FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  玉木愛子さん(4)




蝉に暮れ蝉に明けゆく山の宿




春の海一波毎に
けてゆく




はろかなる漁船動かず夏の月




逢へば泣く母とならびて朝寝かな




故郷の柿ころがして話しをり




夏の月花なき庭を照らしけり




野分めく風に
糸瓜へちまのながみじか




咳入りて背撫でくるる娘も
めしい






妹もまだ嫁がぬ便り灯蛾にきく




盲にも花が見えそな春の風




玉木愛子(玉置愛子)さんの略歴
明治20年大阪の島の内で材木問屋の長女に生まれる。4歳のとき麻疹に罹る。7歳の春左足に水疱ができたのがハンセン病最初の兆候。14歳女学校1年の秋、身体検査で校医に疑いをかけられ蟄居生活に入る。18歳、父が旅先で客死。病勢が進むうち妹に縁談があり、離郷を決意。新聞で熊本回春病院を知りリデル女史に手紙を送り入院が決まる。大正8年回春病院入院。大正10年受洗。昭和4年右足切断。昭和6年の暮れ義足ができ歩行を始めるが足に炎症を起こし臥床の身となる。同年、ハンナ・リデル逝去。昭和8年12月長島愛生園に転園。昭和10年5月常盤寮が建ち転居。牧紫水(玲二)と結婚。昭和12年10月失明。29年、句文集『真夏の祈り』出版。33年一力五郎賞受賞。38年以後故郷との音信絶える。昭和44年3月26日、逝去。8月、絶信していた愛子の従兄と連絡がつき、夫玲二が祭壇の父母と妹たちに愛子の死を報告。「両眼なく、脚なく手もかなわぬ身を瀬戸の小島に賛美の歌もて明け暮れた」玉木。彼女が没する2年前の42年愛生園を訪ねた大濱亮一は「眼帯をかけ萎えた手を膝において縁端に坐した80歳の彼女の声の何と若々しく明るかったことか」と故人を偲んでいる。「日時計」(昭和9年)に採録。個人句集『真夏の祈り』(昭和30年)『この命ある限り』(昭和59年)『天の階』(昭和46年)『わがいのちわがうた』(昭和62年)。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  玉木愛子さん(3)



夕顔にきいてもらひぬ今日のこと




生ひたちも性もそれぞれ千草の穂




冬椿めぐりきし日をしかと抱き




冬ばらや日本の土に五十年




喜雨の猫もんどりうって戻りけり




乳母車棚の糸瓜へちまを叩き訪ふ




目をささげ手足をささげ降誕祭




死の影に癩の一喝初笑




身不自由の一大行事更衣




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  玉木愛子さん(2)



むしの夜飽かなくさめてゐる盲




病名のかなしやがたと秋日落つ




初夢や母恋ふ齢にあらねども




萎し手をかさねいただく草の餅




年豆を夜空に投げて泣く娘かな




病み古りてめでたくうけし年の豆




ならはしの遺書をしたため年あらた




相寄りて句座はじまらず花の宵




枯草をつけて戻りぬ小春猫




片足に穿かせる足袋や紅葉冷え




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  玉木愛子さん(1)



あきらめの言葉がきらひちゃんちゃんこ




目覚めてはもとの盲よ山笑ふ




手さぐりの手と手とふれて年賀かな




夜濯よすすぎも炊事も知らず寮に老ゆ




盲導鈴まへにうしろに道
長閑のどか






賜りて抱く力なき西瓜かな




春眠のさめて用なき身なりけり




揚雲雀あげひばりめしひに架かる天のはし




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

長島愛生園  北田由貴子さん(10)




眉凛凛しき軽症の日の海人を連翹の黄が波打ちて呼ぶ




海底の目のなき魚を恋ひたりし海人をおもふ眼を病みて今




その妻の縋りて呼べど海人きみはあらぬ方のみてゐしよ狂ひて




病みて人の愛知りたりと海人の言ひし思ほゆ君が碑に佇つ




手のよき夫が枇杷むく指の機敏なる動き見てをり不意にかなしき




癩麻痺に汗出ぬからだ苦しくて臥しをり草木の息づく真昼




ほとんどの五体は癩に蝕ばまれ満足なるは乳房のみああ




死刑囚の手紙に母よと呼ばれつつ励まし合ひ来し何のえにしぞ




妻と子を恋ひつつ獄舎に刑死さるる君が歌かなし風花の舞ふ




渡り初めの橋を盲ひも足萎えも皆笑顔にてけふ五月晴れ



北田由貴子(林由貴子)さんの略歴
明治42年香川県の港町に4人兄弟の末子に生まれる。祖父は寺子屋、父は塩田の仕事に従事。昭和元年発病。明石の楽生病院に入院。昭和7年病院の閉鎖に伴い5月13日長島愛生園に移る。このとき一緒に長島愛生園に移った一人に明石海人がいる。昭和11年「水甕」入社。昭和16年「水甕」準同人。昭和23年結婚。一時、絵画による新しい生き方を模索したが視力の衰えで断念。昭和45年内田守人との再会を機に「水甕」復社。昭和48年「水甕」同人。「もくせい」所属。平成5年没。享年84。『萩の島里』の林由貴子。『楓陰集』(昭和12年)『死角の島』(昭和51年)『海光』(昭和55年)『この島を』(昭和57年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)『春を待ちつつ』(平成元年)。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在65才、農業歴29年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ