あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

在野のアナリスト

このページのトップへ

駿河療養所  鈴木才雄さん




甲虫の髭が夜学の顔に触る




革命歌秋刀魚の骨を味つけ焼く




天皇制廃止のビラに梅薫る




机を並べ汗の平和のレポを績む




蟹のあぶく遺骨収集船帰る




点もせば秋燈暗いというもの発見

(17年間の失明より解放され、物の形と光と闇の判別できる一句)




穴に入る蛇にどんより睨まれる




安保阻止厳冬の辻に人並ぶ



鈴木才雄さんの略歴
大正2年6月2日静岡県天龍市生れ。小学校就学当時から子守、水汲み、蚕室の火の番、牛のまぐさ切りに従事。貧農の苦衷を味わう。小学4年のとき太田雪窓という老人に俳句の才を見出され歳時記二冊をもらう。昭和14年名古屋市の軍需工場で知り合った広山に俳句を勧められ俳句結社で指導を受ける。昭和15年上海で狙撃された広山の名を継ぎ、鈴木は拝名を「広山茂」とする。ハンセン病に罹り駿河療養所へ。療養生活10年余で句作3000句余りに達し、昭和38年『鈴木才雄句集』(窓第5集)を出版。これを期に再び鈴木才雄に戻る。共産党員入党後の作品は、時事問題を扱った政治性の強い句作が主となる。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

駿河療養所  伊藤朋二郎さん(2)



万朶まんだ翌日は失くするくすり指
(手術一句)




病個室暮春の木椅子一つ空く




つばくらや患者犇めくプロミン科




黙々と黒勝つ囲碁や夏旺ん




薔薇紅し八・一五の朝に切る




癩園に夏帽誰も輝やかす




蝉の声眼痛を刺し誕生日




秋の金魚玩具の如し弱視なり




百坪の焼跡となり春の雪
(2月9日、正午出火、30分にて全焼す。一物をも出すことなく寮と共に灰となる。惜しむは書籍200冊余と句帖、日記なり(24年)




火蛾狂う戦争の名の人殺し
(朝鮮動乱、満一年に思う)




伊藤朋二郎さんの略歴
駿河療養所 『窓』作品集(昭和31年)『窓』第二集(昭和34年)に採録。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

駿河療養所  伊藤朋二郎さん(1)



肉親と会いたし月の秋なれば




切餅の厚さよ切に父を恋う




いきいきと練炭燃ゆる穴の底




有名無名なべて詩人よ糸ざくら




海苔焼けばいきなり亡母の恋しくなる




冬紅葉空の紺碧支え立つ




木々は裸
北條民雄いまはなし




人の身を包みて秋の始りぬ




凍港の如く灯して夜の医局




家と離る歳月熱き大根汁




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

チャーハン



IMG_2759_20180526190454cfc.jpg IMG_2761_20180526190456123.jpg IMG_2764_20180526190457a2b.jpg

熱したフライパンに油を入れ、ニンニク醤油のニンニク2片の粗みじん切り、ベーコン2枚の細切り、タマネギの粗みじん切りの順に炒め、ニンニク醤油で味付けし、火を止めて最後にご飯を入れ、ほぐしながら点火し、茹でたグリンピースを入れ、具材とご飯がなじんだら出来上がり。



エンドウ

IMG_2766_201805261904597ec.jpg
 IMG_2768_20180526190429909.jpg  

3分ほど茹でて、何もつけずに食べる。



レタスの酢味噌和え

IMG_2770_20180526190430ad6.jpg IMG_2771_2018052619043154c.jpg 

レタスは洗って食べやすい大きさにちぎる。

ボールに酢、味噌、蜂蜜を入れて混ぜ、レタスの水気をしぼりながら入れ、手で強くもむように和えて出来上がり。

 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ