FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  林みち子さん(3)

 


夜のしらむ待ちて従妹の家を去るこの寂しさも吾のみのもの




一歩づつ遠ざかる道にかへり見る古里の眠りをつつむ朝靄




いつまでの命か六畳ひと部屋にインコと盲ひの夫と私と





灯を消せば籠のインコもしづまりて共に一つの蚊帳に眠れる




人一人の死のすみやかに片付きしあと閑かなり病棟の午後





午後四時の夕餉終りし時刻より何せむか長き夏の日ぐれを






眠るまに視力失せゆく怯えもち醒めたる時はあたり見まはす






多く産み多く死なせし山村のなげきを見せて墓のつづけり






ほしいまま風は隙間をはいりくる経済大国の中のライ園






みとられて過ぎゆかむ身の嘆き一つ果なく蒼き海に捨てくる




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

大島青松園  林みち子さん(2)



目に光ある間に何かなすべしと声なき声に心せかるる




今は今の心にたりて生くるほかなかるこの身よ鳳仙花散る





耳のうしろに僅か知覚の残りいて生きの証のごとく噴く汗





かなしきまでにわれはこだわる嫋やかな五本の指の動く表情





風呂の湯のあつさ加減を舌にみる麻痺せぬところそこのみありて





海を出で海に没りゆく日のさまを此処に仰げり少女老ゆるまで




骨となりて出づるほかなき石の門海に入る日に赤赤と映ゆ




生きの限りくりかへさるる菌検査物体のごとくメスに切られて




ライゆゑに子を堕さるるをみな悲し菜種の花に蝶のあそぶ昼





夜を待ちて生家の跡にきて立てば地より聞ゆる父母のこゑ





2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

大島青松園  林みち子さん(1)



故国遠く独り病む身の如何ならん小声に友はアリラン歌う





「親不幸なる子」と五歳の日のわれの今日を言いあてし女の遍路




咽喉切開わが受けし日と母の死の重なる疼き消ゆることなし




ライ園の夜空に天ノ川仰ぐここに少女のいのち古りにき




目のくもり払わんとして瞬きをまたくりかえす昼の孤独に




宵はやく慣いとなりて床に入る眠るも眠らぬも時のままにて




うかうかと見ていしわれか聞くのみの夫が確かなストーリーを言う




杖にさぐる人それぞれに癖ありて夫の帰りもその音に知る




一本一本苦しみしのち落とされて指失せし手が語るわが過去





しのび来て独り見て立つ生家跡蝶は遥けき日のままに舞う



2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(12)



人のさま確と見据える眼のありて庭に坐れる雪のダルマは




年金を受けて今得るやすらぎを打ちのめす声「ライ貴族」など




妻臥せば水をきられし魚のごと盲ひうつつのただよふごとし




ライ癒ゆる世となりてなほ偏見を残し我らを縛る法あり




ライ園に今日稀にきく幼な子の声さながらに光のごとし




かつかつに二人の今を支へゐる妻よ視力をそこなはずあれ




萩原澄(とほる)さんの略歴
大正4年8月25日香川県三豊郡の三国峠のふもとの村に4人姉弟の長男として生まれる。高等小学校卒頃徴候がでたが補習科4年を学ぶ。昭和14年母、15年父死亡。弟に嫁を迎え家を託して昭和18年8月大島青松園入園。23年秋失明。予防法闘争ではハンスト。31年10月「関西アララギ」入会。昭和38年6月21日
林みち子と結婚。43年5月「歩道」入会。昭和48年7月10日古里に妻と2人の歌碑建立。昭和56年11月8日香川県視覚障害者福祉協会から受彰。歌集『蓑虫』(昭和41年)『光ある方へ』(昭和49年)『今ありて』(昭和61年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)。傘寿を妻とともに迎え「らい予防法」廃止を記念して、歌文集『開かれた石の門』(共著・平成8年)刊行。


2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

大島青松園  萩原 澄さん(11)



五月雨を傘に打たせて帰りゆくこの天地の骨肉二人




汗垂りて奉仕の鍬に道をひらくこの若者よ海遠く来て




ここに来て共に学ばむ奉仕者の朗読テープにうづもれる書架




やすやすとメスもて切除されゆくに痛み覚えぬわが生きの足




穴ぐらの獣にも似てかがまり寝る夜のまほらを風はひびきて




片隅のいのちひそけきベッドにも光は満ちて年あらたまる




見えぬ眼のうちなる世界しづかにて亡き者も来て我と向きあふ




傍らに経つつかくある妻のその面をすらに我は知らずも




妻のそのふかき睡りは盲ひわがあしたを支ふ眼の憩ふとき




ありありと夢は色彩ともなへり闇の世界のわがいのちにも




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ