FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

裁判誤ったら独立調査を(成城大学教授・指宿 信)


朝日新聞 3月5日 29面

西山さん 国賠訴訟初弁論


滋賀県の湖東記念病院で2003年、死亡した男性患者への殺人罪で服役後、再審無罪が確定した元看護助手の西山美香さん(41)が国と県に約4300万円の国家賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日、大津地裁であった。


西山さんは「長く苦しまなければならなかったのは何が問題だったのか、明らかにしたい」と陳述。国と県は請求棄却を求めた。






朝日新聞 2020年 4月16日 私の視点 成城大学教授 指宿 信

大津・再審無罪を機に 裁判誤ったら独立調査を


3月末、大津地裁は殺人罪で服役後に再審請求が認められた看護助手の女性に無罪を言い渡した。


事故だった可能性が高いとして殺人容疑そのものを否定したのである。


注目されたのは、裁判長が判決後に述べた異例の説諭である。捜査に当たった警察、起訴した検察、有罪を言い渡した裁判所、そして弁護士まで含めた関係者に改革を訴えたのだ。


平成の時代には2度にわたって刑事司法改革が行われた。まず、裁判への市民参加や被疑者国選弁護の拡大、証拠開示制度などが導入された。


検察不祥事を受けた2度目の改革では、証拠リストの交付や裁判員裁判対象事件の取り調べの録音録画義務付けなどが実現した。


しかし、今回の再審無罪判決は、これらの改革で実現せず、無視されてきた重要な改革を浮き彫りにした。これを機に、改革すべき喫緊の課題を挙げておきたい。


第一は、取り調べへの弁護人立ち合いである。今回の事件では被疑者が否認の意思を弁護人に伝えると、それを覆そうとする取り調べの実態が明らかになった。弁護人が立ち会えばそうしたことはできなくなる。


第二は、録音録画の全ての事件への拡大と、任意取り調べでの実施である。30年以上前に取り調べの録音を始めた英国では、2013年から任意取り調べも録音録画している。


第三は、関連する全証拠の検察官への送付義務と、被告側への全面事前開示である。
今回の事件でも患者の死亡理由に関する捜査報告書が公判前に送検、開示されていれば事故死と判断されていたかもしれない。


第四は、再審請求審での証拠開示手続きの整備だ。同報告書が早期に開示されていれば女性は服役中に再審無罪を手にできたかもしれない。


第五は、死因究明制度の確立である。事故死を事件に仕立てた捜査の誤りは、近年再審無罪となった大阪の女児保険金目的殺害事件でも明らかになっている。独立した死因究明機関の確立が急務だ。



今回の事件とは直接関係はないが、自白しない被疑者・被告人が長期間にわたって勾留される「人質司法」を改めるための法改正も、これを機に実現すべきだ。


重要なのは、これらはすでに海外では実現している内容ばかりであることだ。それだけにこれまでの改革の姿勢に疑問が湧いてくる。


残念なことに、わが国には誤った裁判の原因を究明し対策を立てるための仕組みがそもそも存在しない。


各国にはこうした使命を果たすための独立調査委員会などが置かれてきた。わが国でも一刻も早い設置が望まれる。


それが今回の無罪判決の投げかけた問題に答えるための第一歩となる。



素人が読んでもわかりやすい内容だった。

「日本の常識は世界の非常識」が、警察・検察でも見受けられる。

韓国と違って、日本の司法は政権から独立していないのでは。

指宿教授が指摘されている問題点は、いつになったら改善されるのか。

当分の間、期待できないと思う。




2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
このページのトップへ

クイーン&BTS (12)

このページのトップへ

くろねこの短語

このページのトップへ

沖縄愛楽園  里山るつさん(3)



盲我の手足となりし養母逝きてなす術もなく茫然と居り





歌会を催すたびに吾が歌を喜びてくれし養母は在さず





歌も手紙も代筆してくれし井藤姉の去らるると聞けば切なくさびし





相抱き盲二人が涙しぬ三十年振りの再開なりて





三十年振り我が訪れし星塚の友ら多く盲となり居り





幼な時に両親なくせし我に尚叔父叔母ありて面会に来ぬ





鈴木先生の整形に垂足の足癒えてながき階段易易のぼる





「地の上」の合同歌集を喜びて亡き義父母の夢に顕わる





まとめたる歌忘れぬ間に代筆を頼めば看護生辞書をめくりぬ





病める子ら遺して若く逝きましし我が母恋ほし四十七回忌


 

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

沖縄愛楽園  松岡和夫さん(6)



憤りて吾が踏み砕きしかたつむりの砕くる音が頭脳にひびきし




病み崩えし吾が手にそそがれし君たちの視線の中に蜜柑むきおり




いま一度わたりゆきて会いたしと敬愛園の誰れ彼れ思う




餞別金少なけれど盲ひたる友の懐中に入れてささやく




眼球なき友の眼に溜り居る眼垢拭きつつ別れ告げたり




癒えてまた帰る日見むと思いたる首里城は戦に廃墟となりぬ




病める身をいたわり合いてわが妻と仕上げしかまどに鍋をかけおり




プロミンにて癒えて帰りし西銘君よドライバー試験の合格万歳




松岡和夫(松並一路)さんの略歴
大正11年八重山生まれ。12歳頃発病。昭和16年7月星塚敬愛園に入園。作歌を始め19年「多摩」に入会。のち退会して「国民文学」に入会。22年5月沖縄に帰還し沖縄愛楽園に転園。12月受洗、結婚。麗島短歌会を組織、のち「しらゆり短歌会」と改の筆耕誌「しらゆり」を発行。38年聖公会の按主をうけ以来、伝道と歌作に励む。『十五夜月』(1990年)「アララギ」「樹木」所属。『陸の中の島』(1956年)『蘇鉄の実』(1965年)『三つの門』(昭和45年)『地の上』(1980年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年) 



2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

ヤーコンと子持ち高菜炒め


002_20210305182117660.jpg
 003_20210305182118ced.jpg 

ヤーコンは拍子木切りし、子持ち高菜は薄切りする。
熱したフライパンにバターを入れ、ヤーコンと子持ち高菜を入れて炒め、醤油で味付けして出来上がり。



ブロッコリー


006_2021030518212037c.jpg 008_20210305182121984.jpg 

2分ほど茹でて湯切りし、マヨネーズで。



ニンジンおろし、ダイコンおろし


011_20210305182123e52.jpg



目玉焼き

 013_20210305182124d2e.jpg 015_20210305182125eca.jpg 018_202103051821270b4.jpg



2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



このページのトップへ

過去記事より インターネットが生活を一変させた


2020年 2月22日の記事の再掲です。


AI、5G、量子コンピュータ・・・のことはよく知らない。だんだん普及してくればわかるようになるだろう。


インターネットも、あれよあれよという間に普及した。


イノシシもあれよあれよいう間に増えた。



ブログも最初は操作が難しかったのに、いつのまにか簡単になった。


ブログによって、夜の時間割が変わった。


テレビよりネットを見るほうがおもしろくなった。


ブログを続ける(続けれる)ようになって、人生が変わった。


ハンセン病文学を繰り返しアップすることにより、その時間帯(10分ほど)だけでも、ハンセン病文学に触れることができる。この10分が人生を変える。


クイーンも同じことが言える。ブログにアップするという目的がなければ、毎日5分ほど聴き続けるという行為はできない。この5分が人生を変える。


ブログがうまく活用できていると思う。


夕飯作りも、ブログで更新するという目的があるので、自分なりにていねいに作る。


護憲もブログにアップする目的があるので、日々30分ほど、護憲ブログをチェックする。


つぶやきも、新聞を以前より時間をかけて読む。


これらは全て自分のために、自分の癒しのためにしているが、その副産物として見に来てくださる人がいるので、そのことも続けるうえでの励みになっている。


自分の場合、ブログは全く収入にはつながっていない。副産物として収入につながれば「一挙両得」と思うが、そうは問屋がおろさない。


今後も淡々と続くだろう。


止めたら、長い夜をどうやって過ごすのか!


多少の試練(身辺・つぶやき)もあるが、ハンセン病文学とクイーンは癒しに、料理は赤裸々な日々の生活、護憲は自己啓発(社会への関心)。

  

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

クイーン&BTS (11)

このページのトップへ

阿修羅

このページのトップへ

沖縄愛楽園  里山るつさん(2)



竹槍と石もて幾度も迫害されつつ沖縄の癩者を救い来し君




久々の試歩を義母に連れられて熟れしトマトの畑めぐり来ぬ




学生らと膝をまじえて語るさま故里の肉親に見せたく思う




療養の身の慰めに歌詠めと逝きにし兄の声よみがえる




亡き父の面影知らず母も兄も若くして逝き三十三年忌迎う




突然に逝きましし養父の面影よ日増しに吾の悼みとなりぬ




ありし日に養父が植えたる庭の百合朝の陽光にほのぼの匂う




二十余年苦労を共にせし療友ら復帰真近に次次逝けり




杖持つを恥じらい居しが叱咤され杖音はずますこの頃となりぬ




探りつつひとり出で来しこの辺り杜の近くか磯鳩の啼く



 

2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ