
(1)うつぶせに寝て、両手で両脚の足首を持ち、胸をそらす。
(2)うつぶせに寝て、両足は畳につけたまま、胸をそらす。両手も連動する。
(3)うつぶせに寝て、膝から下の両足を上げ(つまり足裏がみえる状態)、両肘を立て、肘から先の手までは畳につけて胸をそらす。
(4)仰向けに寝て、片足ずつ足を垂直に(伸びるところまででよい)に伸ばす。
(5)仰向けに寝て、臍(腹)を持ち上げる。

ちょっとわかりづらいかも知れませんが、こんな背筋運動を何回か繰り返している。

必要に迫られて始めた。

もっと早くから始めておけばよかった。

健康寿命をできるだけ長く保てるように、たった10分ほどだが、今は習慣になっている。

農業で酷使した身体の、遅まきながら、リハビリ体操!

走ったりすることは気が乗らず

散歩もあまり好きでなく

健康教室やプールへ等へ通う気持ちにもなれず

畳に寝そべってする背筋運動なら費用もかからず、あまり時間もかからず、いつでもできる

バランスボールは十数年前に頂いたもので、10年ほど使うことはなかったが、今は毎日、重宝している。直径を計ってみたら45センチほどだった。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

初霜



IMG_7344.jpg
 IMG_7346_201811241844308df.jpg IMG_7349_20181124184432cd0.jpg

今朝は初霜だった。勤労感謝の日の頃に、毎年のごとく初霜があるが、来週からはまた気温が上がりそうなので、2回目の霜は12月に入ってからになるだろう。

初霜の頃から、朝日がとてもきれいになる。

農業は朝日が拝める職業である。


身体が動く限りは、農業を続ける。野菜は誰もくれないし、スーパーの野菜は食べる気になれないし、ブログの中心ネタである日々の料理には、野菜を作り続ける必要がある。

作付面積は減っていても、農業にとられる時間は多い。少なくとも朝2時間半~3時間、夕方1時間半~2時間で、合計4~5時間。

他にしたいこともあるので、農業の時間をもっと削りたい。


父は亡くなる3年前に、ぼく(長男)という後継者が突然現れた。農業を否定的にとらえていた父だが、仕方がないと思ったのか、何も言わなかった。

今ぼくは、たった一人の、後継者を見つけたいと思っているが、待っているだけではなかなか見つからない。

しかし、誰でもいいというわけではない。

レールもひけていない。

技術力は最大の弱点だったので、農業本体に関する伝えれる技術は少ないが、農業全般に関して伝えたいことは結構蓄積してきたつもり。

後継者が住む家も現時点では確保できていない。

「後継者募集」をブログに載せてからすでに3年ほど過ぎた。年に1~2人は問い合わせがあり、実際に訪ねて来られる人もいる。

自分の方の準備が整ってからというのは難しいので、歩はすすめる。

自分の気持ちの上で、後継者を見つけたいという「積極性が乏しい」ことが、大きな原因かも知れない。


2030年 農業の旅→ranking









このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ