FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

過去記事より  説得力のある内容だった


2020年 8月13日の記事の再掲です。


毎日新聞 8月13日 11面



 2020-08-13 011 2020-08-13 013

日本のポツダム宣言受諾は、米国の原爆投下とソ連の対日参戦のどちらが”決定打”だったのかという議論については「単純に比較できないが、中立条約があり仲介を頼んだソ連に裏切られたという心理的な打撃の方が大きかったのではないか」とみる。



ソ連にも敗れた日本

戦後75年 表現者たちの夏


日露戦争と異なり、太平洋戦争末期の1945年8月9日に日本の関東軍とソ連軍の間で始まった戦闘は「日ソ戦争」と呼ばれることがない。



「それは日本が先の大戦は米国に負けたのであり、ソ連に敗れたと認めたくないから。

多くの犠牲者と捕虜を出し、短期間であれ明らかな戦争だった。

日本は中立条約を破って参戦したソ連を非難するが、真珠湾を奇襲しておきながら偉そうなことを言う資格はない」。



「触れたくない」敗戦ゆえに分析が立ちおくれていた日ソ戦争の全体像に迫る『日ソ戦争1945年8月 棄てられた兵士と居留民』(みすず書房)を先月中旬に出版した富田武・成蹊大学名誉教授(74)はこう語る。

開戦75年に間に合わせようと、構想からわずか半年で原稿を書き上げた。

シベリア抑留研究の第一人者である富田さんにとって、抑留の原因となった日ソ戦争を書くことは「長年の宿題だった」。



10年前に戦間期(17~37年)の日ソ関係に関する本を出し、次は本丸の日ソ戦争に踏み込もうとしたが、当時はロシア側の関連文書が公開されておらず断念した。


状況が変わったのは昨年6月だった。ロシア国防省が独ソ・日ソ戦争の作戦文書を機密解除すると発表。同9月にモスクワに飛んで調査を開始し、「これでようやく日ソ戦争を正面から書けると確信した」。



追加調査で今年3月に予定していたモスクワ行きはコロナ禍で取りやめたが、5月にロシア外務省の公文書館からウェブサイトで文書が閲覧できると連絡があり、原稿を補強できた。

「戦後75年でロシアも戦争関連の文書を公開するようになり、いいタイミングだった」と振り返る。

ソ連崩壊で抑留関連を含む公文書が原則公開された92年から数十回ロシアを訪れていた実績もプラスに働いたという。




新著は、日ソ双方の公文書と兵士の回想録を駆使するマルチアーカイバル手法で戦争の詳細を描き出した。

「お互い都合の悪いことは文書に残さないので、両方を照らし合わせる必要がある。

また参謀の視点からでは味気ない戦闘記録になる。実際に戦う兵士が出てこないと血の通った戦史にならない」という。



このほか、米国がソ連軍の南樺太や千島の上陸作戦に必要な兵士の訓練と艦艇の提供を行ったことや、満州(現中国東北部)で洪水に阻まれたソ連軍戦車が盛り土した鉄道道床の上を走行したことなど、初めて明らかになるエピソードが盛り込まれている。



開戦前の日本について富田さんは「ソ連が45年4月5日に中立条約の不延長を通告した時、ソ連の参戦意図に気付くべきだった。ソ連に終戦の仲介を依頼したのも愚かだった。
『溺れる者はわらをもつかむ』呪縛にとらわれたのだろう」と指摘する。



日本のポツダム宣言受諾は米国の原爆投下とソ連の対日参戦のどちらが”決定打”だったのかという議論については「単純に比較できないが、中立条約があり仲介を頼んだソ連に裏切られたという心理的打撃のほうが大きかったのではないか」とみる。



来月で75歳。戦後の日本の歩みと重なる。5年前に軽度のがんが見つかり投薬・通院治療を続けるが、毎朝のジョギングを欠かさず、1日12時間を研究と執筆に充てている。『日ソ戦争』の要約版をロシア語で出版する構想もある。


ライフワークとして主宰する「シベリア抑留研究会」は今年12月で設立10年を迎える。先月あった研究会では中高生2人が初めて参加し、95歳の抑留体験者の話に聴き入った。


富田さんは「体験者が減っている代わりに次の世代や、その下の世代の人が来ている。僕も年だし、いつまで研究会をリードできるか分からないが、抑留のことを知りたいという人がいる限り続けたい」と話す。





ウェブサイトで文書が閲覧できると連絡があり・・・ロシア語も堪能なんだ

若い頃、まったく勉強をしなかったから、今ごろ、少し勉強をしている。と言っても、ぶ厚い本は読む気がせず、もっぱら、晴天とら日和さんのブログに出てくる政治ブロガーの中で、その日に関心を持った記事を3つ~4つほど読むだけ。それと新聞は文化欄を中心に読んでいる。

これだけでも、随分と勉強になる。

今頃になって学んで何するの・・・と問われても、別に目的などはない。

興味や関心がある自分がいるというだけ。


誰もが富田武教授のようになれるわけではない。ぼくは単純に、この記事がおもしろかったので、あなたに紹介しようと思った。


ブログで紹介ができるという「自分なりの役割」も、小さな生きがいに通じる。


 

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

何を食べたいのか、自分でもわからない



使いこなせる「レシピ」が少ない。


これは作文(ブログ)を書く時に「語彙力が少ない」ことと同じ。


しかし、レシピ数にも語彙力にもあまりこだわっていない(重きをおいていない)。


もっと進んで、レシピ数も語彙力も増やそうという努力はしていない。






自分が今、何を食べたいのかわからない。何を欲しているのかわからない、ということは日常よくあることと思う。


そんな場合の自分はまず「今の時期の定番料理」から作り始める。


味噌汁、目玉焼き(付け合わせはホウレンソウかナバナ)、ニンジンおろしとダイコンおろしが今の時期の定番で、これは月によって違ってくる。


月によって収穫できる野菜が順次変わっていくので、それに即して、定番料理も違ってくる。





自分の場合、レシピから料理に入るというよりも、野菜を見ながらレシピを考える。つまり、手順が多くの人と逆である。


しかし、逆であるということは、今の時代で考えればそう思うだけで、60年前なら、今のぼくの手順が大多数だった。


レシピを先に考えないという意味は、軒下に置いてある、もしくは田んぼにある野菜を使って、単品料理を並べ立てることが多いという意味である。


しかし、これが全てではなく、前日に翌日のメイン料理を決めておく場合もある。そのあたりは臨機応変にしている。


言えることは、軒下か、田んぼにある野菜だけで作る。


大半の人にとって「今の時期の旬の野菜は何か」もわからないだろう。スーパーには季節を問わず、ありとあらゆる野菜が並べられているから。

大体はたくさん置かれている野菜が旬の野菜であるが、旬以外の野菜を食べたいことも大いにあり得る。



農業をしているありがたさは、常時、旬の野菜が食べれるという状況をいう。

つまり、農業は台所と直結している。



しかし、こういう状況は、今の日本社会では著しい少数派である。


今の時期の旬の野菜が何なのかわからない。


今、何を食べたいのかわからない。


野菜を買って作るなら、並べられている総菜を買った方が安くつくし、時間も得。


野菜を買って作るという状況は、今の世の中ではせいぜい2~3割ほどではなかろうか。


できあいのものを買った方が、おいしく、やすくつき、時間もかからない。


ぼくも都市生活者ならそうしているだろう。



2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

このページのトップへ

今日の気になったニュース


毎日新聞 3月7日 6面


独、脱原発で3100億円補償


ドイツ政府は5日、脱原発政策で生じた損害への補償として電力4社に総額約24億ユーロ(約3100億円)を支払うことで合意したと発表した。


4社は、2011年3月の東京電力福島第一原発事故を受けてドイツが脱原発に動いたことで損害を受けたと訴えていた。


補償はバッテンファル社に14億2500万ユーロ、RWE社に8億8000万ユーロなど。



ドイツはシュレーダー前政権下の02年、脱原発の方針を決めた。ただ経済界には原発の稼働延長を求める声が強く、メルケル政権は10年、最長で40年ごろまで延長すると打ち出した。



ところが翌年、東電の事故を受けて再び脱原発へ方針を変更した。
22年末までの実現を目指している。


電力各社は、稼働延長決定により行った投資が無駄になったと主張していた。


連邦憲法裁判所は16年に補償の必要性を認めていたが、金額面などで一致せず協議が続いていた。








毎日新聞 3月7日 6面

米大統領、巨大IT解体論者を補佐官起用


バイデン米大統領は5日、大統領特別補佐官(技術・競争政策担当)にコロンビア大教授を務めたティム・ウー氏を起用した。


ウー氏は巨大IT企業の解体論者で、グーグルやアマゾンなど「GAFA」に対する規制強化への布石と見られている。ホワイトハウスの国家経済会議(NEC)メンバーとなる。


サキ大統領補佐官は5日の記者会見でウー氏について「巨大ITなどによる権力の乱用に立ち向かう姿勢を明確にしている」と強調。「競争の不均衡に対処することを政権は重視している」と述べた。


米当局は昨年、独占禁止法(反トラスト法)違反でグーグルとフェイスブックを提訴。政権交代後、特に与党・民主党左派は強い規制を実施することを求めている。





朝日新聞 3月5日 13面


静かに進む原子力回帰

大地震は来る 現実を見よ(宮城県 美里町長 相沢清一さん)


美里町は、東北電力女川原発から30キロ圏内(UPZ)にかかっています。もし原発で事故が起きたら、避難を迫られるリスクを背負っている当事者で、住民は不安を抱えて生活をしています。


原発がある三陸海岸は「地震の巣」です。今まで大きな地震が繰り返され、これからもたびたび発生します。原発を稼働するのは非常にリスクが大きく、絶対に再稼働するべきではないと考えます。


東日本大震災で女川原発には、敷地ぎりぎりの高さの津波が押し寄せました。事故が起きなかったのは、運が良かっただけだと思います。福島第一原発で起きた事故が女川でも起きていたかもしれず、人ごとではありません。


また、国や県が主導している避難計画の実効性も不十分です。

避難する際に放射性物質が付着していないか調べる検査には、相当時間がかかります。

避難に使うバスの手配も、事故後のパニック状態で本当にできるのでしょうか。

机上の空論だと思います。


町では、山形県の最上地方の8市町村と、事故の際に町民を受け入れてもらう協定などを独自に結んでいます。


女川2号機の再稼働の地元同意では、東北電力との協定で対象になったのは県、女川町、石巻市だけでした。


極めて限定された自治体だけに判断を委ねるのは、違うと思います。福島の事故をみると、被害は広いエリアに及びます。女川や石巻だけの問題ではありません。


立地する2市町は経済的な恩恵を受けているので、判断は当然こうなります。安全面を慎重に考えるため、2市町だけでなく、少なくともUPZ5市町の同意もとるべきです。


県は県全域で住民のアンケートをするなど、広く住民に判断を仰ぐべきです。


震災の後、福島県の浪江町や南相馬市に視察に行きました。人はいなくなり、店は閉まり、廃墟のようでした。そんな中で地元の職員の皆さんが一生懸命対応に当たっているのを見て、涙が出ました。


「原発はだめだ」と、考えが大きく変わりました。


全国では、運転開始から40年を超える老朽原発でも、再稼働への動きが進んでいます。運転を20年延長してしまうと、20年後に設備を整備して、また延長できるようになる可能性もあるでしょう。再稼働は危険だと感じます。


美里町には、今も福島第一原発事故による放射性物質で汚染された廃棄物が540トンもあり、農家に保管していただいています。


事故が起きると、元に戻るには大変な時間とお金と犠牲を払うことになります。
人類が制御できない原発事故の怖さ、福島の現実を、もう一度見つめるべきです。そして代替エネルギーを作ることを日本全体で考えるべきだと思います。


他の論者2人「宮城県女川町長と武田徹さん(評論家、専修大学教授)」は、相沢さんと意見が異なり、原発受容と受け取りました。こういう論者の配置からも、朝日新聞の原発受容が見受けられる。
ドイツは福島第一原発事故を他山の石としたのに、日本は政・官・財・マスコミの癒着で原発再稼働に傾いた。
 

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
このページのトップへ

過去記事 娘を亡くし、いじめの講演を1500回重ねた


2020年 7月31日の記事の再掲です。

7月31日朝日新聞 ひと 小森美登里さん(63)


2020-07-31 029
   

娘さんに対する最大の供養と思う。

お母さんの小森美登里さんにも、講演は最大の癒しと思う。




考えても、振り返っても、自分を苦しめるだけ

これ以外にない最大の前向きな生き方

講演回数が増えれば増えるほど、供養も癒しも増える




亡くなった現実は変えることができない

講演は一つ一つ階段をのぼっていくことなのか

のぼりつめた時、加害者をも、自分をも許せるのだろう

とっくに加害者は許し、自分との闘いになっているのかもしれない




時は解決してくれないし、時の経過によって気持ちが薄らぐこともない



講演が最大の供養になり最大の癒しになって、日々を支えてくれる





それにしても、この「いじめ」という現況は、きわめて日本的なものと思う。

戦時下の訓練という名のいじめ

村八分といういじめ

学校でのいじめ

職場でのいじめ



多くは逃げられない状況の時に起こる。例えば上のような状況の時、逃げ場がない。これは日本人の体質か


江戸時代にもあったのか

明治維新後にはびこったのか

太平洋戦争という激しい現実に、いじめという防御本能ができてしまったのか



いつまでたってもなくならない、いじめ

いじめは日本特有のものなのか

韓国や台湾や米国や欧州のいじめはどうなっているのだろうか

「日本の常識は世界の非常識」から考えると、きわめて日本的なものかもしれない





以下に全文を書き写しました。


「一人娘をいじめ自殺で失いました」。

7月下旬、地元・横浜市の中学で、そう切り出した。1500回目の講演になる。

高1だった長女の香澄さんが命を絶ったのは1998年。同じ吹奏楽部の部員らから言葉で傷つけられていた。

なぜ守れなかったのか。自分を責めたが、娘の死を生かそうと決意。2003年、NPO「ジェントルハートプロジェクト」をつくり、講演を始めた。

話す相手の9割は小中高生。いじめる子の背景を想像することに重点を置く。「苦しみを抱えているかも」「悩みを話せる人がいたら」。加害者の傷を癒さなければ、いじめはなくならない。自らの経験からそう気づいたからだ。

話し終えた後、控室に来て、もじもじする子が時々いるという。
「つらかった?」と話しかけると涙を流す。「一緒に頑張ろうね」と手を差し出す。
帰りがけに男子に呼び止められたこともある。「もういじめ、やんねーからよ」

講演を重ねることは、いじめに向き合い続けることでもある。娘を救えなかった悔いが年々膨らむが、それでも引き受ける。「娘のように苦しんでいる子が一人でもいるかもしれないから」

いつも香澄さんの写真を掲げ、死の数日前の言葉を伝える。「優しい心が大切だよ」。NPOの名もここからつけた。いじめを減らす鍵だと信じている。
 



2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

裁判誤ったら独立調査を(成城大学教授・指宿 信)


朝日新聞 3月5日 29面

西山さん 国賠訴訟初弁論


滋賀県の湖東記念病院で2003年、死亡した男性患者への殺人罪で服役後、再審無罪が確定した元看護助手の西山美香さん(41)が国と県に約4300万円の国家賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日、大津地裁であった。


西山さんは「長く苦しまなければならなかったのは何が問題だったのか、明らかにしたい」と陳述。国と県は請求棄却を求めた。






朝日新聞 2020年 4月16日 私の視点 成城大学教授 指宿 信

大津・再審無罪を機に 裁判誤ったら独立調査を


3月末、大津地裁は殺人罪で服役後に再審請求が認められた看護助手の女性に無罪を言い渡した。


事故だった可能性が高いとして殺人容疑そのものを否定したのである。


注目されたのは、裁判長が判決後に述べた異例の説諭である。捜査に当たった警察、起訴した検察、有罪を言い渡した裁判所、そして弁護士まで含めた関係者に改革を訴えたのだ。


平成の時代には2度にわたって刑事司法改革が行われた。まず、裁判への市民参加や被疑者国選弁護の拡大、証拠開示制度などが導入された。


検察不祥事を受けた2度目の改革では、証拠リストの交付や裁判員裁判対象事件の取り調べの録音録画義務付けなどが実現した。


しかし、今回の再審無罪判決は、これらの改革で実現せず、無視されてきた重要な改革を浮き彫りにした。これを機に、改革すべき喫緊の課題を挙げておきたい。


第一は、取り調べへの弁護人立ち合いである。今回の事件では被疑者が否認の意思を弁護人に伝えると、それを覆そうとする取り調べの実態が明らかになった。弁護人が立ち会えばそうしたことはできなくなる。


第二は、録音録画の全ての事件への拡大と、任意取り調べでの実施である。30年以上前に取り調べの録音を始めた英国では、2013年から任意取り調べも録音録画している。


第三は、関連する全証拠の検察官への送付義務と、被告側への全面事前開示である。
今回の事件でも患者の死亡理由に関する捜査報告書が公判前に送検、開示されていれば事故死と判断されていたかもしれない。


第四は、再審請求審での証拠開示手続きの整備だ。同報告書が早期に開示されていれば女性は服役中に再審無罪を手にできたかもしれない。


第五は、死因究明制度の確立である。事故死を事件に仕立てた捜査の誤りは、近年再審無罪となった大阪の女児保険金目的殺害事件でも明らかになっている。独立した死因究明機関の確立が急務だ。



今回の事件とは直接関係はないが、自白しない被疑者・被告人が長期間にわたって勾留される「人質司法」を改めるための法改正も、これを機に実現すべきだ。


重要なのは、これらはすでに海外では実現している内容ばかりであることだ。それだけにこれまでの改革の姿勢に疑問が湧いてくる。


残念なことに、わが国には誤った裁判の原因を究明し対策を立てるための仕組みがそもそも存在しない。


各国にはこうした使命を果たすための独立調査委員会などが置かれてきた。わが国でも一刻も早い設置が望まれる。


それが今回の無罪判決の投げかけた問題に答えるための第一歩となる。



素人が読んでもわかりやすい内容だった。

「日本の常識は世界の非常識」が、警察・検察でも見受けられる。

韓国と違って、日本の司法は政権から独立していないのでは。

指宿教授が指摘されている問題点は、いつになったら改善されるのか。

当分の間、期待できないと思う。




2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ