FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スマホが脳を乗っ取る?


毎日新聞 1月15日 12面 スマホが脳を乗っ取る? を読んで



東京オリンピックの年に我が家に「テレビ」が入った。 

テレビに脳を乗っ取られた。テレビ依存症となり、勉強しなくなった。

テレビのせいで、頭が悪くなった・・・

テレビは高校を卒業する頃まで「依存症」状態だった。

見飽きたのか、その後はあまり見なくなった。スポーツ以外のテレビをほとんど見なくなったのは40代の末頃から。

小、中、高校時代に、テレビがなかったらよかったのに!




パソコンも依存症と思う。しかし、テレビと違って大変ありがたい機器だと思っている。今のぼくの最大の相棒だ。


ロストジェネレーション

コロナ疎外ジェネレーション

スマホジェネレーション

テレビジェネレーション


ロストジェネレーションと言われる「就職難」の世代は、大きな損をしてきた。日本は新卒でしか、自分の入りたい企業に入れないと思うから。


「青春の門」がコロナ渦中にある人も大きな損と思う。三密がないと友達が作りづらい。コロナによる「人間疎外ジェネレーション」として、将来問題になるだろう。



人は大なり小なり、いろんな依存症を持つ。ブログは依存症というより自己昇華。自分の考えや思いを見に来てくださる人がいるという大きな感動!


これはインターネット空間の人間関係だと思っている。ツイッターとかフェイスブックとかインスタグラム等は何も知らないが、唯一使えるのがブログ。


スマホに比べてパソコンは、画面が大きいのがいい。これなら年がいってもできそう。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のBTS(再5)  3

このページのトップへ

澤藤統一郎の憲法日記

このページのトップへ

菊池恵楓園  荒谷軟波さん(2)



もろもろの鉢の植木にあけ芽吹き春としなれば癒えたかりけり




干蒲団かい抱きつつ取り入るる片足飛びの伊藤君あはれ





越し方のしじの思ひに眠られぬ霜夜は疵の痛みおぼゆる




白飯を渡さるるとの前ぶれに子供の如く待つ身淋しも




つくづくと吾子のゆくへを思ふときながらへがたき吾身くやしも




遠くそだつ吾子のたよりのありければ病養ふ心動くも




味噌汁に身のあたたまりゆくときし露営つづくる吾子を思ふも




秘めて住む吾に届けるはらからの妻の手紙を受けておびゆる




むしろ二枚持ちて這ひゆく路作り朝顔の種子を蒔きて安らぐ




日に三度飯待つのみの吾がうつつ心がなしも生のたづきの



荒谷軟波(哲六)さんの略歴
明治26年生まれ。大正後期に身延深敬園九州分院から九州療養所入所。『檜の影」所属。昭和18年没。『菴羅樹』(昭和26年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)

2030年 農業の旅→ranking 
このページのトップへ

ハクサイとツナ缶の煮物


2021-01-19 002
 2021-01-19 005 2021-01-19 007 

ざく切りしたハクサイを無水鍋に入れ、油をよく切ったツナ缶を入れ、カツオブシを少しふり、醤油、砂糖、酒、みりんで味付けし、5分ほどで煮立ったら極弱火にして15分、火を消して余熱5分で蓋を開け、混ぜて出来上がり。



塩サバ


2021-01-19 013





目玉焼き

 
2021-01-19 009  2021-01-19 011

ホウレンソウのおひたしを付け合わせに、醤油で味付け。
     


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

それぞれの最終楽章


朝日新聞 1月16日 be  9面 一部抜粋


苦しみ和らげるのは自分だけ

海南病院緩和ケア医 大橋洋平さん

1963年三重県生まれ。88年三重大学医学部卒。2004年から愛知県弥富市のの海南病院緩和ケア病棟に勤務。著書に「緩和ケア医が、がんになって」など。



がん患者になれば、誰しも、あとどれくらい生きられるのかが気になります。私も例外ではありません。ジスト(消化管間質腫瘍)は症例が少なく他のがんのように「余命〇年」という言い方はしませんが、私のジストは飛びきり悪性度が高いと診断されていました。転移や再発の可能性が高いのです。

一方で主治医から「抗がん剤の効果が続けば、1年間転移も再発もしない確率は92%」と言われていました。悪性度が低いジストを含んだ数字ですから、自分にそのまま当てはまると思いませんでしたが、低い数値でないことは確かです。

余命は長いほどいいと思っていたのですが、長さに関係なく日ごとに減っていきます。がんを抱え死を意識せざるを得ない患者からすれば、うれしくないのです。

転移後1週間、残された日にちを数えるのはやめ、過ごせた日々を足していこうと意識が変わりました。何かきっかけがあったのではなく、ふと思いついたのです。

「足し算命」の誕生です。毎日一つずつ増えていくのは単純にうれしい。足し算命を思いついて、落ち込みから抜け出せました。

苦しみは、客観的な状況と主観的な思い・価値観のずれから生じます。進行性のがんを患えば、治療法が尽きたという客観状況と、治りたいという主観に大きなずれがあるから、苦しみも大きい。

苦しみを減らすには新薬が開発されるか、自分の考えを変えるしかありません。私が採ったのは、足し算命の考えでした。

転移は「つらい治療に効果がなかった」のか、「治療を続けたから1カ所で済んだ」のか、考え次第で百八十度変わります。それは他人に指摘されるのではなく、自分が変わるしかないのです。

きょう1月16日、私の足し算命は650日になります。




大橋洋平さんはぼくより10歳若い。

足し算命・・・って、この言葉、初めて知りました。

ぼくは50代の中頃から「引き算」が頭に浮かび始めたが、これからは大橋さんのように、足し算命で考えたい。

今はコロナもあって、余命〇年の宣告もなく、ある日突然に感染し、入院を受け入れてくれる所もなく、家で待機を余儀なくされる可能性もある。

妻が養護老人ホームに勤務しているので、リスクは低くない。

昔の家で、部屋数は多く、だだっ広いと言っても、台所や風呂や洗面所を別にするわけにはいかず、どちらかが感染したらうつってしまう。

ニワトリがいるので、ぼくが別のところに住むことは難しい。お互い、コロナに弱い持病もかかえている。

コロナは急に体調が悪化し、死に目にもあえないということが現実のようだ。

志村けんさんや岡江久美子さんの著名人が頭に浮かぶ。

悲しむ人がいる・・・

コロナは自分一人では防げない

感染する、しないは紙一重


大橋洋平さんは「今日の一日を」生きておられる


コロナは予告もなく、ある日突然・・・がありうる

命は・・・わからない




邑久光明園 橋本正樹さん

抜け殻


私のてのひらに

こんなに軽く乗って

お前のいのちはどこへ行ったのであろう

そっと
寄生木やどりぎ
に尋ねてみても

知らないと云った

真白いお前の
亡骸なきがら

こんなに軽く

私の
てのひらに乗って

お前のいのちはどこへ行ったのであろう

かなしい ものの
運命さだめ

今日吹く野づらの風に

私が そっと山に尋ねてみても

お前のいのちはなかったのか





邑久光明園 橋本正樹さん

荒廃の花園
━━故 瀬田洋兄追悼



それはかなしい一つの記憶でもあるが

あなたの
精根いのち が西に傾むく日車草ひまわり に

まみえた時のように

この
荒廃あれはてた花園のなかに

たった一つ見られる

美しい風船かずらが

わたしのあしもとに揺れていた

かそかな日の想いのなかに

かそかに淡い光を湛えながら

あの日のあなたの面影にどっか結びついている
記憶おもいに垂れて

秋風に乱してはならないこの荒れた花園の朝を

ただひとつかそかにも風船かずらが揺れている

(1950年)





邑久光明園 大仏正人さん

田中長一君の急逝を悼む


白百合の花を

昨日君は明日一本くれと言って帰った

今日私はその百合を

君の霊前へ持っていく


白百合の花びらには

まだ露が残っている

今日それは悲しい涙かも知らぬが

昨日は涼しい朝露であった


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

今日のBTS (再5)  2

このページのトップへ

ちきゅう座

このページのトップへ

菊池恵楓園  荒谷軟波さん(1)



(出郷の思出)
暗にまぎれ墓場に向ふ母と吾れ父の墓前にひざまづきけり




(帰省の思出)
刻刻に吾が故郷の山近づけり胸とどろきつ駅に着きけり




路を問ふ吾を吾子と気づきます母そはの眼に涙光るも




手の悪しき吾にしあれば母人は握飯して与へ給へり




(句友太田花桜氏を看護りして)
云へざれば空に字を書く友なれやうらがなしくもせんすべもなし




(大阪の育児院にあづけし子供に逢うべく脱柵せしが、目的を果さずして帰り所定の処罰を受け監房に入る)
つむりよりおしつけらるる思ひしてひとやに二夜過しぬるかな




かさこそと幹打ち落つる落ち葉ありまどろみかねし監房の夜半




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

ダイコンとニンジンの味噌煮


2021-01-18 011 

熱した鍋に油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、15秒湯通しした豚肉100g、乱切りしたダイコンとニンジンの順に炒め、ひたひたに水を入れ、醤油と酒を少し入れ、煮立ったら弱火にして15分煮て、味噌をみりんで溶いて入れ、ユズ1個の皮をすりおろして出来上がり。



ホウレンソウのおひたし

2021-01-18 002
 2021-01-18 004 



味噌汁


2021-01-18 006 2021-01-18 008 

具材はサツマイモ、ダイコン、ニンジン、キャベツ。




ホウレンソウのおひたしと卵炒め

2021-01-18 015
  


2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ