FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

星塚敬愛園  山下紫春さん(7)

 

視力出てお伽の国に似て花見




草千里患者総出のわらび狩り




春眠をつぎつぎ起こし検温器




目に青葉イワシで我慢するとする

参考(には青葉 山ほととぎす 初鰹」とは、江戸中期の俳人・山口素堂(1642~1716)の作。 にも鮮やかな「青葉」、美しい鳴き声の「ほととぎす」、食べておいしい「初鰹」と、春から夏にかけ、江戸の人々が最も好んだものを俳句に詠んでいます。)




汗だくのナースに済まぬベッドバス




牛飼いの匂い鼻つく帰省の夜




山下紫春さんの略歴
星塚敬愛園 大正6年鹿児島生まれ。看護兵として兵役に従事。昭和15年に発病、16年に星塚敬愛園に入園。19年にモトエ姉と結婚。一時退園、郷里で農業に励み両親を助けるも病気を悪化させ22年再入園。足を切断、眼の悪化など不自由をかこつが元気な妻に支えられ、27年頃川柳会に入り句作活動。34年受洗。60年3月子供たちに見守られ召天。没後5年、平成2年『川柳集夫婦道』刊行。



2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

星塚敬愛園  山下紫春さん(6)



帰省してまだ偏見の目が残り




温床を出て怯えてる白い杖




五月晴れですよとナース脈をとり




よく聖書読んでくれてたナース嫁ぎ




つつががなく生きて私も妻も古稀




寝て福を待つには長い闘病記




療養のおかげ句を知り神を知り




初義足春まだ浅き庭を試歩




療園が養老院に衣替え




教会へそれが私の初詣で


 

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

星塚敬愛園  山下紫春さん(5)



水と空気だけは自慢の療養所




秋晴れを散歩このまま故郷まで




兵役に漏れそれからを療養所




父の墓近ければなと菊も咲き




信仰の心にプラス十七字




療養の二字四十年背負わされ




饒舌がまた来て聖書閉じさせる




療園の夕餉は早し日脚伸ぶ




よちよちの義足励ます揚げ雲雀




診察に行くだけのもの一張羅

目が見えず、義足でも、診察に行かれる時は、きちんとした格好で
行かれたんですね。


2030年 農業の旅→ranking 
このページのトップへ

星塚敬愛園  山下紫春さん(4)



盲妻も手足浸して海が好き




悲喜こもごも寮で銀婚式迎え




帰省して嫁に遠慮のいる故郷




初孫の写真土産に妻帰園




盲いには月は見えないけど月見




世の隅で舌読点字たのしかり




目に青葉じっと臥てろと医者の無理




母の日へ母が居たらと思うだけ




かんたんによく生きのびたなと外科医




梅雨明けの食べられそうな白い雲




2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



このページのトップへ

星塚敬愛園  山下紫春さん(3)



便り来ぬ子からいきなりくる為替




面会に来てまで母の苦労性




婦長さん案外下手な注射針




病む妻を笑顔にさせた子の為替




視力もううすれテレビへそっぽむく




面会の孫を泣かせたサングラス




麦藁帽買ったばかりで夏を病み




初孫の写真へ見える目がほしい




ここだけは師走の風もよけて句座




文学の真似屑籠へよくたまり





2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ