FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

引き継ぐ人がいなかったら


「ことわざ」ほどの転職を繰り返し、この先どうしよう・・・と思い悩んでいた時に、突然ひらめいたのが農業だったが、我が家がもともと農家であり、父が細々と稲作を続け、食べ量程度の家庭菜園も続けていたから、農業が頭に浮かんだのだろう。

父の亡くなった年まで後10年だが、よくその年まで、稲作を続け、あぜ草を刈り、山の葉タバコ跡地の草刈りが出来たものだと、自分がその年に近づいてから思う。

葉タバコ跡地の斜面は10アールほどあり、かなり急こう配で、今の自分でも草刈がきつい。

それでも父が草刈だけは続けていたので、ぼくも1年に1回、草刈だけ続けて、それ以上荒れないようにしてきた。

20年後、その斜面が「ミツバチの巣箱置場」としてよみがえった。草刈をせず放置していたら巣箱は置けない。


農業を始めてから、山ぎわの田んぼ(畑)は、野菜に適さなかったので、少しずつ果樹を植えるようになった。

その果樹が十数年経過して、大きな木となり、木の根元は絶好の巣箱置場となった。


葉タバコ跡地の斜面も、そして、野菜に適さず植えた果樹も、当初予想もしなかったことに生かされた。



まだ見ぬ誰かに引きついでもらうために、現状をキープすることが今後の自分の役割である。

野菜作りが難しくなったら、田んぼ(畑)は、年に4~5回耕運すれば管理できるが、
あぜ草刈り、田んぼの周囲の細い水路の泥上げ、竹やぶの進出の阻止、田んぼまわりの「のり面」の草刈り、等、野菜作り以外にも管理をし続けないと、現状は維持できない。

引き継ぐ人がいなかったら、これら諸々が崩れていく。


これは大規模農業とか、大型機械の導入とは、次元の違う話であり、小さな個人がそれぞれに、維持管理を続けていくしかない。


歴史は繰り返して、一人一人が「自給自足型農業」をせざるをえない時代が来るかもしれない。

ちょっと考えただけでも、ここ20年ほどの間に、あっと驚くことばかり・・・

携帯電話の普及

インターネットの出現

イノシシやシカの大量出没




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ハンセン病文学の後継者


ハンセン病文学はおもしろい。

当人は悲壮感をバックにして書いているかも知れないが、読んで、あまり悲壮感を感じない。


あなたがもし文学部の学生なら「ハンセン病文学」も一つのテーマとして考えてほしい。

たとえば夏目漱石や太宰治の足跡を追っても、ただ1人でしかないが、癩者はたくさんいて、ジャンルも詩、短歌、随筆、小説と広い。


ハンセン病はすでに「水虫」より簡単に治る。

新たな発生患者は国内ではごく少なく、ハンセン病文学はすでに「古典」となりつつある。

ぼう大な数の文学作品が各療養所で埋れたままになっている。誰か、整理する人がいないと、ハンセン病文学が次の世代に継承されない。

ぼくが紹介しているものなど、ハンセン病文学全体の1%にも満たないだろう。

「ハンセン病文学全集」というと、とっつきづらいが、薄い歌集とか詩集、あるいは、有名な塔和子さんあたりから読み始めてもよい。近くの公民館や図書館で取り寄せてくれるはず。


ハンセン病文学は、もうすんだ話、面白そうでない、病気の人の書いた本で一般の人に意味がない・・・。

ぼくからみれば、おもしろい、悲壮感がない、格調高い、言葉に品格がある、実社会とまるで変わらない。


とっつきづらく、とっかかりが見つからないかも知れないが、いったん入り込むと、壮大な海原が広がっている。

各療園には千人以上が閉じ込められていたので、それぞれ視点も異なり、作品の比較もできる。



ぼくは石田雅男さんの講演を長島で聞いた後、追っかけていって、ちょっと話をうかがったら、石田さんが書かれた本を送って下さった。

一つは「夕映え讃歌」で、石田さんの自殺願望の話だったが、読後感はとにかく「おもしろかった」につきたので、そのことを書いて御礼の手紙としたが、あとで考えて「石田さんにとっては、それくらい切羽詰まって苦しかったんだ」と、はっと気づいて、「おもしろいという言葉は、石田さんに対しては使うべきでなかった」と、非礼をおわびするはがきを書いた。

もう一つの「凍てた饅頭」も、鳥取と兵庫を結ぶ吹雪の戸倉峠を越えるシーンが圧巻だった。

どちらもハンセン病文学全集4「記録・随筆」には載っていない。



我が家から30分ほどの長島には、邑久光明園と長島愛生園の2つがあり、週に1~2回の「文学ガイド」を目標にしている。

何回かアプローチをしたが、時間的に難しい(団体客の帰りのバス時間等)ようだった。

75才までにチャンスはあるだろう。自分の楽しみのためのガイド、それを一行の人も感動してくれたら二重にうれしい。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

銀ちゃん ラムちゃん



 タイトルを見て、何のことかわかりますか。

すぐにピンときたら、あなたも「ファン」です。

これは
「アメショっす」という猫ブログに登場する猫の名前です。

最近はあまり他のブログを見ていないが、「アメショっす」だけは時々訪問している。銀ちゃんが生きていた頃の、2匹でコラボレーションしていた時のような勢いはないけれど。


もう10年以上前のことだが、ふと開いた猫ブログで見てから「はまってしまった」。

たまたまそれを見て気に入っただけで、他の猫ブログも見てみようとは思わなかった。


ヤギを飼い始めた時に、名前を「銀ちゃん、ラムちゃん」にしたのは、これが由縁である。


銀ちゃんが突然に死んだときはショックで、1年ほど、アメショッスを訪問しなかった。

他の人もたいてい、そんな風にして、たまたま目にはいって気に入ったブログだけを見ているのだろう。

「生まれる前から不眠症」というレストラン・飲食店ブログは、以前は毎日訪問していたが、2年ほど前から更新が止まっている。

これ以外のブログを「頻繁に訪問する」ことはなかった。


晴天とら日和」を毎日、何度も開くのは自分のブログのテーマの一つだから。


2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

友人


 10代の頃のことが、還暦を過ぎた頃から、しばしば頭に浮かぶようになり、自分の中で一定の場所を確保して同居するようになった。


あなたも、還暦を過ぎた頃から、若いときのある一時代のことが思いだされて、頭から離れなくなったりしませんか。



あなたはもう地上にはいない

私に原因があったのかも知れない

精神的に追い込んだのかも知れない

知らず知らずのうちに


あやまることもできない


償うこともできない

どうすることもできない


ただ、ひたすら祈るだけ


ただ、ひたすら祈るだけ


あなたを取り巻いていた多くの人も

時代の変転に連れ、一人減り、二人減りして

あなたのことを思いだす人は少なくなっている

同じ年の私も土に還る頃

あなたの姿を思いだす人がいなくなって

なにもかも過ぎていこうとしている


何をどうすることもできないが

ただ、思い浮かべ

ただ、思い浮かべて


そのように生きていく



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

ネット記事と新聞記事


 ネットの政治ブログ(「晴天とら日和」に出てくるブログ)を読むようになって、「今、どういうことが問題になっているか」よくわかるようになった。


新聞では、これがわからない(つかめない)。


新聞はいろんな人が読むから、一般的な評論記事になるのは致し方ないかも知れない。


政治の肝心なところが新聞ではわからなく(見えなく)なっているが、これは政権への忖度もあるだろうし、

その新聞社のトップに位置する人たちの考えが反映するだろうし、

スポンサー)という立場もあるだろうし、

それぞれの新聞社員の生活がかかっているから、政権の監視というより、ビジネスの視点が優先されることも多いだろう。

それでも新聞のよい点は自分が必要としない、自分があまり関心のない、スルーしてしまうような記事も目に入って来るということが、とてもいい。


逆に言えば、不必要なことと思われる記事が、自分の知識の補完になっていることもある。

機械でいう「遊びの部分」だろう。

ネットだったら、関心のある、興味のある記事しか読まないから、それ以外は目に触れない。


新聞は月に3000円、1日に100円で、最低限の情報維持と思っている。ネットだけでは十分でない。

ただ、真剣に対峙するのはブログの記事で、新聞は政治以外の記事を読むことが多い。


ネットには無料の記事あるがあふれているし、それを読むだけで「手が回らない」状態なので、有料記事を読むまでに至らない。

同じ新聞記事でもデジタル記事の方に本音が出やすいだろう。


新聞は第一面に何を持ってくるかで、イメージが全然違ってくる。本当に書かなければならないことを書かない(書けれない)のも、新聞だと思う。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ