FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  加賀田一さん(53)


長島事件



著者は、入所した1936年(昭和11年)から、戦後の1946年(昭和21年)までの10年間を、よくぞ生き抜かれたと思います。だからこの本(いつの日にか帰らん 著者 加賀田一さん)を今、私は手に取ることができています。

この本を通してのクライマックスとも言える「長島事件」は、一般社会と同じような風景に見えました。事件は、開拓患者として衆望を集め、患者総代として長島事件の中心となり、初代自助会会長になった木元厳氏のその後の憤死、そして数人の自殺者を出す悲しい結末となりました。

自分の内面や病気の苦しさよりも、周囲の状況や愛生園の現状をありのままに、的確に、冷静に見続けておられる様子が随所に出てきます。


長島事件

 私が入所してちょうど半年後(1936年、昭和11年8月)に、1200名全員がハンガーストライキをするという前代未聞の長島事件が起きました。

 事件勃発の最大の原因は、国立療養所としての年間予算に「作業賃」がなかったことです。本来、療養所の病人に義務労働のあること自体がおかしいのですが、運営上初めから必要不可欠な仕事として組み込まれていた患者の作業労働に対する報酬が予算に計上されていませんでした(戦後の昭和22年になって初めて、刑務所の作業に支払われる名称と同じ「作業賞与金」が示達されました)。
 
 ひどく安い作業賃でしたが、それでも当時の金で1900円くらいは必要でした。その資金を患者の食料費、治療費、被服費、衛生費等をカットして当てていました。しかも890人定員のところに1200人いたわけですから、人数だけで30%も予算分よりオーバーしています。さらに「無らい県運動」とか「1万人収容計画」を謳って、国策として強制収容を精力的に続けていましたから、入所者への待遇がどんどん悪くなる一方、作業賃の出費は多くなって2200円にもなりました。食料費、被服費、治療費、施設営繕費などから捻出しなければならなくなりました。

 「一食半餐を分かちて一人でも多くを」と高唱する園長に忠実な職員が「これはどこか締めなきゃいかん」と思ったのでしょう。当時、島の中央部と東部の物資運搬は船でしたので、隔てる山を掘削して道路を造っていました。土木技術を知っている久保田一朗氏が主任でした。そこで働く土工は午前中3時間、午後2時間働いて一番安い「丙」の6銭でしたから、両切り10本7銭のゴールデンバットも買えない安さです。
 
 早朝、その現場へ職員が「不正出勤があるんじゃないか」と抜き打ち検査に来た。するとそこで働いている人が「バカにしてる! 作業主任を信用しないなんて、わしらはもうできん!」と作業を放棄した。これが長島事件の発端でした。そこで働いていた女性たち40人も「食べ物が悪い」、「我々を奴隷扱いにする」と、日頃の不満を口々に言って騒ぎ出しました。

 そのうちに行進が始まって、園内で一番高い、鐘楼のあった光が丘に登って、抗議の気勢を上げました。きっかけさえあればいつでも爆発するところまで怒りのガスが溜まっていたということです。

 「事件」が始まったとき、私は部屋にいました。夜になって日頃から不満を漏らしていた連中が「団体交渉をしてるから会場に集まれ」と、バットなどでドンドン叩きながら各寮を回って歩きました。私が会場の礼拝堂に行くと、満員の会場はヤジと怒号で騒然としていました。
「園長の古ダヌキめ、もうだまされんぞ!」
「おれらを島に閉じ込めて殺そうたって、そうはいかんぞ!」
「この野郎! 安い賃金で働かせやがって!」
「奴隷扱いしやがって、人間が食べるものを食わせろ!」
 
 檀上には園長1人がポツンと座っており、その園長に向かって下駄やら草履が飛んでいました。いつでしたか、アメリカのブッシュ前大統領がイラクでの記者会見中に、「記者から靴を投げつけられヒラリとかわしましたが、その時の光田園長の泰然自若とした態度は忘れられません。
 
 その最中に天井の空気穴から鉛筆が1本落ちて来たので、上に向かって「この野郎!」と怒鳴ると、2階から2人が逃げ出しました。職員がその交渉模様を、その前からここで開かれていた寮長会の審議内容ともども盗聴していたのでした。

 「盗聴者を捕まえろ!」と、大勢の者が外の暗闇に飛び出しました。2、3人が事務本部に通じる電話線に引っかかって将棋倒しになったりしながらも、夜警中の職員を1人捕まえて人質にしました。
 
 園長に対し、「この卑劣きわまる行為は許されない。現在、逃走未遂で投獄されている4人を解放しなければ、この職員は渡さない」と迫りました。さすが頑強な園長も職員は守らねばならず、患者側へ監房の鍵を渡しました。

 鍵を持った4、50人が監房に向かい、本館の前まで来たとき、いきなり放水、目つぶし攻撃を受けました。患者に向けての放水にいきり立ち、興奮のあまり本館のガラス窓を割り出した者を羽交い締めにして止めるなどということもありました。後になってわかったのは、職員のほうでは電話線が切れて連絡が取れなくなって、たくさんの患者が本館めがけて攻めてきたと思ったとのことです。

 そこで自分たちだけでは処理しきれないと判断したのでしょう。職員側は本土に連絡したので、消防団員と警官40人が入ってきました。職員の家族も全員、本土に避難しました。

 患者側は作業の全面放棄を決定実施し、800人の軽症者、不自由者はムシロ旗を先頭に園内を行進して、島の中央の光ヶ丘に登りハンガーストライキに突入、要求の貫徹を誓い合いました。夜間はサーチライトで照らされての対峙が52時間にわたり続きました。そのため重病棟の食事は医師、看護婦、職員で行わなければなりませんでした。

 当時、療養所を管掌していた内務省衛生局から急遽、担当者が派遣されてきました。また同じく内務省(警保局)に属していた警察から、岡山県の特高課長が乗り出してきました。特高といえば、軍隊における憲兵とともに、たいへん恐れられていましたから、特高の登場は患者側を軟化させました。また、みんな病人ですから、体も弱って来ていました。私もムシロ旗を掲げて光ヶ丘でハンストしていましたが、腹は減るしみんな疲れが増していました。結局その堀部という特高課長が仲介に入って話がついたのでした。


3項目要求と戦後民主主義

 患者の要求をまとめると3点ありました。処遇を実在人員分に改善すること。2つ目に他の療養所(外島保養院、大島青松園)のような自治権の要求。第3にこのような状態をもたらした園長と職員3人の辞任要求でした。
 斡旋の結果は、
・11月から1200人の定員に予算や職員を増やす(事件の発生は8月)。
・自治は認められないけれど、自助会なら認める。患者側リーダーも職員のほうも、どちらもこの事件の責任は問われない。
━以上でした。

 結局作業賃という予算は計上されませんでした。自助会は園長の認める範囲での「自治」でしたが、とにかく患者の要求をまとめ、園当局と交渉できる機関が正式に認められました。後にはこの自助会すら戦争の進行につれ解散させられて、職員が軍隊に召集されて少なくなった穴埋めの、管理運営用下請け機関として再結成されることになりました。
 
 戦後になって早速出てきたのがこの時の要求項目でした。各地の療養所で患者自治会が自主的に結成されてゆきました。そして治療薬プロミンの支給を求めて全国の療養所が連携し、これを全国組織として確立したのが1951年(昭和26年)のことでした。

 園内作業については、前述のように、戦後、「作業賞与金」という予算がつきました。私たちは「作業賞与金とはバカにしておる。作業賞与なんて刑務所の受刑者に出すものじゃないか」と怒りました。そもそも「賞与」に当たる作業ではなく、日常業務のうちに繰り込まれている必要労働であり、正当な賃金です。が、その後もずっと予算項目としては「作業賞与金」のままです。介護看護作業の専門職員への切替え要求は1954年(昭和29年)の人権闘争以降、労働の内容や分野によって何年もかけて実現してゆきました。

 交渉が始まると入監者の釈放を要求し、それは実現しましたが、監房の撤去までは要求しませんでした。この要求は強制収容制度そのものの廃止につながることだったかもしれません。

 闘争の直接の影響としては、この後の10月に開かれた全国の所長会議で、ハンセン病患者刑事犯用の刑務所の設置が決められたことが挙げられます。それが草津の栗生楽泉園に設けられた「特別病棟」という名称の重監房です。療養所長に与えられている懲戒検束権でもっとも重いのが30日間の監禁、軽いのが減食2分の1の1週間でした。以後、正式の裁判もなく、管理者側の一方的判断で重監房に送ることができるようになりました。

 この決定は全国の入所者にすぐ伝わって、職員は「草津へ送るぞ!」を恫喝用語として使いました。草津は冬には零下15度以下になるところで、暖房もなく1枚だけの布団は凍りつき、記録に残っているところでは96人が送られて22人が凍死しています。この重監房が入所者の批判によって使用されなくなったのが、戦後の1947(昭和22年)、愛生園の監房が最後に使われたのが1951年(昭和26年)です。

 その後、愛生園の監房は埋められましたが、塀の一部だけが土留めとして残っており、当時を僅かに偲ばせます。


内部の波紋

 事件が終結してからも、反抗した入所者に対する職員の怒りは収まっていませんでした。職員全員が光田園長宛に、不遜な事件のリーダーへの処分がないことを不満とする辞職願を提出したのです。園長はこれに対して、「誰のための療養所と思っているのか。患者のために働けない者は去れッ!」と一喝する一幕もありました。

 それでも職員は寮長会の中心とみなした25人について、一人ずつ呼び出し始末書や誓約書を取ろうとしました。弾圧です。大部分の人は拒否しましたが、酷いことに2人が自殺しました。

 また開拓患者として衆望を集め患者総代として長島事件の中心となり、初代自助会会長になった木元厳氏がその後、病状が悪化し重病棟に入院した時、鎮痛剤を要求すると、医官から「おまえはあれほどがんばったんだから、それぐらいの痛みは我慢できんことはないだろう」と詰られなんの処置もされませんでした。剛毅な木元氏は「馬鹿にしてる!」と布団を抱えて自寮にもどり、その後失明しても医局に行くことなくほとんど閉じこもって、戦時中に憤死のごとく亡くなりました。

 長島事件の渦中にキリスト教徒の4人が助けを求めて脱走しています。外に出て、他の園に入ったその人たちの映像が残っています。そこで彼らは「あんなものは行動隊の暴力団がバットや棍棒で脅かして動員したからやむなく引きずられてやったことで、全員がハンガーストライキをしていたわけじゃない」と言っています。その4人のうちの1人が島に帰りたいということで帰ってきました。我々のほうで「謝罪しないと入れん」と言うと、患者大会の時に「悪かった」と頭を下げて愛生園に戻りましたが、3人は帰りませんでした。これは1年以内の出来事です。

 始末書を書かされ、自ら死んだ人もいれば、患者大会で頭を下げて帰ってきた人もいる。後始末というのはそういうことでした。そういうことはあまり表に出ていません。なかのことだから表に出にくいのです。

 最初のきっかけになった久保田一朗氏ですが、彼はその後目が見えなくなって、さらに痛みがきつくなって、掘削道路の完成後、海に身を投げました。光田園長はその功績を称えて、大きな石に「一朗道」と書して記念しました。この石碑と名称は現在もそのまま残っています。光田園長には「楽園」建設のために身命を投げ打って難工事を完遂した入園患者のお手本だったのだと思います。遺骨は納骨堂に納められています。土木工事には朝鮮人が多く従事していました。

いつの日にか帰らん(著者 加賀田一さん)
P91~P101 抜粋


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

長島愛生園  加賀田一さん(52)


線香をあげる人



「いつの日にか帰らん」P156~P162抜粋


 1959(昭和34)年、二度目の失明の危機にあったこの年、私は十年ぶりに母に会いました。この出会いは母からの連絡だったのですが、岡山駅で別れるときには、「あー、よかった。池田の殿様の築かれた美しい後楽園で一日過ごさせてもろてよかった」と母親は喜んで帰りました。そんな一日を過ごす事ができて、私にとっても生涯の記念になる出来事でした。

 この日、後楽園で母は私への自分の気持ちを語りました。「人間の一生は苦労の連続だけど、お前の友達はほとんど戦死されていないよ。遺族の方たちは団体で東京の靖国神社に参詣されるが、お話ができるわけでもない。私ら親子は人目を避けてでもこうして会って話ができるのが何より楽しいなあ。お前が子供のときから好きだったオヤキをたくさん作ってきたから、しっかり食べなよ」と、私の前に広げました。オヤキとは飴入りのヨモギ餅をミョウガの葉に包んで鉄板で焼いたもので、私のために実家に寄って作ってきてくれたのです。

 オヤキを食べながら私が「母さんも齢とるから、今度は私が鳥取へ行って会いましょう」と言うと、母は「いや、お前が鳥取に来ても、わしは辛い」と言います。その理由を尋ねると、「お前が家の近くまで来ているのに、泊まってゆけ、一晩いっしょに過ごそうと言えないことがとても辛い。わしが来れる間は岡山へ来るから、こうして誰にも話せんことをお前と話し合うのが一番うれしい」と言い、さらに言葉を継ぎました。

 十年前に長島に行ったとき、お前は元気になるから帰ってくれと言うから帰ったけど、亡くなったという連絡が今日くるか、明日くるか、明後日来るかと、三ヶ月ぐらいは昼も夜も気になって、亡くなったと知らせがあったらどうしようかと悩んだよ。元気になれて良かったよ。これも綾子さんのお陰だよ。感謝せんといけんよ。いい人に出会えて、結婚していてよかったなあ。でも、子供がないのは寂しいなあ。お前が生きていてよかったけれど、わしは齢とってきて、このまま二人が誰にも言わずにいたら、お前が死んでも線香の一本も立てる人がいない。こんなむごいことではわしは死んでも死にきれん。

 今日まであんたと二人で苦しんできたけど、わしも六十五歳、もうここまで来てこれから齢をとるとどうなるかわからん。しかしな、お前が死んだとき線香の一本も立てる者がいないということでは、そんなことは我が子に対してできん。だから何か機会があったら、お前が生きてることをお前の妹に話をするわ」と言いました。

 その妹は私が大阪に出たのと同じ頃に大阪へ出ました。大阪の高島屋で和裁の学校に行き、嫁入り衣装まで縫えるようになりました。その和裁の学校に通っている時に、同じ大阪にいるはずの私が母にも告げずに行方がわからなくなったと知って、その私を一生懸命探したといいます。

 母と再会して三年くらい経った頃のことでしょうか。ある日の夜九時過ぎ、私は交換台から園内の公衆電話に呼びだされました。まだ個人電話はなくて、外からかかってくると「だれだれさん、電話です」と放送があって、近くの公衆電話へ行くというシステムでした。

 公衆電話の受話器を取ると、「兄さん、あんたはなぜ一人で苦しむの」と突然、言われました。妹からの電話でした。「なんで一人で苦しまなあかんの。お母さんに聞いた。電話だけじゃいかん。どこへどう行ったら会えるのか。明日行く。どう行ったらいいか」と、行き方を尋ねるので、翌日、赤穂線の日生駅で待ち合わせることにしました。当時は民間船が長島と日生を連絡していました。

 翌日、ホームで「にーさーん」と言って抱きついてきました。「なんで兄さん、一人で苦しまなあかんの」という、この言葉が忘れられません。やっぱり家族です。母親の愛情もそうだし、妹との血のつながりというのもそうだなと思います。

 一晩ゆっくり話をしました。妹は何かつらいことがあったらしく、母に相談したとき、母が「おまえも苦しかろうけど」と、妹の苦しみを和らげようと思ってか、「実はおまえには行先不明だと言っていたけれど」と、私の病気の話をして、「おまえの兄さんはこのように苦しんで一人でがんばって生きておる。おまえもひとつ、それくらいの苦しみに耐えて生きてくれ」と言ったというのです。

 妹は「ようわかった」と、「そんなことがあったのか」と納得すると、母は「しかし、これは誰にも言われんことだ。父さんにも言ってない。あんたの兄さんが病気だということがわかると、立派な家庭を築いて幸せに生活しているあんたが不幸になる。そのことを心配して今まで言わなかったんだ」と話したところ、理解ができたようです。

 妹は、私と会ってからもしばらくは、主人にも誰にも言わなかったそうです。そうやって過ごしてきて、妹も本当に一生懸命働いて、三人の子供を東京の大学にやりました。私もたびたび東京へ行っていた頃でしたが、その子供たちに会うことはありませんでした。それがらい予防法廃止になってからはしばしば会うようになりました。

 私はよく覚えていなかったのですが、妹に会ったとき「父の墓参りだけはしたいなあ」と、いつも思っていたことを口に出したようです。その翌年、故郷からの便りなどあったためしのない私に手紙が届きました。母の実家を継いだ叔父からでした。私の思いを妹が母に言い、それが私が育った家の当主である叔父に伝わったようでした。そこには「いっぺん父のお墓参りに帰ってきたらいいじゃないか」と書いてありました。息子一家は勤めの関係で嫁の里で暮らしていて、家には自分たち老夫婦しかいないから」ともありました。

 すでに四十六歳になっていた私は、こうして二十七年振りに故郷へ帰ることになりました。故郷の駅に降り立って、ホームを歩いたときはクッションの上で足を運んでいるような気分だったことをよく覚えています。そして念願の父親の墓参りもできました。その墓地の一角にあるひときわ立派な墓標は、近づいてみるとみないっしょに遊んだり通学した幼なじみの「戦死」者のものでした。私はハンセン病のために療養所に入所していたおかげで戦死せず長生きしてきたわけです。何か友達に相済まない気がしました。

 この墓参りのとき小事件が起きました。村のなかをどうしても通ります。その途中で隣のおじさんがどこからか気がついて、「あ、ハジメさんじゃないか!?」と声をかけてきました。私はおじさんだとすぐにわかりましたが、「いやいや違います」と言いながら知らん顔して、逃げるようにオーバーの襟をたてて通り抜けました。私は親族が「帰ってこい」と言ってくれたから帰ることができたのですが、そのように言うためには家族の人にも大変な勇気がいったと思います。

 従兄弟夫婦の不在を狙うようにしてしか墓参りができないこと、そして知人には自分を偽らなければならないこと、私のように恵まれた者でさえこんな状態でした。しかしとにかく故郷へ帰ることができ、このような形でも迎えられたこと、これが翌年の「里帰り事業」につながってゆきます。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

長島愛生園  加賀田一さん(51)


私の墓

 「いつの日にか帰らん」P162~P163抜粋



 ここで私の墓について述べておきたいと思います。

 私の家の宗旨は真言宗です。その本山の高野山南院にインドの若い僧が修行にこられたことがありました。そのお礼にと、ネルー首相から釈迦の仏舎利が贈られました。南院は仏舎利塔(パゴタ)を建立するために全国に勧進を求めました。当時のことですから、私が今のように故郷へ迎えられることなどまったく考えられず、私と妻の遺骨を仏舎利塔の納骨堂へ祀ってもらうことにしました。毎日、朝夕の勤行がありますから、これで母の心配も解消できると思いました。私たち夫婦の骨壺は全国の人のといっしょに並んでいます。

 町民大会に迎えられた後、家族の理解を得て加賀田家の墓地に自分の墓標を建てることができました。その故郷の墓標には、「恭雲院徳風性昭居士 紫雲院浄月性則大姉」と併記され、「高野山別格本山浪切不動尊別当 南院内海大僧正書」と刻まれています。故郷の菩提寺の入江宥道住職から「立派な戒名ですが、どうしたご縁ですか」と聞かれ、南院さまのご好意であることを説明しました。また、郷里の女性から電話があって、「立派な墓標ができましたね。この世では同じところでは暮らせなかったけれど、次の世ではいっしょに暮らしましょうね」と言われて、郷里の温かさに感動しました。

 これで私のお墓は愛生園の納骨堂を含め三ヶ所になりました。


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

長島愛生園  加賀田一さん(50)


監房

「いつの日にか帰らん」P88~P89抜粋


 愛生園は療養所といいながら、監房がありました。高さ三メートルぐらいの塀に囲われた二十五メートルプールぐらいの広さの空間に建てられていました。塀の扉を入ると檻の潜り戸があって、なかは三つの房に仕切られていました。「秩序違反」者と精神病者が入れられるのですが、それは可哀想なものでした。

 園長には「懲戒検束」権が法によって認められていましたから、警察署長であり裁判長でもありました。禁制品(酒、現金、米、ミシン、ラジオ、写真機、自転車等)の持込み、賭博、飲酒、喧嘩などが処罰の対象でしたが、逃亡(未遂)も多くありました。私に郵便が来ることはありませんでしたが、信書、小包などは調査を名目に職員が開封していたこともあったようです(戦中戦後には破れていたといって、中身が抜き取られました)。

 逃亡については悲しい笑い話が園内で語り継がれていました。逃亡には船が必要なので村の漁民と親しくなって、現金を渡し日時を決めて決行します。園内票と現金を両替する闇ブローカーもちゃんと存在していました(清酒、密造酒もありました)。逃亡者は夜中、約束どおり船に乗り込み中に隠れます。一時間ほどして、「着いた」と言われて桟橋へ上がり、やっと本州かと思って上陸すると、なんとそこに職員が立っており、「どこへ行っていたんだ?」と嘲笑されながら捕まったというのです。この話の自嘲的悲しみは二重です。漁民に騙されたことと、職員桟橋など行ったことがないため、そこが島内だとはまったく気付かなかったことです。
 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

長島愛生園  加賀田一さん(49)


「らい予防法」反対運動


「いつの日にか帰らん」P140~P142抜粋

 1953(昭和28)年、「らい予防法」が改めて制定されました。この法は旧「癩予防法」が基本とする強制収容による終生隔離政策を継承していたため、すでに全国組織を作っていたハンセン病患者は、初めて国民の前に公然と姿を見せて反対運動を繰り広げました。前年のうちから始まった運動は、五月に入ると全国の療養所で作業ストライキやハンスト、そして国会への集団陳情、座り込みと激しさを増してゆきました。

 新法は衆議院本会議(7月4日)で討論もなく3分間の賛成演説だけで通過しました。参院厚生委員会での討議も終局を迎えた7月31日朝8時半、多摩全生園の600人は職員の制止を振り切り園の正門を突破、国会へ向けて田無街道を都心に向けて歩き始めました。11時、武装警官隊200名が出動、田無町の入口で行進を阻止、夕方まで対峙した後、患者の一部は近くの清瀬結核療養所他のバス5台を借りて国会へ向かったということです。

 結局8月6日、新「らい予防法」は入所者の要望である家族援護、高等学校の設立等9項目を含め、「近き将来本法の改正を期する」という「付帯決議」を付けて参議院も通過しました。

 この7月末には、長島愛生園においても「大事件」が起きていました。「予防法」反対では一致するものの、その運動の進め方について強硬派と穏健派に分かれました。穏健派は予防法と光田先生個人は別として、光田園長絶対支持です。

 7月末、強硬派の300名が本館前に坐り込みをしました。その夜、礼拝堂の小公園に建っていた光田園長の備前焼製胸像が何者かによって破壊されました。この胸像は岡山の「長島友の会」(会長・橋本富三郎元岡山市長)が1947年に、光田園長の古稀を祝って贈ったものでした。破壊を知った穏健派300名が胸像のあった礼拝堂横広場に集合、強硬派の糾弾を始めました。両派の激しい対峙を見た園当局が警察の出動を要請、警察が警戒体制を数日間続ける事態となりました。

 胸像破壊犯人は不明のまま、両派の対立は治まらず、自治会幹部による事態収拾の不能から、ついに機能麻痺に陥ってしまいます。この強硬、穏健派の対立の元はすでに2年前の参議院厚生委員会にあったのです。


※ 1936(昭和11)年にあった長島事件は園当局と入所者の対立であり、1953(昭和28)年の「らい予防法反対運動」に関しての事件は入所者の内部抗争(対立)であり、混同されませんように。

 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ