FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

新しい出会い



 雨は強制的に身体を休ませてくれる。雨でもなかったら、つい田んぼに出てしまう。

だから今日は、パソコンのまわりに散らかったメモ書きを「読んでは捨て」を繰り返し、たまった郵便物も開けてみた。

ブログを始めてから整理整頓ができなくなり、今はそれが高じた状態で、どこへ何を置いたか、しばしばわからなくなる。だから今日の久しぶりの雨はありがたい。



農業者は誰も「10連休」とかは関係なく、5月の連休は忙しい最中だろう。ただ、どこかへ行楽に行こうという気持ちも少ない。「農業は毎日が遊びだ」と言えば、若い農業者に失礼だ。


このところ、農業後継に関して電話やメールを頂いている。先方は自分の人生をかけて訪ねて来られる。

ぼくの方は、他の農業者も紹介して、自分に本当にあう農業形態はどれかを考えてもらう。自分がその農業形態に適性があるかないかを判断することは、当人にしかできないし、当人しかわからない。

ぼくも30年ほど前、大いに迷った。そして何人かの農業者の見学をさせてもらったが、自分にもできると思える農業形態はなかなか見つからなかった。

転職を繰り返していたので貯蓄もほとんどなく、農業に設備投資や機械投資は考えられなかったが、農業用軽四と管理機(ミニトラクタ)に加え、物置と鳥小屋の最低限の投資は必要になり、初期投資は100万を超えるものだった。


その自分が今、今度は逆の立場になっている。いい助言はできないが、何かを感じてもらえればいい。



まわりの人の支えがあったから農業を継続できた。

大病もせず、病気で休むようなことも、怪我もなかったのは、向いていた職業(農業形態)だからだろう。


自分の場合は、子供の頃に親がしていた農業を継いだだけだから、地域風土の「水が合わない」ということはなかったが、新規就農で他の地域からやってくる人は、そんなハードルもあるかも知れない。


倉敷で農業をしている友人が「高梁川水系」から離れた農業はできないと話していたことをふと思い出した。


ぼくがつきあっている農業者は、県外から35年ほど前に「農業をするために岡山にやってきた」人が多いが、そういう人の方が、新しい地で農業を始めたい場合に、話が通じるかも知れない。


今年は末尾に6がつく年齢だから、何らかの新しい出会いがあると信じている。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

宅急便の送料アップ


宅急便のセンター長が来られて、宅急便の送料の600円アップを告げられた。確かに、今までが安いと思っていたから、300~400円のアップは仕方がないと思っていたが、600円アップは大きい。



家人に話しても、友人に相談しても、「半々で負担する」という意見だった。



今までは送料は800円負担してもらい、中身は2400円で、合計3200円のワンパックだったが、今後は相手先にも300円負担してもらうと3500円のワンパックになる。



月間に送る個数で価格が変わるようだが、昔と違って今は、月間に送るパック数も少なく、年齢的に増やすこともできない。



しかし農業はまだ止めたくないし、家庭菜園を続けるなら、その延長線上にあるワンパックも続けれる。



すでに30年近い顧客だが、600円の送料アップのうち半分の300円の負担増をお願いする文書をお送りしてから、先方の意向をうかがうつもりにしている。



震災や水害に遭遇したわけではなく、年間の損失額はそんなに大きな負担ではないが、小さくはない。



後継者をさがしているが、ワンパック宅配の送料が、120サイズ(15キロ以内)で税込み1360円というのは、他に箱代も150円ほどかかるので、ぼくの農業形態を後継者に進めづらい気持ちに今はなっている。
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

嫌韓の人は、現実には少ない


 「冬のソナタ」がテレビで人気だったころは「韓流」とかいって、大変な韓国ブームだったように記憶しているが、変われば変わるもので、今は「嫌韓」らしい。


社会の情勢に関係なく、ぼくは常に「親中」であり「好韓」である。


これはもう「歴史認識」とかの高尚な意識でなく、ただ単に、昔からそうだった。


韓国併合(1910年)、関東大震災時の朝鮮人虐殺、従軍慰安婦、徴用工問題・・・これらは「お金」で解決できるものではなく、幾世代にもわたって、罪を背負っていくものだと思う。


現実には政権が対立を煽っているように見える。「レーダー照射問題」や「旭日旗問題」等。


一般の国民は「嫌韓」意識など、ほとんどないのではなかろうか。


国家と国家の関係ではなく、人と人の関係で考えると、例えば犯罪を犯して、刑に服して罪を償った、あるいは被害弁償をしたとしても、傷ついた相手の心は、傷ついたままが続くだろう。


受けた心の傷は、世代が変わっても、なかなか修復はできない。だから加害者は常に懺悔の気持ちが必要だ。


その罪を背中に背負って生き続けても、大きな負担ではない。時々、あるいは折に触れて思いだし、ただひたすら祈る、それが相手に対する最大の供養(償い)と思う。





今日は分蜂日和と思ったが、午前中は気温が低く、ミツバチの動きが少なかった。


いったん家に帰り、午後12時半に見回ったら、今度は探索蜂がよく動き、全ての待ち受け箱で探索蜂を見かけた。この内、3つの待受けで蜂数が多く、明日はこの3つのどれかに、もしくは複数箱に入るだろう。


明日は、蜂球が出来ても獲らず、蜂の好きなように新居を選んでもらう。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

岡本太郎の言葉


太陽の塔を作った岡本太郎の、「こうと決めた自分に絶望的に賭けるのだ。変節してはならない」という言葉を、随分前に新聞で読んだことがあるが、ぼくは後生大事にこの言葉をたまに思いだす。


こんな言葉のちょっとしたフレーズに支えられて、それだけに人生の80年を捧げるような人もいるだろう。


「絶望的に賭ける」ほど、大げさなことではないが、クイーンから離れたら、もう一生、音楽に縁のない生活で終るだろう。これまでずっと音楽を聴くという生活習慣はなかったから。


クイーンの曲が日本語でないというのもいい。日本語の歌だったら、歌詞が耳についてよくない。英語はわからないから、曲だけが頭の中を流れていく。


多分、クイーンの曲だけを繰り返し、ブログにアップする時だけ聞くだろう。


10年後、それが単なる時間つぶしだったか、何か頭の中に変化の兆しが現れるか、その時になってみないとわからない。


どちらに転んでも問題はない。5~10分ほどの「異質な時間」は、ぼくの石頭には必要だ。




岡本太郎は「変節してはならない」とも言っているが、ぼくにはもう、変節してみるほどの人生の時間は残っていない。


でも、現役世代のあなたも、生活のための「稼ぎ仕事」に追われて、若くても時間の余裕はないはずだ。だから、人生の時間はまだまだ無限に思えても、知らん間に盛りの時代は過ぎて行く。つまり、あなたがまだ20~40代くらいでも、例えばクイーン以外にせいぜいもう1人(1組)ほどの音楽を聴くくらいの時間しか、現実には残っていない。だから「絶望的に賭けるのだ」。その一つか二つだけに。




今朝は雨、気温も低い。これでは探索蜂も飛べないだろうと、待受け箱を見て回る。午前9時半だが、元巣の蜂も全く動いていない。出入口の巣門から、うらめしそうに外の雨を見ている。


と、その前を変なおっさんが通りかかった。又こいつか・・・、あんまり近づくとただじゃすまんぞ・・・と、言ったような、言わなかったような。遠慮しながら、背を少しかがめて、横目でちらっと見て、知らん顔をして歩いていく。



帰ってからまた新聞を読み始めた。新聞が唯一のネタ探しの媒体だが、これをテーマにして書こうと思っても、なかなか思うように頭も手も動いてくれない。



ぼくの悪い習慣として、あ、これと思ったら、その記事は後回しにして、他にもないかと次々と目を通している間に、持続がしんどくなって、結局、肝心な部分を読まずに終わってしまうことがある。




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

徒然なるままに


冷蔵庫の中が空っぽになったので、10日ぶりくらいに買い物に行った。
火曜日はイオンの安売りの日。

菓子パン       108円
食パン         78円(20%引き)
ビスケット      180円(2個×単価90円)
ベーコン3連     218円
牛乳         148円
子持ちシシャモ    179円
塩サバ2枚      196円(2個×98円)
塩サケ2枚      196円(2個×98円)
御膳味噌       380円
特濃ケンちゃん    264円(3個×88円)
シーチキン缶詰4個  358円
魚ソーセージ4束   178円
ブライト(クリープ) 298円
バナナ         98円
コンニャク       48円
ミニつぶあんぱん   150円(2個×75円)
アイスクリーム    300円(2個×150円)

合計        3377円
消費税        270円
総合計       3647円





最近の朝日新聞のトップニュースは「ゴーン氏の記事」ばっかり。何かゴーン氏に恨みでもあるのかという気がする。

小沢一郎さんの時も、朝日新聞は社説や天声人語で「くどすぎる」くらい徹底して叩いていた記憶がある。で、結局無罪だった。

それでも、他紙に比べたらまだ”まとも”・・・と思って取っている。




携帯電話を持っていないことは、かける相手からみれば不便のようだが、ぼくは、あえてそれを選択している。この不便さが、ぼく自身のために大切だ。




今日も探索蜂の動きはほとんどなかった。ただ、キンリョウヘンの一輪挿しを物置の隅に置いていたら、それには1匹だけ探索蜂が来ていた。


午前9時半に見回ると、午前中の分蜂があるかどうか、大体わかる。

午後12時半に見回ると、午後の分蜂があるかどうか、わかる。

だから、この2回の見回りはポイントである。

分蜂があると判断したら、待受け箱や元巣の様子をうかがいながら歩き回る。

探索蜂は全部の待受け箱をくまなくチェックするので、蜂数の多い少ないで、どの待ち受け箱に入りそうかがわかる。




夜になってからでは、あせってしまって、400字の作文が進まない。

だから、田んぼに出る前の朝の時間帯か、昼の時間帯に、できるだけ書くという姿勢をとっている。

今、午後2時半。

60歳頃までは、こういうことはできなかったが、その後は農業をパスしてでも、Xの方を優先している。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ