あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  島田尺草さん(10)




たはやすくもの言ふこともなくなりて吾の心はいよよ澄むなり




我がために血潮ゆづると四五人の友ら来りけり朝の寒きに




(若き歌友
伊藤保君病む)
君病みては手紙のこと誌のこと歌のこと誰に頼まむ吾また迷ふ




(以下、順序が逆になりましたが残りの短歌を紹介させて頂きます)
別れては何時また逢はむ人と居て庭の桜の散るを見て居り




(内田先生に)
永らへる命思へば世を頼み君を頼みて歌を学べり




(末妹逝く)
ゆらゆらとゆらぐ舟の上に立ちも得ずはしゃぎし妹を今日も偲べり




げんげ花摘む子にまじる妹の姿はついに見るべくもなし




久しきを語らざりけり国言葉あらはに言ひて見たき日のあり





そのかみの家に居し日は淋しけれ人にかくれて眉書きにける




梅の香をしづめて降れる雨脚のほそぼそと今朝は春めくをおぼゆ




島田尺草(大島数馬)さんの略歴
明治37年9月16日福岡県嘉穂郡に生まれる。16歳で発病し、薬を求めて各地を放浪。大正13年九州療養所入所。入所後、作歌を始め、昭和3年より歌誌「水嚢」に参加。昭和12年「水嚢」同人。長年「檜の影」編集に従事し自ら印刷工となって発行に尽くす。昭和8年失明。9年に気管切開。歌集『一握の藁』(昭和8年)『檪の花』(12年ともに水甕社)。昭和13年2月23日没。享年35。『檜の影』第2集(昭和4年)『檜の影の聖父』(昭和10年)『島田尺草全集』(昭和14年)『菴羅樹』(昭和26年)『三つの門』(昭和45年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)



島田尺草さんの晩年の作品が多く掲載されていた。老成を感じたが35才の若さで亡くなっている。プロミンが日本に広まるまで、まだ10年の歳月を待たなければならなかった昭和13年没。それでも、
言ひ残すべきこともほとほとあらざれば心は澄めりいまの現に

吾が意識つひにかそかになりしとき心にかかるものはなかりき

たはやすくもの言ふこともなくなりて吾の心はいよよ澄むなり

のように、自分の中で何かを成就した、崇高な精神性がうかがえる。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

菊池恵楓園  島田尺草さん(9)




隣室に死ぬ人ありて午前四時の暗きベッドに起きて坐れり




枕辺に妻を坐らせ讃美歌をうたはせて友は静かに死にぬ




いくつかの仕事かたづけし如くをり手紙二通を書きて貰ひつつ




(歌集礫の花上梓)
今日までの命とりとめ得ておほかたの人に礼言ふ心すなほに




わが歌集世に出でたるを喜びて呉れむ友さへみな冥路よみに在り




吾が意識つひにかそかになりしとき心にかかるものはなかりき




折をりの人のたよりの絵葉書は看護婦が壁にはりてあるらし




わが歌集に涙せしとふ人の手紙ねもごろに包みしまはせにけり




(下村海南博士より正月二日み文を受く)
廻礼の友をたのみてよみもらふ文に涙をわがぬぐひつつ




こぞの冬より命を常にあやぶまれ耐へ耐へて来し君も亦われも




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

菊池恵楓園  島田尺草さん(8)




月月に来たる雑誌を読みくるる友一人ありて吾は足るらし




療院に吾が病むを秘め嫁ぎゆきて便りを断ちし姉妹三人




吾が眠る蚊帳の上に夜を来て死ぬる虫多し秋も更けつつ




言ひ残すべきこともほとほとあらざれば心は澄めりいまの現に




友が穿く義足の革の鳴る音のこころに沁みてひびく日のあり




隣室の柩はこばれ出づる音痰の切れねばさめて聞きゐつ




君と語るいとまも痰のあがり来てつひに話しえず吾が思ふこと




吾が歌集の刊行の日まで生きたしと所長に言ひぬ今朝の診察に




芭蕉葉に朝降る雨を聴きゐつつひそかに人を待ちて時経つ




帰りゆくと吾が手を堅く握りたる友に再び会ふ日なからむ





2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

菊池恵楓園  島田尺草さん(7)



元旦の年ぎに来し友にまづ咽喉のくすりを飲ませもらひつ




貧しさをしろしめす師の賜ひたる金は死ぬ日のたしにのこさむ




呼吸管に痰のからみて落ちつかず夕ひゆる室に湯を煮えたたす




三月あまり命あやふく苦しみし疲れをもちてまた梅雨に入る




凝りし痰をむせび出すと夜半すぎては腹の力のほとほとになき




なにかしら大き力に頼みたき明暮れにゐて身は疲れをり




七年まへ会ひに来ませし母の顔今宵おもはるる熱の高きに




吸入を終へてやすらぐ枕べに
馬酔木あせびの花のほのかににほふ




呼吸絶えてありししばしの虚しさの心に沁みて去りがてぬかも




眼の見ゆるうからら多き部屋に入りて労らるれば心和ぎをり




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

菊池恵楓園  島田尺草さん(6)



この月の仕送り出来ぬを侘びて来し妹の文読むに耐へぬかも




(歌集一握の藁上梓)
張りつめてありし心のゆるびけむ歌集のうへに涙おとしつ




麻痺の手ゆ吾が落したるホークの音冴えて響くも凍てし板間に




箸をとり食ませてくるるわが友の心づくしに身をまかせつつ




視力ためすと朝朝を見し花菖蒲友の忌日に今朝は剪られつ




甕の中に入れられし骨は少なかりかくも儚くなりてしまひし




病秘めて離りすめれば吾が義兄のいまはの日をも知らで過しつ




柿の葉を照りかえす日に痛む眼をひたすら耐へて人をまちゐし




菊剪るとのばす手の影土に落ちぬ秋は寂しきものにあるかな




頼むべき人のあらねば夜半に飲む湯を入れし瓶を抱きて寝るかも




2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム