FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

豪州の気候危機


毎日新聞2月16日 1面 「余禄」一部抜粋


いま、豪州が対峙する敵は「気候危機」である。


1983年に南部ビクトリア州で発生した森林火災は75人の命を奪った。


2009年の火災では173人が犠牲になったとされる。


昨年からの火災はそれを上回る規模で広がった。今月上旬の豪雨で火災は峠を越したとみられるが、油断はできない。


高温 乾燥 火災 洪水は、科学者たちが地球温暖化の影響として予測した通りだ。


今回の火災で死んだ動物は10億匹以上に上る。


試算したシドニー大の研究者は豪州を、迫る危険をいち早く知らせる「炭鉱のカナリア」に例えた。





農業は気候の影響を特に受けやすい。


今までの30年間の農業生活では、大きな被害はなかった。しかし、今後10年のことは予測がつかない。


イノシシが当地に初めて現れたのは13年前だった。自分の場合は、「大きな出費」と「大きな精神的痛手」と「大きな手間と時間のロス」につながった。


イノシシの出現は農業の大きなターニングポイントになった。


今後の10年は気候に関しても、想像を絶することが生じるかも知れない。


それでも農業は誰かが続けていく・・・消滅することはありえない。


自給的な家庭菜園型農業として「生き残りをめざす」ことが王道と思う。



多種類の野菜を作ると、乾燥に強かったり、過湿に強かったりと、いろいろなので、どれもが大きな被害を受けるということはない。


数種類の作付けだと、被害が大きくなることがあるが、少量多種類の作付けだと、被害はそう大きくない。


多種類作ると、特定の農業機械を必要とせず、一般的な農業機械(草刈機、エンジンポンプ、管理機、乗用トラクターの4種類)だけで足りる。


野菜は稲作より災害に強いと思う。そして、稲作のような大型機械や倉庫を必要としない。


ハウスは台風などの災害に弱い。


キュウリやインゲンなどの支柱作物も台風には弱い。


ナス、ピーマン、エダマメ等も、たくさん作らなければ、倒れても、短時間で起こしてまわれる。たくさん作っていると起こすのが大変である。


多種類作ると、動く動作もいろいろなので、一つの作業を長時間して、特定の箇所が痛くなることも少ない。


多種類作ると、他の作物が特定の作物につく害虫を餌にする益虫を呼び寄せることも多い。


多種類作ると次から次にいろんな作業があり、楽しく進めれて、時間の経つのが早い。


多種類作ると料理にも便利。


多種類作ると、見た目が楽しい。


気候危機には、露地栽培で、少量多種類作付けが対応しやすい。



問題は「出荷」だが、少量多種類作付けは、顧客との直接販売に活路を見だすしかない。




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  28

このページのトップへ

くろねこの短語

このページのトップへ

大島青松園  赤沢正美さん(2)

 

相寄りて生きゐる汝の故郷の知らざる山野美しく聞く




我が
うち
に棲みゐる汝も孤独にて寂しきときに相呼びにけり




華やかな音楽もよし茶を入れて妻とふたりのクリスマス・イブ




傷のなき片手にて顔を洗ひをり我は猫よりも不器用にして




警官が実力を示すといふ言葉茫茫と暗き過去につながる




夜の窓を吹きすぎゆける木枯はたちまち咽喉のカニューレに来る




楽しみの或かたちにて草餅を寄りあひて搗く海辺の寮に




深深と巨木のあひをただよへり山恋ひてゐし君の死顔

君の死顔とは「小見山和夫」さんのことだろう。というのは、政石蒙さんの「海」という随筆に『二十年前に亡くなった畏友小見山和夫の遺歌文集の中に「山恋い」という随想がある。石川啄木の<汽車の窓はるかに北にふるさとの山見えくれば襟を正すも>を章前に掲げ、「十年余りも島に住んでいてやっぱり海の風景に馴染めない私である。」と書き出している。「私の住む島の環境の美しさを認めながらなお海や島に親しめず、山が恋しいのである。これは海の中に住んで、いくら憧れても山へ行くことが適わない諦めのために殊更に山を思うというのではなく、私の山恋いは先天的なものであるようだ」と言い、山に生れ山に生活し山で死んだ祖たちの山に対する感情が自分の胸にも伝わっているせいだとしている。私は共感するのだが、私だけでなく似通った環境で生れ育った者なら大方が共感を覚えるのではないだろうか。
小見山さんが亡くなってからも私は海を見ながら生きて二十年を加えたので、彼よりも五年ほど長く島で暮らしたことになり、もう三十年にもなるのだが、それでもなお海に対する親愛感は薄い。・・・・・』




茫茫と雨に霧笛が鳴りひびき柩守る身を寄せ合ひて寝る




死にたるは君にて我でなきことが思ひ出などを語らせてゐる



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

すき焼き


IMG_1611_20200216185026f67.jpg IMG_1614_20200216185027b28.jpg IMG_1617_20200216185028b31.jpg

醤油、砂糖、酒、みりんと水を鍋に入れ、煮立ったら千切りしたダイコンとニンジン、練り製品1枚を入れ、再度煮立ったら弱火にして5分煮て、ざく切りしたハクサイとネギを入れ、15秒湯通しした豚肉100gを入れ、強火で10分ほど煮て混ぜ、少し水を足し、3分ほど煮て出来上がり。


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

東京五輪・パラ 内閣府調査


朝日新聞2月15日4面

内閣府が東京五輪・パラリンピックをきっかけにしたボランティア活動への参加意欲を聞いたところ、高まると思わないとする否定的な意見が58.0%で、肯定的な意見の39.2%を上回った。同府が14日発表した。
18歳以上の3千人を対象に昨年12月5~15日、調査し、54.4%の回答を得た。

資料を提示して、大会が被災地復興の姿を世界に伝えることに役立つか尋ねた質問では、75.6%が「役立つと思う」、21.0%が「役立つと思わない」と答えた。




新型肺炎の影響で、オリンピックの開催はかなり微妙になったのではなかろうか。


ぼくは最初から、オリンピックに使うカネがあったら、福島から疎開した人の支援にまわすべきという考えなので、大会が被災地復興の姿を世界に伝えることに役立つとは到底思わない。



ここでいう「資料を提示して」というのがどんな資料か知らないが、福島の復興と、福島以外の東北の復興と、分けた資料だったのだろうか。



どういう形を復興というのか、人それぞれと思うが、ハード面で復興は目に見える形に進んでいても、ソフト面では、あれだけの災害が一代のうちに取り戻せるとは思えない。

ソフト面の精神的な立ち直りには、少なくとも親子二代の年月がかかるだろう。



福島の復興は原発がからんでいるので、「古里を捨てる」選択も多く出るだろう。


故郷を追われた流浪の民・・・


怒りをぶつけようにも、ぶつける先がない。政・官・業の誰もが責任を取らないという無責任体制で原発が進められ、誰も責任を取らされない仕組みの中で構築された。


誘致するために、莫大なカネが地域に落とされた。


何かを誘致する時、日本では必ずこういう構図になる。地域の有力者の根回しから始まって。


悲哀をこうむるのは、底辺の民である。


原発問題がなくても、東北人の心の復旧は難しいと感じるが、


震災に原発も絡まると、もう古里を捨てるしかない。


ぼくがその立場だったら、言葉を発する気力もなくなって、ただ、新天地を歩き続ける・・・・・・・・・歩き回る・・・・・・・・・


歩いて、歩いて、歩きまわって、歩きまわって、天と地と草木の空間をさまよい続ける・・・


今日も・・・明日も・・・




2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

今日のクイーン(再4)  27

このページのトップへ

反戦な家づくり


 鯛は頭から腐る について


後半から・・・とてもいい記事だと思います。どうぞ最後まで読んでみて下さい。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

大島青松園  赤沢正美さん(1)


妻で詩人の塔和子さんの方が有名ですが、夫の赤沢正美さんの短歌もすばらしく、深い感動を覚える。




樹樹の芽の光りの中を歩みきて脈搏つごときいのちに酔へり




腕の皮膚剥ぎてつくりし眼瞼まなぶたに静かなり春の陽光透きつつ




怖れつつ女医学生が触るる指毛虫の如く我が顔を這ふ




交る交る女医学生に触れらるる顔半面が石化してゆく




汗滲む白き額を拭ふとき看護婦が幼き態を見せたり




ことごとく指紋潰えし我の指けふ確めてこころ淋しき




いくらかは夢も残りてゐるごとし真夏の海に身を浸すとき




幾度かしぐれつつ夜に入らむとす療舎は低く屋根を並べて




荒涼として何もなしカニューレに洩れたる我の溜息の音




ホーク掌にくくりて食事とる態も平凡にしてライ園の生





2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

ハクサイとツナ缶の煮物


IMG_1594_20200215182354192.jpg
 IMG_1596_202002151823554ec.jpg IMG_1599_202002151823564ca.jpg
IMG_1610_20200215182403d27.jpg

ざく切りしたハクサイを鍋に入れ、醤油、砂糖、酒、みりんを入れ、水を入れずに強火で、ハクサイが3分の1ほどにめたったら(岡山弁?)極弱火にしてツナ缶の油をよく切って、ほぐしながら入れて混ぜる。15分煮て出来上がり。

ハクサイからたくさん水が出るので、水はいらない。



もらった塩サバ

IMG_1602.jpg



ダイコンおろしとニンジンおろし

IMG_1605_202002151824010f9.jpg



目玉焼き
 
IMG_1601_20200215182358826.jpg  IMG_1607_20200215182402b9a.jpg



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ