FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

裁判誤ったら独立調査を(成城大学教授・指宿 信)


朝日新聞 3月5日 29面

西山さん 国賠訴訟初弁論


滋賀県の湖東記念病院で2003年、死亡した男性患者への殺人罪で服役後、再審無罪が確定した元看護助手の西山美香さん(41)が国と県に約4300万円の国家賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日、大津地裁であった。


西山さんは「長く苦しまなければならなかったのは何が問題だったのか、明らかにしたい」と陳述。国と県は請求棄却を求めた。






朝日新聞 2020年 4月16日 私の視点 成城大学教授 指宿 信

大津・再審無罪を機に 裁判誤ったら独立調査を


3月末、大津地裁は殺人罪で服役後に再審請求が認められた看護助手の女性に無罪を言い渡した。


事故だった可能性が高いとして殺人容疑そのものを否定したのである。


注目されたのは、裁判長が判決後に述べた異例の説諭である。捜査に当たった警察、起訴した検察、有罪を言い渡した裁判所、そして弁護士まで含めた関係者に改革を訴えたのだ。


平成の時代には2度にわたって刑事司法改革が行われた。まず、裁判への市民参加や被疑者国選弁護の拡大、証拠開示制度などが導入された。


検察不祥事を受けた2度目の改革では、証拠リストの交付や裁判員裁判対象事件の取り調べの録音録画義務付けなどが実現した。


しかし、今回の再審無罪判決は、これらの改革で実現せず、無視されてきた重要な改革を浮き彫りにした。これを機に、改革すべき喫緊の課題を挙げておきたい。


第一は、取り調べへの弁護人立ち合いである。今回の事件では被疑者が否認の意思を弁護人に伝えると、それを覆そうとする取り調べの実態が明らかになった。弁護人が立ち会えばそうしたことはできなくなる。


第二は、録音録画の全ての事件への拡大と、任意取り調べでの実施である。30年以上前に取り調べの録音を始めた英国では、2013年から任意取り調べも録音録画している。


第三は、関連する全証拠の検察官への送付義務と、被告側への全面事前開示である。
今回の事件でも患者の死亡理由に関する捜査報告書が公判前に送検、開示されていれば事故死と判断されていたかもしれない。


第四は、再審請求審での証拠開示手続きの整備だ。同報告書が早期に開示されていれば女性は服役中に再審無罪を手にできたかもしれない。


第五は、死因究明制度の確立である。事故死を事件に仕立てた捜査の誤りは、近年再審無罪となった大阪の女児保険金目的殺害事件でも明らかになっている。独立した死因究明機関の確立が急務だ。



今回の事件とは直接関係はないが、自白しない被疑者・被告人が長期間にわたって勾留される「人質司法」を改めるための法改正も、これを機に実現すべきだ。


重要なのは、これらはすでに海外では実現している内容ばかりであることだ。それだけにこれまでの改革の姿勢に疑問が湧いてくる。


残念なことに、わが国には誤った裁判の原因を究明し対策を立てるための仕組みがそもそも存在しない。


各国にはこうした使命を果たすための独立調査委員会などが置かれてきた。わが国でも一刻も早い設置が望まれる。


それが今回の無罪判決の投げかけた問題に答えるための第一歩となる。



素人が読んでもわかりやすい内容だった。

「日本の常識は世界の非常識」が、警察・検察でも見受けられる。

韓国と違って、日本の司法は政権から独立していないのでは。

指宿教授が指摘されている問題点は、いつになったら改善されるのか。

当分の間、期待できないと思う。




2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
このページのトップへ

過去記事より インターネットが生活を一変させた


2020年 2月22日の記事の再掲です。


AI、5G、量子コンピュータ・・・のことはよく知らない。だんだん普及してくればわかるようになるだろう。


インターネットも、あれよあれよという間に普及した。


イノシシもあれよあれよいう間に増えた。



ブログも最初は操作が難しかったのに、いつのまにか簡単になった。


ブログによって、夜の時間割が変わった。


テレビよりネットを見るほうがおもしろくなった。


ブログを続ける(続けれる)ようになって、人生が変わった。


ハンセン病文学を繰り返しアップすることにより、その時間帯(10分ほど)だけでも、ハンセン病文学に触れることができる。この10分が人生を変える。


クイーンも同じことが言える。ブログにアップするという目的がなければ、毎日5分ほど聴き続けるという行為はできない。この5分が人生を変える。


ブログがうまく活用できていると思う。


夕飯作りも、ブログで更新するという目的があるので、自分なりにていねいに作る。


護憲もブログにアップする目的があるので、日々30分ほど、護憲ブログをチェックする。


つぶやきも、新聞を以前より時間をかけて読む。


これらは全て自分のために、自分の癒しのためにしているが、その副産物として見に来てくださる人がいるので、そのことも続けるうえでの励みになっている。


自分の場合、ブログは全く収入にはつながっていない。副産物として収入につながれば「一挙両得」と思うが、そうは問屋がおろさない。


今後も淡々と続くだろう。


止めたら、長い夜をどうやって過ごすのか!


多少の試練(身辺・つぶやき)もあるが、ハンセン病文学とクイーンは癒しに、料理は赤裸々な日々の生活、護憲は自己啓発(社会への関心)。

  

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

過去記事より 韓国に学ぶバウチャー制


2020年4月20日の記事の「一部抜粋」を「全文抜粋」にしました。
朝日新聞 4月16日 11面


私の視点 公益社団法人全国公立文化施設協会事務局次長兼事業課長 岸 正人さん


文化産業の打撃に一手 韓国に学ぶバウチャー制


新型コロナウイルスによる感染拡大で、全国の劇場や音楽ホールなど公立の文化施設では、行政からの「要請」を受けて事業の中止や利用のキャンセルが相次いでいる。


全国約1300館を会員とする全国公立文化施設協会で緊急調査を実施したところ、施設の自主事業の9割が中止・縮小もしくは延期となり、貸し館の9割はキャンセル、そのうち8割が本来は収入になる会場使用料を返還していた(回答率約61%、3月15日時点)。


無観客上演で6千万円を超えるチケット代の払い戻しを余儀なくされたオペラ公演や千万円超の使用料がキャンセルとなった大型施設もあった。


さらに政府の緊急事態宣言を受けて施設の閉鎖も広がっている。


施設を運営する側は多額の負担が強いられ、作品に出演予定だった俳優や演奏者ら、そしてフリーランスも多い「裏方」の専門スタッフへの仕事のキャンセルも広がり、長引けば、劇団などの運営団体の倒産や関わる人たちの長期失業につながる。


舞台芸術だけではない。美術館や映画館、観光業なども含め、人が集うことで営まれている文化関連産業への打撃も深刻だ。


中長期的にみても日本の文化関連の産業基盤の「弱さ」を理由に、若い人たちが職業とすることを避けるようになると、将来の発展や継承が危惧される。


新型コロナウイルスの感染がいつ終息するか、現段階ではまったく見通せない。施設や公演などをいつ再開できるのか。仮にできたとして利用者や観客は戻るのか。


ただ、今後のヒントになる事例はある。


韓国では1997年の通貨危機で大きな打撃を受けた後、金大中政権は復興策のなかで、「文化産業は21世紀の基幹産業」と位置づけた。


以来、各政権が継続的に具体的な政策を掲げ、需要喚起や文化産業の育成を積極的に進めている。


実施されているひとつが「文化ヌリカード」事業だ。低所得者らを対象に公演・展示・映画・観光などの分野で使用可能な「文化バウチャー」を発行している。


161万人(20年)を対象に年間8千円相当を支給し、国民の「文化享受」格差の解消を進めている。また、チケット購入費用を所得控除の対象にすることで消費促進にもつなげている。


同時に、文化芸術分野で働く人を対象に職業的地位を保護するためフリーランスを含めて雇用保険の適用を進める動きも進んでいる。


社会がにぎわいを取り戻し、さらにそこで働く人々にも安定的で継続的な仕事を提供する。


隣国のように「危機」を機に、新たな文化政策が打ち出され、経済復興にいかされることを希望する。



2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
このページのトップへ

過去記事より  めぐみは数ではない


2020年8月23日の記事の再掲です。



読んだ本の記憶が頭にあまり残っていない。


多分、素通りしただけ。


記憶に残る本に出会うことができなかった。

出会っていたかも知れないが、それを読解できなかった。




雑念はうかばずなりてひたすらに生きむと思ふひとりの為に
(津田治子)




神谷先生に捧ぐ


そこに一人の医者がいた

五十年の入院生活を続けている私たちにとって

記憶に残るほどの医者に恵まれてきたわけではないが

めぐみは数ではない


そこには一人の医師がいた

「なぜ私たちでなくて、あなたが?」とあなたはいう

「私の”初めの愛”」ともあなたはいう

代わることのできない私たちとのへだたりをあなたは

いつもみずから負い目とされた


そこにはたしかに一人の医師がいた

私たちは いまとなっては真実にめぐり会うために痛み

病むことによってあなたにめぐりあい

あなたのはげましを生きることで

こうして

あなたとお別れする日を迎えねばならない


さようなら

神谷美恵子


さようなら


これは入所者の島田ひとしさんが書かれた神谷美恵子さんの弔辞(詩)である。島田さんは独学でフランス語とドイツ語を学んでおり、神谷先生が来られると疑問点を尋ねていました。詩人で理論家、患者運動にも積極的で、愛生園入園者五十年史『隔絶の里程』の中心編集者、執筆者の一人でした。(いつの日にか 帰らん P203)








胸の泉に


かかわらなければ

この愛しさを知るすべはなかった

この親しさは湧かなかった

この大らかな依存の安らいは得られなかった

この甘い思いや

きびしい思いも知らなかった

人はかかわることからさまざまな思いを知る

子は親とかかわり

親は子とかかわることによって

恋も友情も

かかわることから始まって

かかわったが故に起こる

幸や不幸を

積み重ねて大きくなり

繰り返すことで磨かれ

そして人は

人の間で思いを削り思いをふくらませ

生を綴る

ああ

何億の人がいようとも

かかわらなければ路傍の人

私の胸の泉に

枯れ葉いちまいも

落としてはくれない

(大島青松園 塔 和子)










一生の間に縁のある人も本も、数人であり、数冊である。

たった一人の人が、己の人生を左右することもある。

たとえ風のように通り過ぎてしまった人でも。



還暦の頃まで40年近く、本を読んだりする時間がとれなかった。

自分の中で、ゆっくりする時間がなかった。

性格だったのか、生活のためだったのか。

そんな自分であるが、講演のポスターがきっかけで石田雅男さんと出会い、ハンセン病文学に導かれた。そして短歌や詩を楽しむようになった。感動し癒された。

そういう心が自分に残っていた。

繰り返しているうちに、感動が薄れていくことはない。逆に深まっていくように思う。

繰り返すことを続けると、他のことに手を広げれない。

広げようとすると、感動の深みや癒しから遠ざかってしまう。

だからおのずと、多くは読めない。

他に広げなくても、たった数冊の本で気持ちを気高く保つことができる。



人生で出会える人も本も、限りなく少ない。

多く出会う必要もなく、多く読む必要もない。

いいと思ったら、飽きるまでは、それを繰り返せばいい。繰り返すほど新たな感動がある。



 

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

過去記事より 芸術家集団 chim↑pom メンバー


2020年2月18日の記事の再掲です。



(記事追加)

何でも、同じことを繰り返さないと、あまり意味がないと思う。


スポーツなら、毎日同じ練習を繰り返す。


体育系でなく人文系でもその意味するところは同じと思う。


繰り返し、繰り返し を繰り返さないと身につかないし、覚えれないし、役にも立たない。


繰り返していると、他にあまり手を広げることができないし、人生で成し遂げられることは、こんなに少ないと痛感する。


繰り返し読んだり、繰り返し書き写したり、昔の人はこのようにしていた。


料理も同じ料理を繰り返し作らないと覚えれない。


ハンセン病文学に出会うまで、その時まで30年以上、短歌や俳句や詩を全くといっていいほど読んでいない。新聞に載っていても素通りしていた。今も、ハンセン病文学以外は、目にとめない。理由はハンセン病文学だけで手いっぱいでそれ以上に広げる余裕もないし、広げる必要もないと思っている。そんなことをしていたらハンセン病文学自体が身に迫ってこない。


護憲記事も晴天とら日和さんのブログに出てくる15ほどの個人や組織をチェックしているだけで、その他は見ていない。


とにかく、狭い分野にしぼらないと、1日の時間も人生の時間も少ないので、よそ見をすると自分自身が溺れてしまう。


狭くしぼっているが、カテゴリーは広げないと1つだけでは窮屈だ。一つのカテゴリーを小さくしぼっているから、比較的多いカテゴリーを持つ余裕もできる。


そんな感じで今は、料理もハンセン病文学もクイーンも単なる繰り返し。身辺記事も再掲が多くなった。これって、楽で、癒しになる。とにかく、広げないことと思う。人生が残り少なくなってこのことに気づいた。少年老い易く学成り難し




芸術家集団「chim↑pom」メンバー 卯城竜太さん

 
 
朝日新聞2月18日 11面 「公」から消える「個」 一部抜粋

IMG_5338_202002182140219cd.jpg  

━━時に悪ふざけ集団と呼ばれ、たたかれ慣れてもいる卯城さんが先日、アーティストに「死」の覚悟が求められる時代が日本に来た、と月刊誌に書きましたね。衝撃を受けました。


「アーティストとして生きる覚悟は持ってきたつもりですが、アーティストとして死ぬイメージは持っていませんでした。今は、そういうことも起きうるのだという予感があります。心のどこかで『死ぬ』ということまで意識していないと、躊躇なく時代を表現することができなくなってしまった。そんな覚悟です」




━━死ぬとは具体的にどういうイメージですか。


「抹殺や弾圧は想像できるようになりました。アーティストを監視する権力の姿もアートを憎む市民の姿も想像できます。もちろん今の段階では『考えすぎだよ』と言う自分もまだいます。ただここ5年間の『公』の変化があまりに早い。非日常だったはずの検閲の話題も日常化していますよね」


「たった数年でこれだけ悪く変わってしまったということは、今から数年後にはさらに想像以上のところまで変化が進んでいる可能性がある、と僕には思えます」




━━先ほど、わずか5年ほどで悪化したと言いましたが、本当にそんなに急だったのですか。


「そう感じさせられる理由がいくつもあります。たとえば14年にバングラデシュで開かれた『アジアン・アート・ビエンナーレ』でのこと。『気合い100連発』に対して国際交流基金の担当者から、放射能や福島はNGワードだと言われました。そういう状況になったのは第2次安倍政権以降だ、とも。基金は従来、表現の自由には理解のある組織でした。みんなのものであるべき『公』が異質なものに変わってしまっているのを感じました」


「安倍さんが首相をやめるまでは我慢しなければ、という趣旨の話もされました。でも愛知トリエンナーレを経験した今から見ると、当時の方がマシだった気がします。ネトウヨの人々は今回、集団的な電話攻撃で展示を中止させる手法を覚えました。彼らなりの『正義の主張』も共有されています。いまや、安倍さんがいなくなっても事態は改善されないのです」




━━約5年前と比べての悪化は権力側にも見られますか。


「ええ。表現を規制する行為は、以前は人目につかない場で行われていました。する側に『憲法違反になるかも』という罪悪感があったからです。でも愛知トリエンナーレでは、展示をやめろとの圧力を名古屋市長は公の場でかけました。もはや罪悪感が見えません」




━━急激な悪化がこの時期に進んだ理由は何でしょうか。


「3・11とそれに続く五輪誘致がきっかけになったと見ています。震災の後、みんなで復興しようという意識が高まりましたよね。それ自体はいい意味での『みんな化』だったと思いますが、次第に変質していったように見えます。目標が『復興という大きなテーマにみんなで従うこと』へと微妙にシフトしたような」


「人間は儚く死ぬけれど、作品や生き方は歴史の中に生きて未来から問われ続ける。正義も常識も変わっていくという前提で生きることが、アーティストとしての僕の原点です」




━━アティストの役割とは?


「アーティストは、社会でどこまで『エクストリーム(極端)な個』の幅を広げられるかを模索する存在です。極端な個が消えたら、次に消えるのは『常識的な個』です」




2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ