FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

昨日のプーさんプログの記事に関して



 「令和おじさん」プチブームから見えるもの(想田和弘)

のコラムには、考えさせられた。


「令和おじさん」には、ぼくも本当に驚いた。しかし、新聞やテレビからは、菅氏の裏の顔は見えてこないのではなかろうか。それくらい忖度された記事が書かれていると思う。




実際に、日々の生活に追われていたら、政治のことなど、どうでもよくなるし、そんなことを考える余裕もない。明日の仕事のために、ゆっくりしたいだけだろう。


考えても、手も足も出せないのだから、考えるだけ無駄・・・。



ぼくも農業を始めた10年ほどは、農業以外のことを考える暇も余裕もなかった。それでも新聞くらいは読んでいた。


政治的な発言をしようと思えば、今はインターネットがあるが、本当に「無力」である。

どうしようもない「無力」でも、何らかの形で政治的発信は続けたい。



一人一人が、社会や政治に「関心」や「興味」をもたないなら、太平洋戦争のような惨事が繰り返されるだろう。


澤藤統一郎さんの記事
にもあるように、韓国との「民主主義の差」は、ますます広がっていく。


韓国の「ローソク市民革命」のような民主主義を日本に根付かせるにはどうしたらいいのだろうか。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

今日のクイーン(再1)  36

このページのトップへ

しんぶん赤旗

このページのトップへ

松丘保養園  浅瀬石研さん(1)



公平に分配せむと役もちの友ら林檎を選るに苦しむ




立ちぎわに落せし箸を探り得ず物を云はずに食卓を離るる




この業に励み来し吾のいくとせぞ持てるかんなの今は重しも




長雨にゆるみし地表を探りゆく杖に反応なき道にとまどふ




萎えし手の頼りなければ渡さるるキャンデーを口に受けて仰にねる




心構え既に身につき盲ひしわれ位置をさだめて義肢を脱ぎ置く




情熱のかれし吾と汝排水溝の蓋の歪みを踏みてよろめく




失ひし視力かへらむか宇宙の旅を成功せしめし知恵みな欲しし




石鹸を拾ひ得ずして君と吾麻痺せし指の曲りを比ぶ




遥かなる体験を吾につのらせて鋸を引く音はかそけし

 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コマツナの煮物


IMG_1462_20190521184620e19.jpg 
IMG_1467_20190521184630d1a.jpg IMG_1469_20190521184630594.jpg

鍋に醤油、砂糖、酒、みりんを入れ、水と出汁の素を入れ、煮立ったらざく切りしたコマツナを入れ、コマツナがしんなりしたら裏表3分ずつ焼いた練り製品(賞味期限が過ぎていたから)2枚を入れ、極弱火で10分煮て出来上がり。



スナップエンドウの塩茹で


IMG_1452_2019052118465239c.jpg IMG_1454_2019052118465409d.jpg




サニーレタスの酢味噌和え


IMG_1464_20190521184629035.jpg IMG_1472_201905211846300db.jpg

サニーレタスは洗って手でちぎり、水気をしぼる。

ボールに酢、レモン果汁、味噌、砂糖、みりんを入れて混ぜ、サニーレタスを入れ、手でよくもんで出来上がり。



ハーブティ


IMG_1456_20190521184655221.jpg
IMG_1458.jpgIMG_1460_20190521184710199.jpg

左からアップルミント、タイム、セイジで、沸騰したら火を止めて入れ、3分蒸らし、ハーブを取り出して出来上がり。

 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

時間が来たら


IMG_1440_20190520182213f5e.jpg
IMG_1442_20190520182214f2e.jpg

 田んぼに着くとすぐ、昨日の群を確認に行ったら、やはり間違いなく入居している。この場所は田んぼと山の中間点に位置しており、込み合った場所を避けたようだ。

他の群とは約1ヵ月の遅れが生じており、梅雨入りまでのあと20日ほどで、どこまで巣を伸ばせるかがポイントになる。

4月上旬に捕獲した群では、すでに3箱めに巣が伸びている群もある。



今日は1日雨の予報だったのに、雨がほとんど降ってくれない。今やっと、強い雨音が聞こえだした。

昨日から強風が吹き荒れており、これでまとまった雨が降らなければ踏んだり蹴ったりだ。



ズッキーニの花が咲き始めた。10本定植しているだけだが、毎朝、雄花をⅠ~2本とって、雌花に受粉する。この作業をしないと良いズッキーニが収穫できない。ミツバチはたくさんいるが、ズッキーニやナンキンのような大型の花はあまり好まないようだ。

昨年から芋ヅル(挿し木苗)は、購入(50本で約2千円)するようになったが、5月4日に定植した苗が1週間後の5月11日になっても何か状態が芳しくなく、当日に再度買って挿し木をし直した。苗に病気があったと思う。

オクラは初期成育が弱く、過去に何度も失敗しているので、種を2倍買い、1回目が失敗したら蒔きなおす。


失敗したらすぐにやり直す「タイミング」と「スピード」が大切で、過去の経験がそうさせてくれた。



今、世間を騒がせている「プラごみ」だが、ぼくは全て「生分解性マルチ」を使っている。しかしその理由は環境問題からという視点ではない。60代半ばとなり、敷いた黒マルチをはがすのが体力的にしんどくなった。以前使っていた普通の黒マルチは、
(1)使用後、はがした黒マルチを家に持ち帰り、納屋に1~3年保存する。(保存のためのスペース)
(2)ある程度たまったら、その他のプラごみも合わせて軽四にのせ、備前市にある産廃業者に1キロ50円で引き取ってもらう。(引取り料金)
(3)マルチをはがす手間がかなりかかる。(労力と時間)

生分解性マルチは普通のマルチに比べて4倍近い価格であるが、使用面積は多くはなく、トータルで考えると、生分解性マルチの方が少し高くつく程度と思う。




パソコンに向かう時間が夜3時間を超えると、やはり身体に疲労が残る。「つぶやき」を入れなかったら軽く1時間半で終わるが・・・。遅くとも9時半には終わるようにしたい。


2~3行の短文でも、それを5~6項目書けば20行ほどになる。ブログならこういう書き方でも体裁になる。


寝る時間が来たら眠たくなる

身体労働でもデスクワークでも2時間を超えるとしんどくなる

夕飯作りは、続けているうちに自分のパターンができて、今は11時~1時半の時間帯で作ることが多い。1時間で終ることはないが、1時間半を越えると、もうこれくらいにしようと思う。


時間を切った生活は苦手だが、身体の方に、いつの間にかリズムができて、その時間が来たら、たいてい同じことをしている。

その時間の逸脱が続くと、疲労がたまる。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

今日のクイーン(再1)  35

このページのトップへ

クマのプーさんブログ

このページのトップへ

松丘保養園  青山歌子さん(3)



萎え果てし右手に結びしフォークも今は飯食むに重荷となりし




朝露にまみれよろよろと花あさるわれを惨めに人等見るべし




初の陽のとどく厨にさみしかり包丁持てずなりて久しき




おもひきり抱かれてみたき欲情をベッドにさらし目覚めはかなし




泡のたつ乳風呂にひたり身を濯ぐ浄らなる肌還へる術なく




温かき夫の肌に馴れなれてあやふく生くる術も識りたる




四十路越えて病み呆けたる私の鏡の中の蒼白き貌



青山歌子さんの略歴
大正7年北海道生まれ。松丘保養園。新谿生雄夫人。両手足共を強い麻痺に侵されながら、生け花など趣味を楽しみ、夫婦共々作歌に励み、次々に瑞々しい作品を発表する。「自画像」所属。昭和39年、46歳にて没。『白樺』第一集(昭和32年)『白樺』第二集(昭和38年)『白樺』第三集(昭和47年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)

 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

イノシシ肉を使った2品


IMG_1429_2019052018223907a.jpg 
IMG_1431_20190520182241ad3.jpg

もらったイノシシ肉料理の3回目。今回は炒め物はせず、焼肉と圧力鍋の2品にした。

4時間ほど自然解凍したイノシシ肉の塊は、1センチ弱にスライスして15秒湯通しする。


焼肉

IMG_1437_20190520182212d5c.jpg

魚焼きグリルで裏表5分ほどずつ焼いて生姜醤油で。

やわらかくておいしい。さばいた人の腕もよかったのだろう。



圧力鍋で煮る


IMG_1433_2019052018224243f.jpg IMG_1434_201905201822446a6.jpg IMG_1446_20190520182216fb3.jpg
IMG_1448_20190520182217e8e.jpg

圧力鍋に醤油、砂糖、酒、みりんを入れ、水と出汁の素を入れ、煮立ったらタマネギの茎葉とスライスを入れ、スナップエンドウを入れ、イノシシ肉を置き、生姜1片をすりおろし、ニンニク醤油の鱗片を6個入れ、強火で、おもりが勢いよくまわりだしたら極弱火にして20分、火を消して圧が抜けるまでそのまま放置して出来上がり。
 

 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ